風色の本だな

フリーページ

松谷みよ子の世界


いないいないばあ


ぼくとわたしのはじめの一歩


色の魔術師★エリック=カール


月のおはなし


『赤い鳥』児童文学講座報告


芥川龍之介『蜘蛛の糸』


小川未明『赤いろうそくと人魚』


浜田広介『泣いた赤おに』


宮沢賢治『注文の多い料理店』


新美南吉『ごんぎつね』


3年間のインドネシア生活


自然を慈しむ心


レオ・レオニの世界


落語絵本


歴史が私たちに伝えること


ブックスタート事業


第2回ブックスタート全国大会


心あたたまる冬の絵本


サナの赤いセーター


『ぼうや おくちを あけて』


クリスマス絵本


『ねずみくんのクリスマス』


『あなたのことがだーいすき』


『世界をみにいこう』


『たいせつなこと』


『心に夢のタマゴを持とう』


『ことりをすきになった山』


『1000の風1000のチェロ』


『絵本のよろこび』


金子みすゞへの想い


『13歳のハローワーク』


この人がかっこいい この仕事がおもしろい


「子どもとインターネット」フォーラム


『周ちゃん、愛をありがとう』


『100万回生きたねこ』他


『はるかぜのたいこ』


『そらはさくらいろ』


『ライ麦畑でつかまえて』


『カーリンヒェンのおうちはどこ?』 


“幸せ”ってなんだろう?


★七夕伝説★


『幻の鳥 ガーニーズ・ピッタ』


『ひろいそらのしたで』


★『Rie Osanai』


『となかいはなぜサンタのそりをひく?』


『砂漠でみつけた一冊の絵本』


『さくら子のたんじょう日』


『あの日の空の青を』


祝婚歌&お二人の門出に贈る新しい絵本


『あした、出会った少年』


 緑と花とテーブルの窓

風色の本だなのページへようこそ!


素敵な本や 音楽や 自然 そして 人との出逢いは

まるで「風」のように 私たちの心を通りぬけていきます。

結晶のように心の奥底に残る 大切な言葉や 思いをそっと残しておきたい ・・・ 。

この風色の本だなのページが 

皆さんの心に さわやかな風を届けることができれば 

幸いです。


風色バナー
風色リンクバナー

line_haru_007

葡萄の葉リンク

 よみっこバナー 絵本旅行社

line_haru_007
2006年11月12日
XML
テーマ:お勧めの本
カテゴリ:私の愛する本たち
紅葉のライン紅葉のライン

立冬も過ぎ、暦の上では冬を迎えました。

私は先週の水曜日くらいから風邪気味で、
金曜日にはちょっぴり熱っぽくてつらかったのですが
なんとか先週の勤務を乗り切ることができました。

早朝から、バタバタと家族の朝食とお弁当(娘+自分)を作り
身支度を整えて、最寄駅まで自転車を走らせる。

満員電車の中で押し潰されるような毎日だけど・・・

実はそんな通勤時間が、私にとっては魅力的な読書タイムです。

 

島崎藤村 破戒.

 


島崎藤村 『破戒』 新潮社文庫 2005年7月30日126刷改版 629円(税込み660円)


ニュースでは悲しくらい毎日のように
子どもたちの深刻ないじめによる自殺の問題が報じられています。

皆さんもご存知の島崎藤村が1906年、7年の歳月をかけて
完成させた最初の長編『破戒』では

明治後期の、
ある意味“人間の究極のいじめ”が描かれています。

主人公の教員・瀬川丑松(うしまつ)を通して
歴史的な差別問題を 読者がわが身に置き換えて考えると
あまりに残酷な不条理に、憤りさえも覚えてしまう。

瀬川丑松の内面世界が克明に描かれ
彼を通して“人間の心の脆さ”のリアリティーに
ぐいぐいと引き込まれていきます。

そして、教員としての丑松には・・・ある意味、裏切られることになります。

実は、この作品が名著であると同時に、批判も多い所以(ゆえん)は
この部分です。
“社会小説”なのか、“自己告白”なのか・・・
ここに『破戒』評価の、最初の分岐点が存在します。

主人公の中に、社会的なヒーローを期待してしまうと
歯がゆさというか、落胆も生まれてしまう。

でも私たちは、この小説を通して、あまりにも多くのことを
実感し、考えさせられることになります。

昨年7月に発行された、この126刷改版の新潮文庫を
今回、夫と同時進行で読了しました。

同じ教員である夫にしてみれば、
「なぜ、教職についていた島崎藤村が、教員である丑松が
子どもたちの前であのような言葉で告白をするように描いたのか?
ましてや“仙太”のいる前で・・・」と
理解に苦しむところだったようですし、

私自身も、その部分では同じような気持ちだったのだけど・・・

丑松は紛れもなく、残酷な社会のいじめによる被害者なのですよね。

教師として戦うことができないほど、ボロボロに傷ついていたのです。

理不尽ないじめがどんなにつらいものなのか、苦しいほどに伝わってきます。


『破戒』は、私たち夫婦でさえも、“社会人としての批判“と、“一人の脆弱な
人間としての共感“を感じた得た、問題作なのだと思いました。

そういった意味では「近代日本が生んだ最もすぐれた文学作品の1つ」
と言われることにも、うなづけます。

この作品を読んだ皆さんは、どのような感想をお持ちですか?

また、まだ読んだことがないという方は、
ぜひこの時期、一度お読みになってください。
(ぜひ、解説文も含めて読んでくださいね。)

できれば、皆さんの感想をお寄せいただければ幸いです。

そして最後に、この場所に書き添えたいことがあります。

もしも今、いじめの苦しさから自殺を考えている人がいたら・・・
決して、自ら命を絶つようなことだけはしないでね!!

自分を苦しめるような場所からは、逃げてもいいんだよ。

傷ついて、疲れてしまったなら、もう戦うことをやめてもいい。

でも、あなたがこの世に生を受けたこと、
そこには立派な理由がある。

人はもともと弱いものだから、
一人では乗り越えられないこともある。

助けを求めることは、決して恥ずかしいことではないんです。

人の心の傷みや苦しみがわからないことの方が、人間としてはずかしいことなのだから・・・


 
紅葉のライン紅葉のライン






最終更新日  2006年11月17日 21時04分41秒


PR

X

プロフィール


風色ほたる

コメント新着

風色ほたる@ Re[3]:島崎藤村 『破壊』(11/12) oidonwa_ks_desutaiさん!こんばんは! …
oidonwa_ks_desutai@ Re[2]:島崎藤村 『破壊』(11/12) 風色ほたるさん!こんにちは! >oidonwa_…
風色ほたる@ Re:「破戒」(11/12) えびさん、書き込みありがとうございます…
えび@ 「破戒」 こんばんは。 さっそく「破戒」買って読…
風色ほたる@ Re[1]:島崎藤村 『破壊』(11/12) >風色ほたるさん!こんばんは! >久し…

© Rakuten Group, Inc.