421563 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

数理進学予備校イーズ こばじいのブログ 〜つくば市竹園ときどきひたち野うしく〜

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

勉強方法について

March 3, 2019
XML
カテゴリ:勉強方法について
たまに、

高すぎる目標を掲げていて、

「この子大丈夫かなー」

と思うことがある。




極端な例で言うと、

実力は3割なのに目標9割、という感じ。




でもね、

そういう目標がおかしくない場合もある。




それは、

9割に到達する道筋がしっかり見えている場合だ。






どこをどんな風に改善して、

そのためには何をして、

それにはどれくらい期間が必要で(長くても数ヶ月くらいが良い)

というのが具体的にわかっていて(具体度が間違っていると駄目だけど)

という状況なら掲げて良い目標だ。







「頑張ればいける!」

と言いつつ、具体的な方策がないまま、

高すぎる目標を掲げている場合は、

目標を変えるか、やり方を変えるかするべきだ。






それでも、元が低すぎる場合には点数があがるけれどね。

ちゃんとやればね。






Last updated  March 7, 2019 11:56:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 2, 2019
カテゴリ:勉強方法について
1年前、

彼は1ページ分の宿題さえ拒んだ。



1週間に1回の授業だから、

その分量はとてつもなく少ない。




ところが、

それが気づけば、

1週間で、

・過去問1年分(5教科)×2の演習、復習、類題演習

・苦手科目のプリント(16ページ分)

という量にまでなっていて、

きっちりやってこられるようになった。






そう、

自分ではできない、と思っていても、

意外と簡単にできるものだ。







自分はできるんだ、ということを実感することで、

自分自身に貼ったラベルを貼り直すことになる。



一度貼られたラベルは強固なものだが、

それでも時間をかけていけばいい。




もちろん、

ただ言っても意味がない。

言葉はときに力を持つけど、

まったく役にたたないことだって少なくない。




だから、

行動から変えていくことも必要になる。




彼の場合は、

行動から変えていき、

そしてそれが当たり前になった。




あとは結果が楽しみだね😊






Last updated  March 7, 2019 11:42:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 28, 2019
カテゴリ:勉強方法について
勉強の仕方が間違っていたから、

成績が伸び悩んだのではないか。



こう悩む方はとても多い。



「勉強の仕方」という言葉から連想されるのは、

使う問題集であったり、

問題の解き方であったり、と考えがちだ。




だから、きっちり理解して進めば、

「しっかりやった」という気分になる。




ところが、

それでは成績に反映されない。





なぜか。





それは、「覚えていない」からだ。





大量に問題を解いていって時間がすぎれば、

だんだんと古いものは記憶から薄れていく。





そうなれば、

どれだけ正確に理解して問題集を進めていたとしても、

結果には反映されない。





次に大事なのは、

「繰り返し」となる。

繰り返す回数が少なければ、記憶に残りにくい。

何度も重ねて繰り返さないと、試験時にしっかり解けるようにならない。

スピードもセットだ。

回数が足りない、というのは、

繰り返す回数、多く繰り返す方法、覚えるための繰り返し方、

そういうところまで見えていないことが原因であることが多い。




だから、

「足りない」は「やり方が違う」とは異なるようで、延長線上にある。




それが認識できていないと、

いつまでも苦しくなるよ。






Last updated  March 2, 2019 01:49:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 27, 2019
カテゴリ:勉強方法について
英語や国語で陥りがちなこと。



本文の内容はするする読めて、

理解もちゃんとできている。



にもかかわらず、正解が選べない。



これにはちゃんと理由がある。




苦手意識のある子は、

読めた気でいたのに間違っているものだから、

やる気をなくしてそれ以上の分析をしないことが多い。

それではもったいない。




可能性として、

1、選択肢が読めていない

2、設問のきいている内容を理解していない

この2つがある。




選択肢についてもちゃんと読めているなら、

十中八九2のパターンとなる。





設問の微妙な言い回しに翻弄されているのだ。





どれだけ本文が読めていても、

どれほど選択肢を吟味しても、

設問の条件からずれたことを考えていれば、

必然的に間違った選択肢を選ぶことになる。





実はこれ、社会でも理科でも言えることだ。





設問文の解釈のミスは、

そのまま解答のミスに直結する。





それがわかっていないと、

いつまでたっても、

「自分はできないんだ」

と思い続けてしまう。





自分の分析が雑な人は、

一度よくよく見てみてね!






Last updated  February 28, 2019 11:18:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 26, 2019
カテゴリ:勉強方法について
医学部へ行くなら、センター9割欲しい。

もちろん、センター9割とれなくても入れるところはあるけれど。




その9割、という「壁」だけど、

そもそもどういう「壁」だと思っているのか。




何をやっても越えられない壁?

漠然と感じる壁?

具体的に越え方の見えている壁?

そもそも壁だと感じてない?

越えてなんぼの壁?




いろいろな見方があると思う。




ただ、

少なくとも、9割を越える子は、

9割を越すつもりで勉強しているはずだ。




自分には絶対に9割は無理だ、、、と思っている人は9割など無理だ。

8割すらもイメージできないなら、もちろんそれ以下となる。




まずはそれがスタート地点。




そこから、

具体的な方法を考えないといけない。

実際にどう行動したらいいのかがわかっていなければ、

何も進まない。

だから、

漠然と「越えられたらなぁ」という人は無理だ。

結果を生み出す行動につながらない。




ということは、

結果を変えるには、

まずは思考から変えるべき、ということ。




なかなか思考が変えられないなら、

行動を変えたらいい。

よくわからないままでも、結果の出る行動さえとっていれば可能性はある。

この場合、自覚しないから、自覚させてやる必要もある。

そのうえ、自覚しないということは方向性がずれてしまっても修正できない。

だんだん手抜きになっていって結果がともなわないのはこのパターン。





だから、

できる限り具体的に、ビジョンは描きたいし、

自分がとりたい点数は、高めに設定するべきだ。






9割とりたきゃ、

満点狙え。






Last updated  February 26, 2019 09:42:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 11, 2019
カテゴリ:勉強方法について
まあ、勘違いというよりは、

状況がよくつかめていない結果、

という方が正しいかな。




誰かに勉強内容をちゃんと管理してもらえたら大丈夫!

と思っている人は、

「それだけで大丈夫」という勘違いをしていると思う。





実際、成績をあげるためのステップのうちの、

入り口でしかない。





もちろん、入り口越えられなかったら、

先へ進むなんてできないので、

当然ながら、勉強計画と管理は重要ではある。





ちゃんとそれわかってる?






Last updated  February 13, 2019 05:56:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 7, 2019
カテゴリ:勉強方法について
大学のセンターボーダーラインや、

模試でのボーダー偏差値が上でも、

二次試験の問題の難易度は低い、

ということはある。


その場合言えることは、

得点率が高くなる、ということ。



これは他大学と比べたときにも言えることであり、

同一大学でも、年によって言えることでもある。



問題が易しい年は、得点率が上がる。

問題が難しい年は、得点率が下がる。



過去問を解いていると、

なんとなくの出来具合しか確認しない人が多いけど、

しっかり得点率まで考えたい。




そうやって合格可能性を引き上げる方法を考えていこうね!






Last updated  February 8, 2019 01:09:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 5, 2019
カテゴリ:勉強方法について
2月も1週間近くなり、

授業の内容も、知識の再確認程度で、

新しい知識の習得はだいぶ減っているね😊




そうなるとあとは大事なのは、

「解き方・考え方」




せっかく身につけた知識も、

運用方法を間違えばそれまで。





正しく使えて、

正しい解き方を習得して、

単なる暗記ではない、正解への道筋を理解したい。





さらにもう1割伸ばすために必要なこと。






厳しく行くよ〜〜〜!!!






Last updated  February 7, 2019 02:46:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 31, 2019
カテゴリ:勉強方法について
国立の願書の出願期間となり、

私立の試験がラッシュを迎え、

ばたばたする今日このごろ。




前期試験に向けて過去問演習も本格的になりつつある。

人によっては、C判定、D判定からの逆転を考えているのかな。




たったの1ヶ月とはいえ、

まだ1ヶ月もある。




センターよりも科目が少ない分、

もうひと段階レベルアップする科目だってある。




英単語だって、単語帳がっつりやるくらいの時間はある。




そうやって諦めずに、やるべきことをきっちりやりたい。




焦る気持ちから、

復習だったり、過去問の分析だったりが雑になる人がいるけど、

気をつけたいところ。




僕はというと、

日々添削に追われている。

できる限り早く返してあげたいしね😊

残りも頑張っていこう!






Last updated  February 1, 2019 11:12:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 29, 2019
カテゴリ:勉強方法について
新しく何かを教わるとき、




なぜこれを教わるんだろう?

どうしてこのやり方なんだろう?

別のやり方だとなぜ駄目なんだろう?

これは意味があるんだろうか?




などと考える人は多い。




もちろん、

それを批判的に言っていたり、探究心から言っていたり、

背景はそれぞれだろうけれど。






これに対して、

特に何も疑問に思うことなく、

あたりまえかのように進んでいく人もいる。





先生が言うなら、間違いない。





そういう進み方の人もいる。







果たしてどっちが良いのだろう?








これは一概にいえないことだ。








考えるタイプは、

納得しないと、ちゃんと話がきけなかったりする。

話を聞いているようで、「なぜ」を頭の中で考えているから、

集中して話の内容を理解しようとする状況より、理解が進まないかもしれない。

自分の勉強の意味に納得しなければ、やる気もおきない、という人もいる。

逆に、納得してしまえば、やる意味を感じてしっかり進むことにもなる。

もし、教える人の言い分が納得出来ないものであれば、

渋々やるとしても、その進み具合はよくないだろう。

頑固だったり、コミュニケーションがうまくいかない場合に、この状況は起きやすい。






考えないタイプはどうか。

言われたとことを言われたとおりにしかできない。

指示が細かく、言われた側が指示通りにきっちり動くのであれば、成果はでやすい。

「なぜ」を問う時間もかからないし、納得させる説得時間もいらないから、

その分進み出すまでが早い。

ただし、自走していないので、指示がなくなった瞬間にすべてが止まる。

場合によっては、かなり細かく指示をださないといけない場合もある。

納得した場合と比べて、細かいところまできっちりやることの意味を理解していないこともあり、

指示を出し続け、指示通り動いているかを確認することにかなりの時間をとられることさえある。





一概にいえない、というのは、

こういう良い点・悪い点の有無に加えて、

結局、「目標達成までに何をするか」は別問題だからだ。








考えるタイプであろうと、

考えないタイプであろうと、

「知識習得」
 ↓
「大量の演習(によるスピードアップ・正確性アップ)」
 ↓
「発展」




というのがおおまかな流れになり、

考えるタイプは知識習得に時間はかかれど、論理的理解が進みやすく、

考えないタイプは知識習得は早いにしても、知識同士の論理的つながりを持ちにくい、

そのため、アプローチの仕方が異なってくる。





大学受験のために利用する科目のタイプに影響がでることさえある。













ということを総じて考えるのは、とってもいいこと😊






Last updated  January 30, 2019 01:16:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

Free Space


イーズグループのHPはコチラ。


□竹園校小中学部(つくば市竹園)
 小学生フレックス(小1〜小6)(国数英理社)
 公立中高校受験コース(中1〜中3)(国数英理社)
https://ez-takezono-kasuga.wixsite.com/ez-takekasu


□竹園校高等部(つくば市竹園)
 大学受験(高3)(英・数・化・物・生・国・地理)
https://www.ez-takezono.com/
https://www.e-z-group.com/

 竹高クラス(高1・2)(数)
 土一クラス(高1・2)(数)
 茗溪クラス(中3〜高2)(数英)
http://info74401.wixsite.com/ezmeikei


□イーズ予備校(つくば市竹園)
 高卒生大学受験予備校(英・数・化・物・生・国・地理)
https://www.ezyobikou.com


□イーズマイセルフ(つくば市竹園・牛久市ひたち野うしく)
 個別授業1対1・1対2(小4〜高3)(数学、その他は要相談)
https://ez-myself.com


□春日(つくば市春日)
 小学生フレックス(小1〜小6)(国数英理社)
 公立中高校受験コース(中1〜中3)(国数英理社)
 数トレ(高校生)(数学)
https://ez-takezono-kasuga.wixsite.com/ez-takekasu


□梅園(つくば市梅園)
 並木中等クラス(1〜6年)(英数)
 公立中高校受験コース(中1〜中3)(国数英理社)
 個別(科目は要相談)
https://ezumezono.wixsite.com/ezumezono


□ひたち野うしく(牛久市ひたち野うしく)
 茗溪クラス(3〜5年)
 大学受験クラス(高1〜高3)
 個別(数学・その他科目は要相談)
https://www.ez-hitachino.com/


□守谷(守谷市)
 大学受験クラス(高1〜高3)(数・英・物・化)
 竹高クラス(高1・2)(数学)
 海一クラス(高1・2)(数学)
https://www.ezmoriya.com/




blog-top-entrance.gif





・クラフトビールバー(つくば市)
http://craftbeernco.jimdo.com/


Calendar

Profile


コバヤシカズヒロ

Archives

Category

カテゴリ未分類

(1002)

ひたち野うしく校舎

(39)

ひたち野うしく校 講座

(5)

ひたち野うしく校 先生

(11)

ひたち野うしく校 生徒

(31)

守谷校について

(3)

高卒部門 授業

(3)

休校関連でございます

(13)

季節講習ちゃん

(10)

個人指導やってんねん

(16)

チュートリアルさね

(6)

自己成長 ・・・してんの?

(806)

継続 は力なり

(111)

入試応援 みんながんばれ!

(29)

卒業生だ わーいヽ(=´▽`=)ノ

(10)

貰い物♪

(3)

お土産 あげるもの? もらうもの?

(2)

イベント(≧∇≦)/

(92)

本日のいいね!

(10)

授業以外のお仕事もあるよん

(3)

外部との接触 ((o(´∀`)o))ワクワク

(5)

受験に関する情報

(48)

勉強方法について

(82)

単語テスト

(3)

子どもの教育について

(97)

英語の勉強について

(103)

高校地理だってばよ

(28)

中学生の勉強について

(35)

中学社会だぜ

(5)

小学生も通っているよ。

(2)

小学生は面白い!

(8)

地理Bのつなげる知識

(1)

数学の勉強について

(1)

国語の参考書

(3)

イーズ予備校 高卒 生徒

(11)

高卒 浪人 勉強

(2)

睡眠 パフォーマンス

(6)

イーズ予備校 講師

(1)

インプット アウトプット 成長

(2)

イーズ予備校 少人数授業 質問

(6)

問題の解き方

(1)

大学入試共通テスト 試行

(1)

過去問 総評

(2)

イーズ予備校 添削指導

(0)

雪の日

(0)

イーズ予備校 チュートリアル

(11)

イーズ予備校 テスト

(4)

イーズ予備校 医学部に関して

(0)

Freepage List

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.