5506813 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

黒執事 GF10月号… New! らいち♪♪さん

炎天下のゴルフがヤ… 春乃もも太さん

未就園児のおはなし… ふかちゃん0118さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2011.11.10
XML
カテゴリ:ジャンプ作品
ぬらりひょんの孫 千年魔京 第18話「全部あずけろ」


「おまえの思いと力、俺に貸してくれねえか」

いよいよ、リクオが鬼纏を習得☆




公式HPより


天狗たちが命を狙う中、リクオはついに鬼纏(まとい)を完成させた! 仲間との強い信頼によってもたらせれる畏の奥技、鴆(ぜん)との鬼纏は鞍馬の天狗たちを一瞬でなぎ払ってしまった。それを見届けた牛鬼は、最後にその御業(みわざ)をもって、彼の畏を断ち切るようリクオに最後の試練を課す。その頃、第二の封印"相剋寺(そうこくじ)"では土蜘蛛がリクオの到着を待っていた。かたわらには、人質として氷麗(つらら)を置き、リクオが彼女を取り戻しに来るのを楽しみにしていたのだ。氷麗は先の戦いでリクオを守りきれなかった自身を悔やみ、土蜘蛛の思い通りにはさせないと自らの命を絶とうとする。と、その時、リクオが土蜘蛛の前に姿を現した!




「牛鬼、これが技か?」

突然、鴆から吸い取るようにして得た力で一撃で天狗たちを倒してしまったリクオ

「百鬼夜行の為に翼を広げる・・・こういう事かよ、親父」

不測の事態に驚く大天狗

「今ならわかるな。仲間を信じ、また信じられる事で力を得るのだ」

守るのでも守られるのでもないそれが百鬼の力ーーー

やっと今まで自分1人でやろうとしていた事に気付いたリクオに、牛鬼はニヤリと笑って剣を向ける。

「最後の仕上げだ。その技で私の畏を断ち切ってみろ!」



その頃捕まっているつららは小さい頃のリクオを思い出していた

「僕が守るんだい!つららを」

そう言ってくれたリクオの言葉に微笑むつらら
そしてずっと青田坊と共に見守ってきたつららもまたリクオを守ると誓ってきた



怪我をした冷麗と土彦は紫が診ている
残ったイタク達はリクオの出入りだと思えばこそ牛鬼に言われたとおり待っていたが、とうとう、堪忍袋の緒が切れかかっていた



「守ってるだけじゃ守りきれないだろうが」

青田坊も今、つららが捕まった事でカナ達を守る為に傍を離れようとしていた

「それでも今は耐えろ。青!」

そう言って止める首無

怒りに囚われれば大事な事を見失うと。


そして宝船の中で待っている残りの百鬼
そこにリクオが鴆と共に戻ってきた

「遠野への恩は必ず返す」

詫びるリクオの背を押す冷羅達
そしてクルリと方向転換して歩き出したリクオのあとに邪魅が続くと、我先にと他の百鬼達も後に続く。



すっかり勝った気分でいる鏖地蔵のところに清永寺がやられたという知らせが入る。
続けて西方願寺、鹿金寺も
言葉を失う鏖地蔵


「ごめんなさい、リクオ様。守れなくて」

そんなつららに襲いかかる土蜘蛛の手下。
しかし、おびき寄せる餌だからと手下を蹴散らしまだかまだかとリクオの到着を待ちわびる土蜘蛛。
今度こそ完璧に破壊してやると呟く土蜘蛛を呆然と見るつらら
だが、その事でリクオが生きている事を知ったつららだが、同時に自分が誘き出す材料だと知ると、守る為に土蜘蛛に攻撃をしようとするが土蜘蛛に止められる。

「おまえじゃ何にも出来ねえよ」

そして土蜘蛛の畏で逃げ出す事も出来ない
ならば、足手まといにならないようにと自殺しようと考えるが・・・




子の刻となった
イタク達がとうとう動き出そうとしていた
しかし、その瞬間に気付いた何か

そして今まさにリクオを思い氷の刃を突き立てんとしていたつらら
突然、扉が壊れ。そこにいたのは

「リクオ・・様・・」

自分ではもう守れない
そんな自分の所にどうして?

「おまえを助けに来た。つらら」

そして土蜘蛛に、今度こそたたっ斬ると宣言する。




「さっさとやろうぜ」

土蜘蛛が投げてよこしたとっくりが戦いの合図
しかし、リクオは土蜘蛛の動きを完全には避けきれない
すると、リクオの前に立つつらら
あくまで自分が守ると言うつらら。
目の前にリクオ様がいるのに守れない。そんな思いはもうしたくないと。

必死に頼むつららにリクオは言う

「おまえはもう守らなくていい。
けど、その代わりおまえの思いと力、俺に貸してくれねえか
心も身体も全部預けろ!」


俺の為に畏を解き放て!リクオの言葉に自分の畏を解き放つ
そして土蜘蛛に言う。おまえに届く刃を見せてやると


リクオが今回習得した御業(鬼纏)は人である部分に信頼し合っている下僕の畏を取り憑かせ力に変える技。
だから、信頼する者が多ければ多い程、主の力が増大していく

そしてつららとの技、雪の下紅梅で土蜘蛛の右手を凍らせていく


リクオの役に立った
そしてまた背中に付いて来なと言われ、嬉しそうなつらら。


だが、全く動じていない土蜘蛛は、逆に楽しそうに今の技でもう一度かかってこいと言う。
そして口から蜘蛛の糸を吐き出しリクオと百鬼を分断してしまう。

「千年振りの本気だー!!」

相撲の立ち合いのように飛びかかってくる
次はまるでプロレスのロープを使った攻撃のように。
土蜘蛛の攻撃を持ってしても切れない蜘蛛の糸

それでも畏でかわしたリクオは衣服はボロボロになりながらもまだ土蜘蛛に刀を向けていた。
自分の畏に恐れて仲間はもういなくなったと
おまえ1人だと言う土蜘蛛だったが、そんな中、飛び込んできたのはつららと鴆

「言っただろう。俺を壊さないと百鬼夜行は壊れねえ」
「たった3人で百鬼夜行面か」「いいや、6人だ」



そこに現れたのはイタク達遠野勢

「リクオ、おまえが望むなら遠野は力になる」




キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
良い所で一番オイシイところを持って行きましたか?(笑)>イタク

それにしても、人間の部分を受け入れろというのはこういう意味だったとは
これって複数の畏を纏ったらものすごい力になるんじゃ?

そう!とにかくやっぱり主従は背中を預け合ってこそですよ!>鼻息

イイですね~非常に私好みの技ですわ(〃∇〃) てれっ☆


次回、ぬらりひょんが出てくるんでしょうか?予告に遊佐さんの声が♪




<トラックバック用URL>http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/89c0076b30




にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします



 ぬらりひょんの孫 ~千年魔京~ メインビジュアル柄 Tシャツ BLACK 《2011年11月下旬発売予定 予約商品》

 片手☆SIZE / ぬらりひょんの孫 -千年魔京- エンディングテーマ2






Last updated  2011.11.11 03:25:23
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.