031099 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かぜまちだより お茶を傍らにおいて

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


びゅうり

コメント新着

daikon2@ Re:雨の音しか聞こえない夜。(06/02) しっとりした花、しっとりした文、癒され…
スッフィー@ Re:雨の音しか聞こえない夜。(06/02) ネットが繋がらず、御無沙汰してました~^…
あき@ ありがとうございました! 色々とアドバイスいただいたトビーの手術…
アミ@ こんばんはー♪ この前はお世話になりました(*'-'*) <…
アミ@ こんばんはー♪ この前はお世話になりました(*'-'*) <…

日記/記事の投稿

2005年04月28日
XML
カテゴリ:季節折々に
今も変わりなく元気かな、花きりん。

     花きりん

詩画家、星野富弘さんの作品を展示している群馬県東村の「富弘美術館」には、
大きく育った花きりんの鉢植えがあった。

事故後の星野さんを見守り続けた花。
美術館が開かれると、星野さんの自宅から美術館に運ばれたものだという。

私が行った頃には、草木湖を眺めるようにおかれていた。

ひょろりと伸びた幹は天に向かっていて。

かわいいかわいい花をつけるのに、
その花の下、ひょろりと伸びた幹にはびっしりと棘。

近づくものを寄せ付けないようにも、
待ちわびているようにも
どちらにも見える。

この花に惹かれて帰った。



その後、自分でも育ててみた。

そして、
時折、また富弘美術館の花きりんにも逢いたい気持ちになる。

           花きりん


   葉っぱ     葉っぱ
     葉っぱ


「富弘美術館」
  http://www.vill.seta-azuma.gunma.jp/htm/azm11110.htm








最終更新日  2005年04月29日 07時34分48秒
コメント(16) | コメントを書く
[季節折々に] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.