5509876 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

福井旅行 その5 ~… New! 春乃もも太さん

黒執事 GF10月号… らいち♪♪さん

未就園児のおはなし… ふかちゃん0118さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2012.01.03
XML
カテゴリ:夏目友人帳
夏目友人帳 肆 第一話 「とらわれた夏目」


「お久しぶりですね。夏目貴志くん」



新春、第一発目アニメです☆
待望の夏目から開始。
また夏目の世界観に浸れて嬉しいです(^^)


公式HPより


小さな頃から、妖怪と言われるものの類をみることができ、周囲から疎まれてきた夏目貴志。祖母レイコの遺品「友人帳」に書かれた妖怪達の名前を返す日々を送るうち、たくさんの友人や大切な場所を手にしていた。
しかし、多くの妖怪を統べることのできる友人帳を狙う妖怪は多く、ある日、猿面の妖怪達に襲われ、彼らの住む森へと連れ去られてしまう。
用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共にその森から去ろうとする夏目だったが…




恒例のキャスト貼り

夏目貴志 神谷浩史
ニャンコ先生 井上和彦
夏目レイコ 小林沙苗
名取周一 石田 彰
田沼要 堀江一眞
笹田純 沢城みゆき
西村悟 木村良平
北本篤史 菅沼久義
夏目(少年時代) 藤村 歩
藤原塔子 伊藤美紀
藤原滋 伊藤栄次
的場静司 諏訪部順一





今回のOP&EDも夏目らしい雰囲気で、その辺は心得てる!って感じの選曲でしたね。
ただ、OP映像が小学生の夏目中心で。そこに今の夏目が交錯(でいいのかな?)って感じの映像。
その辺は今後の展開に何か関係あるんでしょうか?



そして的場登場回だったせいか?今までと違い、第1話から緊迫した展開で・・・




今度の土曜にみんなで流星群を見に行こうと夏目も誘われる。

「少し前まで、星なんて1人で見るものだったのに・・・」

そんな変化が嬉しいーーー


しかし、みんなと別れた帰り途、夏目は突然、友人を助けて欲しいと縋る妖と出会う。

見える事が以前ほど嫌では無くなったが、相変わらず厄介事が多い日々

放っておけなくて助けに行った夏目。
ついでに名前も返して欲しいと言われ、名前を返してやるが・・・

「ありがとうございました、夏目様。夏目様・・早くお逃げ下さい!!」

えっ?と思った時には周りをグルッと猿面の妖怪達に取り囲まれてしまった。

「さぁ、小僧!早く友人帳をよこせ!!」

その時は夏目を迎えに来たニャンコ先生に助けられ難を逃れるが・・・


友人帳・・・使い方によっては多くの妖を従わせる事が出来る
単純に名を返して欲しい者と力を欲して襲ってくる妖と
様々な妖怪達が友人帳を求めてやってくる
だが、今回の仮面の妖怪達には今までの妖怪達には感じなかった邪悪なものを感じた。
そんな連中に渡すわけにはいかない。



翌日、多軌と田沼と流星群を見に行く話をしていて、自分は行けないかもしれないと言う夏目。
妖怪絡みだと素直に話す
そのまま西村達と行ってしまった夏目だったが

「少しは頼ってくれるようになったって事かな?」

それでも夏目の態度に頑なさを感じる多軌

「笑っていて欲しいから・・・って」

以前、藤原夫妻くらいには話をしてみたら?と言った事がある田沼。
しかし、それに対する夏目の返事はそうだった。
最初はわからなかったが、夏目が妖に喰われる夢を見てから考えが変わった田沼。

ちょっとでも学校に夏目が遅れれば自分は夏目の身に何か起こったのでは?とヒヤッとする。
でも、何も知らない西村達は寝坊したんじゃないかと笑って待っていられる。

塔子さん達も、知ってしまったら服の汚れ1つでも青ざめてしまう笑っていられなくなる。

「夏目はそれが嫌なんだ。きっと 一番恐い事なんだ」


そしてその日の夕方。
帰る支度をしていると、なんと!昨日襲ってきた仮面の妖怪達が教室の出入り口のとこに来ていた。
そのまま教室に入ってきて夏目の首を締めあげる。
なんとか逃げ出し、西村を誤魔化して教室を飛び出す夏目。
人目の多い場所を避ける為に、そのまま森の中に逃げ込むが、難なく妖怪達に取り囲まれ連れ去られてしまったーーー!



「猿面の一団?」

昨日の奴らの正体を知りたくて、ニャンコ先生は三篠のもとへ。

「そういえば、東方の山にそのような一団がおさめる森があると聞いた事がある」

人と妖怪の境が曖昧な森?!

「アソコには近付かん方がイイ。嫌なものがあるからさ」


夏目が連れて来られたのは東方の森
ここに入ってしまうと人里には容易に戻れないと夏目を取り囲み、自分たちのお頭に献上すると言う

「人のクセに妖怪を操ろうなど身の程知らずが」
「俺は操るつもりもないし、操ろうとする奴に渡す気も無い!」

そんな夏目を締め上げ、強引に奪おうとするが、三篠の話で心配になって夏目を迎えに来たニャンコ先生の呼び声に出来た隙をついて逃げ出す夏目。
だが、途中で変な陣の様な中に入ってしまう

「なんだろう?この感じ。なんか嫌な・・・うわっ!」

natsume-sensei
ニャンコ先生のダイレクトアターック?(笑)

「罠かもな」

あちこちに張り巡らされている
とにかくここから出ようとニャンコ先生と走り始めた夏目だったが・・・

猿面の一団が追いかけてきたので隠れたが、匂いで見つかりそうになってしまう。
だが、

「アイツが・・・アイツが来る!」

アイツとは?
そして突然、猿面達が何者かに襲われ始める。
その中の1人が何者かに掴まり姿が変わってしまう
それを捉えたのはーーー的場だった

「コイツはちっとは使えるかもな」

夏目は的場に気配を感じ取られてしまうが、見つかる前に逃走


的場・・・人間にも妖にも容赦の無い人

「あの人には会いたくない」

懸命に離れようと走る夏目だったが・・・
先ほどとはまた違う罠が張り巡らされている場所に出てしまう
そこで突然、ニャンコ先生が何者かに掴まり姿が見えなくなってしまう。

ニャンコ先生を必死に探す夏目。
すると、突然古く寂れた雰囲気の日本家屋の前に。
門には的場の表札が。

すると、何者かに捕らえられてしまう


拘束されている途中で意識を取り戻した夏目
今いる場所は牢屋で、自分を縛っているのは的場の式神だった
なんとか逃げ出した夏目だったが、友人帳が入ったカバンが無い
取り戻すために屋敷内を歩いていると的場の声が。

部下との会話で友人帳が入ったカバンは桐の間にあると判明したが。

着物をすっぽり被って隠れたつもりだったが、鏡に夏目の足が映っていて見つかってしまう。

「あれは・・・」

とにかく、見つからないように奥へ奥へと逃げ込んでいく夏目。
その先で、偶然にもニャンコ先生と合流した

「うわっ!ニャンコ先生っぽいモノがゴミ箱に捨てられてた!」

nyanko2

掴まった際に、とっさに招き猫のフリをしていたら、ゴミ箱に捨てられてしまったのだ。
つい、吹き出したら

natsume-sensei2
ニャンコ先生パーンチ☆

「あんな小物に友人帳を奪われたとはなんたる事だ!」
「スミマセン」

とにかくまだ友人帳の存在を的場には知られていない。
一刻も早く取り返さなくては

そんな夏目にこのまま友人帳を持ってままならまた厄介事にまきこまれる
その前によこしておけばよかったのだと言うニャンコ先生。

「私が面白可笑しく使ってやる」

そう言われても、つい、微笑む夏目



「騒がしいようですね」

屋敷に潜り込んだのが夏目だとわかり楽しそうな表情になった的場は、狩りを七瀬に任せ、的場は夏目捜しを始める。

牢屋。
人形や式神みたいなものを置いてある部屋




「別邸?ここが?!」

三篠に聞いたのか?そう教えるニャンコ先生。
どうやら、以前は妖を狩る為に拠点としていたらしい。
現在は祓い屋稼業が廃れ、使わなくなっていたが、的場静司は精力的なようだ。

それを聞いた夏目は猿面の妖怪達が言っていた言葉を思い出す

「もしかして森を守る為に?」


しかし、桐の間がどこにあるのかがわからない
闇雲に走っていると部屋の中から物音が!

それは、先ほど的場の式神が捕らえた猿面の妖だった

「教える代わりに私も連れて行け!」

その条件を飲み、口約通り教えた猿面の男
罠の事を考えて、ニャンコ先生1人で探しに行く事となる。

「先生も気を付けて」

その場に残った夏目と猿面。
桐の間を教えてくれた事に対して礼を言うものの。

「友人帳をよこせ!」と相変わらず。



「人の子のクセに妖の名を奪って操ろうだなんて!」
「操ろうとしているわけじゃない!」

だが、この猿面も悪事に使うつもりではないようだ。
お頭様に友人帳を受け取り。そして森を守る目的だった。

それでも尚、友人帳にそんな魔法の様な力はない。友人帳を的場一門を追い出す為に使ったら、お頭様も的場と同じと説明する夏目。
的場が近付いている事に気付くのが遅れた

「お久しぶりですね。夏目貴志くん」





とにかく、今、夏目が最も会いたくなくて近寄りたくない的場にとうとう見つかってしまった。
どうなってしまうんでしょうか?

「我々は強い力を持つ妖怪を手に入れるたい
そして強い力を持つ人間も」


完全に夏目狙いじゃないですか!

次回がとても気になります



ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201201/article_2.html



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 夏目友人帳 肆 1 (本編Blu-ray+特典DVD+CD) (完全生産限定版)







Last updated  2012.01.03 07:03:07
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.