5117912 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Wishlist

Favorite Blog

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

いきなり!ステーキ… 春乃もも太さん

劇場版 名探偵コナ… ふみ1202さん

鳥羽水族館 ふかちゃん0118さん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2009.12.11
XML
空中ブランコ 第9話「天才子役」



今回は、個人的にちょっと楽しみにしていた羽多野さんのターンです




公式HPより




「ヒロちゃんスマイル」で一世を風靡した天才子役、安川ヒロミは28歳となった今も子役時代のイメージを守り続けようとしていた。

テレビ撮影中はどんなシーンでもスマイル!で、それが仇となって仕事を失う羽目になっても笑みを絶やさない。

ヒロミのマネージャー、厚子はその空気を読まない病的な笑顔に耐えかね、無理やりヒロミを伊良部のもとに連れて行くが、伊良部はヒロミの事そっちのけで厚子の事を口説こうとする






正直、羽多野さんには申し訳ないんですが、ラストの次回の患者役のオッキーに全て持って行かれそうになりました(^^ゞ




安川ヒロミ


元天才子役

症状:自己愛性パーソナリティ障害




ピンとこない名前だったのでちょっと調べてみましたら、自己愛性人格障害ともいうそうですね

ウィキでの説明はコチラ





チンピラ学生同士によるにらみ合いという緊迫したシーン
なのに、中にニヤッと笑っている人物が1人
当然


「ダメだコイツ、笑ってやがる
バカヤロー!カーーット!」


やり直しさせてもやっぱり本番になるとニヤッ
結局、笑っている口元を隠す為に顎から下しか映して貰えなかった
そしてその件でマネージャーの厚子が謝っている最中もずっと笑い続けていた安川


そして厚子に伴われてやってきたのが伊良部総合病院


ずっと笑っている安川に「大変なんだね」と声をかける伊良部


「俳優はイメージが命なんでしかたがないですよ」


こんな時にすら?


そして毎度のビタミン注射
痛くて悲鳴を上げてるのにそれでも微笑む安川に

「痛いの好きなんだ・・・」 ヾ(ーー ) オイッ


注射後の彼の姿はオットセイ


それにしても、そんな安川には全くお構いなしに厚子を口説いている伊良部


「ま、あんまりイメージとか考えずに気楽に考える事だよ」

「俳優はそういうわけにはいかないんですって!」

家に帰って台本覚えなくっちゃと言って鏡を覗き込む安川の顔はオットセイ
それを見てニヤニヤっとする伊良部



そんな風にイメージを大事にしている割に、自宅は安っぽいアパートな上に敷きっ放しの布団に乱雑な部屋のありさま
そしてやっと人の目から解放された空間の筈なのに、鏡で自分のイメージチェックをし、
髭が伸びかけているのを見つけると、これから仕事でもないのに髭を剃り始める安川


「髭が伸びた安川ヒロミは例え先生といえども見せられません!」


でも、部屋はグチャグチャなのにねぇ~そっちはいいんだね(^^ゞ


子供向けの番組のビデオ
たくさんのトロフィー
そして小さかった頃の安川の写真


「ヒロちゃんスマ~イルっ♪」


ヒロちゃんと言われて思い出す、かつて大騒ぎされた子役のヒロちゃんを


「笑顔に免じて許してね♪」


その言葉が彼の名台詞?

一億人の笑顔とかつて言われたヒロちゃんスマイル
彼はどうやらこの時のイメージを今でもずっと大事にしているみたいですね。
どうしてもどんな時でも笑顔になってしまうのはこの辺りが原因っぽい?


「ふーん、見ない間にずいぶん大きくなったんだね。
それで?今は何をやってるの?」



「ヒロちゃんは今でも健在でーす♪」



テレビ局の楽屋
オーディションを受けてみないかと厚子に言われて、プライドも手伝って受けたくないと言う安川


作品は第3話で出てきた星山の作品
そして準主役のオーディションだった

そして監督はかつて一緒に仕事をした人
きっと安川の魅力を引き出してくれる上に濡れ場があると厚子は必死に頼むが・・・
あのヒロちゃんが濡れ場?
そんなイメージと違う事は出来ないと突っぱねる


そしてそのまま出た番組は、「あの人は今」とよくある過去に一世を風靡したけど、今はあまり出てこなくなっちゃった人を引っ張りだしてくる番組

しかし、誰も彼の顔を見てあのヒロちゃんだと思い出してくれる人はいない
そして司会者をはじめとしてかなり酷い事を言われ続けてしまう安川
それだけでなく、カンペには「キレろ!」という指示が

しかし、イメージを大事にする彼がキレられるわけが無かった


こんな仕事を取ってきてイメージぶち壊しだと厚子を詰る安川
しかし、逆に厚子にキレられてしまう


「だったらヘラヘラ笑ってないでキレてくれればよかったでしょ!
どれだけ苦労してこの仕事取ってきたと思ってるんですか?
これでわかったでしょ?誰もヒロミさんのイメージなんて気にしていないって」



そこまでズバリ言われてしまい、担当を下すと言った安川だったが、
厚子は今までずっと安川に内緒にしていた事を話す


「ヒロミさん!今月いっぱいで事務所解雇されるんですよ!」


そんな事を言われたそんな時ですらつい笑ってしまう安川
しかし、それを指摘されて厚子がいなくなるとね本当の感情がやっと表に出てくる安川



自室で布団にくるまって泣いている安川
厚子の言う事を薄々理解している彼に今までのイメージを捨ててみろと助言する伊良部
伊良部に手渡されたのは例のオーディションの用紙




そしてオーディション当日、健吾を連れた厚子は安川の姿を見つける
礼を言う厚子の方を向いた安川の微笑みは思わず厚子も見惚れるキラキラきらきらな微笑み

そのオーディションを受ける前、安川は伊良部のもとに訪れていた
人前でつい笑ってしまわないようにする為に
すると再び注射を打たれてしまう
その事で痛みで笑顔が消える事がわかった安川は服で隠れる位置・・・胸に洗濯バサミを挟むという荒技に出る


そんな思いまでして参加した安川の前にオーディションを受けに来た伊良部が現れる

安川の順番になる
監督の前に出ていくと、気付いて貰えて嬉しそうに挨拶する
しかし、今出ている作品ではどんな役で出ているのか?と聞かれ言葉に詰まってしまう
それをアッサリとバラしてしまったのは伊良部

すると失笑する一同
自分のイメージが崩れてしまうと混乱する安川


「イメージなんて自分だけの鏡」


自分しか見えない
自分だけの虚像



確かに今映っているのは自分の姿だけ
今まで必死に守ってきたイメージなんて最初から無いと伊良部に言われ、泣き崩れながら思い出す自分の姿は・・・



「僕はヒロちゃんだーーーっ!!!」


自分を偽っていた洗濯バサミを服ごと引きちぎった後、あの幼い頃流行らせたお得意のポーズで


「笑顔に免じて許してねっ♪
も1つおまけに許してね♪」



一瞬シーンと静まり返った会場。しかし次の瞬間大爆笑が沸き起こる
あの厚子ですら笑ってしまう



その後の安川は・・・バラエティ界で人気者になっていた


「許す!許す!いくつでも許しちゃう!」







よく、固定したイメージが付かないようにと足掻く俳優さんとか女優さんの話は聞きますが、今回の安川は子供の頃についたイメージをひたすら守ろうとしていた人でした。
アイドルの人と近い感じなんでしょうか?

結局は常に素顔でいてイイ居場所を見つけてハッピーエンドという感じでしたね!

安川は無理に自己愛性パーソナリティ障害を克服するのではなく、そのままのイメージのままいられる場所に身を置く事で解消していった気がします。


この作品においては、一応キャラ像は担当される声優さんに似た雰囲気になっているようですが、今までの中で羽多野さんのキャラ絵が一番ご自身のお顔と似ていた気がしました。
また、今回いろんなパターンのお顔を見せて下さった羽多野さん
ネットラジオの方で撮影における裏話を聞いているせいか、見ていて「頑張ったんだろうなぁ~」と感心しながら見入ってしまいました。


それとマユミちゃんのお注射シーンの色気が上がってきてるわS度は上がってるわでドキドキしちゃいました大笑い


今回も脇が豪華でございました


厚子は折笠富美子さん
映画監督は亀宝克寿さん
ドラマの演出家に楠大典さん
祥に鶴岡聡さん
あと、さ○まさん似の司会者は原口あきまささんでした




さて、残すところあと2回になりましたね~

次回はいよいよオッキーのターン
題は「オーナー」
かなり見た目はやり手そう。でも、症状はパニック障害
どんなお話になりますやら。

それにしても、ラストのオッキーの顔、一瞬、織田○二さんのモノマネをするあの方に見えてしまいました(^^ゞ




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 DVD 空中ブランコ 第1巻 初回限定生産版[角川エンタテインメント]《予約商品01月発売》


 Upside Down(初回限定CD+DVD)






Last updated  2009.12.11 13:09:53
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ(原作:小説&ゲーム&その他)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.