917716 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七尾市にある高校受験、大学受験の専門の小さな塾、志学会です。

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


nakakazu3310

カレンダー

お気に入りブログ

卒塾生の嬉しい報告… Bu命さん

面談期間自習室利用… がっきー塾長さん

中3Aクラス 進学塾キャラベルさん

川越最強学力向上爆… ごうまじまじさん
トワママ。のお気楽… トワママ。さん

コメント新着

マイコ3703@ 巡り巡ってたどり着きました♪ ふむふむ!と私にもあるある!と感じてし…
かなやん94@ Re[2]:東大を狙う。(10/29) お返事ありがとうございます。 参考になり…
nakakazu3310@ Re[1]:東大を狙う。(10/29) かなやん94さん、コメントありがとうご…
かなやん94@ Re:東大を狙う。(10/29) はじめまして。七尾に住む小学三年生男子…
nakakazu3310@ Re[1]:吹奏楽部(08/22) 吹奏楽部については、保護者の方も同様に…

ニューストピックス

フリーページ

サイド自由欄

現在はコロナ感染のために在宅、オンライン、個別指導に
切り替えています。


 
まずは、無料体験授業に参加してください。
HP https://shigaku770.wixsite.com/mysite-2
塾で子どもたちに勉強を教え始めてすでに25年以上になります。
最初の10年は、関西の大手で、進学塾の指導方法を学び、その後、故郷、石川の能登にもどり、小さな塾を開きました。

「志学会」という塾名。

子どもたちが大きな夢を持ち、勉強して欲しい。そんな思いをこめました。
そしてもう18年になりました。

子どもたちの夢を実現し、幸せになって欲しい、そして、その家族も幸福になって欲しい。このことが自分自身のこの仕事をするモチベーションとなっています。

当塾は、定期テストでは、塾内の平均が400点を越えるようになりました。なかには、300点前半の点数を460点まで伸ばした生徒もいます。
当塾の目標は、七尾、羽咋、鹿西など能登の上位校合格です。

また、高校部を新設、地元国立大学をはじめ日本のトップ大学に毎年合格者を出しています。大学受験に必要なマインドのつくりかた、また、勉強の方法を身につけることにより、自分で考えて目標にむかって走ることができるよう指導しています。
高校の課題が回らない人、偏差値を伸ばし志望校のレベルの力をつけたいと考えている人、東大、京大、早慶など日本のトップ大学を目指したいと考えてい人。
それぞれにあった正しい勉強方法を提案し実践してもらっています。

過去3年間の受験では、慶応大学経済、商、文学部合格。また、国立大では神戸大学国際文化と金沢大医学部など上位大学合格を果たし、七尾という田舎からでも受験勉強のやり方次第では、トップ大学に合格できると確信しました。

まずは、無料体験授業から参加してください。

最近の合格高校
七尾高校(普)(理)(文フ) 金沢泉丘(普) 国立石川高専  羽咋(普)   鹿西(普)田鶴浜(看護) 羽咋工業など

大学
慶応大学(経)(文)(商) 青山学院(法)明治(政経) 成蹊(法)関西学院大学(商) 神戸大学(国際)
金沢大学(国際)(経済)(医学) 富山大学(医看護)  石川県立大  北里大  女子栄養大 福井(医看護)(工)立命館(文)関西外語 金沢大学経済 
公立小松大学(国際) 名古屋市立大学(芸工) 県立富山大学(看)  東北大学(文)東洋大 
今年度の合格大学
富山大学工学部、都市デザイン学部 早稲田大学法学部、立命館大学理工学部、関西大学理工学部、東京大学(文Ⅲ)


                              塾長 中村一博

無料体験授業に参加してください。
メール  shigaku770@ybb.ne.jp
2021.12.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​よくブログを拝見させていただいている先生の今日のブログを読んでいると、定期テストの過去問題をやらない理由をについて書いてありました。今後、塾の選択の際には、参考にしてください。



例えば、七尾中学での中3生の英語の2学期の過去問題を、対策で使うと言えば、何となく同じ問題が出て、高得点が期待できるのではないかと考えてしまいます。おそらく、私が塾を始めた時はそう思っていました。最初に勤務した塾では、疑うことなく子供たちに過去問をさせて、終われば問題を回収して、コピーして次の年度のためにクリアファイルで保存していました。


今はどうかというと根拠を持って、そんなことは子供には毒だと考えています。仮に過去問で同じ問題がでて、100点とれても全く子供には毒にしかなりません。当たり前です。それが、子供の学力の真実を反映していないからです。


私は、テストは子供を学力を正しく表すものでなければならないと思います。最近、中間期末で、実力テストだ、といいながら、入試問題をのせる先生がいました。しかし、それが、生徒のここ数ヵ月の授業理解を反映するものにはならないです。そういう学校の先生の問題は、毎年、問題が違いますから、過去問を使ってもあまり意味がないですね。​


むしろ、塾の定期テスト対策とはいえそれが長い目で見れば、入試ででるものを扱っているわけです。教科書や学校のワークをを徹底してやり、さらには、入試レベルの問題での演習をすべきなのに、過去問の時間はとるのは時間がもったいないですね。それより、狭い範囲でも、入試レベルでの問題でも正解できる力をつけるべきですね。


さらに、ブログを書いた先生は、定期テストの過去問を「農薬」や「人口調味料」だ言っていました。つまり、作物を育てるには、見た目はいいのですが、後から、その毒が身体に回ってくるということです。保護者にも生徒にも、口当たりはいいですが、子供の学力を本質的あげる者でなく、仮に過去問題で点数が上がれば、そこ子は勉強、テストがその程度のもと考えてしまうのです。これは真面目に成績を上げたいと考えている先生からみると悲劇です。


さて、うちは、定期テスト対策は、まず、早めに学校の基礎的なワーク特に課題となるワークを早めに済ませて、つぎに塾の少し難しいワークをやっています。ここまでやれば、90点以上は得点できるようになります。



塾の定期テスト対策は様々です。また、定期テスト対策はやらない塾もあります。塾を選択する場合は、定期テスト対策をにもぜひ考慮して選んでください。











最終更新日  2021.12.08 11:13:57
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.