000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

★KAY'S BLOG★

PR

X

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

MUSIC

2010.06.03
XML
カテゴリ:MUSIC
【サザンロックに魅せられて】

部屋に眠っている古いCDを今一度聞きなおしている昨今、1960年~70年代のアメリカンロック、中でもサザンロックに取りつかれている。

60年代末から70年代にかけて、アメリカには何かしら特別なエナジーがあった。イギリス・リヴァプール出身のビートルズが70年春に解散した後も、ロックミュージックの持つパワーはアメリカ各地でも勢いに乗って広がりを見せていた時代。

ベトナム反戦運動の盛り上がりは、ヒッピーに代表されるように当時のアメリカ文化はもちろん、音楽の分野にも多大な影響を及ぼしているが、若者たちが銃を持つ代わりにギターを持って叫び始めていたのもこの頃だ。

日本でもフォークソングブームが起こり、モテる男はギターが弾けるというのが第一の条件にもなっていた。

CCRの名前で知られていたクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル。

活動していた期間は短いものの、すぐれた曲を残している。

(…続きを読む)






Last updated  2010.06.03 16:59:25
コメント(0) | コメントを書く


2010.04.03
カテゴリ:MUSIC
【What a Feeling!】

1983年にヒットした映画「フラッシュ・ダンス」をご存知だろうか。

70年代終わりごろからディスコ・ブームで「サタディ・ナイト・フィーヴァー」や「グリース」といったダンス物が流行していた。

町の工員を演じるジェニファー・ビールスが主役で、ダンスのオーディションで踊る場面の衝撃的なダンスがこれだ。

後から知ったことだが、このダンスの場面は実は男性のダンサーが替え玉で踊っていたとか。


(…続きを読む)






Last updated  2010.04.03 17:43:22
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.31
カテゴリ:MUSIC
【Tequila Sunrise】


It's another tequila sunrise

Staring slowly across the sky

Said goodbye



今日もまた 

テキーラに日が昇る

ゆっくりと

夜明けの空を染めながら

僕は別れを告げた



---「テキーラ・サンライズ」by イーグルス

(…続きを読む)






Last updated  2010.03.31 15:47:43
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.22
カテゴリ:MUSIC
【Take It To The Limit】


極限状態での可能性の追求が、
       
本当の意味での創造につながると       

私は考えています。            


---安藤 忠雄(建築家)





*******




(…続きを読む&動画を見る)






Last updated  2009.06.23 01:18:37
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.09
カテゴリ:MUSIC
【嵐が丘】

ケイト・ブッシュという女性シンガーをご存知だろうか?

「嵐が丘」という曲で一躍人気となったが、活躍していた期間はそう長くはなかった。

ただ、一度彼女の歌を聞けば、その独特の声とキャラクターはなかなかインパクトが強く忘れがたいものがある。



(…続きを読む&動画を見る)






Last updated  2009.06.10 00:35:07
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.10
カテゴリ:MUSIC
【美しき五月に】

美しき五月。

街の若葉は急に萌え始め、フィールドに足を運べば、至る所に新しい生命の息吹を感じる。

道行く人の表情にも、どこか柔らかさとか、穏やかさみたいなものが感じられる。

初夏の日ざしを浴びて、女性がいっそう美しく、キラキラ輝いて見えるのもまたこの時期なのだ。


新年度がスタートしてはや40日が過ぎようとしている。

この40日間に変化があったとすれば、恐らくそれは自分自身の中にあるのだろう。

人は環境が変わるごとに新たな自分自身に出会うきっかけをつかむことができると思う。

今まで知らなかった自分がそこには登場する。だとすれば、自分を変えるなんていともたやすいことではないか。


(…続きを読む)






Last updated  2009.05.11 00:09:55
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.09
カテゴリ:MUSIC
【かけがえのないこの僕の人生…】


ありふれた日々が かがやいてゆく

ありふれた今が 思い出に変わる

誰のものでも 誰の為でもない

かけがえのない この僕の人生



(…続きを読む)






Last updated  2009.05.09 22:49:28
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.09
テーマ:Jazz(1762)
カテゴリ:MUSIC
【帝王の美学】

75年から休息期に入り、80年代のマイルス・デイヴィスはマーカス・ミラーのサポートでカム・バック。

81年の「ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン」と86年の「TUTU]はとりわけポップ色の強い作品に仕上がった。この時代の彼の音楽を「フュージョン」と呼ぶ者もいるようだが、ここには「マイルス」というアーティストの音楽というものがあるだけで、ジャズやフュージョンという仕切りは関係ない。

新しいものを受け容れないのも一つのポリシーかも知れないが、新しいものを取り入れて自分流にアレンジすることも一つのスタイルであると言えるだろう。

(…続きを読む&動画を見る)






Last updated  2009.03.09 22:40:03
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.27
テーマ:Jazz(1762)
カテゴリ:MUSIC
【ギターが奏でる大平原】


時折、思い出すのは、旅の空と、大平原を吹き抜ける乾いた風。

一日あくせくとペダルを踏んで自転車を走らせ続けても、何ら変わることのない風景。

そして、独特のあの土の匂い…。



大陸というものに憧れて、海を越えアメリカに渡った。

1991年の夏、僕はまだ30歳だった。


(…続きを読む)






Last updated  2009.02.27 22:32:30
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.24
カテゴリ:MUSIC
【Moving Forward】

世の中には「異色」と言われる人たちがいる。

New York YankeesのBernie Williamsもその類に含まれるのだろう。

彼はメジャーリーガー(元ニューヨーク・ヤンキース、現フリー・エージェント)でありながら、プロのミュージシャン(ギタリスト)の顔も持つ。

シアトル・マリナーズのイチローも絶賛するその音楽を聴いてみた。


(…続きを読む)






Last updated  2009.02.24 17:45:49
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.