5894943 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

冷凍保存の食材で茶… New! 春乃もも太さん

制作中です シュージローさん

「あさひなぐ」33巻… らいち♪♪さん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん
Mama's Diary ぽたママさん

Category

2010.08.05
XML
テーマ:『BLEACH』(573)
カテゴリ:BLEACH
BLEACH 第282話 「魂の力!群狼、襲来!」


弔い合戦ーーー仲間の死で揺らぐのか?それとも怒るのか?
スタークVSローズ&ラブの戦いの行方は?




公式HPより



ラブとローズが猛攻撃を仕掛けてきても、スタークはなかなか本気を出そうとしない。怒ったリリネットは、スタークの了承なしで勝手に戦闘をはじめてしまう。自らの銃でふたりを攻撃するリリネット。だが、闇雲な戦い方では2人に致命傷を与えられず、逆にふたりの見事な連携プレーで次第に追い詰められていく。そしてついに、ラブの「火吹きの小槌」がスタークに一撃を与えた。傷つき、炎の海に飲まれていくスタークだったが・・・




瓦礫から出てくるにも美学・・(^^ゞ
さすがローズさん?(爆)


バラガンを倒したハッチ
それを見て、自分達が先に倒したかったと言うラブ
仲間の弔い合戦をする奴には見えないスターク
それでも、仲間の死に影響を受けない者はいないと言うラブ

1人になればなるほど強くなる・・・でも、こちらは2人。それなりの戦い方をすればイイとローズ

「どちらにしても先手必勝だーっ!!!
打ち砕け『天狗丸』」


スタークの虚閃を弾く強さ
そしてスタークの動きもまたさっきより鈍っている 揺らぐタイプだったのか?


「痛ってぇ」

ボォっとしているとリリネットに叱られるスターク
弔い合戦をするんじゃないかと

「だから柄じゃねぇって言ったろ?」

ボォっとしているというより、戦う気力が失せてしまった感じのスタークに、さっきから全く本気が感じられないと罵るリリネット

「藍染様があんたに1番をくれたのは、あんたの力を信じてるからだろ?」

思い出すのは藍染と出会った時の事

「仲間が減るのが嫌なら、あんたが戦って勝つしかないだろ!」

そう言っても動く気配の無いスタークに勝手に戦うと宣言する
一方、ラブは自分の攻撃で濛々と上がる埃で次の攻撃が出来ずにいた
そこに闇雲に虚閃を撃ち始めるリリネット
埃で見えないのと、挑発もあってだった
これでスタークは再び戦わなくてはならない状況になった(苦笑)

しかし、ラブの言葉に再び腹を立てたリリネット

「アタシはアタシでやるからねっ!」

再び、スタークの意志とは無関係に虚閃が撃ち出される
間合いでスタークの意志じゃないと気付いたラブ

「何故仕掛けてこない?傷心か?」
「ま、そんなとこだ」


「いっちょ派手にやろうぜ!」

ラブは再び仮面を付けスタークを挑発する
最初は乗らなかったスタークだったが、リリネットに負ける筈が無いと言われようやく動き出す。
そして京楽にしたように無限装弾虚閃で追い込もうとするが、ローズの金沙羅に邪魔される。

遅い!と怒るラブだが、ここでもまた登場の仕方に美学があると言うローズ
ある意味流石です(^^ゞ
この頃まではラブ達に余裕があり、及び腰とスタークを称するローズだったが・・・



金沙羅で追い詰め、火吹の小槌で叩き落す2人



一方、ハリベルと戦っているひより、リサ、日番谷
なんとなくちぐはぐな状態のまま。
連係にもならない状態

「夫婦漫才やるんやったら、終わってからゆっくり見たるわ」

リサちゃん、ナイスグッド

「そろそろ」とか「十分」とか日番谷にはひよりとリサの言葉がわからない
一緒に戦っているのだから説明しろと言う日番谷にひよりとリサは

「アンタには関係ない」

そっちはいつも一緒と言う日番谷に2人は趣味も好みも全く違うし、常に一緒じゃないと。
それでも1つだけ共通している事があると

「本気で戦える時間は限られとる」

今までの戦いは相手の事を知る為の準備だったのだ。
そして仮面を付ける2人

「確か3人で共闘やって言うとったな。
ちゃうで。2人と1人や!覚えとき」


言葉通り、敵ではないが味方ではなかった・・・



火吹の小槌で叩き落された上に炎に周囲を包まれているスターク
仮面を付けると霊圧が跳ね上がる上に2人と弱気になるスタークに

「1人じゃないじゃん!
1人じゃないからここまで来れたんでしょ?」


最初は1人同士だったが、出会ってからずっと2人だったスタークとリリネット

「わかってるよ。わかってる」

そして霊圧を変えていく
狼の弾頭を召喚
先ほどまで手にしていた二丁拳銃は手にしていない
しかし、彼の背後には無数の狼が!

「いくぜ、スターク」

スタークの号令で、スタークと呼ばれた狼たちが一斉にラブとローズに飛びかかる
一見倒したように見えてもまた狼の姿に戻る狼たち
魔法みたいと言うローズは金沙羅奏曲第十一番“十六夜薔薇”で応戦
しかし、瓦礫の下に潜んでいた狼たちは近距離で自爆する

この狼たちの正体は・・・ただの虚閃ではなく、スタークでありリリネット

それ故、ただの虚閃と違い致命傷を与える事が出来る
狼達に取り囲まれ、いっせいに自爆されたラブとローズは生きてはいるものの仮面がかなり剥がれ落ちてしまっている

「一気に仕掛けるよ!」
「ああ、わかってる」

そして追い打ちをかけるように狼たちを出し、2人を襲う

「「いこう」」

スタークとリリネットの魂の攻撃にとうとう倒れてしまうラブとローズ

「勝負あったろ。逃げりゃ見逃すぞ」

しかし

「ナメんなよ」
「そうかい。しかたねぇ。とどめって言葉は好きじゃねえがとどめといくぜ!」

しかし、屋上の水槽タンクの上に降り立った時、スタークの身に突然刃が!!!びっくり




バラガンは倒したものの、ただのエスパーダとフラシオンの関係ではない2人の強い絆の前にラブとローズは大ピンチですが・・・
次回は再び京楽とスタークの戦いに戻りますね!
リサちゃんに喝入れられちゃ、倒れたままではいられませんってぐー


【予告】

「1人じゃない・・・もう1人じゃないんだ」
いよいよ、スタークとの戦いに決着?
2人の出会いと藍染との出会い・・過去が語られるのか?


【死神図鑑ゴールデン】

廃ビルの一角で大勢の足音が!
毎度の様に調べに行った一護は・・・突然現れた穿界門から出てきた乱菊、一角、弓親、イヅルに踏みつけられて(^^ゞ
ま、すぐわかったけどね(≧m≦)ぷっ!
しかし、この作品の主人公の扱いって大笑い



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします





BLEACH-ブリーチーOFFICIA

BLEACH-ブリーチーOFFICIA

価格:820円(税込、送料別)



感想はコチラ






Last updated  2010.08.05 12:12:15
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.