324445 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スピリチュアルアート ヒーリングアート絵画 岡田和樹 光と癒しの絵 現代アート世界

PR

X

フリーページ

カテゴリ

プロフィール


aikansha

バックナンバー

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2007年07月29日
XML
カテゴリ:■アートと出逢い
天国への階段

The stairs to heaven



(C) KAZUKI OKADA


Copyrights by KAZUKI OKADA GALLERY. All rights reserved.




* * *



先日、久々に友人達4人でオフの時間を楽しみました。

この日も晴天。お昼に江之浦テラスで待ち合わせ、
サザエの丸ごと入った美味しいシーフードカレーを食べ、
初めてテラスに来た友人達と窓の外の絶景と
室内の絵を観ていただきながら、ランチを楽しみました。

都内でPLUS ONEという音楽スタジオを経営する
藤田さんは友人の友人で、とても穏やかで優しい方です。

皆の会話に耳を傾けていると、名前に疎い僕でも
聞いた事のある著名なミュージシャン達に慕われている
人柄が伺えました。思わず…

「藤田さんが好かれるのは、よくわかるなぁ♪」

と僕も会話に参加しました。


藤田さんは大磯のギャラリーに来てくれたこともありますが、
伊豆下田で原画展を催した時も、忙しい中、
都内や埼玉の他の友人宅も回って、
日帰りで来てくれた時は、とても恐縮しました。


この日の予定は何も決めていなかった僕達は
食後、車2台で箱根方面に向いました。

僕は3人が乗る車の後ろをついて行ったのですが、
箱根が近づいてきたら、突然、箱根神社に行きたくなり、
停車時にその希望を伝えたところ、もう一人の友人が

「今、私も、そう思っていたのよ~(@_@)」

と驚いていました。


* * *


箱根神社は大正解でした。

とてもいい気が流れていました。

神木と言える様な、神々しい樹木に囲まれ、
心の中で、何度も感謝しました。

弓道をやっている人たちも観れ、
その上、神社にお参りに行った時は、
金曜の夕方なのに、その時間だけ、貸切状態でした。
(僕達が帰る頃、団体さんが大勢やってきました^^)
ツイてる☆


その時、友人のHSさんが、
「おみくじ やろうよ♪」と言い出しました。

場の流れで、みんなそれぞれ買って見合ったのですが、
これが学生の修学旅行のように、結構、盛り上がりました♪

おみくじには、メッセージ以外に、お守りもついています。

このお守りは8種類あって、どれが当るか分かりません。


HSさんが、おみくじを選んで引いた時、皆で驚きました^^

その おみくじに付いていた小さなお守りが
「招き猫のお守り」だったからです。

HSさんは難病で松葉杖の上、
お母様の面倒を看ているだけでも大変なのに、
野良猫ちゃんたちも保護したり、
面度をみている方だったので☆

招き猫のお守りを見て、皆で、
「これはメッセージだね~☆^^」と。


僕は運勢は大吉でした。中に一緒に入っている
お守りは「小槌(こづち)」でした。

小さな紙(神)もついていて、そこには
こんなメッセージがかかれていました。


* 小槌 *

振れば財宝が出てくる

また願いがかなうといわれる小槌で

人々の諸難を払い財宝を授かります

* * *


と書かれていました。


ちなみに僕の部屋の本棚には、木の小槌が飾ってあります。



* * *


上の「天国への階段」という新作は、
この箱根神社が元になっています。

天国への階段:元写真:箱根神社

元の写真は、こんな感じです。


写真よりも、もっと階段に奥行きをもたせてデッサンし、

そして魂と愛情を込めた上に

僕の色覚異常という特性の色使いで

光の味付けをしました☆


* * *


箱根神社のあと、「山のホテル」というホテルで
お茶をしました。


ここも素敵な空間でした。

趣のあるテーブルやソファー。。

生のグランドピアノが奏でられ、芦ノ湖を見ながら飲む

グレープフルーツジュースは、いつもより
美味しく感じられました。


ここも また来たいと思うお勧めスポットになりました。


ラッキー☆ハッピー☆な一日。。

とてもリフレッシュできました。


岡田和樹☆



* * *





line9


幸せのリンクs

天使のリンクs









最終更新日  2007年07月29日 17時05分08秒
[■アートと出逢い] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.