507482 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

風のように♪<第二章>

風のハミング(2012.9.15)

FM COCOLO 風のハミング Septmber 15、2012


****************************************************************************************************



神戸から車で大阪へ向かいます♪

空はとってもいい天気♪
今日も暑くなりそう。。。.。oOO 。oOO
この時は暑さ対策ばかり考えていたの。

ララと梅田のヒルトンホテルで待ち合わせ♪(*^o^)/\(^-^*)

そこで軽くランチして出発です(*^^*)/


地下鉄四つ橋線の本町駅で降りて
トコトコ靭公園の中を歩いてセンターコートへ向かいます



美しい都心の靭公園






会場入口です。近くに友達がみんないて、声かけくれたの♪♪

チケットありがとう♪(*^o^)/\(^-^*)o(^0^o)(^-^*)(*^^*)タノシモウネ♪

みんな遠い関東から、そして東北からはるばる大阪までやってきたのです。





私達の席はSCーDの5列という席でこんな感じの席。
まだ始まっていなかったので、日傘をさしてる人もちらほらいました。





東西南北の客席みんなに見えるように
中央の円形のステージを回転するようになっているみたいで、スタッフの人が何度か
調整のためかそのステージを確認されていました。

客席は開演をまっている間、暑すぎるので
座席に置いてあったうちわであおいでいるの。

((ρ(^^)パタパタ((ρ(^^)パタパタ

何だか西日がかなりきつくなりそう (^^;)ア。。アツイ



そして♪開演です:,。*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆


まず、スタレビの要さんとKANさんがテニスコートの南の角の入口から出てこられます。
客席の間をぬってステージに上がるよ♪

(^-^)//“”パチパチパチパチパチパチ

   (^-^)//“”パチパチパチパチパチパチ


要さんは赤っぽいチェックのシャツにジーンズ姿だったか
とってもゲンキそうだった♪
広島のサウンドマリーナの時は頬がこけていたので心配だったけど
今日はそんなことなくて最初からノリノリの要さんです♪

ヨカッタネ(*^o^)/\(^-^*)ウン♪


ウフッ(*^^*) KANさんはいつものように??すごい姿♪
今日はアメフト選手のようないでたちなの♪


大好きなビートルズの『HELP』からはじまり
いきなりテンションが高くなってくる♪o(^0^o)



でもなんか。。あやしい暗黒星雲の宇宙船みたいなのが
私達のいる上空にやってきた

ウン。。?(・・) 

ポツン・・・ポツン・・・ポツン.。oOO 。oOO

あ・・・雨が降ってきた!!!!(〃・ ・〃) !!!!!

万が一にそなえて、あらかじめ大きな透明のビニール袋にバッグを入れておいたの。
そこからレインコートを取り出して。。。。
まわりの人はいち早くレインコートを身に着けているわ。

雨が半端なくすごい勢いで降ってきたわ!!p(*・ ・*)qワ。。。スゴイアメ






KANさんと要さんとそして馬場さんと宮沢さん

それぞれが出たり入ったりされてとっても楽しいコラボレーションが繰り広げられていました。

その間もKANさんの曲で大好きな曲♪
『愛は勝つ』を再び聞くことが出きて嬉しかったです♪

そして宮沢さんの『風になりたい』はクリ約でも小田さんと一緒にコラボしたので、
この曲も大好き♪v(≧∇≦)v

KANさん、馬場さん、スタレビのメンバー全員がギターを持って
「アコースティックギター8重奏」で「めぐり逢えてよかった」を演奏されたのだけど、
いつもパーカッションのボーさんまでもギターを演奏されたのでびっくりでした♪


もう、どの曲も楽しくって、すっごく盛り上がって♪
ウフッ(*^^*)要さんって話がスゴクおもしろすぎるんだもん♪。


なので、雨はあまり気にならなかったのだけど
雨が降ってる間、かなり多くの人が地下に避難されてる人が多くて
客席ごっそり半分くらい消えていました。

それでやっと3時ごろ 雨が上がって
(*^^*)ノ” ポイってレンコートを脱いで
もう、二度とこんなの着たくない!って思って肘掛にかけていました。

そこからは今度は西日がすごく照りつける!(・・;) アツ


まぶしすぎて、私はずっとサングラスかけたままでした。

そして休憩時間が15分あって、その間に何だかのどがいがいがするので
アイスクリームが食べたくなりました。

ララもほしいって言うので
わたしはいったん出口を出ます。

そこにインド人の人?トルコ人の人?
一人はケバブの肉を売ってる人がいて、
もうひとりはジェラートを売っていました。

何だか日本のソフトクリームじゃなくて
もっちりジェラートって感じ♪

目の前でコーンに入ったソフトクリームをクルクル回すの (^^;)オッコチル


でも冷たくておいしかった(*^^*)

馬場さんのステージが始まっていて
ものすごく西日が強いのでまぶしくてうちわで西日を遮っていました。

馬場さんのお話で

昨日、リハーサルがあって
要さんとKANさんと小田さんが同じテーブルで
馬場さんは少し離れたところにいたそうですが、

要さんが馬場さんを呼んで
小田さんと一緒のテーブルになったそうです。

小田さんが食べ残したケーキ半分があったので
要さんが「こんな機会はめったにないから」って言って

小田さんが残したケーキ半分を食べさせられたそうなの (^^;)

馬場さんは「僕は音楽的にはすごく小田さんのこと尊敬してるファンで。。そんなファンではないんだけど (^^;)」

みたいなことをおっしゃって会場大爆笑していました。





それからまた15分の休憩です。

機材のセッティングのためにコートの北の角から続々と機材が運ばれてきます。

知ってるスタッフ発見(*^o^)/アッ!オダサンノスタッフダ

コート南の入口ふきんにはなぜか さちゅ(ギルドの社長)がいるの。
あの福島の五色沼でボートが沈みそうになった時の人です。
なぜいたのか♪ あとで小田さんのMCでわかったのだけど♪

そうしているうちに西日がやっと見えなくなりました。

あ。。。ヨカッタ♪

そしてそして!!!!

栗尾さんと稲ぴぃが出てきて

小田さんが南の端の入口から出てきた~~~~!!!!!!!!

v(≧∇≦)vキャ~!!!やっと小田さんだ~~~~~~~~!!!!!!!

今までずっと座っていた人が次々にスタンディングしていくの♪
私もだけど (^^;)
ババババババババババババッババッって立っていくよ!!!
O(^0^o)o(^o^)o(o^0^)(*^o^)//(*^o^)(*^o^)//(*^o^)/

気がついたら会場にいた人ほとんどがスタンディングしてるからびっくりしちゃった!



小田さんは稲ぴぃと栗尾さんと一緒に円形の中央ステージ

稲ぴぃはギターで栗尾さんはエレピ
そして小田さんはアコースティックギターで腰かけて歌う

たしかなこと

さやさやさやと涼しい風が吹いていて 今までの暑さと一転して気持ちいい空気になりました。

♪あめあがりの~


って歌うその声が
このすり鉢状の会場にとっても綺麗に響いていく

ラブ・ストーリーは突然に


どーも お待たせしました♪

って言うと小田さんはすぐにマイクを持ってステージを下りてきたよ♪

そしてアリーナの外回りをぐるりとめぐって歩いていくの

O(^0^o)o(^o^)o(o^0^)oキャッキャッ!って騒ぐまわりの人たち!!!!



♪誰かが甘くさそく言葉に
もうこころゆれたりしないで

小田さんは北から時計と反対方向にむかって歩いていくよ

男性にマイクを向けると
歌うその男性の声がすごい音程だったから会場から笑い声が
キャハハハハハo((*>▽<*))o って沸き起こるの


そして、小田さんがステージにもどると


回転ステージがグルリとスタッフの手によって北側の方向へ向きます

客席からワァアアアアアアアアって声が響くよ♪

小田さんは椅子に腰かけてギターを持って
「呼んでくれた連中と一緒にやりたいと思います♪」

っていうと

要さんが
「何度も出てきます♪ご迷惑をおかけします
ぜひ、コーラスをつけさせていただきたいと思います(*^o^)/」
って言いながら

要さんとKANさんと馬場さんが入ってきてくださいました♪



「僕がはじめて野外のコンサートをやったのは
オフコースというバンドをやってるころ
東京に田園コロシアムという。。。
来られましたか?(^^)」

って小田さんが言うと手を挙げた方が何人かいらっしゃって
小田さんはびっくりして
「うそ?!35年前ですよ
いまはもうなくなってしまったテニス場ですが。。。

その野外コンサート、そのとき雨が降りまして
以来、もう野外はいやだと言っておりましたが
それから野外コンサートを重ねてまいりました。

せっかく晴れていたのにまた。。。」って空を見ると

空が少し暗くなってきて、雨が降りそうな予感。。。.。oOO 。oOO

小田さんは
「できるだけ早く前にすすみたいと思います(^^ゞ」っておっしゃって準備されます


その間もあちこちから

「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」
   「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」
       「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」


「それでは3人に手伝ってもらって
35年前のライブではまだこの曲は作ってなかったと思います(^^)/」

さて、はじめよう♪というところで

要さんのところに歌詞が用意されていなかったみたいで
あわてて歌詞が用意されます。
「愛が足りないから要は歌詞を覚えておりません。愛がちょっとだけ不足しております」

って小田さん♪

o((*>▽<*))o キャハハハ

って会場大笑い♪

要さんは私達のいる東側の丸いステージのその下の段にいらしたので

ララはめちゃくちゃうれしそうに要さんを(*^^*)ニコニコしながら見つめていました♪


そして
YES-NO

わたしの席から小田さんの左横顔がしっかりと見えました。

いつもなら巨大スクリーンとかあるのに
この会場にはスクリーンがなくて
なので、色んな角度の小田さんを見ることができました♪


小田さんはいつものように

♪君を抱いていいの~~♪← 小田さん♪


♪好きになってもいいの~~~~♪o(^0^o)o(^0^o)o(^0^o) ← 小田ファンの声




「馬場君とKAN君と要 どーもありがとう(*^o^)/」
って小田さんは三人を見送ります。


するとスタッフが円形のステージをグルリって45度だけ動かすよ♪



v(≧∇≦)vキャ~!!!

小田さんがやっとこちら側をむいてくれるぅううう!!

東の席の人たち、まわりの人のテンションすごくアップして

O(^0^o)o(^o^)o(o^0^)oキャッキャッ!の大騒ぎと


(*^o^)//“”パチパチパチパチパチパチパチパチ
    (*^o^)//“”パチパチパチパチパチパチパチパチ
の大きな拍手♪


小田さんは
「もうひとり一緒にやってくれる その人を招きたいと思います

宮沢君でーす(*^o^)/」


(^-^)//“”パチパチパチパチパチパチ
   (^-^)//“”パチパチパチパチパチパチ


宮沢さんがまたステージにやってこられました。


そのとき!!!!
(〃・ ・〃) ハッ!! 

ポツン ポツンポツンポツン.。oOO 。oOO


雨!!!!!p(*・ ・*)qまた雨?!



宮沢さんは
「学生の時大好きだった曲なんですが
『さよなら』という曲が大ヒットして
その次のシングル。まったく違った世界でびっくりして感動して
鳥肌がたって、今日歌えることを光栄に思います。」

っておっしゃいました。

そうして演奏の準備をされます。

その間もあちこちから
「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」
   「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」

って声がして
あるところからも

「おださ~~~~んおたんじょーびおめでとう~~~~」

って声がしたのだけど小田さんは

「もうちょっと先なんだけどね♪」って言うの ウフッ(*^^*)


生まれ来る子供たちのために

雨が降ってくる中
小田さんと宮沢さんのコラボレーションが始まりました。

小田さんがエレピに座って前奏を奏でる



宮沢さんが歌う

♪多くのあやまちを 僕もしたように
愛する この国ももどれない もうもどれない


そして小田さんが

♪あの人がそのたびに許してきたように
 僕はこの国の明日をまた思う

って小田さんが歌うその声のあまりにも美しさに
p(*・ ・*)qもう失神してしまいそうでした。


そして二人の声が重なって綺麗なハーモニーが紡ぎだされていくの


宮沢さんは間奏のハーモニカーを吹くよ
その音色がまたすごく綺麗で切なくてp(*・ ・*)q


雨がだんだんと強くなってきました。


でも、レインコートまだ着ませんでした。

小田さんが目の前にいるのに
一分でも一秒でも小田さんから目を離したくありませんでした。

もう。。。。もうこんな近くで小田さんを見ることできるのは。。。
しばらくないと思ったんだ(;_;)


 


「宮沢和史君でした。どうもありがとう(^^)/」

って小田さんは宮沢さんを見送られて

そしてさらにステージが45度回転して
次は南側にむきます。


小田さんはギターを持って腰かけながら

「今年の春、東北の方にツアーに行きました。
その時に作った曲
『その日が来るまで』をやりたいと思います。」


栗尾さんのエレピからいつものように
とっても綺麗な優しい前奏が流れてきました。


九月の雨がこのテニスコートに降り注ぐ

小田さんが歌うその声が響く
この靭公園のテニスコートに

雨なんて この時は全く感じなくて
ただ、ただ幻想的な明かりの中で小田さんの斜め45度の姿を見つめていました。


すべての人が小田さんの声にいっしんに耳を傾けていました。
歌詞のひとつひとつがこんなにしっとりと響きわたったのは
やはり雨のせいだったのだろうか.。oOO 。oOO


歌い終わった小田さんはお話しされます。

「そんなわけで僕は昨年から今年にかけて
全国ツアーをやりました。そのときに各地イベンターにとってもお世話になって
そのお礼の気持ちをこめて全国のイベントに今年、夏いっぱい参加させてもらって
今日もその各地のイベンターが集まってくれました。
いよいよ今日、それが終わってしまうと思うとさびしい気がしますが
またきっとみんなにいつか会えると楽しみにしています。」


それで、さっきもギルドの社長さんもいたのね。。。
みんなイベンターの人が大阪に集まってるんだ。

小田さんp(*・ ・*)q『みんなにいつか会えることを楽しみに』
何度もその言葉が頭の中を繰り返す

きっときっと。。。きっと会えますように
小田さんにきっとまた会えますように



「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」
   「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」
      「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」

あちこちから小田さんを呼ぶ声が聞こえてきました。

「それでは最後に次の曲をやりたいと思います。」

小田さんはマイクを手にもってステージの上で歌うよ♪


今日もどこかで

♪きづかないうちに 助けられてきた
 何度も何度も そしてこれからも


会場の人たちも みんな手拍子しながら歌うよ

(^0^)//””パンパンパンパンパンパンパンパン
   (^O^)//””パンパンパンパンパンパンパンパン
      (^O^)//””パンパンパンパンパンパンパンパン


(〃・ ・〃) ハッ!!  お。。小田さん。。。この雨の中

透明なテントから外に出て
アリーナの前を歩いていくの 

小田さん。。。小田さん。。。。

雨が降ってるのに  雨にぬれるのに


胸がいっぱいになってきました。


小田さんは小田さんは雨にぬれながら会場の端から端まで歩きながら歌うの
(;_;)ウルウル


そして、最後やっぱりみんなのファンの人たちの声が響いていました♪

♪誰かがいつも君を見ている
 今日もどこかで君のこと思ってる



小田さんが雨にぬれるのはやっぱりイヤでした。
小田さんが風邪ひかないかすごく心配でした。


小田さんがステージをあとにするとき
すごい声、声、声!!!!!!!!!!!!

「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」
     「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」
         「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」

わたしも思いっきり小田さ~~~~んって叫びました。

小田さんがステージをあとにしたら
さらに雨音がつよくなって

すっごいどしゃぶりになってきましたp(*・ ・*)qス。。スゴイ雨


でも、最後にスタレビが残ってるので
私達はそこにいました。


この雨雲もやがて去っていくんじゃないかと思ったの。
そのときは。。。

でも、雨はいっこうにやむ気配がなくて
レインコート着ていてもたぶん全身びしょ濡れ状態でした。

雷が鳴って ピカッっと光って
すごいシチュエーションでした。

次のスタレビのライブがはじまるまでBGMが流れていました。

ララは病み上がりの私をきづかってくれて
「もう、あとはスタレビだけだから屋内に入ってくれてていいよ」

って言うのだけどそんなの平気でした。

ウフッ(*^^*) 「なんか不思議だよね」ってララに言った。、

こんな雷が光って稲妻がとどろく中で
私達、いっこうに避難することもなく
雨にずぶぬれになって座って

大雨の中ワクワクドキドキしながら待ってるんだもの♪
ある意味、人生でこんな体験するなんて一生に一度くらいしかないね
フシギ~♪(*^o^)/\(^-^*)異空間だね♪


そうして次のスタレビのライブが始まるのを待っていたら

場内アナウンスから要さんの声♪?

「皆様、大変ご迷惑をおかけしております。
雨が降ってきております」
って言うの

キャハハ(*^0^*)

それでね。
ここのテニスコートは落雷の心配がないけど、
中の方で待機してる方がいいかもしれないということを
おっしゃってもう、しばらくお待ちくださいっておっしゃいました。

私達はもう雨も雷の音も気にならなくなって
そこで話していたわ。
でも、やっぱり雨はいっこうにやまないの。

するとあちこちでスタッフの人が客席に声をかけてるの
「屋根のあるところに入ってくださ~~~~い」

って避難指示が出されました。


私達はしかたなくビニール袋に詰め込んだ荷物をそのまま持って屋内に入っていこうとしました。
でも、入口は大勢の人が詰めかけて中にはいれないままで雨に濡れたまま入口のところでいました。
少しずつ奥へ奥へと入っていくと
ようやく屋内に入ったのだけど
そこで関東の友達のミクシィの知り合いの人と会いました。
今朝7時の新幹線で今日大阪について、
そのまままた日帰りで東京に帰るそう。
いつもの仲間と一緒に来てるっていうから、
おそらく多くの小田ファンが東京から来てるんだと思いました。

濡れたまま帰るなんて大変だなって思いました。
新幹線の中で風邪ひかないといいけど。。。。

中で待ってる間もテニスコートの空ははっきり見えるの
時折雷の光がピカッとひかると
(ノ’o’)ノ オオオオォォォォォォっていう声がわきおこるの。

それにしてもふつうだとこんな大雨だったら
ある程度の人は帰るんだけど (^^;)ここにいるひとたち
いっこうに帰ろうとしないんだもの(笑)

雨はますますひどくなって全然やむ気配もないの。

中止のお知らせが出たら哀しいな。。。
もう一度小田さんに会いたい。。。。会いたい。。。会えるかな.。oOO 。oOO

そんな想いでいました。


30分ほどたったでしょうか。
スタレビの要さんの声がまた場内アナウンスで流れてきました♪

「申し訳ございません。今年の雨バンドはスターダストレビューに決定いたしました。」

って言うの o((*>▽<*))o キャハハハ

「屋根のあるところで聴きたい方はそこで聞いていただいて結構ですからもし、
会場に戻られる方がいらっしゃいましたらどうぞお戻りください。
もうしばらくしましたら、私達雨の中全力で、
今日しかできないことをやらせていただきたいと思います♪」

って言ってくれて♪
このまま中止にならなくてよかったと思いました(*^^*)v



♪申し訳ございませんが~~~~
今年の雨はスタレビの雨でございました~~~~♪
って歌いながら登場するスタレビ ウフッ(*^^*)

でね、
また歌いながら

♪雨なので~~~~だから~~~~
♪か~~えらないで~~~~~~~~
って広島でも歌ったアカペラで歌いだすので


もうおもしろくって
キャハハハハハ(o_ _)ノ彡☆バンバン
会場大爆笑だったわ♪♪♪♪


最初はノリノリの盛り上がりの曲で

次が大好きな(*^^*)♪広島でも歌ってくれた曲♪

夢伝説


雨が降っていてももう、そんなのどうでもよかった。

なぜならこの会場にほとんどの人が残っていて
ほとんどの人が雨に濡れながら一緒に手拍子していたから

(*^o^)//(*^o^)(*^o^)//(*^o^)/タンタンタンタンタン
   (*^o^)//(*^o^)(*^o^)//(*^o^)/タンタンタンタン

歌いおわった要さんは

はじめてここでライブしたとき、とっても気持ちよかったみたいで
コラボレーションの楽しみもあったとお話しされて

そのスペシャルコラボレーションのメンバーを紹介したいと思いますっておっしゃって
宮沢さんとそのパーカッションのお二人を招きます。

そして会場の人のコーラスと一緒に
盛り上がります♪

要さんが一緒に歌ってくれますか?って聞くと

私達(*^o^)/イエーーーーーーーーーーーーイって声が響く♪

女子と男子に分かれて
オーオーオオーーーーーーーーーーーー♪

ってノリノリの曲で会場が盛り上がるよ♪


そして次の曲もみんなで盛り上がろう♪っておっしゃって
この曲も広島で歌った曲
愛のうた

馬場さんとKANさんを呼んで再びコラボレーションで
会場と一緒に歌いました

♪らららーら らーららーー 届け 愛のうた..o(^0^o)。゚♪♪・:,。*:..。♪*:♪*:..。*:..。*♪♪

みんなまだ聞きますか~~~~♪?

って要さんが聞くので私達もちろん

(*^o^)/イエーーーーイ

って叫ぶよ♪


これにはたくさんのゲストが必要であります♪
紹介しましょう!!


小田和正~~~~~~~~~~~~!!!!



って言うと

O(^0^o)o(^o^)o(o^0^)oキャッアキャァキャァ~~~~!!!


ってすっごい声!!!!!!!!



v(≧∇≦)vキャ~!!!小田さんが目の前にいる~~~~ぅうううううううう!!!!!!

だって、だって小田さんが円形のステージの東側でさらに前の下の段にいるんだもの♪
もう、私達嬉しくって嬉しくって!!!!!!

小田さんがこちら側を向いてくれているんだもの!

反対側は宮沢さん
南向きはKANさん
北向きは馬場さんです。

おそらくまた場所は交代するのだろうけど
わたしはこの瞬間を感謝せずにはいられませんでした(;_;)ウルウル


「小田さん、、靭どうですか?いい場所でしょ?」

って要さんが聞いても

「ああ。場所ね(*^^*)」
ってぶっきらぼうに答える小田さんです キャハハ(*^0^*)
そして小田さんはご当地でここによく来るよって要さんに言うの。

だって、小田さんご当地紀行で
ここ、靭公園のハトに堂島ロール食べさせたりしたんだもの ウフッ(*^^*)


「小田さんがここを気に入ってくれたら毎年出てくれるから♪」

って要さん言うの。


そして♪そして♪

まわりの人たち気づいたらみんな小田さんファンなんだって思いました。

だって、みんな小田さ~~~~んって叫びながら手を振ってるんだもの♪


わたしも「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」って言って思いっきり手を振った

小田さんは手を振りかえしてくれました♪(^-^)/“

v(≧∇≦)vキャハ!!私に手を振ってくれた~~~~!!← 思い込み他10名

でも、小田さんはそれからも何度も手を振ってくれて
すごくうれしかったです:,。*:.*:..。o○☆゚・





今夜だけきっと

p(*・ ・*)qもうもうもう 夢みたい 夢みたい 夢みたい


大好きな人が目の前にいると
雨が降っていようが、風が吹いていようが
そんなの関係ないっていうのがわかりました。


♪低く晴れた空 ちぎれた雲ふたつ
 
って歌う小田さんv(≧∇≦)v♪

次は宮沢さんが歌って

そうしてまた小田さんと一緒に歌って

ああ。。。。何だかどんな順番でうたったか
そんなの忘れちゃったのだけど

たしかにそこに小田さんがいて、
たしかにそこに小田さんが歌って
たしかにそこに小田さんが手を振ってくれて

ああああああp(*・ ・*)qこんな幸せすぎる時間が待っているなんて

あの雷が光ってるとき思いもしないで

あの雨が降り続けていたとき 想像もしなくて


♪今夜だけきっとかなしいの 
せめていまだけ思うままに..。゚♪♪・:,。*:..。♪*:♪*:..。*:..。*♪♪


って小田さんがまた歌うと
小田さんの声があまりにも素敵すぎるので

まわりの人たち

(ノ^0^)ノ オオオオォォォォォォって大きなざわめきがわきおこるの♪


そして最後
要さんが

ほしに~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~なーあーった~~~~!!!!

って歌うと
(*^o^)//“”パチパチパチパチパチパチパチパチって思いっきりの拍手

要さんはそれぞれのアーチストの名前を叫んで

そして最後に
小田和正~~~~~~~~~~~~!!!!!!

って言うと
会場みんなが

(*^o^)//“”パチパチパチパチパチパチパチパチ
   (*^o^)//“”パチパチパチパチパチパチパチパチ
       (*^o^)//“”パチパチパチパチパチパチパチパチ


そして全員が丸いステージ中央にみんなあがって
声をひとつにして
しんじられないくらいのアカペラで歌うよ


♪今夜だけきっと~かなしいの~
   明日になれば~忘れられるのに~
    ためいきひとつ  手のひらに
      そっと こぼれて~~~~

もうもう。。。この世のものとは思えないくらいのアカペラでした。
        

そして要さんが
星に~~~~~~~~
もとい! 雨に~~~~~~~~なぁ--たぁ~~~~~~~~!!!!


って歌うよ♪ ウフッ(*^^*)

笑い声と感嘆の声と拍手喝采が入り乱れます

(*^o^)//(*^o^)(*^o^)//(*^o^)/ワーーーワーー

O(^0^o)o(^o^)o(o^0^)oキャッキャッ!


「そして、みんなまだダイジョウブですかぁ~~~~!!!?????


o(^0^o)♪イエーーーーーーイ

お前たちばっかりテントの中に入りやがってって思ってんだろうけど
それでもまだ歌っちゃうんだ♪♪」

っていうのp(*・ ・*)qまだ。。まだ歌ってくれるんだ!!!!

信じられないくらいウレシクテ嬉しくて 本当にうれしくって.。oOO 。oOO


この雨の中いろいろとやってくれるスタッフのみんなに大きな拍手をって
要さんがおっしゃったので
会場
大きな拍手(*^o^)//“”パチパチパチパチパチパチパチパチ


「長い時間がかかってしまいました。
みんなが満足するかどうかわかりませんが、
このアカペラで最後です
来年は雨ミュージシャンはだれでしょうか?
小田さん、来年も気がむいたらぜひ♪」
って言う要さんです(*^^*)

THE LONGEST TIMEです。

要さんが会場のみんなに
「指を鳴らせるかな?」って言うけど

雨に濡れて指パッチンができないの (^^;)

「指ならせない?
じゃあテントの中の人だけで(*^o^)/」

って言うの
o((*>▽<*))o キャハハハ


小田さんは今度は正反対の西の方に行っちゃったので
わたしは小田さんの背中をずっと見つめていました。

さっき、いっぱい小田さんがこっちにいてくれたので
もう大満足だったのだけど
それでも私は小田さんの後ろ姿を追いかけてるのでした。


みなさん、順番に歌っていきます

。。。p(*・ ・*)q小田さんの声が聞こえた
もう、それだけで 胸がいっぱいで幸せMAX..。゚♪♪・:,。*:..。♪*:♪*:..。*:..。*♪♪




透明なテントの中のアーチストたち
要さんの赤い色のシャツ
雨は透明な雪みたいで
何だかこのメロディー。。。。このオレンジ色のライト
そう、まるでクリスマスがやってきたみたいでした。

The Longest Timeってこんな曲です♪


これを日本を代表するアカペラグループと小田さんたちが歌うんだもの
どんなに凄かったかわかると思いますが♪
本当に素晴らしくって♪
素敵すぎて。。。。
その融合された声がひとつになったとき

それはそれは輝くほどのハーモニー

ああ。。。。こんなに幸せな時間をくれたこの瞬間
誰に感謝したらいいんだろう


いつか、いつの日かまた 指パッチンできる晴れた日に
この曲を聞かせてほしいなって思いました♪
そう次は会場にいるみんなも指ならしたい♪リベンジです♪(^_-)-☆パッチン


そして、最後、要さんの声がすご~~~~くのびてのびてのびてのびすぎて

まわりのスタレビメンバーも他ゲストも
しかも小田さんもコロンと横になってズッコケてるの!!

v(≧∇≦)vキャハハハ!!!!!


小田さんまでも一緒にずっこけてるんだもん

要さんが小田さんがずっこけて横になってるのを見て
「小田さんまで、ズッコケでダイジョウブですか? (^^;)」
って聞くの。

ずっこけるって言っても円形のステージに腰かけてそのまま体を横に倒す
って感じかな♪
でも、スタレビのメンバーがそれをするのは日常茶飯事なんだけど
小田さんまでもがするなんて思いもしなくってびっくりでした。

小田さん、かわいい~~~~v(≧∇≦)v!!!!!

その姿に胸キュンp(*・ ・*)q小田さんかわいすぎる~~~~~~~~!!!!!!!!




要さんが
「小田和正さ~~~~ん♪

宮沢和史~~~~♪

KANちゃ~~~~ん♪

馬場俊英~~~~♪」


そして要さんは会場にむかって

「来年も来てくれますか~?(*^o^)/」

って言うので

私達(*^^)/イエイ~~~~~~~~!!!!!

って答えるよ♪

「毎年雨のハミングになっていますが
今年もハミングで終わります。
気を付けて家に帰れるように

校長先生がいいました。
『家に帰るまでがライブです』」

キャハハ(*^0^*)

要さんは「ドボルザークの曲で。。。
小田さんに解説していただきました。

『新世界』というドボルザークの第ニ楽章が「家路」なんです。
この章ではじめて新世界をみつけるんです。
未知なる音がここでなるわけです
その未知なる音を感じながら


雨に降られてそれどころじゃねぇよって思うかもしれませんが
風のハミング聞いてください。」


♪..。゚♪♪・:,。*:..。♪*:♪*:..。*:..。*♪♪
それは言葉ではいいあらわせないほどのハミングでした。


こんな崇高な曲を夏フェスの最後に聴けるなんて思いもしなかった。

あのドボルザークの音色です
p(*・ ・*)q

みんな一列になってハミングしながらステージのまわりをまわって一周されます
そうして二週目

小田さんはそっと列からはなれてステージをあとにされました。

小田さんp(*・ ・*)q。。。小田さん。。。小田さんが行っちゃう

(〃・ ・〃) ハッ!! と気づいて

「オダッさ~~~~ンo(^o^)o」って思いっきり叫んだ

あちこちから

小田さん~~~~小田さ~~~~んって叫ぶような声!


小田さんが去ったあと
要さんたちと私達会場の人たちはハミングをつづけました。
家路

..。゚♪♪・:,。*:..。♪*:♪*:..。*:..。*♪♪..。゚♪♪・:,。*:..。♪*:♪*:..。*:..。*♪♪

要さんが言います

「去年にひきつづきまたまた
来年はもっと雨に降られてもっと思い出になるかも♪

こんなに最後までみんなが気力をおとさずに。。。。
最後まで音楽を楽しんでくれる人ってなかなかいません。
本当に感謝します。
みんなありがとう(*^o^)/」
っておっしゃって下さいました。
何だかその言葉を聞いてとっても嬉しかった。。。。


この日ここへ来ることができてよかった

嵐の中の体験でも こんな素敵な音楽に包まれてすごく幸せだった。


会場の人たちの声が一同に
ありがとう~~~~ ありがとう~~~~って響いていたよ。


そう、スタレビに馬場さん、そしてKANさん宮沢さんありがとう:,。*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆
そしてスタッフの方、この雨の中、大変だったと思います。
こころから感謝したいと思います♪
そしてFM COCOLO、素敵な時間をありがとう♪

チケット確保してくれた関東の友達、ありがとう


そしてそして
小田さん。。。この夏、たくさん素敵なコンサートに連れて行ってくれてありがとう♪
たくさん小田さんに逢えてすごく幸せでした,。*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆

いつの日か またきっと会えることを願っています。

大好きな小田さん。。。雨の中、ステージから飛び出して歌ってくれて
風邪ひいたりしませんように
どうか ずっとずっといつまでも 私達にその姿見せてくださいね:,。*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆:,。*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:*:..。o○☆









小田さんの曲目

・たしかなこと
・ラブ・ストーリーは突然に
・YES-NO
・生まれ来る子供たちのために
・その日が来るまで
・今日もどこかで

全員で
・今夜だけきっと
・The Longest time
・家路(ハミングで)







―THE END―
































Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.