5751194 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

別冊少年マガジン「… New! らいち♪♪さん

冷やし中華の季節が… 春乃もも太さん

【二次元妻帯者の夜… 楽天VIDEOさん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2011.02.12
XML
君に届け 2ND SEASON episode.4,5話


すみません、2話分まとめてになります





episode.4「わかってない」


爽子は風早のことばに落ち込んでしまう。一方、風早もケントやちづに、爽子から一番遠い存在だと言われ落ち込んでしまうのであった。翌朝、学校の玄関で顔を合わす2人。風早にうまく挨拶ができず泣きそうになっている爽子を見て、あやねは堪らずそのワケを爽子から聞き出すと・・・。



風早の言った言葉に落ち込んでしまう爽子


その頃、風早も健人に呼び止められていた

「あんま、貞子ちゃんに絡まない方がいいんじゃないかな?」

風早が構ったら、またクラスで浮いちゃうだろうと

「なんで?そんな事おまえに言われなきゃなんねえの?
こっちはこっちで考えて動いてるっ!
おまえに何がわかるんだよ!」


「これ以上、無駄に期待させんの可哀想じゃん」

「いつ、黒沼が無駄に期待したんだよ」
「そこは風早にはわかんないところだよ
風早と貞子ちゃんが決定的に違うとこだもん」



まだ日が浅いからしかたないんだけど、健人君、短期間の割にはよく見ているとは思うんだけどね~(>_<)

彼がまず爽子の片思いだと思いこんじゃってる点
爽子はクラスに溶け込みたいとは思ってるけど、努力してるわけじゃない点
まず、なんだかんだ言って爽子に対してまだ上から目線なんですよね~
だから風早君とか今までの仲間達は決して使わない「可哀想」「頑張ってる」を連呼する。



「おまえ、好きな子は?」
「いるよ!」



健人の言葉に、心をかき乱される風早君

わかってないって?遠いって?



ここで原作には無いオリジナル  徹の結婚式に着ていく服を選ぶシーン
身内だけの小じんまりした式に、自分を招いて貰えたと喜ぶちづ

「出るからには可愛くしたい」

すごくわかるな~その乙女心


そしてその帰り道、ちづは風早と会う


「俺と黒沼ってそんなに違うかな?
俺、そんなに黒沼の事わかってないのかな?」


そうそう!ここにもいたんでした・・・ニブ子さんが(^^ゞ

「は?わかってないんじゃない」

こちらも爽子の片思いだと思ってますからね~(>_<)

さらに、風早君の言葉をどう勘違いしたのか?爽子を取り囲んでいるメンバーで、自分や矢野ちんは何かと誤解を受けやすく、龍も1年でレギュラーになって先輩からやっかまれてて・・・風早だけはそういうのからは一番遠い所にいると言ってしまう。



ますますギクシャクしてしまい、風早まで今までの様な朝の挨拶が出来なくなってしまった


「一瞬、避けられたかと・・・」

それを見ていた矢野ちんは当然イラッイラムカッ
早速、爽子を捕まえていきさつを吐かせます(笑)

(「アイツ・・・焦れたな」)

バレンタインのチョコまで持ちだした矢野ちんに泣きながらそう返す爽子
自分ばかりが意識しちゃって全てにどうしていいのかわかんないと

「恐い」

「恐いのは爽子だけじゃないんだからね」

恐いからってずっとこのままでいいの?とアドバイスします。



しかし、風早君にはカッとしちゃうみたいで(笑)
足蹴にする矢野ちん

そんな事してない!と言う風早に

「避けられ慣れてるんだから、あの子。 誤解与えるような真似しないでよね」

でも、矢野ちんも八つ当たりだというのはわかっているのだ。
しかしもここで全く状況がわかっていないちづちゃんと溝が(笑)
そこで矢野ちんは種明かしを

ようやく現状を全て知ったちづちゃん。
ならば風早に知らせてやろうと勇んで駆け出すが、矢野ちんに止められる
第三者介入を風早が嫌うからだ。

じゃあ!ってんで今度は爽子に知らせようとするが、それも矢野ちんに止められる。


矢野ちんとしては、付き合って貰ってるという意識で付き合って欲しくないと。
自分で自信付けて、それから告白して欲しいと
だいたい、風早君が好きだという事を教えてあげても信じない・・・し(^^ゞ


さて、ここで暫しスパイ大作戦タイム(爆)
全く何もわかっていなかったのは自分で、余計な事を風早に行ってしまった事を今更ながら知ってしまったちづちゃんが悶え悩む間、ずっと下で燃えていた導火線に笑いました

でも、事実関係がわかってしまったら矢野ちんに話す事は出来ない

(「ヤバイ!なんとかしないと矢野ちんに知られたら殺されるっ!」)


プリントを持って教室に戻ってきた爽子は、昨日の講習会の反響がすごく、みんなに感謝されてしまう。
自分が何もしなくても、爽子の周りにクラスメートが集まっている今の状況
思いだすのは昨日の健人の言葉
それを見てその場から動けなくなってしまう風早


「わかんねえ」



episode.5「すきな人」


いよいよ学園祭の準備が始まった。爽子たちのクラスは、クラスの出し物で「貞子の黒魔術カフェ」をすることに。その準備中も、爽子は風早とうまく会話をすることができないでいた。心配するあやねとちづ。風早に言った一言を気にするちづは、翌日龍になんとかフォローしてもらおうと頼むが・・・。




1学期の中間テストも終わり、講習会の成果?で順位が上がった子多々だったようで・・・

もうすぐ学校祭


ある時、ジョーが爽子の植えた草を気味悪がっている女子達を見て、学校祭の出し物に『貞子の黒魔術カフェ』は?と提案してくる
その提案に一気に盛り上がるクラス

圧倒的多数で黒魔術カフェに決定☆

花壇で草の説明をしている爽子
その後ろを通りかかる風早
しかし、ギクシャクはそのまま

「気のせいかな?前よりもっと距離が開いたような
距離は私が開けているのかな?」


そんな2人を見ていてイライラしている矢野ちんと、自分が要らん一言を吐いてしまった事をわかっているちづちゃんはちっちゃくなってるし(苦笑)


そんな中日曜
今日は徹の結婚式
メイクをしてあげる為に、ちづの家にやってきた矢野ちん

「どぉ?」
「いいんじゃない?」

綺麗に着飾ってメイクして貰ったちづちゃんを眩しそうに、そして優しく微笑む真田君の表情がイイですね!

って、この日丸一日分はオリジナルですね!
原作では写真一枚で済ませてた筈ですから。
徹ちゃんカッコイイからなぁ~正直、女との結婚式は許せなかったですよ!(腐)


兄貴の結婚式があった日でも走ってる真田君
そんな彼を待ち伏せしていたちづちゃん

「頼むって」

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー 顔が近いって!

「やだ!」

自分の失言を挽回するために、真田君からフォローして貰おうとしたんてすね~(>_<)
しかし、相手が悪い(笑)

「ま、話聞く位なら出来るけど」

でも、ちづちゃんには教えないという条件ですが(爆)


昼休み
ご飯を食べながら、学校祭の話になり励まされて俄然頑張る気になってきた爽子
そんな彼女に声をかけてきた健人
そしてそんな風景を遠くから見ていた  ピン


学食では・・・
一応、真田君聞いてやるかという気になったようで

「結局、黒沼にはぶっちゃけるのか?ぶっちゃけないのか?」

さすが・・・直球だ(爆)

「どう接したらいいか・・・わかんなくなった」

ポツポツと話しだす風早
しかし、それを邪魔したのはピン(^^ゞ

「嫁が浮気してるぞぉー!」

健人と一緒と聞いて、思わず立ち上がってしまうが、浮気じゃないと返す風早にフラれたのか?と大笑いするピン

そんな想像しい中、黙々とカレーを食べ続ける真田君(爆)

「さては告白もしてないんだな?
愛を 語ればイイじゃん!お天道様の下で熱く語ればイイじゃん!」


「どうしてこんな奴にはバレバレなんだ?」

ピンの言葉に最初はムカついていた風早君だったが・・・

「やっぱ、俺、全然わかってないんだな、黒沼の事」
「んなもん、当たり前じゃねえか!何様のつもりだよ」

この言葉に、学食を出ていく風早


その頃、健人にクラスに馴染んでると喜ばれていた爽子
ところが、そこで風早の名が出てきた事で表情が暗く・・・

「クラスから浮いた状態で、ずっと風早に構われたかった?」

健人の言葉で基本的な事をすっかり忘れていた事に気付く

「勘違いしちゃうのもしょうがないよね。あんな風に風早に声掛けられていたらね」

ちょっと無神経だよねという健人の言葉につい熱く反論してしまう爽子
そしてそんな人だから好きになったのに、それ以上を求めている自分に気付く。

「私が勝手に勘違いしちゃっただけで」
「勘違いってわかってたんだ」

そんな彼女にもう風早に近付かない方がいいんじゃない?と言う健人

「貞子ちゃん、風早 好きな子いるよ」

言ってしもうたーーーっ!ムカッ
勘違いしているとはいえバカケントめっ!

健人の言葉に号泣し始める爽子

「いたんだ・・本当にいたんだ 好きな人」

そんな彼女を懸命に慰める健人だったが

「なんなら俺にする?」

自分の手にかかった爽子の涙を見て突然そう提案してきた健人

「俺、いいよ。貞子ちゃんなら」


そこに駆けつけた風早





健人、決して悪い子じゃないんですよね~
しかし、この辺りのシーンはね・・・勘違いはともかくお節介だったな~・・・と

そしてともかく、ここから暫くピン語録を作ってあげてもイイかな?と思えるほどピンがイイ仕事してくれますからね~

今回はその1回目?(笑)

ま、こちらはとにかく気長に見守りましょうという感じ?




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 君に届け 2ND SEASON Vol.2






Last updated  2011.02.12 02:23:08
コメント(0) | コメントを書く
[少女漫画&女性向け漫画原作アニメ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.