031964 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ある保険屋の独り言

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
コミコミ@ ホッとした このところずっと更新されなくて、その理…
コミコミ@ 恩田木工 1ヶ月くらい前かな、テレビ信州制作のNNN…
珍保太@ Re:いろいろな事件(01/31) ホリエモンもそうですが、拘置所の件で、 …
ある保険屋の独り言@ Re[1]:手帳(12/16) 珍保太さん >だけど、ワタミグループ…
2009.12.08
XML
カテゴリ:政治・経済
母子加算が12月復活した。

母子家庭の貧困を守ることが目的での復活だ。
母子家庭の貧困。TVでの報道では食べることにもことを欠く、育ちざかりの子供がろくに食べることもできない。

それはかわいそうだから、手当てをしようというのが、基本的な考え方なのだろうか?

そもそも、なぜ母子家庭になってしまったのか。

死別もあれば、離婚が原因の場合もある。
年々離婚する率も高まってきているともいう。
離婚しても、慰謝料を支払っているケースは少ないという。

父親は、子供に対して、家族に対して、何を思っているのだろうか?
子供が腹をすかせている。それに対して何を思うのだろうか。

離婚はともかく死別であったとしたら、なぜ保険に加入していなかったのだろうか?

大切な家族を守ることが、親としての責務ではないだろうか?
保険が万全であるとはいわないが、愛する家族、子供が生活を安心して続けていくことができることを考えることが、親としてまず考え、実行すべきであると思う。

母子加算の復活で、久しぶりにお肉を食べ、満面の笑みを見せる子供。
その父親はどうしているのだろうか?







Last updated  2009.12.08 19:35:40
コメント(0) | コメントを書く
[政治・経済] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.