5895778 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

冷凍保存の食材で茶… 春乃もも太さん

制作中です シュージローさん

「あさひなぐ」33巻… らいち♪♪さん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん
Mama's Diary ぽたママさん

Category

2009.03.04
XML
カテゴリ:夏目友人帳
続 夏目友人帳 第9話「桜並木の彼」




偶然手に入れた一枚の絵
その日から朝起きると夏目の周りに花びらが

その花びらに籠められた巳弥の想いは






公式HPより


冬枯れの桜並木が描かれた絵を手にした日から、目覚めると部屋中が花びらで満たされるようになった。
妖の仕業なのか――正体をつきとめようとする夏目とニャンコ先生の前に姿を現したのは、不気味な面をつけた妖「巳弥」だった。
名のある妖が描いたというその絵に描かれた小さな人影、それはかつて巳弥と友人だったのだという。
巳弥に絵を返そうとする夏目だったが、何故かその絵は壁から外れなくなっていた・・・








3人分のグラタン皿を求めにフリーマーケットにやってきた夏目
声を掛けられふと見ると目の前には隣の招き猫と一緒にちょこんと座っているニャンコ先生(笑)
自分の分のグラタン皿が無いと怒りの頭突き☆

倒れたその時、ザザーーーッという音と共に感じる気配
確かめようと目を凝らすとその先には1枚の絵が

枝ばかりの寂しい絵ながら目が離せない夏目
そして店の者に譲って貰い家に持ち帰り部屋に飾った


「飾るのか?枝ばかりのツマラン絵だなぁ~」


「そうか?結構綺麗だと思うけどなぁ」


「えーーーーだ」


!Σ( ̄ロ ̄lll)ゲッ  ニャンコ先生・・・オヤジギャグっすか?
和彦さんのオヤジギャグは許せますが、まさか貴方様までとは _(_”_;)_バタッ



しかし、その日から何故か朝目覚めると花びらがばら撒かれるようになってしまう
そして妖怪の仕業も考えられるので、ある日犯人を調べようと夜中起きて待っている夏目と手に網を持つニャンコ先生・・・(笑)


「フェアリーの仕業かもしれんだろ?」

ええーーーー?ニャンコ先生の口からこんなラブリー発言が聞けるなんて(笑)
しかも捕まえる?その網で?まっさかーーーっ!!!(≧m≦)ぷっ!


「いないぞ、そんな非科学的なもの」

いやいや、そのアンタの目の前にいる生き物だって立派に非科学的なものなんじゃ?(笑)



待ち構えていると天井の一部が動き、そこから花びらが
そして薄気味悪い仮面を付けた妖が顔を覗かせた
すかさず頭突きで落とすニャンコ先生


「私の縄張りに入るとは不愉快なヤツめ!」

食ってやる!と妖に噛み付いたニャンコ先生だったが、夏目にパンチされてしまう
確かに珍しく用心棒らしい行動ではあったけどね・・・
食いつかなくたって・・・(苦笑)





妖の名は巳弥
花びらはイタズラでもなければ夏目の為でもなく、絵の中にいる八坂様の為だと話す巳弥

言われてよく見てみると木の陰から男性の姿が出てきたのだ!


返してもらうぞ!と外そうとするが何故か壁から外れない絵
そして外れるまでと毎日やってくるようになってしまった巳弥




八坂とはかつて巳弥のお喋りする友達だったのだ
桜の満開の時期なのに花も見ないで本ばかり読んでいる八坂
しかしそれは身体が弱いのに名家の跡取りで、自由になる時間がほとんどない
それで桜の木の下で本を読んでいたらしい
桜も書物も大事だが、巳弥と話すのも楽しそうだと自分の姿を見せず腕だけ見せる巳弥に話す八坂


それからいろんなたわいも無い話をし続けた巳弥と八坂
しかし、そのうち自分が妖である事を気付かれたくないと考えるようになり花びらが散るようになると姿を隠してしまう巳弥
だから2人が会って話をするのは春の桜の咲いている期間だけ


「巳弥、私はいつか自由になれたら気ままに旅をしてみたいんです
いろんな地の美しい花々を見て回れたらきっと素敵でしょう
巳弥、何故だろう?貴女には聞いて貰いたい事がイッパイあるんです」


しかしある時からパタリとやって来なくなってしまった八坂
待てども待てども
それから巳弥は彼を探し回った
何処を探していいのかもわからないまま駆けずり回った
そして見つけたのが夏目が手に入れたあの絵
あの絵は名のある妖が描いた絵。その中に八坂を発見したのだ
人の世が疎ましくなって絵の中に逃げ込んでしまったのだろうと巳弥は話す

そしてそれ以来、巳弥は彼を慰める為その絵を持ってあちこち旅して回っていたのだった
彼の心が癒えたら絵の中から出てきてくれるだろうと
そしてまた彼と語らうのだと言って微笑む巳弥


そして毎日花を持ってやってくる巳弥  毎日毎日毎日・・・
しかしそれはただの絵
決して八坂が戻ってくる筈はないのに



そして何故か原因不明で夏目の体調が崩れ始める
すると通りかかった妖・春地蔵
吉凶を占ってくれる妖だという


「おまえ様に不吉な影が絡み付いておりまする
おまえ様の屍から木が生えているのが見えまする」



それだけ言って消えてしまう春地蔵
慌てて大声を出した夏目に買い物帰り(?)の塔子が心配そうに声を掛ける
「どうしたの?」という質問に答えられない夏目

巳弥の言っていた「妖だと気付かれるのが恐くなった」という言葉を思い出し、自分も同じだと思う夏目



そして家に戻ってみると絵から枝が生えている事に気付きます。
どうやら夏目の力を吸い取っていたのだ
それが咳の原因だったのだ
そして更に枝を伸ばして夏目の力を吸い取ろうとしている絵

斑に変化し今すぐ食い破ってやる!と絵に飛び掛ろうとする斑
しかし、巳弥の為に夏目が間に入り絵を守ってしまいます。
斑にぶつかられた衝撃で気を失ってしまう夏目


夢を見る夏目


桜の舞い散る中で巳弥に話しかける八坂

「巳弥、私はいつか自由になれたら気ままに旅をしてみたいんです
でも1人ではきっと味気ない。その時は一緒に行きませんか?

やぁ!今年も会いにきてくれたんですね。今日は何の話をしましょうか」



たわいないけれど1つ1つが大事な会話


そして気付くと傍らに巳弥が

「すまない、すまない夏目
私が長く持ち歩いてしまった為、この絵も妖力を持ってしまったようだ」



根を張り巡らし、壁から外す事も叶わない
そして夏目の命も危ういから燃やすと言う巳弥
反対する夏目
この絵と旅をするのは八坂と共にあるようで楽しかったと語る巳弥
でももういいのだと
ただ、心残りなのは異形の者だというのを隠さず目を合わせて語り合えばよかったという後悔


そんな巳弥に大事な人に知られたくない、恐いという気持ちは自分も同じだと
そしてこの絵の中の人物は間違いなく八坂で、花の無いこの季節に巳弥が来ないと知りつつも、それでも巳弥の姿を探している八坂の姿なのだと
だから巳弥に絵は残してやりたいとニャンコ先生に頼む夏目
何か別の方法を考えようと提案するも見つからず、その間もどんどん力を吸い取られて壁の根と枝は広がるばかり
とうとう寝込んでしまった夏目のもとにやってきた巳弥
そしてやはの絵を焼くと決めたと言う巳弥

でも、その前にこの絵を桜で満開にしたいと

そして3人で絵の具で花びらを描き込んでいく
出来上がる満開の桜の絵


「巳弥、八坂様はね・・・」


「ありがとう夏目、おやすみ」


遠退く意識の中で聞こえた巳弥の言葉
そして絵の中のイメージ

満開の桜の中で互いに腕を伸ばしあい
巳弥の顔を覆っていた仮面も外れ本当の自分の顔で会う巳弥
やっと顔をあわせられた幸せを満面に浮かべ抱きしめあう巳弥と八坂


そして気付くと絵から伸びていた根も枝も消えていて
絵の中に八坂の姿も無くすんなり絵も外せた
そしてその日以来巳弥は訪ねてこなくなった


「いつしかこの絵にはあの人の心が宿ったのかもしれないね
この絵が俺の力を吸い取って枝を伸ばしたのはもう一度君に会うために花を咲かせたかったのかも
あの2人はまだ満開の桜に埋まっているのだろうか
それとも絵から解放されて2人仲良く旅に出ただろうか?」



塔子に呼ばれて手を振り返しながら夏目は思う
巳弥は八坂に本当の事を話せただろうかと
しかしニャンコ先生に聞き返されて何でもないと答えてしまう



『さようなら、巳弥』




本当に二期になってからの夏目は塔子や友人達に妖が見える自分を偽っている事を考えるお話がとても多くなっていますね
自分の全てをさらけ出し、そして受け入れて貰えて真の夏目の幸せはある

しかし、もし拒絶されてしまったら・・・

それはとても恐い事

そして実は誰しも持っている恐怖なんじゃないでしょうか



そして同じように拒絶されたくなくて本当の自分を八坂にさらけ出せなくなってしまった巳弥の話
彼女は八坂と再会を果たし、はたして本当の事を話せたのでしょうか?
しかし、毎回腕だけ見せる巳弥に驚きも訝しがる事もなく嬉しそうに話しかけていた時点で八坂は巳弥が何者であったとしても受け入れてくれていた気がするのですが

でも、そういう気持ちは口にして貰わないと相手には伝わらない
だから巳弥にとって長い時であっても自分の正直な気持ちを見つめ直す時が必要だったのかもしれませんね

絵の中で幸せそうに抱き合う2人の笑顔にじんわりホロリとしてしまったとてもイイお話でした。



フリマでのニャンコ先生、私がお買い上げしたかったですっ!




今回のゲスト声優さんは巳弥役に杉本ゆうさん。八坂役に野島健児さん
そして春地蔵に太田哲治さんでした


特に太田さんは声を少し加工してあったんでしょうか?
エンディングでお名前を見つけるまで全く気付きませんでした!

八坂のノジケンさんは本当にピッタリで!
優しそうな笑顔にノジケンボイスはマジに聞き惚れましたハート(手書き)

杉本さんは正直驚きでしたよ!
ハム太郎のまいど君とか、テニプリの金太郎君とか関西弁でガンガン喋るイメージの強い方
今回の様なしっとりした焼くの声を聞くのが初めてだったので、新しい発見をした気分でした♪






 続 夏目友人帳 音楽集 いとうるわしきもの


 「夏目友人帳」 トレーディングカード 【陰】BOX






Last updated  2009.03.04 14:01:36
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.