1169020 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

かずきのblog

PR

Profile


kazukii1222

Free Space

ご訪問ありがとうございます。
名前:かずき(25歳です)
お家:2LDKの賃貸マンション→7LDKのお家。
(昨年9月に地元に帰りました)
趣味はお菓子や料理を作ること。
好きなことは、旅行、グルメ、お買い物、車、そしてインテリア。
このblogでは、毎日の趣味を書き綴ってます。
暮らしのこと、日々のこと、たまに家族の面白話などなど。

どんな人にも楽しんで見てもらえるようなblog作りを目指します。
今年はワークスペースのインテリアに特に力を入れてます👍


-------------------------------
mail
kazukinoblog_kk1222☆yahoo.co.jp
☆→@
メールのお返事に時間を頂いてます。
-------------------------------







Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Recent Posts

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

パン作り

2019.06.18
XML
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​


昨年から何度も作り続けてきたバターロール
ですが、
早いものでもう一年・・・
早いですね・・。


今日は生地にもメープルシロップを入れてドリュ
ールにメープルシロップを使った、メープル尽く
しに仕上げてみました。もちろん分量は何も見ず
に今回は試作品のような感じで挑戦しました!



とその前に、
昨年もだいたい夏が入る前のこのくらいの時期
に作ったっけー?なんて思いながらふと過去の
記事を遡って見てみると、2018年の5月7日!
梅雨入ってたかな?





懐かしい写真が・・・(笑)
もう一年経つんですね・・、信じられません。

この日がバターロール初挑戦で、まだまだ
不格好で(笑)
※昨年の記事はコチラ→​​※




これが初挑戦だったバターロール。

最初にしては我ながら美味しくて感動してた
のですが、いま改めて見てみるとこんな下手
だったっけ(笑)なんて思いながら。

回数をこなしていくうちに少しばかり上達
したのかなーなんて思ってみたり。


昨年は趣味のパン作りやお菓子をいっぱい
焼いて​写真もたくさん撮りましたし
​、

​​blogでもたくさん紹介しました。


飽き性で何もかも続かない僕ですが、未だに
blogが続けられているのが自分でも不思議な
くらい​​
​。

​​​
それから、今まで興味がなかったことがblog
を書いているうちに学ぶことが多くなって
いつの間にか勉強することが多くなりました
(笑)


そんな昨年の思い出話もこのへんにして、
早速作っていきましょう!!




レシピはパナソニックビストロNE-BS1400の
付属レシピからいつも通り作っていきますが、
ここにメープルシロップを30g入れてみました。

そしてドライイーストがこのレシピ4.5g必要で
僕がいつも使っているのはサフゴールドの3g
小分けタイプを使っているので二袋開けると、
いっつも余るんです。

今回は3gで作ってみました。




材料はいつものコレ。
強力粉は春よ恋、カルピスバターです。

​ ​

パン作りではいつもこの材料で作っていますが
特に春よ恋はやさしい味に仕上がるというか、
香りも味もよく美味しく仕上がります。






最初の頃は一生懸命時間かけてこねていたけど
今では慣れたものでササっとこねてレンジで
発酵させて一休み。

こねすぎると膨らみすぎたり、食べたときに
パサパサした食感になるのだそう。




両手で広げて膜が透けて指が薄っすら見える
感じが目安です。レシピにもよく写真付きで
載ってること多いですよね。




ドライイーストを少なくしたのでいつもより
発酵時間をのばしました。
(一次発酵+10分、二次発酵+20分)

ビストロの発酵機能はスチーム機能があるの
でボウルにラップをかける必要はなく霧吹き
も不要です。







一次発酵して12等分にしてベンチタイム二回。

パン作りに詳しい友人から生地をきつく
巻きすぎないように!!とアドバイスを
以前もらってから、「そっと優しく巻く」
を心がけました。










いつもは卵と塩を混ぜたドリュールを塗りますが
今回はメープルシロップのみ!

以前にも塗ったことはありますが、
生地にメープルシロップを混ぜ込んだのは初!
上手く焼けるといいな~と祈りながら・・・






メープルの香りと焼きたての香りが・・・
焼き色もなかなかいいですね!
成功かな(笑)






メープルの香りとしゅわっとした甘みがいい
ですね!混ぜ込んでよかった。

いつもはタマゴやウインナーをサンドしたり
もちろんそのままでも美味しいんですけど、
これはそのまま苦めのコーヒーと合いそう。

明日友達にもあげよう😋
趣味を楽しめた一日でした。


今日はカフェオレで飲みました。
再入荷していますよ~。

アルコロックのグラスはコチラ→​
で詳しく書いています。




そうそう、
この時期になると梅酒づくりですよね!

今年はやりたいなーと思っています。
数年寝かせてこれは何年ものの梅酒です。
とかやってみたい笑





​​​






Last updated  2019.06.18 17:41:22
2019.06.06
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​​​​


先日初挑戦だった手作りバンズで、
チーズバーガーを
作りました。

バンズがかなりボリューミーで

中身が負けてしまい、見た目も味も
いまひとつでした。

レタスや大きめのチキンをドスンと挟んで

リベンジ!​想像以上にいい感じに仕上がり、
ものすごく美味しくて感動でした。


鶏もも肉につける衣やハンバーガー用の
ソースも味見をしながら作ってみたので、
レシピもご紹介したいと思います!


ちなみに、

フレッシュネスのクリスピーチキンバーガーを
イメージして作りました。

詳細を見てみると色々なスパイスを衣に合わせて
揚げているそうで、
ただ小麦粉をふってあげるだけではダメなんだな・・
ということで、自分なりに衣にアレンジを
加えてみました。



先ずはバンズから!




シリコン加工がされていないアルタイトの
バンズ型なので前回同様150℃で20分、
200℃で15分ほど空焼きして油も塗りました。



僕が使っているのはかっぱ橋浅井商店さんの
アルタイトNEWバンズ型

市販よりボリュームのあるバンズが焼けて、
M社の人気ハンバーガーの直径とほぼ同じ(笑)​​



綺麗に焼けて見た目もすごくいいし、
簡単に作れるのでぜひ作ってみて欲しいです!

前回は型に生地がひっついたりしていたけど
今回は綺麗に外すことができました。

「自分だけの型を育てる」
手間をかけてじっくりと・・
型も自分の腕も成長していけたら・・

パン作りの醍醐味でもあると思いますね!


レシピは​macaroni​から参考に、
イースト菌が3gの小分けになっているものを
僕は使用しているので4gのところ3gで
作りましたが問題なく発酵できました。

6個分の分量ですが型が5個しかないので
500g前後の生地を5等分して焼いています。






鶏もも肉はバンズのサイズに合うように
カットして塩コショウを強めにふって軽く薄力粉を
まぶします。

そのあとボウルに卵、お水大さじ1、ナツメグ
粗びきこしょうを加えた衣に鶏もも肉を
漬け込みました。

最後に薄力粉をまぶして170℃の油で
じっくり揚げて最後に180℃にしてカリッと
揚げました。





バーガー用のソースですがこれも美味しかった!
ほぼ目分量で作ったので目安で
申し訳ないのですが・・

少し酸味のあるソースでよく合いました。
たっぷりかけて食べると美味しいです!

□マヨネーズ・・大さじ3
□オタフクソース・・小さじ1
□レモン汁・・小さじ1
□お砂糖・・小さじ1/2
□粒マスタード・・大さじ1
(目安なので味見しながら調整して)
(トンカツソースでもOKです)



鶏もも肉、紫玉ねぎ、フリルレタスと
重ねていくうちに我ながらなかなかの出来栄えで
この時点でもうお店のような仕上がりに(笑)

先月はマクドナルドに5回は行っていて、
大のハンバーガー好きなのですが・・
こんなにも美味しそうにできるとは自分でも
思ってもいませんでした。

これはお店行けなくなりますね・・w





鶏もも肉のほうがボリューム感あって、
見た目も味もよかったしバンズに負けない食感
もあって大成功でした!

改めて思ったのがバンズ型のサイズが
ちょうどいいですね。


アイスコーヒーはつい最近ディーズで購入した
ケニアのコーヒー、マサイAAです。

コーヒーのこともまた次回じっくり
書きたいと思っています。

​ ​


前回のアルタイト型の空焼きの様子や、
バンズの生地作りもよければご覧ください。
コチラ→​
(前回のチーズバーガーと雲泥の差ですw)


バンズも最初は時間のかかる手間のかかるもの。
とイメージしていましたが、発酵時間も二次発酵
含めて1時間かからないので意外と手軽。

チキンの衣はもっと試行錯誤してより美味しいもの
にできるように研究したいと思います。

おおまかなレシピで申し訳ないのですが、
興味のある方はぜひ作ってみてね~!




​​​






Last updated  2019.06.06 22:23:41
2019.05.25
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


おはようございます。
土曜日の朝はハンバーガーでした!
美味しいコーヒーと一緒に。贅沢!

先日購入していた、かっぱ橋浅井商店さんの
NEWバンズ型で早速昨日作りました。
結果から申しますと「簡単!」「美味しくて良い!」

​パン自体は小麦もバターもこだわりのものを
使っているのでまず間違いないわけですが、
もっとボリューミーな鶏やレタスをぎっしり
挟んで食べたいね!って家族といってました。


​ ​

当初は空焼き不要のシリコン加工のされた
アルタイトバンズ型を購入する予定でした。

​ですが、価格面に加えblogのネタ的にも​
空焼きが必要で難易度を上げた方が
パン作りの勉強にもなるかな
と思い
加工されてないものを選びました。







150℃で20分空焼きして型が熱いうちに
油を塗ってさらに250℃で20分。

すると型が茶色っぽい感じに。
こうすることで型から綺麗に生地が離れるのだそう。






5個中、2つは上手く空焼きができました。
次回はもっと綺麗に焼けるかな~。

いい勉強になります(´ω`)







バンズの生地作り。レシピは​macaroni​から。
二次発酵は35℃でレンジの発酵機能を使用
しました。

案外簡単であっという間でした。発酵時間も
長くなくてゲームやってたらあっという間だった。







ベンチタイムをはさんで型に100gずつ等分して
二次発酵しました。






ドリュールを刷毛で塗って白ごまをふったら
焼き上げて完成!

綺麗に膨らんで一安心( ^)o(^ )
部屋中パンのいい香りが~。
​​






5個中2個は綺麗に型からはずれました。
アルタイトの空焼きの記事をググって
見てみると
結構ひっついて最初はどうしても・・

みたいなこと書いてありました。

「型を育てていく楽しみ」
みたいなことも書いてあって、

これは興味深いなと思いました。






今日はチーズバーガーにしました。
バンズのボリューム感が中身に勝っちゃって(笑)

もっといろいろサンドして食べた方がもっと
美味しくなりそう。ちなみにポテトは
手作りです。


ジャガイモは細切りしてお水に30分ほどさらして
小麦粉をまぶして170℃から180℃の揚げ油で
カリッと揚げます。

​ ​

バンズって難しそう・・
手間がかかる・・そんなイメージでしたが、
すっごく簡単でしかも美味しくて感動でした。

朝食に野菜たっぷりはさんで美味しいコーヒーと
一緒に・・想像しただけでも
その日一日いいスタートが
きれそうですね!




​​






Last updated  2019.05.25 07:04:02
2019.03.04
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


おはようございます~。

今朝は週末に作ったバターロールと
今回初めて口にする、
「バニーマタル」
という​神秘的な
香りを持つとされるモカコーヒーの
高級品を味わっていました。

今日もコーヒーの魅力や歴史に
酔いしれていました。
そんな「バニーマタル」について
後ほどじっくり紹介したいと思います。






​​バターロールは今回で何回目でしょうか。
だいぶ数をこなしてきましたが、
やっぱり難しいですね。


前回は焼き上がりがあまりよくなくて
原因が何だったのか色々考えて
いました。


そうそう、
パンやお菓子作りが好きで
製菓の学校でも学ばれていた方と
最近親しくさせていただいてます。

共通の趣味や話題がきっかけで
バターロールの記事(写真)を
見ていただきまして。
(blogも見てくださってます。ありがとう!)

​​​​​​





前回の記事は(​​)1月14日のこと。


二次発酵の時に形が崩れちゃうんだよね。
って話しをしてて、
「生地をきつく巻いているのかも。」

「もう少し優しく巻いてみて。」
とアドバイスをもらいました。

早速実践してみました。
家族からも少し生地がかたく感じると

​言われたのでお水も少し増やしました。





最初はお手本の動画や本を見ながら
作っていたけれど、普段のご飯を作る
ような感覚で生地は作れるように
なってきました。

パン作りは数をこなして失敗も
経験として感覚で覚えていくしか
ないですね。
それも一つのパン作りの楽しみです。


強力粉は毎度おなじみ富澤商店
で購入している「春よ恋」、
バターはカルピスバターを
使っています。

スケッパーも最近購入したんですけど
クオカのスケッパーが使いやすくて
気に入っています。
300円くらいで買えます。

​ ​








一次発酵が終わり肝心のアドバイス
いただいていた巻く作業のところ。

​​​
なるべく力を入れずぎないように、
そーっと優しく丁寧に。。

「きつく巻いている」

なんて考えたこともなかったので
アドバイスいただけて本当に
嬉しかったです。








心配していた二次発酵後の型崩れも無く
原因はきつく巻いていたから
だったのかもしれません。

​​​​ありがとうね~!​​


オーブンで20分ほど。





昨日の夕方頃に焼けたのですが
撮影できなかったので翌朝に
撮影しました。
(何個か食べられてた・・・w)
​​​
家族からも、
「以前よりふっくら仕上がってる」
って言われたので水分が足りなかった
のかなーって思います。


貴重なアドバイスをいただいて
より美味しいバターロールが焼けて
大満足!blogも見てくれて、
本当にありがとう!


そして。








先日​煎りたて珈房ディーズ​で購入した
イエメン モカマタリ バニーマタル。
​​​​​
アラビア語で「雨の子孫達」を意味する
「バニーマタル」
はその名の通り、
この地域は雨が多く霧がかかることでも

有名なんだそう。

素朴でありながら気品ある味わいで
ジャスミンやバラのような華やかな香り

が楽しめるのだそうで、
飲んだ瞬間に分かるほど独特な香りと
味で「変わった味と香りだね」と、
家族と口をそろえて言っていました。

酸味、後からくる苦みもバランスが良くて
飲みやすくとっても美味しかったです。



※煎りたて珈房ディーズより引用


​​​​モカ・マタリは、イエメンのバニーマタル地区
にある
農園で栽培・収穫されたコーヒー豆を
言うブランド
なのだそう。


イエメン産やエチオピア産のコーヒー
総称して「モカ」と呼ばれていて、

同じモカでも収穫された地域によって名前が
異なり今回の「モカ・マタリ」というのは、
「バニーマタル」が変化して「マタリ」と呼ばれる
ようになった説もあるのだそうな。

ちなみに「モカ」はイエメン共和国にある
「モカ港」に由来していることから、
港に集められ輸出していたエチオピア・イエメン
産のコーヒー豆の総称なんだそうな!


高級豆で知られているブルーマウンテンを
知っている方は多くても、一般の方で
バニーマタルを知っている方はそういない
はずですよねー。


一部の方からは、
ブルーマウンテンより美味しく、

味わいは最高ランクとの声も。

それほどまでに優秀な豆で、

「値段=美味しさ」ではないことが
今回を通じて痛感させられた瞬間でも
ありました。

​​​興味のある方はぜひ一度飲んでみて下さい!
アラビアンナイトの夢
が見れるかも知れません!!



※バニーマタルの説明
(煎りたて珈房ディーズより引用)

「モカ」は紅海に面した、イエメンの小さな港町の名前です。
1628年のある日、この港でオランダの商船に40袋のコーヒー豆が積み込まれました。これがヨーロッパ人が買った最初のコーヒーでした。ただし当時まだヨーロッパではコーヒーを飲む習慣がなかったため、この豆はペルシャ・インド方面に売られたようです。

このあたりのコーヒーの木は原生種に近いので、生み出される豆は素朴でありながら気品のある味わいを醸し出すことで知られています。又、金色の豆が入っている事から、この豆は ゴールデン・マタリともよばれ、独特なモカ臭と共にこれがバニー・マタルの特徴です。モカ港から積み出される「バニー・マタル」地方のコーヒー。これが、母なるコーヒー “モカ・コーヒー バニー・マタル” の名の由来です。

日本で初めての最高級マタリ “バニー・マタル” は、1990年 「国際花と緑の博覧会」で好評を博しました。原生種だけが持つモカ臭と野性味ある甘酸っぱいコーヒー“バニー・マタル” でアラビアンナイトの夢を見ませんか。



*********

■​煎りたて珈房ディーズ​■
バニーマタルは→​コチラ​(オンラインショップ)

**********




​​​​​






Last updated  2019.03.04 12:39:16
2019.02.27
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


こんにちは。
お昼から家の掃除をしながらパンを焼いて、
ちょうど3時のおやつに間に合いました☕

昨年は皆さんもご存知の通り、
「こねるずにできる本格パン」で
よくパン作りをしていましたね!​​

「パン作り」と言えるのか?(笑)
ってくらい手間がかからず本格的で
それでいてめちゃくちゃ美味しいパンが
焼けて読者の方からも、
「実際に作りました~!」という
あたたかい
メールもいただいて
本当に嬉しかったです。


写真のりんごキャラメルパンも
手でこねる作業ナシ!
手間いらずで本格的。






この本のどこがいいかと言うと、
パン作りだけに時間を拘束されないこと。

タイトル通り、こねる作業がなく
発酵時間も
その日のスケジュール
に合わせて
調整できるんです。


例えば寝る前に生地をまとめておいて
冷蔵庫で一晩じっくり寝かせて、
朝に焼きたてをいただく。

今日みたく僕はオーブンの発酵機能
を使わず常温で
発酵時間を長くして
その間に
キッチンのお掃除をしました。
焼きあがったと同時にキッチンのお掃除
終わりました。



買い物に行かないといけない、
子供の送り迎え、ちょっとソファで
ゴロゴロしたい・・
色々あると思います。

パン作りってはじめる前にちょっとした
やる気
と、まとまった時間を確保しないと
いけませんよね・・。

忙しい世の主婦の方々はパン作りなんか

のんびり楽しんでいる暇なんて
ないかと思います。

​​​​趣味でもない限り。

そんな方達にぜひパン作りの楽しさを
少しでも味わってほしいなと思い、
今回改めて紹介させていただきました。​​​

​ ​
(電子書籍版)





​​生地をゴムベラでまとめる作業です↑
こねる作業に近いことをするのはここだけ。

溶かしたイーストに強力粉、薄力粉、
バターを全部入れてゴムベラで軽く混ぜるだけ。


ワークトップは粉だらけにならないし
洗い物も少なく済みますし、
後は発酵させるだけ。

りんごのキャラメルパンは、
キャラメルを作ったりりんごを切ったり
するのでレシピの中では手間がかかる作業が
少しあるので、もっと手間なくという方には​↓





こねずにできる全粒粉のカンパーニュ。
コチラがオススメです。

発酵時間がかなり長めですが、
家事をしながらテレビを見ながら・・
余裕持って作れるのがこちらです。

​■全粒粉のカンパーニュは→​コチラ






寒いので少し暖かい場所で発酵させます。
発酵時間は90分です。

この発酵させている1時間半
読書をしたりしててもいいし、
身のまわりの事が済ませられます。

無駄なく有効的に時間を
使えると
いいですね。







先日紅玉リンゴが4個も残っていたので
ひとつはパンに使って残りはジャムに。

綺麗な色が出るので皮のままコトコト
煮ました。






■紅玉リンゴ(小)3個
■グラニュー糖200g
■レモン汁約大さじ2(好みで調整して)

5mmくらいのいちょう切りにして
皮のままりんごとグラニュー糖を入れて
弱めの中火で約30分ほど。

最後にレモン汁を加えてひと煮たち
させたらできあがりです。

​ ​






煮沸消毒したウェックなどの保存容器
に入れて
冷ましたら冷蔵庫に。


僕は甘酸っぱい方が好きなのでレモン汁は
1/2近く入れてます。
色鮮やかで綺麗ですよね~。

やっぱり紅玉リンゴで作るお菓子も
ジャムも最高です。
これじゃないと作る気が起きないのも
頷けます(笑)本当に美味しい。




ウェックはモールドシェイプ(290ml)

我が家は6個セットで買いました。

​ ​
​​​モールドシェイプの口径サイズはMサイズ
90mm用のゴムパッキンです。
購入検討されている方はお間違いなく。






発酵までまだ時間があるのでその間に
キッチンのオキシ漬け。

ジャムも作り終わったのでのんびり
お掃除しました。
それでもまだ時間余裕ありあまり。

一般的なパン作りじゃ掃除なんか
やってられませんよね笑






一次発酵が終わりました。

紅玉リンゴとあらかじめ作っておいた
キャラメルを生地に挟み込んでいきます。


型はいつも富澤商店で購入している
アルミパウンド型(小)です。
112×64×38mm容量240ml


リンゴに刷毛で溶かしたバターを塗って
グラニュー糖をふりかけたらオーブンで
18分!





焼き時間の間にオキシクリーンで
床拭き、
コンロ周りの焦げ落とし、
ダクト周り、
シンク、ワークトップ
のお掃除も
やってしまいました。


焼き上がりのタイミングでちょうどよく
キッチン掃除も終了です。


我が家のお掃除は
オキシクリーンです。
クエン酸も上手に活用
しています。





昨年購入したスミノエ製キッチンマット
リュストル。

毛足の潰れが一切なく掃除機もかけやすく
使いやすく家族からも好評でした。



キッチンマットリュストルについては
詳細記事を書いています→​コチラ​​







焼き上がりました!

こねる作業なくこんな本格パンが
焼けます。

先日パン屋さんに行ってきたのですが
りんごのパンを見つけて買おうと思ったら、

シナモンやらカスタードが入ってて
買うのをやめたんですよね。

あれなんで入れるのかなーっていっつも
思います。買う気失せちゃう・・

個人の好みなので一概には言えませんけど
シナモンもカスタードも入ってない方が
僕は好きです。
素材のままに近い味が食べたくて
紅玉リンゴもあったことだし
作るに至りました。






最後に粉糖をかけていただきます。
これが美味しくて美味しくて・・w

パン屋さんに並んでてもおかしくない
くらい本格的で美味しいです。





パン作りだけに時間を拘束されず有効的

​に時間を使って作れる本格パン。

今日は掃除も済んで使い切りたかった
紅玉リンゴジャムもできました。

毎日忙しいあなた様も
「こねずにできる本格パン」
挑戦してみませんか(´ω`)
美味しいコーヒーとどうぞ!​





​​​​​






Last updated  2019.02.27 16:48:40
2019.01.14
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





おはようございます。

1/12(土)に6回目のバターロールを作って

この日は24個焼いたのですが、

翌朝には残り4個になりまして(笑)

超大人気でした。



先日​煎りたて珈房ディーズ​に行ってきて

また新しいコーヒー豆を買ってきました。


この日は「マンデリンシナール」という

インドネシアのコーヒーと一緒に

焼きたてのパンをいただきました☕

こちらはまた後ほどご紹介します。









家でパンを焼くようになってからパン屋さんで

パンを買うことがめっきり減りました。


こだわりの小麦粉、バターや卵などで

作るパンは本当に美味しくて手間はかかるけれど


「家で美味しいパンが焼けるからいいや。」

って思うようになっちゃうので僕自身(笑)

本当に買わなくなりましたね・・




この日は材料をきらしていたので富澤商店で

パン作りに使う国産強力粉「春よ恋」と、

カルピスバターを買ってきました。
​​​​

​​​ ​











レシピはいつものパナソニックビストロ付属レシピ本で。

天板二台(24個)で焼くので分量もすべて倍量で

作ります。


はじめは手や作業台に生地が付くのですが

こねていくうちに付かなくなってきます。

室温は20℃前後に設定してお水は

ぬるま湯にしました。







バターを三回くらいに分けて生地に混ぜ込みます。

このとき室温に戻るのが面倒な場合は、

手で軽く押さえて柔らかくする方法がオススメです。


混ぜ込むときはゴムベラやカードで生地に傷を

つけるようなイメージでバターがしっかり

生地に馴染むように。​​


こねる、叩きつけるを繰り返すこと10分。

手に付かなくなって指が透けるようになったら

こねあがり。








生地に艶もでていい感じ。


あとはビストロの発酵機能でラップなし

霧吹きなしの手間いらずであっという間に

発酵が終わります。(約70分)









ビストロは細かい温度設定に加えて

スチーム機能もあるので先ほども書いた通り、

ラップや霧吹きをする必要が無く綺麗に発酵するので

失敗しらずです。


24等分にしてベンチタイム。





サイズ感などはコチラでレビューしています→​​​








成形したらビストロの発酵機能で二次発酵です。

朝からこの日はやっていたんですけど、

もう日が暮れてきました(笑)


先日の(​​)電気工事をしてもらいながらの

パン作りだったので、

バタバタしていました。

焼きあがったバターロールは工事の人にも

おすそ分けしましたよ。🐤









パン作りは何度やっても奥深く難しいですね・・。

前回は比較的綺麗に焼けたのですが、

今回は少し形が崩れてしまった。​


発酵すると生地が崩れてしまうんですよね。

発酵時間、成型の時に問題があるのかなー

ご存知の方は教えてください<(_ _)>









焼けました!

ビストロにレシピの番号を入力すると

バターロール用の温度や時間を自動で

設定してくれるので私は番号を入力するだけ。


焼き時間は11分ほどで上下二段の焼き上がり

の設定も液晶画面をタッチするだけで

簡単に設定できます。


できたらあっという間になくなるから

昨日は友人が遊び来る予定だったので

ナイロン袋にパンを二個入れて見えないところに

置いて確保してました(笑)









そしてここからはコーヒーのお話。

煎りたて珈房ディーズでお願いしていた

コーヒー豆。


今回はエメラルドマウンテンをやめて、

前回とても美味しくて好評だったモカ・シダモと

インドネシアのマンデリンシナールに。


シダモはなんと人気で200gぎりぎりしかない

ということで
深煎りで美味しいオススメの

豆を紹介してくださり
マンデリンシナールに初挑戦。








​​オススメの焙煎レベルは6ということで

深煎りで美味しく味わえる珈琲なんだそう。



※​ダートコーヒーHP​より。



煎りたて珈房ディーズさんでは、完熟豆を手摘みし

天日乾燥を施した信頼ある農園から購入しているそうで

精選段階では、ハンドピックにより限りなく欠点豆を

除去し
粒揃いの良い生豆のみを選別の上、


輸出しているのだそう。
​​








​  ​


エスプレッソ、レギュラーコーヒーで飲んでみて

家族と味の感想を少し話合っていたのですが

良い意味で特徴のない味というか、

それだけバランスの良い味なんでしょうね。​









まろやかでほんのり酸味あって飲みやすい。

個人的にはミルクやお砂糖を入れて飲んだ方が

美味しく感じました。


ブラックで飲みたいなら断然シダモですね。

何やらお店で大量に注文を受けていたみたいで

次回の豆の入荷が来週になるそうですよ。。

人気な豆みたいです。​




オンラインでの豆の購入も可能で

石川県内での
注文は2160円以上なら送料無料、


3240円以上で全国送料無料になっています。

オンラインショッピングはコチラ→​


ぜひ一度煎りたてのコーヒーを味わってみてくださいね。

僕はシダモが入荷次第友人に豆のまま

贈ろうかなと思っています(´ω`)










焼きたてのバターロールは何もつけなくても

甘くて香りがよく本当に美味しいです。


マンデリンシナールをカフェラテで

一緒にいただきました。

ごちそうさまでした



友人もなかなかこんな美味しいパンは食べられないって

絶賛してくれて、コーヒーはアイスにして

お出ししました。

喜んでもらえってよかったのと二個ちゃんと

確保しといてよかった・・・(笑)



金沢に観光に来た際ぜひ煎りたて珈房ディーズに

寄ってみて下さいね。

金沢駅から大通一本のところにあります。


お店や珈琲のことも詳しく書いているので

よければご覧ください→​











**********

煎りたて珈房ディーズ

営業時間10:00~20:00

076-222-1333

駐車場:13台

インターネットでの注文:​珈琲豆ショッピングへ

金沢市中央通20番地14号 御影大橋近く

**********​​​​


最後までお読みいただきありがとうございました





​​​






Last updated  2019.01.15 22:38:26
2018.11.30
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





​​​​昨日作ったバターロールも残り5つに(笑)

友人にもおすそ分けして


大好評でした!


焼き上がりが夜で

綺麗に撮影できなかったので

今日改めて撮りました。



​​香りがとにかくよくて甘くて

コーヒーにもよく合います。

素材もこだわったので

こんなに美味しいパンが焼けると

パン屋さんに行けなくなります・・。










昨日は初めて倍量で作って

天板二枚使って24個も焼きました。


成形が難しいのですが、

5回目にもなってくると

少しずつコツを掴んできて

楽しめるように!


はじめの頃はプロの動画を睨めっこしながら

頑張ってましたが余裕が出てきました(笑)









​冷めてしまったバターロールは

ビストロにお任せです。


スピードグリル皿にのせて

トーストをタッチすると、

さまざまなパンを温めることができます。




ロールパンあたためを選択すると







仕上がりを調整するだけ。

時間設定は不要です。


スチームを使いながら

上手に加熱してくれて

昨日の焼きたてのような仕上がりになるんです。​​









​ ​​  


​​​コーヒーは先日(​​)、

地元の珈琲屋さん「煎りたて珈房ディーズ」で

購入したエメラルドマウンテン。


あれから焙煎レベル

Lv4とLv6を飲み比べているのですが

ブラックで飲んでも、カフェラテにしても


圧倒的にLV6のほうが美味しいと思いました。



焙煎が浅いと酸味を感じ、


焙煎が深くなるとコクや苦みが増すと言われています。


僕の場合、このコーヒーで酸味があるのが


あまり好きではなくコクと苦みが強いほうが

美味しいなと感じました。



コーヒーは好みもありますし

どれが一番美味しいとは一概に言えませんから

苦みやコクを味わいたいという場合には

深煎りがオススメかと思います。









豆を見た感じ、


lv4が中煎り、lv6が深煎りに近いような感じ

に見えました。

恐らく間違いないかと。







​​​​​​​


慣れてくると本当に楽しく作れるし

むしろ撮影が大変に感じますね(笑)



余計な物が一切入ってないので

優しい味わいで


毎朝こんな美味しいパンが食べられると

思うと幸せですよね。



キッチンも散らからないし

発酵は楽だし時間設定や予熱も

全部ビストロがやってくれるので

パン作りに集中できました。



一家に一台決して高い買い物ではないと思います!

今年はNE-BS1500が発売されたということで

一体どれだけ進化したのか気になります。


現状NE-BS1400で何ら不便に感じることは

無いです。



​  ​

​​
価格も下がってきているので

検討してみては?



昨日のバターロール作りのようす

コチラ→







​​​






Last updated  2019.01.18 12:19:53
2018.11.29
カテゴリ:パン作り
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





​​今日で5回目の挑戦になるバターロール。

​​回を重ねるごと成形のコツを自分なりに

掴んでいき、

​​少しずつ綺麗に焼けるようになってきました。



今回は倍量で挑戦です!

​​というのも愛用しているビストロは

一度でバターロールが24個焼けるんです。



いつもすぐなくなるので

せっかく焼くなら
たくさん焼きたい(´ω`)










最近の家電は本当に進化していますよね。

ビストロはオーブン・トースト・レンジ・グリル

が全てこの一台で調理可能です。




ちなみに僕はNE-BS1000から使っていて

使いやすさ・お手入れのしやすさ・デザイン

全てにおいて納得のいく家電で、

もうこのオーブンレンジを使うと


他のレンジが使えなくなります。



1400になってお手入れのしやすさや、

お菓子を焼いたときの焼き上がりが

より
進化しました。​​​













​​NE-BS1000です。

4年ほど経ってますがまだまだ綺麗です。


基本的な使い方は1400とほぼ同じ。



一人暮らしをはじめた友人に譲ることになりました。

「魚も、パンも、オーブンもこれ一台で全部できるから

下手に安い家電買うくらいならコレ使って!!」

って言ってあげました(笑)


改めて使い心地を聞きたいですね。​​​

絶対気に入るはずです!​​





ビストロの紹介はほどほどに・・・

それでは早速バターロール作っていきましょう!!









久しぶりのパン作りで材料もきらしてたので

先日富澤商店に行ってきました。



パン作りには欠かせない

香りが良くていつも買っている強力粉

「春よ恋」です。


バターロールには牛乳を使うので

美味しそうな牛乳を選びたくて

四つ葉牛乳を買いました
​。


バターはカルピスバターを使用します。


​  ​









レシピはビストロ付属のレンジ使いこなし術から。

10年くらい前のレンジ付属レシピって、

分量が多くてすごく難しくて子供の頃

何度も両親に聞きながらやってたのを

思い出します(笑)




最近のレシピ本は本当に優しい、

作りやすい内容になっていますね。
​​











分量をお水以外全て倍量にしました。

お水は80ml~95mlと書いてあって前回

90mlで作ったときべちゃっとしたので

160mlで作りました。

お水は35℃くらいのぬるま湯を使いました。



今日はそこまで寒くなかったのですが

室温を調整したくて、

エアコン25℃設定で生地をこねました。










手に生地がくっついてこなくなったら

バターを3回くらいに分けて

生地に混ぜ込んでいきます。


バターは作業台に置いて

手の温度で押さえつけると

すぐに柔らかくなりますよ。



そのままバターを混ぜ込むとなかなか

生地となじまないので、

生地にヘラなどで傷をつけながら

混ぜ込んでいくとよくなじみます。









倍量もあって結構力が要りますね(笑)

久しぶりのパン作り(こねる作業)が

楽しかったです。


指が薄く透けてくるのがこねあげの目安。

だいたい10分ほどこねます。












ビストロは庫内に霧吹きをしたり

ボウルにラップをする必要がありません。


給水タンクにお水入れて

発酵機能で70分。

細かく温度設定もできます。


バターロールに関しては番号入力で

時間設定や温度設定せずに液晶に

バターロールの画像まで映って

ボタンひとつで焼き上げできます。










一次発酵が終わりました。

指でテストをして24等分に切り分けます。

そしてベンチタイム20分。









綿棒で逆三角形に成形するのが難しくて

慣れが必要ですね。

言葉では表現しにくいです・・・w


綿棒でのばしながら、

手前は軽く生地を引っぱる感じで

細くします。











最初に芯を作ったら、

左手は手前の生地を引っ張りながら

右手は生地に軽くのせて

手前に優しく転がして巻く。


これが動画を見ていると

簡単にやってるんですけど


実際やってみると結構難しい・・。笑











24個成形終わりました!(疲れた~~💦)

仕上げ発酵が終わったら

ドリュールを塗っていよいよ焼き上げです。

綺麗に焼けるかな~。











​​

​​焼きあがりは今までで一番の

​​出来栄えだと思います!


夜なので綺麗に写真が撮れないのが残念・・・


明日の朝に写真を撮って

改めて書きたいと思います!









​卵サンドにしてみました。

ウインナーは発色剤などが入ってない

無塩せきのもの。ご存知ですか?

カラダにもよくて少し高いですけど

美味しいんですよね。



んー綺麗に撮れない・・・(笑)

明日撮りなおしますね!​




​今日は休みだったので、

久々にゆっくりとパン作りが楽しめました。







​  ​


バターはカルピスバターを使用しました。

ビストロ本当にオススメです。










​​
​​​​​



さいごに押してくれると嬉しいです(スマホからも押せます)
ブログランキング・にほんブログ村へ
​​​







Last updated  2018.11.30 03:41:30
2018.11.03
カテゴリ:パン作り




こんにちは~晴れ晴れ

今日はすごいいい天気ですね~。

気温もちょうどよくて秋の散策には

もってこいですね。


一昨日から冷蔵庫発酵しておいたのを

昨日焼き上げまして、

撮影&試食は次の日になってしまい

昨日は更新できませんでした💦



以前から焼きたかった

生クリームとバニラビーンズの入った

ミニ食パン。


僕より一足先に「焼きました~!」

と読者の方からメールもいただきまして、

拝見させていただきました(´ω`)

「俺もいい加減焼かないとまずいは・・・」

と思い、

材料を足早に買いに行き

ようやく焼きましたね(笑)



やっぱり普段冷蔵庫にある材料で

手軽に作れるミニ食パンと比べると

生クリームもバニラビーンズもそこそこ

いいお値段するので、

普段焼きにはちょっと向いてないのかな~

率直に思いましたけど

味はもう基本のミニ食パンとは全然違いましたねww

ふわ~っとしててすごい贅沢な

パンを食している感じで、

何もつけたくない味わいでした。







120分の一次発酵(前半)が終わった

この写真は、

一昨日のものです。


本来のパン作りならその日のうちに焼くのが

当たり前というか

そんな悠長なこと言ってられませんよね(笑)


しかも今回は

一昨日からバタバタしていて

のんびりパン生地を触る余裕もなく

ほぼ丸二日冷蔵庫に置きっぱなしでした(笑)



「おい大丈夫か?」と思いながらも・・w

本来は、

120分発酵(前半)→60分発酵(後半)

→仕上げ発酵50分という流れです。


しかも60分発酵してその日のうちに

成形して仕上げ発酵に入らないと

いけなかったんですが

その日どうしても元気がなくて

冷蔵庫に入れてしまいました💦
(どうしてもやる気がない場合は冷蔵庫OKなんて
書いてあるはずもなく・・w)







生地は冷たいのでしばらく室温に

戻しておきます。


生地を触ったのが昨日です💦

両端を折りたたんで型よりやや

長めの生地に成形します。







これくらいかな?

とじ目は下にして型に入れます。

こねる作業は一切ありません!







オープンシートはハサミで切ったりするのが

面倒なんで・・・

薄く油を塗ってそのまま生地を入れてます。

生地をぎゅっとおさえて

120分発酵に入ります。









生地をずーーっと冷蔵庫に入れていたせいか

膨らみが悪い・・・!

「あーこれやらかしたか?・・」と

失敗の予感が・・・w


35度で50分の発酵をもう一度したところ

無事綺麗に膨らんでくれました!

一番最初の写真がそうですが、

今までで一番よく膨らんで

綺麗に焼けた気がします!







焼きたてのパンを見たとき

「こんないい加減な感じの発酵でもちゃんと焼けるんだな・・・」

と。笑

さすが「こねずにできる本格パン」ですね!



バニラの香りもするし

生クリームがやっぱりいいんでしょうね

口当たりが全然違う。


バターすらつけるのが勿体なく感じるほど

そのまま食べるのが一番美味しいと

思う、そんな食パンでした。


トーストしすぎも要注意ですね

せっかくのふんわりとした食感が

台無しになります。



せっかくの400円の生クリームが(笑)

使用する量

たったの50mlなので

せっかくなら倍量で作りたいなって

思いました。






ぜひみなさんも挑戦してみてほしい!

こちらの本で「作りました~」と

メールいただいた方ありがとうございます<(_ _)>




​ ​


強力粉は特選挽きの「春よ恋」を使ってます。

ドライイーストは、

サフ(ゴールドを)使用しています。



基本のミニ食パンが食べれなくなりますね~(笑)

思ってた以上に美味しくてビックリでした。

もうひとつ型買ってこようかなと

思いますね。



香りもいいし、食感もよくて

コーヒーがいつも以上に美味しく

感じられる朝食になりましたよ(´ω`)







さいごに押してくれると嬉しいです(スマホからも押せます)
ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2018.11.03 13:46:10
2018.10.05
カテゴリ:パン作り





こんばんは、

さきほどのパン作り二次発酵の(​​)続きですね!

前回作ったパウンド型で作るミニ食パンより

かなり膨らみも焼き上がりもよくなり、

嬉しかったのと、ものすごい美味しかったです!



このごろ寒くなってきてるので余計

珈琲が美味しく感じられる季節になってきましたね(´ω`)

前回は、クルミとバナナにメープルシロップをかけて

甘いおやつのような感覚でいただきましたけど

今回のリンゴジャムはレモン汁を多めに入れて

甘酸っぱい味わいにしたので、パンの塩けと

よく合って本当に美味しかった!



コーヒーも美味しいし、これはもう

お店でパンを食べられなくなるし

今年の冬はもっと家からでなくなりそう・・・w

ほんとにおすすめなので、みなさんも

作りましょうね~(´ω`)







二次発酵が終わりました。

今日は、イーストを先に溶かしてしまって

あとから砂糖と塩を入れてしまって

焦って正確に測らなかったのもあり

綺麗に膨らんでくれるか不安だったのですが、、

前回より膨らんでくれて安心しました。



お水の温度ですがこれからの季節、

秋冬は、ぬるま湯にして

夏はそのままで使ってました。

このへんだけ気をつければあとは結構適当でも

大概綺麗に焼けます笑








バットに取り出してこねてるように見えますが・・・・

細長く型に合わせるために、両端を折りたたんでるだけです!

こねる作業はありません。


つなぎ目を綺麗に閉じて、

15cmくらいの長さにしたらおしまいです!

簡単でしょ~。


もっとこねる作業が欲しいなーって思うほど

こね作業がないんですよね。

ほとんど発酵という名の放置プレイです(笑)

その間に、家事をやるもよし、ゲームするもよし

私はその間にblogの写真を編集したり

珈琲飲みながらのんびりしてました☕


もちろん夕飯の用意をして、

その間に発酵させて

翌朝焼きたてのパンを食べよう。

なんてことも可能です(´ω`)







冷蔵庫で一晩、半日じっくり発酵という選択も

できるからお出かけしたいとき

寝る前💤、もっと深い味わいのパンを

食べたい。

そんな時は発酵をわざと遅らせる

こともできます。
(冷蔵庫で発酵させると、より生地が熟成されて美味しくなります。)

自分のペースに合わせて作ることができるから

気兼ねなくはじめられますよ(´ω`)








あとはパウンド型で仕上げ発酵です(˘ω˘)

50分と少々長め。

今日は、部屋で音楽を聞きながら写真の

整理をしてましたよ~☕


パウンド型は富澤商店で購入したもので

本書では8×16×6のパウンド型を

使います。


私のパウンド型は8×21×6でちょっと大きめ。

だから、ちょっと高さが低いパンになりがち

なのですが・・・

味はもう文句ないので、はじめてみようと

思ってる方は参考までに。







私の家では、ビストロを使っています。

NEBS1400です。


発酵機能もあり、ラップや庫内の霧吹きが不要です。

細かい温度設定もできるので

パン作りにも向いてます。










発酵後はこんな感じ。

発酵機能を使っているので、

オーブンの予熱中はラップをかけて

オーブンのうえに置いてます。(結局ラップ使った)








今日友達に見せたんですけど「なにこれ?」が

第一声でさ(笑)

高さがね、、もうちょっと欲しいよね。








コーヒーはブラジルメインのブレンド。

リンゴジャムをつけていただきます~


複雑な作業がないし、デイリーに作れる

そんな手軽な食パンがお家でも

楽しめます(´ω`)

みなさんもこれからの季節美味しいコーヒーと

一緒にぜひ!




「こねずにできる本格パン」

どのレシピも作りやすく

パン作りが日常になってきますよ~。



​​

さいごに

いつも使っているパンの材料たちです。



次回はバニラ味の(前にも告知しましたが!)

ミニ食パン作るので

また見に来てください~!

それではおやすみなさい~月月



********

こちらもよければご覧ください。

◇ミニ食パン二次発酵のようす(​​)

◇前回のミニ食パン(​​)

********




さいごに押してくれると嬉しいです。(スマホからも押せます)
ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2018.10.05 22:25:10

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.