986807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

屋根裏神護・ブログ編

PR

全4856件 (4856件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020/09/24
XML
カテゴリ:お雑談
 我流でパソコンを打っているので、手首にストレスが。
 根をつめてキーボードを打つ時には、このサポーターが必須であります。
 痛いよう。







Last updated  2020/09/24 11:50:05 PM


2020/09/22
カテゴリ:今日のゴジラ
ただいま、白目であります。







Last updated  2020/09/22 11:50:04 PM
2020/09/21
カテゴリ:今日のゴジラ
下顎を、つけた。のであります。







Last updated  2020/09/21 11:50:05 PM
2020/09/20
カテゴリ:つぶやき
 コロナで人の集まるイベントができないので、ネットイベントでガレージキットを売ろうというトレフェスオンライン。
 一回目なので非常に繋がりにくいだろうとは思っていたものの、ここまでの阿鼻叫喚になるとは。
 面白い試みであっただけに、残念であります。







Last updated  2020/09/20 11:50:04 PM
2020/09/19
カテゴリ:小説のおはなし
 小説現代十月号に、短編が載ります。
 見本が、本日到着。題名は、「白雪姫と毒りんご」。
 わりと気に入っているお話であります。
 発売は九月二十三日。見かけた際には、お手に取っていただければ。







Last updated  2020/09/19 11:50:05 PM
2020/09/18
カテゴリ:お雑談
 今日、下の写真のブツが到着であります。
 MM28さんの新作、メカゴジラⅡ。
 ようやく丹羽さんの逆ゴジに着手して、箱をひとつ潰したのに、ひとつ増えたので元の木阿弥。
 地獄であります。
 なんだか一生、怪獣キットの箱が減らない気がしてきた。
 地獄。この世の、地獄だ……。







Last updated  2020/09/18 11:50:05 PM
2020/09/17
カテゴリ:音楽話
 このあいだ、たまたま入ったディスクユニオンで流れていて気に入った「青空のかけら」という曲。調べたところ、土岐麻子さんのTALKIN’に収められた一曲。
 ユーチューブで試し聞きしたところ、このアルバム、どの曲も素晴らしいので購入であります。
 リリースは二〇〇七年。そうか、俺の感性はようやく二〇〇七年に追いついたか。







Last updated  2020/09/17 11:50:04 PM
2020/09/16
カテゴリ:映画のお話
 本日、予定通りインターステラーを鑑賞でありました。
 初見ながら、予告編含めいくらか知識を入れてからの鑑賞であります。
 驚いたのが、ファーストシーン。
 クラシックの演奏会場をテロリストみたいな部隊が急襲。捕獲に向かう警察のような部隊。会場の特別室にはなにやら曰くありげな男性が。
 インターステラーって、地球環境が悪化して宇宙に移住場所を探す話のはずだけど、どう繋がるのだろう。この曰くありげな男が連れ去られて宇宙に行くの? 予告編では地球が荒れ果てたようだったけど、会場の外は穏やかで荒れた様子がないけど。
 のっけから緊迫したシーンが続くけど、これ、ほんとにインターステラー? まさか映画を間違えた? 上映スクリーン間違えた? はてなマークがたくさん並ぶなか、TENETの文字が。
 インターステラーと同じ監督の最新作の予告編でありました。

 ということで、インターステラーは面白かったけど、いちばんのハラハラドキドキはTENETの予告編に持っていかれたのでありました。だって、五分近くワンシーンが続いて、全然予告編っぽくないんだもの。
 しかしこのTENET、面白そう。今週末から公開だそうで、これは観にいかねば。
 写真は、久々に行った歌舞伎町。閑散としていたのであります。







Last updated  2020/09/16 11:50:04 PM
2020/09/15
カテゴリ:お雑談
コロナで世間が忙しなくなってから、とんと映画館に行っていないのであります。
 最後に観たのはナイブズアウト。これが二月十三日。なんだ半年以上、行ってないんだ。しかも今年観たの映画はそれ一本だけ。そこに今度は、十月封切りの「ワンダーウーマン1984」が十二月に延期という悲報が。大丈夫か、映画!
 ということで、明日、映画館の応援を兼ねて「インターステラー」を観に行くことに。久々の映画館、ドキドキするなあ。






Last updated  2020/09/15 11:50:05 PM
2020/09/14
カテゴリ:お雑談
 自民党総裁選で、下馬評通り、新総裁に菅(すが)官房長官が選出であります。
 親の七光りもなく、努力でここまで上がってこられたのは本当に素晴らしいかぎり。日本の舵取り、よろしくお願いいたします。
 しかしこのお名前、旧民主党の管(かん)総理と字が同じ。すが、と、かん。読むと違うけど、書くと同じ。これ、小説では絶対にあかんやつ。
「名前に仕掛けがないなら紛らわしいだけなので、どちらかの名前を変えましょう」と編集さんに諭されるパターンであります。
 マスコミの皆さん、記事によっては表記大変だろうなあ。







Last updated  2020/09/14 11:50:06 PM
このブログでよく読まれている記事

全4856件 (4856件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.