5506363 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

炎天下のゴルフがヤ… 春乃もも太さん

未就園児のおはなし… ふかちゃん0118さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2010.06.12
XML
デュラララ!! 第22話「解散宣言」



帝人!何故、正臣の携帯に出ない!(>_<)
掲示板で知った杏里らしき人物が黄巾賊に連れ去られたという情報
果たして帝人はどう動く?
またその頃正臣は?



公式HPより


黄巾賊の悪行に不満を募らせるダラーズメンバー達。
掲示板に書かれるメンバーの言葉を受け止めながら、帝人は事態の収集を計ろうと必死に考えを巡らせていた。
一方、集会の夜に取り逃がした少女の正体に気付いた黄巾賊は、ついに杏里を追いつめる。
しかしそんな杏里の窮地を救ったのは、とても意外な人物だった――。





シズちゃん嫌ぁぁぁーーーーーーーっ!!!!!!!(絶叫)号泣

法螺田、許すまじムカッ




条件が杏里とピタリと合致する情報
そこで帝人が取った行動は一斉メール
いつぞやと同じ。
とにかく情報を求める帝人

みんなも帝人に同調していく
それを携帯から見てニヤ付く臨也


追い詰められてしまった杏里を助けたのはダラーズ
まずはプラカード少女・シリ
その隙に逃げ出す杏里

「私のした事はなんだったんだろう?」

とにかく誘導されるままにひたすら逃げる杏里
次に助けてくれたのはカズターノ(?)
その次はウサギの着ぐるみを着ている青年
さらに、ダラーズを辞めると言っていた滝口

そして着ぐるみ男子の計らいで杏里は着ぐるみ状態で逃げる
のたのたと歩道橋を降りている杏里の視界を遮るように門田達の車が止まる
そしてタイミングを合わせて発進
次の瞬間、黄巾賊の前にいたのはサイモン(笑)

「喧嘩ぁ~ヨクナイネ~寿司ネタにするよ」 わははっ!恐いよぉー!


しかし、ダラーズだけでなく法螺田も仲間に連絡を取ったせいで池袋は着信音があっちでそっちで鳴り響いている


「私の夢はいつでも私の嘘だった」

そろそろと着ぐるみの頭だけはずした杏里だったが、またそこで黄巾賊の2人組に見つかってしまう。
しかし、ここで杏里の手を引いて逃げる者が
顔は見えないけど、手など触れた事は無かったのに杏里は自分の手を引くその手を知っていた・・・そして走っている今は杏里の夢ではなくまさしく現実だとその手が教えてくれる。


大事な事は何故、気付いた時にはもう失っているんだろう?

手の主は正臣

「紀田君・・・どうして」
「どうして?・・か。黄巾賊に絡まれてるとこを俺が助けるなんておかしいってこと?」

自虐的な物言いの正臣
そしていつものような軽口を叩いているようでいて、それでいて杏里を追い詰めるような言い方。

「教えてよ杏里ちゃん。何が目的?」

そう言って杏里を見下ろす目はいつもの彼ではなく、黄巾賊のトップの時の顔。

「何?俺が悪いの?杏里を助けようとした俺がバカ?
帝人は何にも知らないの?アイツをどうするつもりだったの?アイツの気持ちわかってて!
楽しかった?俺を騙したりアイツに取り入ったり」


そんな風に言う正臣の顔を平手打ちし走り去る杏里
でも、正臣だってわかってた

「なに・・言ってんだ?俺」


「私はただ、あなたが傷付いたり誰かを傷付けたりして欲しくなかっただけなのに
あなたからも逃げ出してしまった」


公衆トイレでやっと着ぐるみを脱いだ杏里だったが、執拗に追いかけていた法螺田達に見つかってしまう。

「ダラーズじゃなきゃ何者なんだよ!」
「私が何者なのか知りたいんですか?」

杏里の腕から罪歌が現れ、目が赤く光る
しかし、ここで杏里が命じた子供たちが正気に戻った時に法螺田達から報復を受けていた事を知り青ざめる

「私がした事は・・・」

しかし、ここでまた助けられる
鳴りっぱなしの携帯にイラついているシズちゃんに


「ウゼェ!ピーピーうるせぇ!」

shizuo6.jpg

シズちゃーーーんハート(手書き)
しかし、そんなに文字読めるか!って(≧m≦)ぷっ!

そこに通りかかったセルティ
一件落着と報告(笑)
確かにシズちゃん相手じゃね~大笑い

「なぜなら、池袋のフォルテッシモ登場!」

シズちゃんってそういう通り名?(笑)
法螺田はぶん投げられ、とにかくシズちゃんの一睨みで散り散りに逃げていく黄巾賊

セルティの顔を見てやっと気が緩む杏里
って、セルティに杏里を任せて立ち去るシズちゃんがかっこよすぎるって!目がハート


そして無事杏里を助け出したダラーズの掲示板は皆が興奮していた
その画面を携帯から見ていた帝人は心の中で礼を言う
しかし、空を見上げる表情は固い

「もう見つかったんだ。大事なものは」


その頃、もう終わってしまったと残念がる臨也

izaya.jpg

「でもまだ終わりじゃない。あともうちょいでチェックメイトと王手同時にいけるね」

臨也にはどんなシナリオが見えているんだろうか?



杏里は暫くセルティ達のところにやっかいになる事に。
新羅とゲームをやって負けるとゲーム機を影で包んでしまうセルティが可愛いハート(手書き)

とにかく自分は味方だからと伝えるセルティ
そして信頼仲間の新羅も大丈夫と。



黄巾賊の本部では、あれ以来やってこなくなってしまった正臣
その代わりに幅を利かせている法螺田
徹底的にダラーズを潰す!と一致団結

まず襲われたのはこの前の着ぐるみの青年


あなたは今、何を思ってますか?


終わらない抗争
帝人の出した結論は  ダラーズは消えます

その結論に動揺し怒りをぶつけるメンバー達
そして面白がる臨也

最悪

でも、帝人の気持ちは変わらずトップページを残して掲示板は閉鎖された


そして杏里もまたセルティと新羅に告白をする
2人は自分の正体を知らないという事を
とにかくこの抗争を止めなくてはならない

「杏里ちゃん、帝人の事どこまで知ってる?」

帝人もまた杏里と同様に大事だからこそ隠している事があると
そして直接話をさせる為に帝人をここに連れてくる事に

「セルティさん、私、もう逃げたくないんです」

杏里もさすがに腹をくくったのだろうか

その帝人は気付いているのに正臣からの電話に出ない


その頃街で銃声が!!!
倒れたのはシズちゃん

「恨むんなら命令した紀田正臣を恨むこったー!」

shizuo7.jpg shizuo8.jpg

ちょ、ちょちょっ!何してくれるのよぉぉー!私の(え?)シズちゃんにっ!
ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ
誰か彼を助けてぇーーっ!!!

そして相変わらず正臣の電話に出ない帝人
諦めて立ち去る正臣




もうなんか混沌とし過ぎててどう感想を書いていいのやら(>_<)
正臣の痛すぎる言動は悲しさを通り越して目をそむけたくなってるし
帝人もどうして正臣の電話に出ないのか?

早く抗争が終了してこのとにかくこの3人に互いと向き合う時間をあげて欲しい!(>_<)

とにかくもがいて動けば動くほど事態が悪化してるとしか思えないーーっ!


でも、一番心配なのはシズちゃんよぉーっ!!!
彼は大丈夫なの?
ラストまでにもう一度幽君とのイチャラブ2ショットが見たいのにっ!(何か間違ってる?/爆)


さて、何かまた決意した模様の正臣君。どう動くつもりなのか?





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします













Last updated  2010.06.12 15:14:34
コメント(3) | コメントを書く
[アニメ(原作:小説&ゲーム&その他)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.