5686909 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

「ワンルームエンジ… New! らいち♪♪さん

ポテトとベーコンの… 春乃もも太さん

​「舞台刀剣乱舞 維… おぼろ.さん

未就園児のおはなし… ふかちゃん0118さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん

Category

2008.12.22
XML
機動戦士ガンダムOO 2ndシーズン 第12話「宇宙で待ってる」




オーライザーを使用してのトランザム発動させたOO
しかし、その姫たる力によって再会させられてしまった沙慈とルイス
敵同士という立場で・・・


この出会いによって2人はどうなる?




『沙慈に私の夢を託していい?
空へ行って!それが私の夢なの
だから私の夢を叶えて』



「どうしてここにいるんだぁーーーーっ!」


意地悪な運命
絶望すら感じる2人の声が大きく響く


それでも容赦なく戦いは続く
OOの圧倒的な力は次々と連邦のモビルスーツ部隊を叩き落していきます。
真っ向から挑んできたブリングの乗るガラッゾも破り、
聞こえてくる声によって気付いたガデッサをも破る威力。

しかも、ガデッサがOOを刺し貫いた時、OOの機体が粒子化する
これはリボンズも知らなかった力

リヴァイヴもブリングも屈辱的な負け方で逃げ帰ります。
そしてアロウズにも撤退命令が


トランザムの限界時間が来るとドッキングを解除してしまう沙慈

「行かなくちゃ
ルイスの所に行かなくちゃ」


しかし、動かないオーライザー



自分が知らなかったガンダムの力にショックで呆然とするリボンズ
そんな彼に
「どうされました?ひどく動揺されてるみたいですが」

笑いながら近付く王に対しビンタ一発☆


「黙っていろ、意地汚い小娘が」



今回、一番の痛快な一言でした!!!
敵の親玉ながら、よくぞ言ってくれました!って気分?
自分がどういう立ち位置だと思っていたのかはわかりませんが、ちょっと図に乗っちゃってましたか?(笑)
それを見たリジェネの「ザマーミロ」っぽい表情に爆笑でした。


OOの活躍に度肝を抜くメンバー達
それにしても、アニューの驚きっぷりはOOの力になのか?
それとも仲間(らしい)が呆気なく敗れた事に関してなのか?
どうにも前回のでイノベータの可能性が濃い彼女、これからの行動が気になります。


心配していたアレルヤの通信で、ミレイナの母は無事とわかり
その後イアンも無事とわかりました。

よかったねぇ~~~~泣き笑い



ルイスの所に行かなきゃ!と泣く沙慈と
沙慈が親の仇であるCBに居た事でそれまでの彼女の沙慈に関する懐かしい思い出全てが沙慈と刹那の裏切りと誤解してしまったルイス


確かに、あの状況下では誤解してしまってもしかたなかったかもしれない。
しかし、愛した沙慈をどうしていきなりここまで誤解してしまったのか?
もう少し「何か理由があったのかもしれない」とか、「刹那に強制的に引き込まれたのでは?」とか考えられなかったのか?
復讐とはこんなにも人の心を盲目にしてしまうのか?



残酷な運命に項垂れる沙慈に近付く刹那

両親を殺したガンダムが憎くてアロウズに入ったルイス
愛するルイスを戦いに巻き込むきっかけとなったガンダムを刹那を憎もまたも罵る沙慈

しかし、両親を殺したガンダムはCBとは無関係だし、そのパイロットは現在アロウズを統括する立ち位置にいるイノベータのもとにいると知ったら・・・と見ているこちらはウズウズしてしまうが(^^ゞ


「どうしてこんな事に」


この沙慈の言葉と同じ思いをかつての自分も感じていた刹那


「(運命から抗うには)戦え
ルイス・ハレヴィをアロウズから取り戻すには戦うしかない」



言葉の足りない刹那の言葉にカッとして殴る沙慈
そして「おまえ達と一緒にするな!」と叫んで飛び出していってしまう。
それを立ち聞きしていたライル

ここでのラウルと刹那のやり取りは、
さすが兄弟というべきか?ライルの聡さはロックオンと一緒ですが、アドバイス(?)のしかたがやはりかなり違いますね。


「過去じゃない、未来の為だ」


言葉足らずは相変わらずですが、言動が大人っぽくなりましたよねぇ~>刹那




宇宙で待ってて
すぐ行くから


以前ルイスから受け取ったメッセージ
そして自分とルイスの運命を嘆く沙慈


機械的に片付けられていくジニンの荷物を見送るルイス
入れ替わりに入ってきたアンドレイに沙慈との関係を聞かれるルイスは
知り合いでも何でもなく敵だ!と言い放ちます



また屈辱的な負け方したリヴァイヴとブリング
そんな2人にリボンズから脳量子波によって命令が下る
OOを捕獲せよと
これによってリボンズもOOの力を知らなかったと理解する




そしてまたメメントモリからリチエラ王国に衛星兵器が発射された
それによって市内だけでなく罪の無い難民が殺されてしまった
罪も無い人間を巻き込んで殺したうえに成り立つと考える連邦のやり方

これに憤ったカタロン
そしてやり方に異議を唱えるセルゲイ

しかし、セルゲイの言葉は上官に聞き届けられませんでした。


そして衛星兵器についてのニュースはCBにも届きました。
それによって今の流域から離れようとしている事を知った沙慈はトレミーからの脱出を思いつきます。

オーライザーに乗り込む沙慈
ただ、平和で楽しかった2人の日々を取り戻したいだけ

このままオーライザーに乗って行ってしまうのかと思われましたが、
そこに聞こえてきたのはかつてのティエリアの言葉


『そういう現実から目をそむける行為が無自覚な悪意となりこのような結果を招く
彼らの命を奪ったのは君だ!
君の愚かな行いだ』



またも同じ事をしそうになった自分に気付き、どうしたらいいのかもわからないまま
結局動けなかった沙慈
そしてそれを見つめていた刹那






このままオーライザーを持っていかれてしまったらとちょっと見ていてヒヤヒヤしましたが、
ティエリアの言葉が沙慈をストップさせましたね。
沙慈君の気持ちはわかるものの、とにかくここは踏ん張った事を褒めたいです。


そんな沙慈の思いとは裏腹に出発するトレミー
スメラギの命令を聞きながら涙を流す沙慈君を見るのが辛かったです。


しかし、いったん狂ってしまった歯車。
いつになったら再び噛み合うようになるんでしょうか。
そして早く刹那の言った意味を沙慈君にわかって貰いたいです。

ルイスが恨むべき相手は別なのだという事も。
しかし、これをきっかけにアンドレイはルイスに迫るのかと思っちゃいました(笑)




Cパート


空に待機するカタロンの部隊
メメントモリを2つの艦隊による時間差攻撃で撃ち落す予定だった
しかし、メメントモリに動きが!
砲身が上向きになり、第二艦隊に向けて発射☆
あっという間に半数が消えた


圧倒的なイノベータの力と非道なやり方
目撃したCBの乗組員達は怒りをあらわにする




下だけでなく上向きにも自由に発射する方向を変えられるメメントモリ
とにかくこれを破壊しなくては先に進めない
次回は「メメントモリ攻略」
上手く破壊できると良いのですが






機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン OP2 「泪のムコウ」 ステレオポニー 期間生産限定ガンダ...

※ もう2ndシーズンの第二弾OPが決まってるんですね!
現在、彼女らは「ブリーチ」のED曲を歌っていますが、ガンダムではどんな感じになるのやら
さわりだけ聞きましたが・・・( ̄~ ̄;)うーん??
雰囲気はルイスとマリーのイメージ・・・???


 【予約】 専用バインダー付き 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1






Last updated  2008.12.22 10:16:51
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.