5721274 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

「ボールルームへよ… らいち♪♪さん

「しおちゃんとこし… ふかちゃん0118さん

ホタルイカの沖漬け… 春乃もも太さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2010.10.19
XML
薄桜鬼 碧血録 第15話「遠き面影」



綱道が目指す新たな鬼の時代
そして千鶴に近付く影




「なんで?あんたが・・・」
「何を考えてこんな連中を連れてやがる、綱道!」


「こんな連中とはご挨拶だな」

とうとう克服したのだ。日の下でも動けるように
この羅殺隊がいれば雪村家再興も夢ではないと言う綱道

「新たな鬼の時代の到来だ」



必死に逃げる千鶴と近藤の前に立ったのは薫だった

「やっと会えたね、千鶴」

薫とはすぐわかったものの、その姿に驚く千鶴に沖田が何も言わなかった事を悟る薫


kaoru.jpg

「これが俺の本来の姿」

姿も性別も偽ったのは全ては1つの目的の為と話す

「妹を救う為に来た おまえの事だよ、千鶴」

激しく動揺する千鶴
顔だけでは信じられないか?と千鶴の持つ小刀と対になる刀を見せる
そして薫は信じられない事実を千鶴に告げる。
綱道は実の父ではない と。



その綱道は笑いながら新たなる羅殺と人間の戦いを見つめていた
不知火はこんな化け物が日本を闊歩する時代を認めず、原田に一時休戦を提案し、原田もそれを受け入れる



倒幕の誘いを断って人間に滅ぼされた際、分家の綱道に匿われたのが千鶴
そして薫は土佐の南雲家に連れ去られたのだった
先日みた千鶴の夢はその時のものだったのだ

そして今薫は綱道と手を結んで雪村家の再興を目指している
改良された変若水を使って
そして今頃仲間たちは全員殺されているだろうと薄く笑う


その話を聞いていた近藤は自分の背に千鶴を隠す

「早く逃げなさい!」

邪魔をする者は新選組の局長でも容赦しない!と向かってくる近藤を刀も抜かず相手をする薫

「これでわかっただろう?おまえを守れるのは俺だけだ」

しかし、そう言われてもガタガタと震えるだけの千鶴
そして薫の手を払い、土方と交わした約束を口にする

近藤さんを守って生き抜く

「たとえ兄妹だとしても私、戦います!」

刀を抜き構える千鶴にショックを隠せない薫

「そこをどいて下さい、薫さん」
「俺がどれだけおまえを探し求めたか・・千鶴、おまえを愛してる」

どう言われても構えを解かない千鶴に可愛さ余って憎さ百倍?とうとう刀を抜く
しかし、華奢とはいえ所詮は男と女
力でふっ飛ばされ、切っ先を突き付けられてしまう

「もう一度だけ言う。千鶴、俺と一緒に行こう」

近藤さんは見てるだけかいっ!(>_<)

「行けません。私・・約束したんです」
「わかった。ならばいっそ俺の手で」

振り上げられる刀
そして振り下ろされた刀を受け止めたのは・・・・沖田だった

「君もしつこいよね」
「おまえもな、沖田」

日の下なのに頑張ると言う薫に

okita4.jpg

「さっさと君を斬るしかないね」



一方原田達は・・・
不知火が羅殺隊を引き付けて逃げ道を作ってやると提案する
原田は不知火を見捨てられないと反対するが、人間と一緒にするなと飛び出していく

(不知火カッケー)

「こんななりそこないに喰い殺される程ナマっちゃいねえ!
行けぇぇーーっ!!!」


一斉に引く新選組


そして沖田と薫の戦いも最初は優勢だった沖田だったが、ここで発作が
髪の色も元に戻ってしまう

「言ったよね。変若水で労咳は治らないって」

そして沖田を斬らんと刀を振り上げる薫

「総司!」
「やめてぇぇーー!」

背後から薫を貫いたのは風間だった

「鬼の誇りを捨て、雪村の名を汚す事は許さん」

倒れても尚、千鶴の名を呼び這いながら近付いてくる薫

「千鶴、どうして?」

涙を浮かべ妹を見上げる兄にやはり涙を浮かべる千鶴

kaoru2.jpgchizuru.jpg

「どうしておまえ・・だけ」
「かおる・・」

千鶴が名を呼んですぐこと切れる薫

あれ?土方ルートだと薫ってこんなイイ子だったっけ?
でも「おまえ・・だけ」って恨み事は言ってたけどね(^^ゞ


「鬼の道を外れた。綱道も斬らねばならん」

それだけ伝えて風間は去った
それを追いかけ、綱道と話をする時間が欲しいと言う千鶴

kazama.jpg

「いいだろう」


そして千鶴達は薫を埋め、江戸へと


江戸にもどり、旗本屋敷に身を寄せる新選組
近藤はこれからの事や人集めにと忙しくしている
しかし、新八としては先の戦いで無駄に多くの兵を失ってしまった事で集めればいいというものではないと反発的
それに相手には昼間でも動ける羅殺がいる
その事に反応する山南
つい、話は綱道にまで及んでしまう

「すみません」

廊下で聞いていた千鶴が謝る
そして千鶴は綱道と話をする為に自分の家へと足を運ぶ
戻ろうとすると外に原田が
しかし、こうなってみると父の事を何も知らなかったと話す千鶴に団子を食べようと誘う原田。

くぅぅーー!こういう細かい気遣いが左之さんなんだよなぁハート(手書き)

そして団子を持って2人は沖田の所に

「明日は雨でも降るのかな?」
「せっかく見舞いに来てやったのによ!おとなしく食え!」

こういうやり取りを聞いていると戦争とか忘れてしまいそうです


しかし、やはりすぐに咳き込んでしまう沖田
それでも笑みを浮かべ

「憎まれっ子世にはばかるっていうからね」

千鶴もつい「はい」と肯定してしまった事で場に笑いが
しかし、千鶴が席を立つと言葉少なになる2人

「近藤さん、元気なの?」
「どうかな?あれから俺もきちんと会ってなくてな」
「そう」

そして夕方になり2人は帰っていく

「新八さんにもよろしく」
「・・・おう」

原田に何かを感じる沖田




近藤が戻り、安堵の空気が広がる中、新八がおりいって話があると近藤に声を掛ける
場所を変えようと

「おまえもか、原田」

何も言わず歩いていこうとする原田に声を掛ける土方

「ああ。新八がそのつもりなら俺も行く事になるだろうな」



「世話になったな、千鶴ちゃん」


やはり新選組を離れてしまう事となった新八と原田

とうとう、この時が来ちゃったよぉー!号泣
行かないでぇぇーーっ!!!


見送る千鶴、斉藤、島田
平助はやけ酒を煽っていた

「どうしても離隊しなければいけないんですか?」
「あの時、ああしてりゃよかったなって思うのだけは絶対嫌なんだ」

そう答える新八の顔は晴れやかだった

逆に新八にここに残るつもりなのか?と問われた斉藤はまだここにいて成す事があると答えた。

「千鶴、守ってやりたかったが、途中で放り出すみたいですまないな」

原田はそれだけが心残りと言いたげな表情で謝る
そう言われて原田との思い出が蘇り涙が浮かぶ

この辺の会話もルートがあるキャラと無いキャラの違いですかね~
原田さんと一緒になったら!とついつい原田エンドを思い出してしまったわ~(>_<)


「こんな時こそ笑えよ
大丈夫だ。おまえの事はあの人が守ってくれる」


ぎゃー!気付いてたんですか?さすが左之さん!いや、みんな気付いてたのか?びっくり


一緒じゃないが、同じ空の下同じ薩長を相手にして戦うのは一緒だと千鶴の肩を引き寄せる新八

2mens-1girl.jpg

「これが最後の別れじゃねえんだ」


「お2人ともお元気で!」
「千鶴もな」





こうして大事な2人がとうとう離隊してしまいました(>_<)

史実通りだし、ゲームもやっていたからわかっていたけど、やっぱりこうして見てしまうと悲しくて・・・
それにこのエンディングが流れるとヤバイーー号泣

また、付き合いの長さを物語るように沖田には感じられた原田の事
この辺言葉ないのに表情だけで伝えてくる辺り憎いです(>_<)


そしていよいよ次回は近藤さんの番になるのかな?

これからどんどん新選組は厳しい局面ばかりになってきますからね~
見るのがキツそうです(/_;)



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします


 薄桜鬼 碧血録 第一巻(初回限定版)

 [薄桜鬼 碧血録]EDテーマ::茜空に願ふ






Last updated  2014.06.18 17:58:16
コメント(0) | コメントを書く
[薄桜鬼・コルダ・うた☆プリ他乙女ゲー関係] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.