5503804 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

「進撃の巨人」29巻… らいち♪♪さん

炎天下のゴルフがヤ… 春乃もも太さん

未就園児のおはなし… ふかちゃん0118さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2009.04.27
XML
花咲ける青少年 第4話「長き夜の明ける日」


ユージィンを追って屋敷まで乗り込んできた花鹿
ところがユージィンは声を荒げて花鹿を追い返そうとするのだった・・・





公式HPより



ユージィンの二十歳の誕生日を家族で祝う日に、ヴォルカン邸を訪れた花鹿。突然の訪問に、ユージィンは声を荒げて「帰れ」と言い放つ。その尋常でない様子に、花鹿が不安を募らせていると、屋敷の執事からユージィンの魂を救って欲しいと頼まれるのだった。
別室で待機する花鹿たち。そしてパーティーが始まると、ユージィンは周囲が隠してきた自身の忌まわしき出生の秘密を知っていた事を明かし、父に自分を殺すよう銃を差し出す








4話目にして早くも強引に慣れさせられてしまった気がします(苦笑)
でも、前回よりは幾分マシ?
気のせい???(笑)


ただ、花鹿ちゃん、私は横顔の彼女は好きなんですが、どうにも正面の顔が好きになれないのですよねぇ
髪の感じとか


あ!慣れたといっても相変わらず立人に関してはバツですNG
なんであんなに幼い風貌なの?

ううむ・・・それとやっぱり服が・・・ダサっっ!






さて、今回はユージィンがどうしてあんな顔をし、まるですぐにでも死んでしまうような事を言うのか?
彼の出生の秘密がわかった回でした。




そもそもはユージィンの祖母、つまりユージィン父の母親が自分にソックリな弟を溺愛していた事から事は始まります。
金遣いは荒く、いつもはらわたが煮えくり返る様な事ばかり言っていた弟。
そんな弟が植物人間になってしまい、母親はまるでこの世の終わりの如く嘆き悲しむ

まだ自分という息子がいるというのに・・・
ただ自分の顔と似ていないというだけで


それから密かに弟の精子を保存し、母によく似た母方の親戚の娘(ユージィンの母)と結婚してユージィンが生まれたのだ。



つまり、ユージィンはその父親の実の子ではなかった


自分を顧みない母親と弟への恨みからユージィンは生まれたのだ

そしてその母は20歳になる前日に窓から身を投げて自殺してしまった




その事を幼い頃に亡くなった母の日記で偶然知ってしまったユージィン
だからこそ自分の誕生日に拘っていたのだ
そして自分も20歳にならずに死ぬと

引き金を引いてくれと父に頼むユージィン


しかし、ユージィンの母もユージィンも愛していたと涙を流し告白する父を見て、自分も愛していると涙を流して部屋を飛び出してしまうユージィン



予め執事からユージィンから目を離さないで欲しいと言われていた花鹿は落としていったピストルを手にとってユージィンを追いかける


そしてユージィンが映ってる鏡を打ち抜き、「これで死にたがっていたユージィンは死んだ」と「お誕生日おめでとう」と言われて花鹿にすがり付いて泣くユージィン



これはかなりショッキングな内容でしたね。
しかし、ユージィンのおばあちゃんの自分の顔にソックリな子だけ大好き!ってのは凄いな
ユージィン父は弟と同じ位愛して欲しかっただけなのにね。
それにしても植物人間の弟の精子をどうやって採取したんだか?(≧m≦)ぷっ!




そしてそのまま一晩一緒のベッドで過ごしてしまったらしい花鹿とユージィン
着衣の乱れが無い事から何も無かったのは明白ですが、
案の定、寅ノ助からお説教されてしまいます。

でも本人はなんでそんなに怒ってるのかサッパリわかっていない様子(苦笑)


ユージィン父に呼ばれ、感謝される花鹿
でも、そもそもとっくにユージィンは許していたのだと
その言葉に癒されていくユージィン父



さて、花鹿を迎えに来た立人も到着
花鹿の目的は達成されたが、立人が聞きたかったのはそこじゃない!

花鹿の答えは好きだと
一緒に寝たが、彼がますますムスターファだと確信したと
安心して眠れたと
屈託なくサラリとすごい事を言う花鹿にサボテンを落としてしまう立人



しかしドキドキはしないと言う花鹿
どうもユージィンに対する気持ちはムスターファを越えるものではなかったようだ。

そこへハウスに入ってくるユージィン
なんとなーく挑戦的な言動にまたもやカチーンときている立人


花鹿がどうして彼をムスターファと言うのかわからなかった立人だったが、ユージィンがハウスを出る際にした行動が、昔よくムスターファにされた事とよく似ていたのに気付いた立人


「まさか・・」という顔になるが






まぁ、今回はユージィンの秘密編という事で丸々30分使って描かれていました。
やっぱり花鹿という少女の考える事はイマイチわかんないままでしたが(^^ゞ


何故ユージィンは感情が見えない人なのか?
どうして人生を捨ててるような物言いや人との付き合い方をする人なんだろう?と思っていましたが、今回ので彼の中の大きな闇がよくわかりましたね。
望まれて生まれてきたのではないとわかった時の言い尽くせないショック
母親が書き残した日記も彼から表情を奪ってしまった原因の1つだったんじゃないかと。



個人的には鉄砲一発で解き放たれてしまうシーンが安直に見えなくもなかったんですが、
とにかく彼の穏やかな微笑で良しとしましょう。


ユージィンもパパもやっと呪縛から解き放たれたようでいい顔をしていましたよね。
2人の兄も今回の事で兄弟仲良くなるといいですが



さて、次回は新章突入という事で立人の過去について語られるみたいで。
そして新たな婿候補のルマティが登場です!
そしてルマティが出るという事は彼の侍従のクインザも出てくるのでしょう!

浪川さんと子安さんといっぺんに出てきてこれまた耳には美味しいお話になりそうです。
楽しみです♪








 花咲ける青少年オリジナル・サウンドトラック


 J-Min/CHANGE/One






Last updated  2009.04.27 14:58:49
コメント(0) | コメントを書く
[少女漫画&女性向け漫画原作アニメ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.