750758 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七尾市の小さな公立高校、地元国立大学進学専門の少人数・個別指導塾です。

PR

全3726件 (3726件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.12.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​今日は午後一番で、いつもの美容室でカットしてもらいました。そこの美容院は10年近く前に、お子さんを預かっておりましたので、よく知っている方なんですね。とても丁寧に切ってくれるので、今は私が顧客いなっています。


​​今日は、その方(お母さん)は子供を小学校の時にバスケットのチームに入れていたときのお話しを伺いました。七尾市のバスケットチームはとても強くて、七尾市からは、ナショナルチームの選手を出しています。だから、その監督はおそらく指導者としては、結果を出す方だったんだろうと思います。その方が保護者にいつもいうことが、「三位一体」ということ。つまり、監督と選手だけでは、強くなれない、親も親としてのやることがあるんだと。


​​私としては大いに頷くところがありました。私の塾では、保護者のために、塾報を出しています。また、ラインでの連絡がいつでもできるよにしています。保護者懇談はいつでもできるようにしてます。しかし、もう一度、保護者との関係をもう少し考えていこうかと思いました。


塾の多くは保護者とのコミュニケーションを密に、と言います。しかし、それが、実際には形だけのものになってはいないか?と思うことがあります。


また、生徒だけでなく親御さんがしっかりしないと受験はうまくいかないということは間違いない事実です。そういうことをどこかで伝えていく時間を積極的に作ってくことができたらと思いますね。今は、塾にわざわざこなくてもオンラインでお話しはできますから。


冬期講習はここからです。











最終更新日  2020.12.02 14:37:06
コメント(0) | コメントを書く


2020.12.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​昨日、最終のマーク模試を終えた高3生が、自己採点の結果を報告してくれました。予想通り伸びてきた生徒、あまり変わらない生徒など、この時期であるからこそ、何とか本番まであと1ヵ月余りを走り抜けるようにと思い、言葉を選び話をしました。


​​残された時間が、少しずつ無くなっていく、そこでできることも限られてきます。もう何となくやっている生徒は誰もいません。生徒それぞれが考えて共通テストまで努力を継続して欲しいです。

​​そういう中で、3年生皆に共通して確認したことがあります。


​​もうどこに出すかを、いくつか考えておくことです。七尾高校生の大半は、今まではセンターの結果を見て決めるスタイルでした。高校に担任のアドバイスをもらい、決めるのです。もちろん、第一志望の合格できる得点であれば、迷うことはないのですが、第一志望に届かないと、レベルを下げることができない、当然、下の大学をどこにしようかなんてなかなかできない。そして、後期の出願にさらに迷ってしまうのです。また、併願の私立大学についてもあまり考えていません。いまから、テスト利用受験も含めて出願校を決めてしまうことです。


また、難関大学志望者にとっては実際は、二次試験の方がウエイトが大きいです。このことを忘れている生徒が多いですね。だからこそ、この期間はどこかで前期試験の過去問題くらいはやる時間を持つということです。英語と数学のすこし難しい問題をやることで、ゆっくりと考えて解くということもしっかりどこかでやってほしいです。


さて、とにかく、昨日から中3生は地域学力、高3は共通テストと、少しずつ雰囲気が変わってきています。


冬期講習を受け付けしています。











最終更新日  2020.12.01 10:28:41
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​ちょうど、11月の進研模試の結果がネット上で見れるようになったので、高校2年生をつかまえて成績を確認しています。その中のある生徒の伸び方が著しいのでそのことを書いてみます。

​​夏休みに入ったくらいに、その生徒のお母さんから面談のの希望があり、1時間程度お話しをしました。相談内容は進路の変更。文転したいとうこと。今までの志望校は、周りの人の提案で決めていたものであり、やはり自分が好きな大学、学部にしたいということでした。そういえば、彼はよく社会の資料集なんかを楽しそうによんでいたな、ということを思い出しました。私は文転に背中を押してあげました。


​​文系に変わると、英語がさらに重くなります。その時から、英単語、文法、そして私がすすめている英語長文の勉強をやっている姿を見るようになりました。英語の勉強がルーティン化しているようでした。


そして昨日の彼の成績をみると、7月の模試から、英語、国語がかなり伸びていました。社会は、偏差値が70近くまで来ており、今まで、地方国立大程度のレベルから金沢大学かそれ以上が狙えるところまで来ていました。



どうして、そこまで伸びたのでしょうか。それは、その生徒の意志が働いたからです。行きたいところにいきたい、欲しいものが欲しい、という気持ちが強ければ、何とかして手に入れたいと思います。その思いが強ければ、頭を使い、考えてどうしたら手に入るかを考え、行動します。彼にとっては勉強は、辛くて面倒くさいものではなくて、自分が欲しものを手に入れる当然のことをやっているのです。

受験勉強をどう考えて、勉強するかで成績の伸び方はもちろん、受験そのものが大きくかわります。そういことを考えないで、無理やり勉強させられいる七尾高校生が多いですね。そういう生徒には、少し視点を変えて勉強をみることを考えてほしいですね。

冬期講習を受け付けしています。
また、無料体験授業を受け付けしています。









最終更新日  2020.11.29 16:32:10
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​昨日の授業の後、塾生で中学生の保護者(お父さん、お母さん)の方が来られて、1時間以上お話しをしました。当然、お子さんの将来を考えてのことです。

私としては、預かっているお子さんに対して、全力で指導しているのですが、保護者から見れば、まだまだだということですか。


お話しの中である塾の指導のことが話題にあがりました。「定期テスト対策はやりません」「東大の問題をとかしています」「うちにくれば将来、大学受験では余裕のある状態で受験できます」などと。その親御さんは、そういう塾長の言葉が真実のように感じられたので、私にもそういうことがどうなのか確認したいという話になりました。


話題の塾はかなりの実績を出している進学塾なのか、ここには魔法の杖があるのではないかと思ったのかもしれません。しかし、所詮は、地方の小さな塾です。東大の問題、なんていうと、中学生でありながら、将来、東大か京大を狙い、すでに高校の勉強をしている特別な子たちが集う塾のように思えますが、実際はどうなのかと考えてしまいます。


ネット上では「カリスマ塾長」といってもいいような塾経営者を見つけます。その方が、どのくらい生徒の成績を伸ばして、志望校に入れるのかを見れば塾のレベルがわかります。ただ、どういう塾であっても進学実績ではさほど塾がかわれば大きくかわるということは、個人塾ではないと思います。


しかし、いろんな塾長の文章やツイッターを読んでわかるのは、生徒に寄り添ってしっかりと子供たちを鋭く見ている塾長がいるということです。そういう塾はいい塾だと思います。それが、その塾の良さをはかる基準だと私は考えています。


生徒に寄り添えることができれば、確実に生徒のを伸ばすことができる、と考えているのは私だけかと思っていましたが、SNSではそういう塾の先生を見かけるようになりました。それで、私自身はどうなのだろうか?と昨晩は考えさせられました。


冬期講習会を受け付けています。​詳細はここです。
無料体験授業を受け付けています。









最終更新日  2020.11.28 15:55:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​数年前には今日のようなタイトルで、よくブログを書いていました。およそ6年くらい前です。当時は、矢田町に教室がありました。その時は、慶応、金大医学類、国際学類、明治政経などのところに進学しています。当時は、今ほど情報がなく、私は自分で授業をしながら指導をしていました。あとは生徒の努力でなんとかしていました。


​​しかし、今は七尾高校の前に構えてからは、七尾高校生が多く来るようになりました。最初は、試行錯誤しながらでした。しかし、今のネットの情報やインターネット教材などがここ数年でたくさん出てきており、それを上手に生徒一人一人に合わせてつかえるようにすれば十分に難関には合格できます。今は予備校に無理をしていく必要はありません。もちろん、能登からは無理ですが。


​​ずいぶん前に、高3生の男子で、金大医学部に合格できますか、という生徒が受験相談に来ました。成績は金大の理工学類くらいなので、難しいと返事はしました。もっと詳しく言えば、時間がないということを伝えました。


私は今現在の能力がない、勉強で言えば学力がない、というのはあまり気にしていません。それよりも時間があるかどうかの方が大切です。七尾高校生の東大受験は、高3からよりも高校1年の1学期から始めるべきです。そのくらいの時間があれば何とかなります。




また、志望するために納得できる理由がないと継続できません。例えば、医者になりたい、という理由をしっかりと持っているということです。そういう生徒が疲れても、なかなか成績が思うように上がらなくても立ち上がって走っていけるのです。そこまでは、塾ではなく本人の問題となります。


能登には、金沢の公立や国立の進学校はありません。七尾高校のたった数名の生徒が東大や京大や医学部に進みます。しかし、もし、この地域で難関大に志すなら、きちんとそこに進む意味を考えて、早めにスタートしてください。勉強の中味については、塾での受験相談や合格本で今は十分に間に合います。


冬期講習会は​ここです。











最終更新日  2020.11.27 15:28:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​中学の進度が例年より速いので、知識が定着されていないということを昨日書きました。確かにある中学生の2年生の英語の知識がほとんど入れなおさないといけない状況なので、前回の授業から音読、英文の説明、日本語訳を一文ごとにやっています。


聞けば、中学校では音読を全くやっていないので、読めません。発音さえできないのです。当たり前ですが、「said」の発音はできるはずもありません。それで、テスト範囲最初から一つひとつ復習しています。


昨夜は、有名な歌手のお話が読み物の長文をすべて1時間近くかけてやり、さらに、その歌手の動画を見ました。それで、テスト範囲の知識は6割くらいは定着したと思います。

英語はまず音読ありきというのが今の英語教育の考え方です。音読をしないで英語を言語としてきちんと定着させていくということはありえません。まずは、わからなくても音読して正しく発音できること。そこから始まります。

ひととおり終えて復習する際は音読によって定着させていくことなんて全く指導されていません。これは、高校の英語の指導でもそいう状況です。今、英語の参考書にはほとんど音源があるのは、意味があるのです。


私は数年前に小学6年の英語では、中1の英語の教科書をひたすらまず読ませました。私が先に読み、あと続かせて読ませます。それを50分のうち30以上させます。それで、保護者からクレームがきました。「なぜ、教えないのか」と。音読しながら正しい発音を教えているのですが。(笑)しかし、そういうことを経て、その生徒たちは、中学では80点、90点をとるようになるのです。


英語は、ある意味、言葉ですから理屈より感覚で入れていくことがいい場合が多いです。そういうことが必要な時はどんどん声をだして読んでいくことで、伸ばしていくことができます。



冬期講習の受付を開始しています。
無料の体験授業を実施しています。











最終更新日  2020.11.25 10:33:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​先週から今週にかけて期末テスト対策をこなっています。今回、意外​​​​​​だったのは、進度が例年より速いことです。英語と数学についていうと例年より1ヵ月進んでいます。


この原因は、多分、休講を余儀なくされて。学校の先生方が、前のめりになってしまったのか、時間短縮されているので、授業の一部をやらないですすめられているかもしれません。


授業が遅いより速い方がいいかというとそうでもありません。知識が定着されていきません。実際に、英語のようなリピートがポイントとなる科目では、そんなに本文が定着されてうないように思えます。ある中学では、英語の音読がされておらず全く読めない、それでわからないという生徒がいました。


今年の中学3年生のレベルが例年より下ではないかという塾関係者がいました。私はおそらく、そういうこともあるだろうと思っています。4月から7月までのコロナ対応では、中学での対応がバラバラでした。正確に言えば、自治体ごとに休講の対応がありましたので、自治体の対応によって違ってくると思います。

実際には中3生は、入試後の合格ラインが出れば、だいたいわかります。しかし、今は、そういうことを前提に勉強を進めていくべきです。



さて、昨日は休講日でしたが、数名の自習生が勉強をしていました。だんだん寒くなってきました。もう冬ですね。受験がだんだん近くなっています。


冬期講習は​ここです。
無料体験授業を受け付けています。










最終更新日  2020.11.24 09:48:02
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​今日は、期末テストの学習会を実施しています。七尾中の生徒は2週間先がテストなので、自由参加としています。


中学生、特に2年生と1年生は、4時間の勉強でもかなり長い勉強時間となります。しかし、このくらいには慣れてほしいですね。全くおしゃべりはしないで、勉強しています。普段の授業がそうなので、しつけができいているんでしょうか。(笑)​​


今日は4時間程度の短い時間ですが、集中して最後の仕上げをして欲しいと思っています。


​​勉強はとにかく長い時間をやればいい、というのではなく、集中して短時間でやるべきことをやれるのがいいです。決められた時間でより多い勉強量をこなすことが伸びる人の勉強です。ただ長いだけで、終われば、予定の量ができなかったということがあるものです。できる人は、集中しておおくのことをやります。これは仕事と同じです。できる生徒は、短い時間でもかなりの量をこなしています。



試験は来週の後半からです。明日も学校は休みなので、自習で来きるようにします。明日は自主的に来てやってもらうつもりです。

さて、冬期講習会はここです。
無料体験授業を受け付けています。









最終更新日  2020.11.22 14:09:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​七尾中学の定期テストが12月入ってから実施となるので、まだ日数があり、余裕をもって対策できますね。塾の授業は、テスト範囲であろう単元を終えて​​復習できますね。単元テストを入れる時間が十分できます。


それ以外の中学は来週に始まりますので、連休が勝負ですね。3年生は、地域学力テストの勉強を同時にやっていますので、ほとんど本人にまかせています。私は、中学のワーク類がきちんと進んでおり、やるべきことが進められてればいいと考えています。


中1,2年生もだいたい勉強が進められています。やるべきことがきちんとできているのであとは日曜日には学習会と、月曜日に自主的な自習(塾で実施)で仕上げらればいいですね。最終確認は、単元テストですね。これで理解できていないところがあれば、そこ復習すればいいわけです。


さて、今年度は休校からスタートしました。1学期は授業日は少なく、限られた授業では、中学はかなりスピードをあげてやりました。そして、現在の進度は例年よりも早く進んでいます。これも、別の見方をすれば、生徒の理解がどこまでできているかが不安ですね。



先日、教材会社の方がきて、今年の中学生の学力は下がっているということ。これもどういうところからきているかわかりませんが、中学生の勉強量そのものは下がっているのは確かです。来年の公立高校の受験結果をみればそのこともわかりますが。

さて冬期講習は​ここです。
無料体験授業を受け付けています。

​​






最終更新日  2020.11.20 10:22:15
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
​どうしたら、受験生が受験生としての意識をもって勉強するようになるか、ということを考えるのですが、なかなかこれというものはありません。もうずいぶん前、20年以上前の勤務塾の上司が「怒れ」ということをいつもじ発していました。その時は、疑いもなく聞き入れていました。

生徒に威圧して勉強させることはとても楽です。昔はよく怒りを演じていました。しかし、それで勉強させても続かないことがわかってきたので今はやりません。今は、いろんな動機付けに関する本を読んでいます。勉強とスポーツ、もしくは仕事と同じだと考えればよく分かりますが、叱ってさせてもだめです。それで、いろいろ勉強するものの最近、ようやく帰結点が見えてきました。


アドラー心理学を最近勉強しています。とても深い内容なのですが、少しこれだということがわかってきました。たんなる塾の仕事はビジネスですから授業をして、志望校に合格させればいいのですが、生徒を預かっている期間は、嫌々勉強なんてしないで、未来にむかってわくわくしながら勉強して欲しいと考えていました。だからこそ、授業だけでなくこういうソフト面が重要だと考えています。




とにかくあるきっかけで、アドラー心理学の本を読み返しています。なかなか難しいですが、わかればおもしろいです。そして、今までうまくいった事例をを私なりに分析してみると、アドラー心理学に近いところで指導していたんだと確認しています。


私は、生徒が自分で志望校に向き合い、主体的に勉強する姿が理想的だと考えています。塾長が怒り、圧力をかけることはそこには全くない。そういうことがどんな生徒にもできることがいい塾の一つの要素かと思います。ひとりひとり生徒は違いますが、共通してそれができる指導方法はあると思います。

冬期講習は​ここから確認してください。
無料体験授業を受け付けています。








最終更新日  2020.11.18 13:21:07
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3726件 (3726件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.