575167 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

★KAY'S BLOG★

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

100円ショップ

2009.01.26
XML
カテゴリ:100円ショップ
【100均のスグレもの:バナナ・カッター】

全国に展開している100円ショップ「ダイソー」で見つけたバナナ・カッターを購入しました。

ネーミングもストレートで、ひと目見れば何をする道具かも明らか。

何より形がバナナというのが素晴らしい。



(…続きを読む)






Last updated  2009.01.26 22:37:26
コメント(0) | コメントを書く


2006.12.17
カテゴリ:100円ショップ

昭和30~40年代には「駄菓子屋」なるものがたいていの地域にあった。

駄菓子屋にはお菓子だけでなく、子供心をわくわくさせるようなモノがあふれていた。

ゴジラやキングギドラ、モスラなどのカラー写真(ブロマイド)は今でいうトレーディングカードになっていた。

アニメのブロマイドもあったように記憶している。

様々なサイズの飴にたこ紐をつけたものがいくつかぶら下げられていて、紐を引っ張るとどれかが当たるといったもの。

大きな平たい箱をいくつもの仕切りで分けて、それぞれの中にお菓子やおもちゃが入っている。ふたがしてあるので、中に何があるかは開けてみるまで分からないというようなものもあった。

幼い子供のギャンブル心をかきたてながらも、駄菓子屋には新しい発見がいつも隠れていたのだ。

銀玉の鉄砲も懐かしい。火薬の玉がついているものもあって、弾が飛び出すとともに「バーン」という音がなるものも中にはあった。

ヨーヨーや面子(関西では「べったん」と呼ばれる)、ビー玉、コマ、今の子供はそんな遊びがあったことなんて親から聞かされてもいないのだろう。

アナログ世代の人間は、既製品では満足しない。ないものは「創り出す」という精神が自然に身についていたのかもしれない。

娘が小さい頃には、割り箸と輪ゴムで作る「ゴム鉄砲」を作ってあげると大喜びしていたのを思い出す。銃身を長くしてライフル風にするとゴムの飛距離と破壊力も倍増した。

******

100円ショップ(いわゆる「百均」)は、さしずめ現代版の駄菓子屋だろうか。

見る楽しさ、選ぶ楽しさ、買う楽しさ、大人にとってもいろんな発見がある。使いもしないけれど買っておきたくなるものがいくつもあったり...。

我が部屋には100円ショップで買ったものがそこらじゅうにある。すぐこわれたりで長持ちしないものもあるのだが、そこは100円(実際は105円)という値段が魅力。新たにまた買いなおせばいいことだ。

最近は100円以上の高額(?)商品も置いてあったりで、その様相も変わってきてはいるが、自称「100円SHOP評論家」の私としては、街に出ればたいてい100円ショップをはしごして、
いろいろと商品研究に余念がない。いったん店に入れば1時間以上店内をうろついていることも珍しくはない。

100円ショップの商品のいくつかを組み合わせていろんなモノをつくるのも楽しい。

授業で小テストをしたりして優秀な成績を収めた者には、こんな記念品をプレゼントしたりしている。

全力キーホルダー

全力キーホルダー(拡大写真)

全力ismキーホルダー

全力キーホルダーの山

この世にひとつしかない手作りのオリジナルというのが喜ばれている。

こまめに近隣の100円ショップを訪ねるようにしている。毎回行くたびに新しいものが置かれているというのはうれしい。

「いつたずねても同じものしかない」のではありがたくない。毎日更新されているブログのように、常に変化があるというのもやはり100円ショップの魅力なのだ。

大阪や東京では食料品や生鮮品を扱う店も増えてきている。さまざまなニーズにこたえるために100円ショップ側もいろいろと考えてくれているわけだ。

物価の高い日本であるがゆえに、在日の外国人の方々もよく店に来られるようだ。

そういえば、アメリカやカナダ、オーストラリアにも“DOLLAR SHOP”があった。国は違ってもワン・コインで買える手軽さが人気なのだろう。

駄菓子屋感覚で楽しむ100円ショップ、
私にとってはやはり癒しの場、憩いの場であることには変わりない。

 

*****

 

■あなたの街の100円ショップ

ダイソー 

キャン★ドゥ

シルク 

オレンジ

(Photo:手作りの「全力」キーホルダー)

 







Last updated  2006.12.17 10:35:19
コメント(6) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.