000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

2月の桜 New! 春乃もも太さん

別冊少年マガジン3… らいち♪♪さん

制作中です シュージローさん

​「舞台刀剣乱舞 維… おぼろ.さん

未就園児のおはなし… ふかちゃん0118さん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん

Category

2009.08.18
XML
カテゴリ:07-GHOST
07-GHOST 第20話「ふたりで捧げるレクイエム」




ヴァルスに包まれてしまったテイト
ハクレンと共にクロユリに捉えられてしまうが・・・



「俺は何が大切かわかっている それは瞳じゃねえ!」








とにかく今回は抱きしめるシーンがなんと多かった事よ目がハート






心に隙が出来てしまった為に敵の手に堕ちてしまったテイト
テイトを助けようとしたハクレンと共にクロユリ達の所に連れて行かれてしまう。
ハクレンの呼びかけにも応えない


「俺たちには大事な絆があるんだ!おまえらとは違う!」


ハクレンの言葉に怒りを露にするクロユリ
そしてハルセの一撃で気を失ってしまうハクレン



しかし、途中で意識が戻り背後からザイフォンを撃ち込み、その衝撃で落ちたテイトを追う。
しっかりとテイトを抱き込み下へ下へと落ちていったハクレンだったが、寸でのところでフラウが2人を救出する


「テイトぉぉぉーーー!」

hakuren2.JPG

このハクレン、美しい~~~♪



「よくやったー!ハクレン」


2人を助けるとテイトに聖水をかけるフラウ
すると元のテイトへ


「聞け!テイト
ミカエルの瞳にヴァルスが入っている
瞳を出せ!俺が切ってやる」



しかし、そこでテイトの意識からミカエルの意識へと入れ替わり拒否をする
誰も自分を壊す事は出来ないと。

それだけではなくテイト達の前にアヤナミを乗せた飛行艇が!!!


アヤナミの姿を中に見たテイトは恨みの心に意識を奪われる


「殺す!殺してやる!!」



前方にはアヤナミ
後方にはクロユリ


「もう逃がさないよぉーーっ!」


ホークザイルを壊されるもテイトはそのままクロユリの方へ飛び移る
すると突然ミカエルの瞳が暴走し始める
その攻撃で落ちてしまうクロユリ
背後からヴァルスでテイトの首を絞めるハルセ


「クロユリ様によくもっ!」


haruse.JPG


従者の鏡っきらきら



ああ!またも一瞬だけコナツぅ~~~(笑)
だいさくさん!次回こそ!~しょんぼり



自分はアヤナミに用があるのであって他の者には用がないからと必死に頼むテイトだったが、ハルセにとってクロユリとアヤナミは特別な存在。
アヤナミを殺るというテイトを放すわけがなかった


「アヤナミ様の為ならばこの命惜しくはないっ!」


クロユリはハルセの身体を心配してテイトを離すよう叫ぶ。
そしてクロユリの心配どおり、もう自力では戦えなくなっていたハルセ
だからこそ、このままテイトと一体になって帝国軍に連れて行くと


全てを受け入れたハルセの微笑とクロユリの絶叫



「やられてたまるかー!」


必死に逃げ出そうとするテイトにミカエルの瞳が話しかける


「我が主よ、このままでは貴方の心が死んでしまう
貴方の身体から離れよう」


ヴァルスに包まれテイトがグッタリとした次の瞬間意識がミカエルと入れ替わる


「おまえなどに主は渡さぬ
大天使ミカエルの名において命ずる
汝、天空の戒めを解き放ち古の眠りから覚めよ」



するとテイトの周りを凄まじい光が包み、その光の回りにザイフォンが
それ力はテイトを掴んでいたハルセを飛ばしてしまう程の威力

そしてミカエルの瞳はテイトから離れていく


「なんなんだ?これ 俺の力・・なのか?」


「主よ、貴方の内には更なる力が眠っている
どうか記憶を貴方のいとおしい記憶を思い出して!」



ミカエルの言葉と共に更なる記憶が蘇るテイト
テイトの傍には常にファーザーの存在が

は、羽の生えた猫ですか?びっくり 可愛いんですけど?
ファーザーのもと、ミカエルの瞳を自在に扱っているテイト
血まみれのテイト そして彼の前に立つ男(これは・・・誰?)



光る玉と包むザイフォンがどんどん広がっていく


「全艦退避」

珍しい焦るアヤたん

しかし時遅く、ミカエルの瞳の攻撃が始まり帝国側は大ダメージを


そしてそんな様子を見て何が起こっているのかがわからないテイト
そんなテイトの前に落ちていく見返るの瞳
必死に掴もうとするテイト

落下していくテイトを助けようとするフラウと邪魔をするヒュウガとの一騎打ち


「アヤたんが君の大切なものぜーんぶ奪うってさ」

必死なフラウと常に笑顔のヒュウガの対比がなんともです。
しかし、さすが!常にアヤたんの傍に控えているだけあってフラウと互角です



あともう少しでミカエルの瞳を掴めると思ったその時!

突っ込んできたフラウとヒュウガ


迷う事なくフラウはテイトを
ヒュウガはミカエルの瞳を


teito&furau.JPG hyuga2.JPG



ヒュウガは命令だろうから当然として、フラウの躊躇無い行動に萌えハート(手書き)
ってかなんでこんな色っぺぇー攫い方?(〃∇〃) てれっ☆
フツー、こんな風に攫わないだろう!大笑いアハハッ


そしてとどめがこれだっ!!!


furau&teito5.JPG


キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

しかも台詞が


「俺は何が大切かわかっている それは瞳じゃねえ!」


告ってるわぁぁーーー!告ってるわよぉーーー!!ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ
抱きしめてテイトが大切って・・・・・_(_”_;)_バタッハート(手書き)


『瞳は手に入れたか・・・』

アヤたんは瞳を手に入れてご満悦
(いや、テイトをおびき出すアイテムを手に入れたというところか?/腐)



しかし、そんなアヤたんの前に迂回の警告を出す者が
アヤたんを素直に従わせてしまうそれはラブちゃん!


『次に会う時は貴様を頂くぞ!テイト・クライン』


敵討ちをするつもりが逃がしたばかりか瞳まで奪われてしまった事実に打ちひしがれてしまうテイトだったが、そんなテイトをハクレンはテイトが無事でよかったとみんなもそう思っていると抱きしめる


ミカエルの瞳の力は凄まじかった
それはまだテイト自身も分かっていないテイトの内なる力
するとテイトにしか聞こえない歌が聞こえてくる
テイトから離れる直前に瞳がテイトに残した言葉
蘇ってくるテイトの過去の記憶


「行きましょう、ゼーレの地へ」



これからの行く末を心配するカストルとラブラドール


「テイト君はもう進むべき道に気付いているよ」





助けてくれた礼を言うテイトに瞳も守れればよかったんだがと言うフラウ
でも、瞳が自分から離れたのは自分に覚悟や器が足りないから離れたんだとフラウのせいじゃないと言うテイト


「気休めにしかならねえと思うが、瞳は主無しには何の力も持たねえ
力をつけて取り戻せばいい。瞳は昔からおまえを主と選んでいるんだ」
と元気付けてくれる

その言葉にハッとして思い出した事を知らせるテイト
小さい時は自分でミカエルの力を使いこなしていた事
ファーザーと旅をしていた事
そして改めて瞳を記憶を全て取り戻すと決心する

「おまえは失ってばかりじゃねえ」


そう言ってくれるフラウが失ってしまったバスティンの為にフラウの背にもたれかかってラグスのレクイエムを歌うテイト

(テイト可愛いっ)




さて、そのラブが持つ苗木は世界一長寿といわれている木
そしてその苗木が放つ魂の色・・・バスティンのモノだった

苗木に宿ったバスティンの魂
それはフラウの手によって中庭の木々が生い茂る一番日当たりのいい場所へと植えられたのだった。


もう人間には転生は出来ないけれど、これでずっとフラウを見守っていけますね。




試験日当日
テイトの服装もハクレンと同じ全身白のものへと変わりました。

「似合ってるぜ!その服」


そう言ってくれるフラウに


「ミカゲを忘れたわけじゃない
でも、今からダチと一緒に試験受けてくるから」


テイトの言葉に頬を赤らめるハクレン

おいおいっ!乙女のようじゃないですか (* ̄m ̄) ププッ


「ありがとう!いってくる」


瞳を失った事で逆に得たものを強く認識し、これからの進むべき道を見つけ、第一関門に立ち向かおうとするテイトに

furau&teito6.JPG


「おまえ達に神のご加護を」




試験場へと向う、いやに占いを気にする変な男
そのラッキーアイテムを思い切り踏んづけてしまったテイト
謝るもふふふふふと笑うその男


「面白い!覚えておきなさ~~~い」と口調がなんかオカマさんっぽい?


そして試験会場
そこにあの男はいた

「私が司教試験官最高責任者、ランセ司教である」


おお!遠近さんキましたー!!!







今回はとにかく戦いが半端なかったですね!
テイトの力が帝国の軍を飲み込んでいく様やテイトを中心に奪い去ろうとする者と取り戻そうとする者と
容赦ない描写が迫力満点でよかったです。

そして何気に大モテ状態のテイト
やっぱりアヤたんも瞳とテイトとセットで欲しかったみたいで(ミロクに命令されてますしね)

また、フラウの言葉どおりなら瞳だけだと力は発揮されないみたいですし、瞳が奪われた=世界がアヤたんの手にという図式にはならないみたいですね。

そしてラストに出てきたランセ司教
大丈夫かな~?テイト かなり恨まれてるみたいだけど・・・




しかし、本当にこの数回はフラウとハルセに萌えまくりですっ目がハート






 『07-GHOST』Kapitel.01(初回生産限定)






Last updated  2009.08.23 02:59:00
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.