1275476 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人・ヒト・ばなし

PR

X

全138件 (138件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

カテゴリ未分類

2018.05.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
甲南大学でおこなっている人と組織の活性化研究会(APO研)の5月定例会で、経産省の若手官僚の方にお越しいただき、
「人生100年時代の社会人基礎力」についてお話しいただきました。

急速な時代の変化でビジネスの賞味期限が極めて短くなってきている中、一方で、私たちの人生は100年のスパンで考えないといけないほど長寿になってきています。

人手不足も相まって、自分の人生をどうイキイキしたものにしていくのか、自身のキャリアについてもっと積極的に考えていかないといけないーといった背景を踏まえたお話しでした。

そのためには、ふりかえり(リフレクション=内省)と学びなおしが重要とのこと。

このことは全く異論はありません。
私もいい歳にも関わらず、再度起業し、事業を一から始めたけど、実は以前より心身の調子はよく楽しく健康です。
大変なことが山のようにあるけど、学ぶことがまだまだあるという状況は本当に楽しいし、若返ります。今の私には、リタイアなど全く考えられません。
それほど今が面白いです。

ただ、どうしてもなかなか環境変化ができない人や、現状の業務に従事しており、キャリアチェンジがしたくともチェンジが難しい人たち。また、APO研メンバーからの問題提起にもありましたが、電気自動車がこれから主流になりつつあるのに、地方のガソリンスタンド経営など変化の狭間の産業はどうなるのか、など、すべてが柔軟な対応ができないという事実もあり、難しいなとも思います。

生物学的に考えると、時代の変化、環境の変化に適応したものが進化し、生き残っていくと考えるなら、常に変化の過程に狭間が生じているということなのでしょう。

でも結果的に何が生き残るのかはわかりません。
なので、ひとりひとりが、ひとりひとりの人生を一所懸命に生きることしか、ないのだろうなーとも思いました。

人間のいいところは一所懸命に生きていると、周りの支援も受けられますものね。人間は孤高の動物ではないですから。もちろん、心と頭は柔軟に。ふりかえりと学び続けないといけないでしょうけど。

1点、「社会人基礎力」とは何かということが気になりました。
APO研の中でも加護野先生がご指摘されたように「基本、基礎をきちんと学ぶ」ことではないかとのお話しがとてもしっくりきます。
「学び」の例として、プログラミングや社会人MBAの話が出ていましたが、それよりも教養(リベラルアーツ)をしっかり身に着けるべきと思います。
それこそ、社会人基礎力の土台になるもののはず。
MBAはその土台に乗ってこそ、より意味があるように思いました。

はな
はな posted by (C)かずめ






Last updated  2018.05.20 17:45:02
コメント(2) | コメントを書く


2018.02.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、星野仙一さんの追悼番組としてNHKが2003年阪神タイガース優勝時のNスぺを再放送していた。
VTRの中の星野さんは、激しく怒ったり、灰皿投げたりしながら、「こうでないといかん」というご自身の考え方で統率していた。

その様子を見ながら、この統率の仕方は野球だからできるんだなと思った。
何しろ、野球は長い年月で、完成されたスポーツなので、成功パターンを知った経験値が高い人が自分のやり方を指示するほうが効率がいい。

垂直統制が機能しやすいのだろう。垂直統制が効果的なのは、市場環境の変化が遅く、成功パターンが明確なときに効果がある。

でも、近年は事業サイクルが短くなり、またどんどん環境が変わる中、成功パターンが確立されたとしても、それに連綿としていられない。そこで、多様性を活かし、ひとりひとりが能力を発揮し、新しいチャレンジを生む組織に変容することが求められている。

水平共創の実現だ。
水平共創を実現するには、既存のヒエラルキー型の組織体ではまず難しい。
なぜなら、ヒエラルキーをつくると、各マネージャーが垂直統制をしようとしてしまう。
「管理」し始めると、とたんに組織は上しか見なくなる。

本当はマネージャーは、部下をやる気にさせて、自発的な成長と成果を生むのが目的なのに。研修やマネジメントの本にもしっかり書いてあるのに、知っていてもできないものなんだと思う。

なので、やはりホラクラシー的に「役割」で組織づくりをするほうがいい。

先日、帝京ラグビーの岩出監督のTVを少し見た。
帝京ラグビー部は前人未到の9連覇達成している。
さぞや厳しい練習なんだろうと思っていたが、意外なことに、1年生の世話を4年生がするという。脱体育会系を目指しているのだとか。

1年生の間は、しっかりラグビーに専念し、上級生になるに連れ、チームのメンバーの世話をする。そうすることで、後輩の育成やチームマネジメントを学べるのだろう。
水平共創だな、これ。

こんなことを思った土曜日でした。

ハナちゃん
ハナちゃん posted by (C)かずめ






Last updated  2018.02.03 15:44:54
コメント(2) | コメントを書く
2017.08.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
お盆休みも今日まで。
今年はブーンの調子が悪くなったので、ほぼどこにも行かず、まったりと過ごしました。
このお盆休みに一切、仕事を頭から抜きました。
いったい何年ぶり(何十年ぶり?)だろう。
毎年、長期の休みになると、仕事の不安が消えることなく、どこかバタバタするのですが、今年は不思議と不安感がなかった。決して安心できるような状況ではまだまだないけれど、時代のながれに乗っていけそうな自信も出てきたのかな^^;


お休みの間、
サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 [ ユヴァル・ノア・ハラリ ]を読んでいます。
まだ上巻の半ばだけど、感想とすれば、ヒトはいったい何に突き動かされているのだろう、ですかね。
これから読み進むのが楽しみ。

3にゃんず。
コロタはおとうにゃんと一緒に寝るのが日課。特に最近はおとうにゃん好き~とべったりくっつきます^^
コロタにゃん
コロタにゃん posted by (C)かずめ
おとうにゃんと一緒に寝るというコロタ
おとうにゃんと一緒に寝るというコロタ posted by (C)かずめ

心配したブーンは食欲が戻り、一安心。
便秘がちのブーンは、うんちがでないよーとゲーゲーし、脱水症状を起こしたのがきっかけでした><
病み上がりのブーン
病み上がりのブーン posted by (C)かずめ

ハナはあいかわらずマイペース^^
機能ペットショップで見た「ミヌエット」という猫ちゃん、なんと58万円なり、だったけど、どことなくハナに似ていました^^
足が短いところも^^
ハナちゃん
ハナちゃん posted by (C)かずめ

お墓参り。空がもう秋っぽい。
お墓参り。もう秋の気配
お墓参り。もう秋の気配 posted by (C)かずめ






Last updated  2017.08.16 11:10:57
コメント(1) | コメントを書く
2017.06.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週は、いろんな意味で感謝感謝の1週間でした。

それだけ期待してもらっているということだから、がんばろうっと。

明日から、決死の6月戦線です。いろんな意味で本当にハードな1か月になりそう。

コロタ
コロタ posted by (C)かずめ






Last updated  2017.06.04 16:56:19
コメント(2) | コメントを書く
2017.02.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
今朝のサンデーモーニングの中で、社会心理学者の加藤諦三先生のコメントに
「人は個々人の背後にある世界観に基づいて行動を起こす」と話しておられました。

そうなんだよなー。

世界観や価値観は個々人によって多様。
行動を促す、特に自分にとって都合よい方向に行動を起こさせようとすると、個々人の世界観や価値観をよく理解し、そこを突いていかないと動かない。

ウチのサービス開発にとって、いろいろとヒントになる言葉でした。

【ウチの猫の呼び方】
うちの猫は、黒猫のブーンは「ブーンさん」、虎猫のコロタは「コロタにゃん」、白に黒模様のハナは「ハナちゃん」。
なんで微妙に呼び方が違うかは、謎。

コロタにゃん
コロタにゃん posted by (C)かずめ

ハナちゃん
ハナちゃん posted by (C)かずめ

ブーンさん
ブーンさん posted by (C)かずめ






Last updated  2017.02.19 17:10:42
コメント(2) | コメントを書く
2017.02.12
カテゴリ:カテゴリ未分類

以前、テレビのコメンテーターが面白いことを言っていた。
トランプ大統領が、短絡的な国益ばかりを求める発言をしていると指摘したうえで、

「彼はビジネスマンではなくてセールスマンだ」と評していた。

なるほど~
ビジネスマンとセールスマンの違いって面白い。

確かにセールスマンは売ることが目的なので、短期的な結果を目標に置くし、売ることのみに着目する。
でもビジネスは事業や仕事を指す広い意味。
なので、ビジネスマンは事業の永続的な発展のために発想し、行動できないといけないということか。

全体を俯瞰する戦略思考と戦略的な行動が求められるということですね。

ハイ。心します^^

ただ、私は女性なので、ビジネスパーソンという言葉のほうがありがたいけど。

【コロタ】なかなか写真を撮らせてくれないコロタです^^

コロタ
コロタ posted by (C)かずめ







Last updated  2017.02.12 16:24:47
コメント(3) | コメントを書く
2017.01.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
皆さま
あけましておめでとうございます。
本年も楽天ブログの更新は時々になりそうですが、引き続きよろしくお願いいたします。

今年は何年かぶりにゆっくりした元日です。(これから恒例の来客&宴会ですが)
ブーンはお正月はおいしいものがもらえると年末から大騒ぎです。
おせちにもこんな感じで興味を示しています^^

2017-1-1-boon2おせちを狙う猫
2017-1-1-boon2おせちを狙う猫 posted by (C)かずめ

2017-1-1-boon1おせちを狙う猫
2017-1-1-boon1おせちを狙う猫 posted by (C)かずめ

全世界的には、何やら騒々しい雰囲気が漂っていますが、商売繁盛、家内安全で乗り切ってまいりたいです。
それでは宴会の準備に入ります^^

2017-1-1-iwaizen
2017-1-1-iwaizen posted by (C)かずめ

2017-1-1-zoni
2017-1-1-zoni posted by (C)かずめ






Last updated  2017.01.01 14:22:51
コメント(4) | コメントを書く
2016.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
私にしては珍しく、あることが脳にとげのように刺さって、怒りが収まらない。

正確にいうと、ずっと怒っているわけではなく、ふと思い出してはムカムカと怒りの感情がわいてくる。
夕べも寝る前にそのことが頭をもたげ、腹が立って寝付けなかった。
おもわずツイッターに投稿しようとベッドから起きだして、文面を打ったところで、気分が落ち着いたので、投稿せずに削除したけど。

私が怒りが収まらないということ事態が珍しいので、なぜ怒りが収まらないのかを分析してみた。

尚、この怒りの原因となったことは取り立てて重要なことではなく、すでに解決済みである。
なのに、私の脳はそのことを時々フィードバックさせて私をいらだたせる。

まず、このように客観的に考えても、そこまで腹がたつようなことではないのに、怒りが収まらないのは、ホルモンバランスの問題ではないかと自分で分析している。

プレ更年期の時には時々このようなことがあったし、親を見ていても、なんでそこまで執拗に攻撃的なのかわからないときがあった。
中高年の男性のパワハラも、私はひそかに更年期によるホルモンバランスの崩れが原因と考えているのだから。

そう考えると怒りも収まりそうなものだが、今回の怒りはしつこく残っている。
自分の脳が何に引っかかっているのか。

●なぜ私が怒っているかについて、相手ときちんと話しあうことができず、中途半端で曖昧に一方的に解決されてしまったこと。

予防医学者の石川善樹さんにインタビューした際、自分の怒りが何であるかを知ることで、自分が大事にしているということが理解できると彼は話していたけど、まさしく、私が大事にしていることがよくわかった。
合意できていないのに、適当に流されることが琴線なのだ。

これからは、曖昧な結末に流されないように、しっかり首根っこ捕まえてでも話をしよう。うん、そうしよう。

ハナお嬢さま
ハナお嬢さま posted by (C)かずめ






Last updated  2016.06.19 10:58:30
コメント(2) | コメントを書く
2016.01.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
皆さま。

2016年、あけましておめでとうございます!

暖かな年末年始ですね@@
明日から仕事ですから、今日で頭のねじをお仕事モードに回さないと^^;

さて、毎年、夫の母を年末から年始に我が家に迎えているのですが、今回はこれまでとはちょっと状況が異なります。
義母はかねてより軽い認知症を発症していたのですが、昨年秋に脳梗塞で倒れ、そこから認知症も一気に進み、今、介護施設にお世話になっています。

その義母を迎えての年越し&お正月。
おねしょにおもらし、便の排泄の介助など、いろいろと驚くことばかり。

介助をしながら、動物として「生きる」ことは、食べることと排泄なんやな、と妙に納得しておりました。

幼児までは食事と排泄には誰かの支援が必要で、年老いてくるとまた食事と排泄の支援が必要になってくる。。
ウチの猫たちの健康を見るときはちゃんと食べたか、いいうんちしたかを見ていますものね。

結局、人間はまったくひとりでは生きていけない動物なんだということでしょう。

義母は几帳面できれい好き、プライドが高く、あまり社交的ではない人でした。
ところが認知症が進むと、あれだけ嫌がっていた介護施設に素直に従い、多少汚れていても平気、ぐーたら万歳のまったく別の人格になりました。

でも、今の義母のほうが楽しそうに見える。
これまで「こうでなければいけない」と思い込んでいた鎧がなくなって、自由に解き放たれているようです。

自分らしく生きることが幸せ。義母の姿を見て改めてそう思いました。

この先の人生、大病するか、ボケるか、運よくピンピンコロリとなるのか、神のみぞ知る、です。
自分らしく、おもいっきり人生を楽しみたい。

2016年の元旦にあらためて誓い直しました。

P.S.お年玉で自宅のパソコンを旦那さんに買ってもらいました!
これで自宅のPC環境が改善されるので、今年は楽天ブログも更新できそうです!

義母たちを迎えて、元旦パーティー↓今年は伊達巻とローストビーフがうまくできました^^

元旦恒例 パーティー
元旦恒例 パーティー posted by (C)かずめ

よく寝ているブーン
お正月の猫
お正月の猫 posted by (C)かずめ

よく寝ているハナ
お正月の猫
お正月の猫 posted by (C)かずめ










Last updated  2016.01.04 15:43:29
コメント(4) | コメントを書く
2015.06.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
オーナー企業経営者には、その経営スタイルがプロデューサーだなーと感じる人が多いです。

プロデューサー型経営は、「勘と観」の経営とでもいうぐらい、その直観力と実行力に優れています。

先日、そのプロデューサー経営の最たる方とお会いできました。

その人の経営手法は、「いかに効率的に儲けるか」の1点に集約しています。
しかも、その儲け方が絶妙で、「三方よし」のビジネスプランを思いつき、実行しているのです。

そのビジネスプランを思いつけば、そこからはまるで舞台に役者を配するがごとく、配役を決め、演出を施し、資金を逐次投入していきます。
一見思いつきのようなビジネスプランですが、極めて合理的でしかも計算されつくしたようなプランなんです。

いやぁすごいです。

私たちベンチャーは、お金なし、組織なし、です。有るのは知恵とやる気だけ。

まさしく知恵を使ったプロデューサー経営を志さないといけないですよね。

がんばろう、と思います。

えっ?どこの誰のことって?
それはここでは言えません^^;

【ハナのお気に入り】
運動嫌いのハナですが、このボールは大好き^^

子供の日でもらったおもちゃで遊ぶハナ
子供の日でもらったおもちゃで遊ぶハナ posted by (C)かずめ






Last updated  2015.06.07 16:56:21
コメント(0) | コメントを書く

全138件 (138件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.