000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かぜまちだより お茶を傍らにおいて

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


びゅうり

コメント新着

daikon2@ Re:雨の音しか聞こえない夜。(06/02) しっとりした花、しっとりした文、癒され…
スッフィー@ Re:雨の音しか聞こえない夜。(06/02) ネットが繋がらず、御無沙汰してました~^…
あき@ ありがとうございました! 色々とアドバイスいただいたトビーの手術…
アミ@ こんばんはー♪ この前はお世話になりました(*'-'*) <…
アミ@ こんばんはー♪ この前はお世話になりました(*'-'*) <…

日記/記事の投稿

2005年05月09日
XML
カテゴリ:茶のみ話
早起きして、久しぶりに海岸へ。

サザンのコンサートの余韻を名前にとどめる、茅ヶ崎の海岸、サザンビーチ。
(サザン茅ヶ崎人は、あの音たちを忘れられないのデス・・・)

「やっほー、えぼし岩! 写真撮っておこう」って、デジカメをON。「CFカードが入っていません」。。。
またまた、写真がらみの失敗。
ケータイ、、、も、ない。持って出なかったのですねぇ~。
失敗する時には念が入ってる。。。

     石

ななすけに石と貝殻を拾ってお土産。
海岸に届いた石は滑らかに丸くって、ななのいいおはじき。。。


  ボーダー


サボテンが蕾をつけたのです。

  サボテン

またも、とげを持つ植物ですね。私の家には、そういうものが多いのです。

蕾。まだほんの1cmほど。
咲くとこんなに見事な花。

         くじゃくサボテン

孔雀サボテン。
色はよく見かける鮮やかなピンクや白ではなくて、やわらかな桃色。
月下美人にも似た大輪の花は、月下美人と違って日中も元気よく咲いて、2、3日は楽しめるのです。

       葉っぱ

このサボテンは、大きな花で自らを飾ろうとするくらい、たくさんの花を一度に咲かせるのです。
花をつけすぎて、花に養分を取られてしまい、ついには自らを衰えさせるくらいに。

今回蕾をつけたこの一枝は、去年の夏サボテンを守るために蕾をつけた葉々のうちから間引かれ捨てられたもの。
もしかしたら生きるかもと頂いて、土に差し込んでみた。
残念ながら30cmにも満たなく根もない葉はその蕾を守りきれず、去年の蕾は花となることができなくて。

だから、サボテンももういけないかなぁと思ってた。
ちっとも育った様子を見せないし、根ははらなかったかぁと諦めてた。

それが、蕾をつけたのです。

今年は咲くとよいな。。。






最終更新日  2005年05月09日 22時39分19秒
コメント(17) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.