1927255 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

かずきのblog

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

お仕事(モニター)

2019.10.05
XML
カテゴリ:お仕事(モニター)
​​​​​



​​BENQ(ベンキュー)といえば、
​​ゲーミング用のディスプレイ​​を
扱っているメーカーさん。
僕の中ではそんなイメージが強いです。


話は逸れてしまいますが、
学生の頃ゲーム用途(主にFPSゲーム)で長く
使っていた事があります。


他社メーカーさんと同じ機能を備えた
液晶ディスプレイと比べてもリーズナブルで
製品の評価も高いことから当時BENQを知る
きっかけにもなったんですよね。


BENQは台湾に本社を置くメーカーで、
世界各国で液晶ディスプレイを販売
しています。

プロのゲーマーさんも愛用するほどの
地位を確立していてゲームが大好きな
方は一度は聞いた事のあるメーカーさん
だと思います。


そしてこの度BENQさんから
WiT MindDuo LEDデスクライトの
提供のお話をいただきました。

馴染み深いメーカーさんだったので
興味もあったのと照明も取り扱って
るんだ!と驚きもありました。

昼夜使ってみて僕なりに細かく評価
させていただきました。

最後まで見ていただけると嬉しいです。








まずはじめに灯りをつけて感じたのが
照明範囲の広さ。

PCデスクの幅が1400mmあるんですけど
端から端までしっかり照らしくれて
とても明るく感じました。




(※BENQ HPより引用)

コンパクトなヘッドだけど照明は広範囲で
95cmもあるのだそう。




(※BENQ HPより引用)

独自開発の「導光ルーバー」を採用。
均一な光を実現できているそうです。

明るいけどまぶしさを感じませんし
夜は暖色の柔らかい光でリラックス
できる雰囲気にもなりました。

最近のLED照明って本当に進化を
感じますね。








読書や物書きの際に気になる
反射光。(紙質によって発生する場合がある)

独自開発の「導光ルーバー」や、
無段階調光機能で紙がピカッと光って
文字が見えにくくなる現象を抑えてくれます。


今でこそ照明機器の進化でほとんど
気にならなくなりましたが、
10年ほど前、
蛍光灯スタンド(インバーターデスクライト)
で勉強していた時は多重影も出て紙が
ピカピカ光るし、とてもじゃないけど
集中できなかった。

MindDuoは、
そういった多重影や反射光の現象は
ほとんど感じませんね。

読書の際にはリラックスして読む
ことができて、灯りがとても心地
よく感じました。





ヘッド部分にあるロータリーノブを
時計回りに回すと昼光色になります。
[電球色→昼光色]

ロータリーノブは近未来的な​​デザインで
もちろんデザインだけではなく機能も
しっかり兼ね備えていました。


照明モードがあり、
●読書モード :色温度6000K
●デジタル読書:色温度4000K

ロータリーノブを2秒間長押しすると
それぞれ周囲の状況に応じて自動的に
輝度レベルや色合いを調整してくれます。
手動でお好みの調整も可。


■読書モード↓(インジケーターオレンジ)



紙の本を読むときや文字を書いたりする時に
適していますね。

キリッとした色合いだけど目がチカチカ
する嫌な白っぽい灯りとは違いました。
集中しやすい適切な灯りって感じ。


■デジタル読書↓(インジケーター緑)



デジタル読書モードはスマホで読む
電子書籍のことですね。
暖色系の色合いになります。


普段は画面を見ていることが多いので
あまり気にしていなかったのですが、
キーボード周り(手元)って意外と暗い
んですよね。

そんな中で読み書きしたりスマホを
操作したりして知らず知らずに、
目に負担をかけていたんだなーと
実感しました。

特に手元で何か作業をするときの
明かりって大事なんだなーと感じ
たところです。

目にとても優しいなと感じる光の
環境でゲームも勉強も集中力が上がり、
やる気もアップして作業が捗りそう(´`)






お部屋の微妙な違いを観察して部屋が
「明るすぎる」場合には青色に、
「ちょうど良い」場合は緑色に、
「暗すぎる場合」場合には赤色で
表示してくれます。

状況に応じて最も適したライト設定を
選択するのに役立ちますね。

目の快適性を一番に考えて設計
されているというのが伺えます。









照明機器に人が近づくと自動的にランプが
点灯する人感機能を搭載しています。

ライトから離れると30分後自動的に
OFF:ライトの消し忘れの心配があり
ません。

この人感機能はオン/オフの切り替えも
スイッチ一つでできます。

またその横のセンサーは手をかざすだけ
で点灯/消灯ができるマジックスイッチ
も搭載されています。







本体素材はアルミ、ポリカーボネートで
ザラッとしたマット感のあるホワイト。

電源コードも編み込みで全体的の質感
は高いですね。






提供していただいたMindDuoは
クランプタイプだったのですが、
スタンドタイプもあります。

クランプタイプは厚さ60mmまで対応。
スタンドがないのでテーブル周りが
スッキリとして僕はクランプタイプ
のほうが好みです。

USB充電機能も付いているので
互換性のあるモバイルデバイスを
充電することもできます。




スタンドタイプを購入された場合
別売りで購入もできます。







細身のスタイルでホワイトのシンプル
モダンなデザインで圧迫感を感じず、
愛用しているファントーニGXデスク
とも相性いいです。

五ヶ所可動で、高さや位置を自由に
調整できるのも嬉しいです。


​​​
(※BENQ HPより引用)

少々気になったのが⑤の可動部分で
可動させることができるのは良いです。

しかし、グラつき感がありもう少し
ここの部分の改善があってもいいのかな
と感じました。





ヘッド部分はボールヘッドのように
なっていて
自由に可動させることが
できる点は
とてもいいなと思いました。





■気になった点




我が家では31.5インチのディスプレイの
横に置いていますが、
広く照らしてくれる点でかえって画面に
光が反射してしまい気になってしまう人も、
もしかしたら...
いらっしゃるかもと感じました。

パソコンメインで使う場合は高さも
もう少し欲しいところでした。


ノートパソコンであれば問題無いですが
あくまで手元を照らす、読書灯や学習の
ための使用が最適かと感じます。

その点ではお子さんの学習机の照明や
ベッドサイドにちょっと明かりが欲しい
なんて時の照明には非常に適していますね。










インテリアにもマッチして、
​​読書や書き物をするには非常に快適な
照明だと感じました。

集中力が上がり作業にも没頭できる
そんな製品に仕上がっていると思います。

お子様の学習机の照明として
特にオススメしたい製品ですね。



​​​
知らず知らずのうちに薄暗いところで
作業
していたなーと
今回導入してみて
感じたところです。

歳とともに目が疲れやすく感じるように
なってきた。そんな方にはMindDuoを
ぜひとも使ってみてほしいですね。

パソコンスマートフォンの普及で
読み書きや紙の本を読むことが圧倒的に
減ってきているこのご時世、明かりの
重要性を蔑ろにされている方も
少なくないと思います。

今回導入してみて改めて目を大切に
するというのが如何に大切か。
と感じさせられました。










◼︎親子デスクライト BenQ WiT MindDuo LEDデスクライト
https://www.amazon.co.jp/%E8%A6%AA%E5%AD%90%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-BenQ-MindDuo-AR16_D%EF%BC%88Base%EF%BC%89%E3%80%90%E8%AA%BF%E5%85%89%E8%AA%BF%E8%89%B2%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%BB%98%E3%81%8D-%E9%9B%86%E4%B8%AD%E5%8A%9B%E5%90%91%E4%B8%8A%E3%80%91%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97/dp/B077S9GXX1?ref_=bl_dp_s_web_2843912051&th=1


※楽天ブログ仕様上商品リンクが挿入
できないためURLを貼りました。
(Amazonの商品ページになります。)
価格:¥24,800

■提供:
BenQCorporation​​​














Last updated  2019.10.06 12:27:49
コメント(0) | コメントを書く


2018.09.20
カテゴリ:お仕事(モニター)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​




まずはじめに

この度、​【革ee】 楽天市場店​さんからキーケース

Chiaveを提供させていただきました。​



こんな素敵な機会をいただけたのも

いつもみなさんが見に来てくださるおかげだと

思っています。

本当にありがとうございます。



こちらのショップは、革職人さんが手掛ける

こだわりの革製品を販売されていて

イタリアの最高級革「ミネルバリスシオ」を使い、

革職人さんがひとつひとつ丁寧に

作られているのだそう。




今回は中でも人気のあるキーケース「Chiave」

紹介したいと思います。








私自身革製品のことについて

全くの無知だったので、革のことを少し今回を

機に勉強しました(´ω`)



「ミネルバリスシオ」のリスシオは

イタリア語で
「なめらか」という意味で、

その名の通り
なめらかで

艶が少ないのが特徴で、

表情は植物タンニン
でなめした革になっています。




タンニンとは、植物にある水溶性の化合物のことで

これを使い革を「なめす」のだそうです。

タンニンなめしの良さは

時間と共に柔らかくなり
色つやが

増してくるので長く大切に使いたい私にとって


使っていくたびに喜びを感じられそう。



また、お手入れもいらないのもこの革の特徴で

定期的にクリームを塗ったりする手間もいらず

人の手で大切に使っていくことが

一番のメンテナンスになりそうですね。



こちらのショップは、イタリアの上質な植物タンニンで

なめした革だけを選び、裁断から縫製・仕上げまでの全工程を

手作業で製作されています。



カラーは6色展開で、なかでも人気のあるオルテンシアを

選ばせていただきました。


私も一番はじめ見たときこの色が目に入って

twitterで読者の方から

「オルテンシアがいいね~」と


コメントもいただいていて、

全部いただいてたコメントが


オルテンシア一色でビックリしました。









内側のカラーは「タバコ」

内側もとても上質な仕上がりになっていて

革の香りが部屋中に広がっています(´ω`)

縫い目も非常に綺麗です。











細かいところひとつひとつが本当に綺麗で

素人の私が見ても良いものだと分かります。


そして金具の部分は、amiet社製です。

革製の金具やロックする部分を長く作っている

会社です。









内ポケットもあるので、

交通系のICカード


クレジットカードなども入ります。



私は普段財布を持たないので、

スマホの手帳ケースに


クレジットカード二枚と、

キーケースに交通系ICカード
免許証を入れて、

スマホとキーケース二つを持ち歩いてます。










肩からぶらさげたり、カバンを持つのが

嫌なので普段はこんな感じです。

キーケースはポケットか、胸ポケットに

入れてますけどね(´ω`)



当初、キーケースと小銭入れが非常に迷ってたのですが

先ほども書きましたが、

財布を持たないんですけど、

コインパーキングだけは


カード決済できないところもあるので、

小銭入れがあったら・・・と思い少々迷いました(笑)



素敵な革製品がたくさんあって、

どれも
実際に見てみたかったです。


(店舗がないと伺いまして、
もしできたら見に行きたいです)








触れるたびに革の質感、

香りが感じられて


革好きの男性にはオススメですね!


使っていくうちに風合いが変わってくるので

またその様子もしばらくしたら

書いていこうと思っています。










名入れも職人さんが心をこめて

入れてもらえますよ(´ω`)


私のブログの名前にちなんで、「K」一文字で

お願いしました。



革職人さん手作りなので注文から

1週間ほど日数がかかりますが


1週間楽しみにしていただけたらなと思います。

こういうこだわりの革製品を、

持つことがほとんどなかったので


とても新鮮な感じでした。








ラッピングもできますので、大切な方やご友人への

プレゼントにも良いと思います(´ω`)


メンズキーケースとありますが、

レディースにもいいと思います。








今回オルテンシアだったので、

女性の方でしたら赤に近い「パパベロ」がいいかなと

思います。







表面が赤に近い「パパベロ」、内側は「タバコ」に

なっています。









いかがでしたでしょうか?(´ω`)

イタリア最高級の革「ミネルバリスシオ」

を使って
革職人さんが

全ての工程を丁寧に手作りされいる


キーケース。



大切な方にプレゼントはもちろん、

自分のご褒美にもとても良いと思います。



​  ​


​​【革ee】 楽天市場店​さんは

公式サイトもありますので


ぜひじっくり見てくださいね~。


きっと気に入った


革製品に出会えると思います(´ω`)

◇革ee.com公式サイト:www.kawa-ee.com/















Last updated  2019.01.18 12:10:16
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.