5676289 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

書店での絵本の読み… New! ふかちゃん0118さん

黒執事 GF2月号・… New! らいち♪♪さん

野菜たっぷりラーメ… 春乃もも太さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2010.02.25
XML
榎田尤利:原作 円陣闇丸:絵
「きみがいるなら世界の果てでも」 
リブレ出版






【キャスト】


東海林:小西克幸
二木:福山 潤
甘利:三木眞一郎
椎名:吉野裕行
藤野:立花慎之介
黒田:黒田崇矢
野迫川:平川大輔





「俺のせいで東海林がダメになっちゃう!?」

ルコちゃんという愛称で人気上昇中のマンガ家・二木は、恋人同士となった今も変わらず、いっさいの面倒を東海林に見てもらっていた。
お互いそれで良いと思っていたはずの関係だったが、次々と東海林にアクシデントが起きる。
さらに高校時代、二木の世話を焼いていた男・甘利が現われ……。
きみがいなけりゃ息もできない――そんな二人の行き着く先は?
大人気vマンガ家シリーズ!







前作、「きみがいなけりゃ息もできない」
原作の感想はコチラ
CDの感想はコチラ

全サCD「きみがいなけりゃ陽も昇らない」の感想はコチラ





ずいぶんお久しぶりな気がするルコちゃんシリーズ続編CD
間に全サはありましたが、届くのをとにかく心待ちにしていました!

今回私は、小冊子目当てで高い送料を気にしつつもリプレさんで通販☆


その小冊子ですが・・・
内容はイタリアに行く直前ですね。
お互い頑張って捻出した休みを利用しての温泉旅行

温泉に浸かって泳いで(それはダメだろう)
美味しいもの食べて
夜は東海林といちゃいちゃハート(手書き)というベッタベタなプランを立ててるルコちゃんの相変わらずの東海林ラブっぷりに、東海林のみならずこちらまでやに下がってしまいそうに(笑)

それよりも、私としては翌朝雪景色を眺めている2人の様子と目で写真を撮るというルコちゃんの言葉がすごく印象に残りました♪




さて本編ですが・・・
前回は友人以上恋人未満な雰囲気の2人が紆余曲折あって結ばれるまで。

そういう意味では今回は甘甘・・・といきたいとこですが、下手すると個人的にはこっちの方が読んでいて辛かったかも

この原作、実はコミコミさんに予約すると小冊子が付くというのに間に合わなくて、他の方よりかなり遅くなってからゲットしたといういわく作品。
小冊子はお友達のおかげで読ませて頂きましたが。

それでも読んでから時間が経っているせいかかなり忘れてました。
今回CDのおかげで内容を思い出したので、暇を見つけて読み直したいと思います。



内容ですが・・・


不運その1 甘甘だった生活の筈だったが、風呂場ですっ転びそうになった二木を助けようとした東海林が肩と首に怪我をした


不運その2 海に連れて行ってやると言われて楽しみにしていた二木だったが、ダメになる

その際、ゴネる二木に厳しく諭す担当の佐伯と二木のファンの茜
しかもその時、東海林が興味ある仕事にとってとても有益である人との出会いを邪魔している

不運その3 愚痴る二木に同業者のリツがそのままだと東海林さんがダメになると説教する

自立した大人になろうとまずは部屋の片づけをする二木だったが、根本的に片付けというのを間違っている二木のせいで、善くなりかけていた肩が再び痛くなる(東海林)

不運その4 出張から帰ってくると家から煙が
そちらは消火器で事なきを得るが、カレー鍋から二木を守ろうとした東海林は額を火傷し、左腕を骨折してしまう

自分のせいで東海林を殺すとこだったと気落ちしているところに追い打ちをかけるように、東海林兄が暫くマネージメントを休ませて欲しい旨と、家族に対して嘘をついている事実を知らされてしまう




もう、短い間にどんだけ不運続き?という感じの2人ですが
この間にも多分疲れてイライラしてたのかもしれないし、東海林の方に何を言っても二木なら・・・という楽観した気持ちになっていたのかもしれないし・・・ですが、東海林の為に役に立ちたいという二木の気持ちを踏みにじる様な言葉を言ったりしちゃうんですね。
それに東海林兄の言葉でとどめだったというか・・・

そのまま二木は雷雨の中歩き回り、東海林の画廊で再会した、唯一東海林戸離れていた期間に出会った高校時代の先輩・甘利に拾われます


そしてそのまま「心配しないで」というメールだけよこしたまま二木は東海林の前から姿を消してしまいます。






そんな感じで話は進むんですが、
とにかく大好きな東海林にコニタン
以前にも記事で書いた事があるんですが、円陣さんの絵にコニタンボイスは相性が良い!とずっと思ってる私としてはこの東海林はキャストが決まる前からコニタンしかない!と思っていたほどで、今回も素敵ボイスを堪能。

もともと東海林と言う人間は淡々とした喋りの男なんですが、コニタンにかかると原作より柔らかに聞こえるせいかますます好みボイスハート(手書き)

特に今回はまるでゲームを仕掛けるように自分の家に二木がいる事をわざわざ東海林に言いに行った甘利に宣言した通り甘利のマンションに二木を迎えに行くんですが、
その時の声と

やっとお互いを取り戻したラストのHシーンの時のコニタンボイスが素敵すぐるぅ~(〃∇〃) てれっ☆



そしてルコちゃんこと二木にじゅんじゅん

一番共演率の高いコニタンとの組み合わせがよかったのは当然なんですが、
内面の声と喋っている時のスラスラと言葉が出てこない感じや、下っ足らずな甘えん坊ボイスの使い分けが凄過ぎ!
あまりにラブリーでたまりませんでした!

でもそれだけに雨にうたれながら自問自答するシーンと
鳩子に導かれながら生まれ育った町へと行き、3人一緒だった頃通っていた学校の屋上のシーンでは聞いていて目がウルウルしてしまって


お2人の熱演に引き込まれました。




甘利役の三木さんは、私が勝手に三木さんの声から想像するお似合いキャラにピッタリのキャラで、声と甘利という人間に実に合ってました♪



また今回はやたらと出演陣の人数が多い
ブックレットを見ましたら、榎田さんのマンガ家シリーズ全てCD化決定したんですね!
お披露目も兼ねてる感じでしょうか?

でもこれで「どなたになるんだろう?」という心配は無くなったというか(笑)
お好きな声優さんの組み合わせだとこれからの発売が楽しみという方多いでしょうね。


それにしても立花キャンディ役を立花さんにしたり、
黒田瑞祥を黒田さんにしたり・・・
これは制作側の茶目っ気なんでしょうか?(笑)


そうそう!一言ずつという事で今回のフリートークにはマンガ化シリーズ関係者は全員登場だったのですが、
黒田さんの「平川ちゃん」という言い方に聞き覚えが!と思いましたら、
このお2人、中原一也さんの「極道シリーズ」(スーツシリーズ?/爆)も黒田×平川だったんですよね~
黒田さんは平川さんと一緒の時、ものすごくご機嫌って感じなので、出番になったら楽しく演じて下さるかもですね。







それと今回、茜さんの声が松岡由貴さんに交替
川上さん、少しずつお仕事復帰なさってるのに・・・まだまだ制限があるんですかね?
是非完全復帰なさってまたBLCDに出てきて頂きたいものです。

松岡さんといえばブリチの織姫ですが・・・
なんというかどうしても威勢のイイ声になるとキャンキャンボイスになってしまうので、なんか茜さんらしさが変わってしまったのが残念

もちろん、松岡さんも嫌いじゃないんですが・・・(^^ゞ




あーあ、これでルコちゃんシリーズも終わりですか
なんか寂しいです涙ぽろり





にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります







Last updated  2010.02.25 02:22:17
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.