000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スピリチュアルアート ヒーリングアート絵画 岡田和樹 光と癒しの絵 現代アート世界

PR

X

フリーページ

カテゴリ

プロフィール


aikansha

バックナンバー

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2009年04月08日
XML

センタリングの光

センタリングの光
Light of Centering
(C) KAZUKI OKADA


* * *
「センタリング」という言葉の説明は、
ウィキペディアなどのネット上の辞書からリンク掲載
すればいいかと思っていたのですが、ネット上には
「センタリング」そのものを説明している文章が、
あまりないことが分かりました。

セラピストの方やスピリチュアルに生きていらっしゃる方々は
センタリングは基本としてご存知かと思います。

私は、その「正しい説明」というのは知りませんが、
実践している意識としては、体の中心の軸に気を通し、
心と体を安定させ、頭頂部から宇宙までつながった気を
意識して、さらにその奥の奥までエネルギーを循環させ、
すべてと一体化するような感覚です。

これは特別なことではなく、古武道や踊りの世界での基本でもある
「正中線」も、この気のラインと同等の意味合いと思っています。

ですので、この作品は、センタリング、あるいは正中線という
「意識世界を具象化して描いた作品」です。

この絵の表現イメージは、何年も前からもっていたものですが、
あえて形として描かないでいました。

けれど、もう時期が来たと思っています。

これからはオブラートに包むような遠慮はせずに、
よりスピリチュアルな世界、意識世界を
ストレートに具象化して表現してゆきます。

初めて聞いた方は、ぜひご自身の体の正中、センタリングを
意識して生活されると、様々なことが変わってくるかと思います。

この絵は、そのイメージの手助けにもなればと想っています。

そしてこの作品そのものから溢れている光にも
五感で感じていただけることを願っています。

皆様の心と体が輝いてゆきますように☆

岡田和樹

【他の作品はコチラより】
http://www.kazukiokada.com/

※作家は特定の宗教・思想団体とは無関係です。

* * *

line9
岡田和樹公式サイトバナー
■公式サイトPC版
http://www.kazukiokada.com/
■公式ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/kazukiokada/
■公式ショップ
http://www.kazukiokada.com/shop/
■作品常設展示店
http://www.kazukiokada.com/gallery.htm


幸せのリンクs
幸せは、探したり、欲しがるよりも、
与えれば与えるほど、別な所から返ってきます♪

●幸せのリンク携帯版
http://www.kazukiokada.com/m/hp/
●幸せのリンクPC版
http://www.kazukiokada.com/happy/
●幸せのリンク動画版
http://www.kazukiokada.com/hpf/

天使のリンクs
あなたの心の中の天使が、あなたに代わって、
大切な気持ちを届けてくれます♪

●天使のリンク携帯版
http://www.kazukiokada.com/m/an/
●天使のリンクPC版
http://www.kazukiokada.com/angel/
●天使のリンク動画版
http://www.kazukiokada.com/anf/

子どものリンク
心の平和と世界の平和を願う あなた♪
●子供のリンク携帯版
http://www.kazukiokada.com/m/ch/
●子供のリンクPC版
http://www.kazukiokada.com/child/
●子供のリンク動画版
http://www.kazukiokada.com/chf/

空へのリンク
●空へのリンクPC版
http://www.kazukiokada.com/sky/
●空へのリンクYouTube動画版
http://www.youtube.com/watch?v=VEGDiXAiWgM




*著作権はヒーリングアート館に帰属します。
個人・法人問わず、全ての画像・文章の無断転載を禁じます。














最終更新日  2014年05月31日 17時24分00秒
[■癒しの絵ヒーリングアート] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.