000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

海を創る 海水魚飼育 in 北海道

PR

X

全10件 (10件中 1-10件目)

1

トラブル

2009.06.30
XML
カテゴリ:トラブル
最近ネガティブな事ばかりしょんぼり

キンチャクの死亡に始まりニシキの不調、スパイン水槽の崩壊…

そして週末も色々あったんです。


深場の一つが9割白化…。

原因はイナズマ、いっそ突いてましたムカッ

テーブル状でお気に入りだったのに~号泣

まだかろうじて頑張ってる所ありますが、もう風前の灯。


更にもうひとつ、某有名店にお魚をお願いしたのですが…

瀕死着!ムカッ

前に何回かお願いした時は状態バッチリで届いたんですがね~。

絶対は無い…という事でしょうか。

やはり次の朝にはお亡くなりになってしまいました。

流石に愛着は沸きませんが、ただ、かわいそうで…

珍しい小さめで、見た目も最高だったのに~…。


ただお店の対応は良く、死着ではないですが生体分は保障して貰える事に

次回の入荷で送ってくれるそうです。

お魚は…悔しいので引っ張りますムカッ

次回無事届いた時のお楽しみ~。


…悪い事ばかりでしょう?

カメラもぶち壊されたからブログも殺風景だしよぉ~。

でも良い事も少しは…

ハネモ、減少傾向にあります。

ホントに少~しずつではありますがね。

実は薄くですが、入れていた日光を遮光したんです。

おそらくその効果ではないかと思っています。

低栄養塩でも増殖するこいつらですから光合成にはかなり依存しているのではないでしょうか。

このまま衰退していってくれぇ~!







Last updated  2009.06.30 20:27:55
コメント(12) | コメントを書く


2009.06.09
カテゴリ:トラブル
実は今、メインちょっと良くない状態なんです。

5日程前から白点が蔓延…

最初はイナズマ、順にニシキ、キンチャクと今は3匹が罹っています。


原因がわからないんですよしょんぼり

水質的に見れば、リアクターによる変化があげられますが…

夜間のpHも正常ですし問題無いと思うんですよね。


新魚が持ち込んだ…と言ってもサザエしか入れてません。

サザエが宿主?

考えにくい…ビミョーですよね。


あと考えられるのはストレスですがそれもちょっと…

一番の新魚のイナズマが最初に罹っていたのでそうかなと思っていたのですが、ニシキとキンチャクはボス格。

下っ端のハナゴンやスミレは無事。

わからん…雫


やはり白点に弱いとされているキンチャクに点が多いですね。

粉吹き状態ではないですが、目立ってます。

幸いニシキとイナズマは治ってきてますし、どのお魚も挙動、餌食いに異常は見られません。

キンチャクも相変わらずヤンチャあっかんべー


とりあえず出来る事としてタイミングを見ての換水とヨウ素の添加をやっていますが…

予断は許さない状態です。






Last updated  2009.06.09 19:49:59
コメント(12) | コメントを書く
2008.05.20
カテゴリ:トラブル
先週はトラブルが相次ぎました。
ニシキの不調に始まり玄関水槽の白点、そしてオレンジストライプの死…失敗
どれも僕が世話をしっかりしなかった為に、起こるべくして起こった事。
どんな事でも後悔はしたくないと思ってるのに、情けないです。

久々にバタバタして初心を思い返す事になりましたね。
やっぱコツコツやってなきゃダメだなと。
こんな事がなきゃそうならないのはちょっと頂けませんがほえー

ニシキとジョーはもう本調子です。
ジョーつえーびっくり
50%水換え一回しただけなのに…

ニシキも体色もバッチリ音符
エラも特に異常ナシ!
こちらも水換えしたら回復。
結局やっぱそれかぁ~。
十分立ち上がってれば大丈夫なんでしょうが、まだまだ熟成してないルーキー水槽ですからね~。
魚少なくても還元追い付かないみたい。

僕の場合性格的にいじる水槽は一つにした方がいい様です…下向き矢印
複数持つとしても、全部繋がってるのが理想ですね。

玄関水槽も撤去した方がいいんじゃないかと思ってます。
でもメインもリフも、底砂的にジョーが入れ無いんですよね~。
7~10cmと厚いので掘り返されたらヤバそうで…

という事で嫁さん水槽にしてしまえうっしっし
今週末はバージョンアップです。
プリズムとセイオが余ったので取り付けちゃるあっかんべー

わりと本人もやる気ウィンク
まぁ餌と足し水を任せるくらいで、後は魚の様子見てねって。

アレンズを入れたいらしい…
僕はもうスズメダイには懲り懲りなんで丁度いいかな。

嫁さんたのんます!!








Last updated  2008.05.20 20:11:06
コメント(8) | コメントを書く
2008.05.18
カテゴリ:トラブル
今朝治療中のオレンジストライプのいるバケツを確認すると、そこにはすでに息絶えた彼の姿が…

原因は白点ではありません。
僕のせい、正にヒューマンエラーの最たるもの。
ヒーターの寿命による低水温です。
15℃にまで下がっていました…
一年経つか経たないかくらいのもので、もうそろそろ…なんて懸念してた矢先でした。

まったく…自分が嫌になります。
せっかく治療も効果が出てきて回復傾向にあったのに…

オレンジストライプにはホントに何と言っていいか。
亡骸はまだ死後あまり経ってなく、死んでも綺麗なお魚でした。






Last updated  2008.05.18 16:38:11
コメント(6) | コメントを書く
2008.05.15
カテゴリ:トラブル
二匹の経過ですが…
オレンジストライプは徐々にですが白点の数が減ってきてます。
安心できる程ではないので油断は出来ませんが、嬉しいことです。

ただ餌は食べませんね失敗
痩せてる感じは無いのですが、心配です。
メインのサンプにでも移したいけど、完治してからじゃないとね。
週末くらいには治って欲しいっス。

ジョーはホント強いです。
点が付いてる他はな~んも変わらずいつもどおり。
今日見たら白点も良く見て発見できるくらいに減りました。
もちエサ食いまくり。

この半年の間、何度か白点の治療をしましたが魚種によっての耐性が違うのを実感できました。
まだまだいろんな「違い」があるのでしょうね。
出来るだけ把握して飼育に役立てて行きたいものです。






Last updated  2008.05.15 21:17:27
コメント(4) | コメントを書く
2008.05.13
カテゴリ:トラブル
しばらくネタにならなかった玄関水槽…
お見せできないくらい荒廃しております失敗
例えるならやる気無いショップの水槽ってトコでしょうか雫

久々にネタが出来ましたがネガティブなものに…
白点発生です。
ジョーとオレンジストライプの二匹が粉ふき状態。
毎日の餌やり時に観察してたのですが、昨日いきなり来ましたね…

オレンジストライプは低比重(1.019)&GFゴールドのバケツに即隔離。
今朝見たら生きてはいました。
調子もそんなに酷くなさそう。
ジョーはまだ餌バク食いなので、水換えて様子見です。
前回はこれで大丈夫だったので…
でも不安だほえー

帰宅後見てみるとジョーは良くも悪くも相変わらず。
オレンジストライプも大丈夫でした。
良かった…

まだ完治のかの字も見えてませんが涙ぽろり
当分このまんまです。
どうもダメですね…一つに集中するとおろそかになってしまうのが僕の性格。
反省です。







Last updated  2008.05.13 20:28:51
コメント(6) | コメントを書く
2008.04.02
カテゴリ:トラブル
先日の穴径違いですが…
やっぱり僕にも非があったみたいです失敗

注文の際、
「バルソケ40Aが設置できる穴を空けてください」
とお願いしたのですが、そのバルソケが少なくとも二種類ある事がわかりました。

僕の持っているのはカキショウテンさんにお願いしたコチラ下向き矢印
2008_0401画像0004.JPG

これが一般的なものと径が違い、その行き違いが原因。
いやはや…無知でしたわからん
まったくお恥ずかしいです。

ですが、種類があるなら空ける前に確認があって然るべきと思うのです。
それがプロの仕事かと…
自信の無知を棚に上げて文句を言うつもりはありませんが、こういう所が信頼を置けるかどうかに繋がって来るはずです。
もちろんこの件だけで「信頼できない」、「ダメだ」などと断言するつもりはありません。

みなさんもご注意を…(僕だけだろうけど雫







Last updated  2008.04.02 22:41:51
コメント(4) | コメントを書く
2008.03.31
カテゴリ:トラブル
本日無事水槽が届きました!!あっかんべー
アクリル水槽ってこんなにも軽いんですね…
想像以上でビックリです。
これなら引越し時も何とかいけそうかな。

そしてデカイ!
今まで小型水槽でしか飼育してない僕にとってはとんでもない大きさに感じられます。
この中をニシキがぁあぁ~…うっしっしハァハァ
いかんイカン雫妄想ですでに楽しい。
無事立ち上げれるようキチンと段取らねば!

そうだそうだ、空けてもらった穴は…さっそくバルソケをはめてみよう♪
と意気揚々と仮組みしてみると愕然…
入らネェ!!ムカッ
そんなバカな…しかし何度見ても試しても入らず。
測ってみると49mm、それは内径だろが!!怒ってる
外径は56.6mm…勘違いなのか?
それとも40Aの塩ビパイプを通すとでも思ってんのか?
信じられないです。

現状をメールで連絡はしてますが…どうなる事やら泣き笑い
もしライブサンドとか生体も同時期に頼んでたら…考えたくもない。
到着日が一日ずれてよかったのかも。
ハァ…一気にゲンナリですわからん






Last updated  2008.03.31 21:04:40
コメント(12) | コメントを書く
2008.03.21
カテゴリ:トラブル
バケツ隔離四日目。
ウチに来た時より調子良さそうに見える。
隔離ボックスより落ち着くのだろう。

一般的な情報通りベラは丈夫かもしれない。
(白点にさせた僕が言うと説得力に欠けるが…)
餌もどこでも食べるしね。

白点にかかった魚は、種によってたが免疫がついてかかりづらくなるらしい。
ミゼットもそうあって欲しいと願う。
それ以前に病気の出ない水槽を目指すべきだが、他の魚に出てない所を見ると今
回は水質等ではなく、隔離ボックス&常灯のLEDが原因の可能性が高い。
すこぶる落ち着かなかったのだろう。
反省。

今日で隔離は終了にしようと思う。
晴れてリフに入海だ。
結果としては今のところ治療成功と思われる。
ただ原因にしろ治療にしろ、不確定な要素が相対的に合わさっての事。
今回の治療法が確実に効いたとは断言出来ない。
今後もし白点にしてしまう様な事があってら同じ事を試してみようと思う

まぁ状況によりけりですが…
そこでまたわかる事が出て来て、フィードバック出来るはずです。
飼い主としての知識、経験を具体的に積み重ねて行こうと思います。







Last updated  2008.03.21 22:54:49
コメント(4) | コメントを書く
2008.03.20
カテゴリ:トラブル
プロバイダのトラブルでしばらく更新が出来ませんでしたが…
その間ミゼットラスが白点にショック
心が折れそうになりながら看病しておりました。

実は僕白点病を「治療」したことが無いんです。
飼育を始めて二年を過ぎるのに情けない…泣き笑い
今回は今後の為にも状況をレポートしておこうと思います。

発生はミゼットが我が家に来てから二日を過ぎた火曜の朝。
(このパターンがほとんど)
前日の鰭の濁りが気になり、メインの隔離ボックスを見てみると付いてました。
それも一個や二個じゃなく粉吹き一歩手前!!
絶望しましたね…もうダメだって思いましたよ。
(幸いニシキは無事、スパインに付いたら終わってる)
でもこうも思いました。
もうこんなのは嫌だと、ダメな飼い主は卒業せねばと。

初めて具体的な治療に取り掛かりました。
家にある薬はヒコサン、無脊椎にも大丈夫な比較的弱い薬です。
だからといってそのままメインにぶち込む度胸はありません。
幸い隔離ボックスに入ってもらってたのでそのまま取り出し、新たに作った海水を張ったバケツに水合わせ後投入。(水温26℃)

今回は(といっても初めてだけど…)この海水がポイント。
比重を1.019と低くし、薬の効きを良くするという手法をとりました。
そのかわりヒコサンは規定量の1/2に留めての使用。
このミゼットはまだ餌食いが悪くはなかったのでこれでも耐えられると判断しました。
この辺の決断が経験を要し、僕に致命的に足りないところ。
早いか遅いかで命運が分かれるでしょう。
自分の決断を信じ、この日の治療は終了。


3/19、次の日の朝恐る恐るバケツを見、生存を確認。
餌は冷凍コペを食べてくれました。
まだ爆食いには程遠いが、昨日よりはいい感じ。
後ろ髪を大いに引かれながら出勤。

帰宅後生存を確認。
独特の動きが戻り、餌食いも更に良くなる。
人工餌はまだみたいだけど…。
状態確認のためプラケースで救い至近距離で確認。
なんと白点は数個に減少!
もう少しだ。
濾過器の無いバケツの為、海水をまんま換水。
ほんとはこれもストレスがかかるのだが今回は致し方ない。
そして今度は買ってきたグリーンFゴールドに。
回復傾向にあるため規定量よりずっと少なく使用。
比重、水温は同じに。
この日の治療は終了。

そして本日。
少なく入れたとはいえヒコサンより強いグリーンFG、不安だったがそれも徒労だった。
悠々泳ぎ回っていてビックリ。
餌もほぼ爆食いに。
少し安心したが、それでも引かれる後ろ髪。
出勤。

帰宅後生存を確認。
白点はもう付いていないちょき
2008_0320画像0001.JPG
人工餌も一つだけ食った。
動きはターボが付いたようだダッシュ
(異常な泳ぎではない)
もうリフに放したい衝動に襲われるがガマン。
もう一日様子を見ようと思い換水。
念の為グリーンFGもちょっと使用。
明日のレポートに続く…











Last updated  2008.03.20 22:08:09
コメント(4) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.