5618019 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

「私の少年」7巻 ざ… New! らいち♪♪さん

たこ焼きの粉でお好… 春乃もも太さん

アーモンドピークと… ふかちゃん0118さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2012.02.14
XML
カテゴリ:夏目友人帳
夏目友人帳 肆 第7話「人と妖の間で」


「夏目は捨ててはいけないんだよ。
キツイかもしれないけど夏目にはきっと必要なんだ。必要なんだよ」



夏目が常に抱える恐怖
田沼が初めて感じる気持ち




公式HPより


捕らわれた夏目の行方を探す田沼は、妖の世に迷い込んでしまった。
妖怪達の集まる館へと足を踏み入れた田沼は、なんとか夏目の解放に成功するが、妖怪達に正体がばれてしまう。
妖怪達が襲い掛かろうとしたその時、袋をかぶった男が現れ、夏目と田沼を救い出す




毎回そうではありますが、今回はいろいろ田沼を通して感じる事が多い回でした。





「おやおや・・妖の世に迷い込んで来てしまうとは変わった人の子だ」

妖怪かと身構えた田沼だったが、逆に、その者に見逃してやると言われる。

「見つかったら宴の肴にされてしまうよ」

それでも、夏目を助けなくては!
忍びこもうと思案する田沼

突然顔を出したニャンコ先生に驚く田沼

「静かにせんか!バカチンがー!!」



鬼猿に言われて、貢物を持って集まってきた下級妖怪
酒や食べ物をふるまわれている。

そしてたくさんの貢物の中に夏目の入った瓶もあった



しかし、田沼の言葉が気になる。
彼を危険に巻き込まない為にも早く逃げ出したい

それにしても、夏目の名が広まり過ぎているのか?何故かみんな夏目を知っていた
代わる代わる、夏目を見ようとする妖怪達



「おい、みんな!騙されるな!!」

突然聞こえたその声は田沼だった
その瓶は偽者で、自分が持っている徳利の中にこそ夏目が入っていると言う田沼。

田沼に方法があると言われたニャンコ先生は田沼にその場を任せたのだ。

「あの田沼にどこまで出来るか・・・」

しかし、夏目の名と共にどうやらニャンコ先生の存在も知られ始めているみたいで・・・

「さすがに今暴れるのは得策じゃないか」

心配だが、今は田沼に任せて身を隠すニャンコ先生。



田沼の嘘と挑発にまんまとのった鬼猿が、本物と証明するためにとうとう瓶の蓋を取った!
田沼から人間の臭いがすると他の妖怪に気付かれてしまうが、とりあえず、夏目を瓶から出す事には成功する。
しかし、騙された鬼猿は2人に襲いかかろうとする


それを助けてくれたのは先ほど田沼に話しかけた者。
煙幕を使ってその場から脱出する


「まぁいい。心配せずともこの館からは出られんのだからな」

なに?結界とか?何か細工されているのか?



とにかくその場からは脱出できた夏目達だったが・・・
助けてくれた主が誰なのかすぐわかった夏目。

「何やってるんですか?こんな所で」
「言いたくないな。また喧嘩になるからね」

何をしに来たのかわかっているのでキツイ表情の夏目。
何が何だかわかっていない田沼を見て、こんな所に連れてくるのは良くないなと夏目に言う名取。

必死に、自分が自ら夏目を助けるためにここに入り込んだんだと主張する田沼。

「俺が悪いんだ。俺が迂闊で瓶に閉じ込められたりしたから」

田沼を巻き込んでしまった事を悔み暗い表情になる夏目

「少しは身にしみたようだね。妖怪に関わり過ぎて名前を覚えられる事がどんなに危険か」

この言葉でやっと目の前の者が妖怪じゃないとわかった田沼に、名取は頭にかぶっていたものを取り、自己紹介をする。

「今度映画に出るんだ。タダ券をあげよう」

おいおい(笑)


しかし、そんな事をしている場合ではない
タイミング良く、そこに現れたのは柊と瓜姫。
名取は2人に夏目と田沼の為に着物と面を用意させる。

それだけでなく、田沼に興味を示し名を訊ねる名取
そんな名取に勧誘しないよう睨みつける夏目。

「田沼がどんどんこっちの世界にきてしまう!俺のせいで・・・」

巻き込みたくない気持ちとは裏腹な事態になってきている事に後悔ばかりの夏目。



そこに、人間の臭いを嗅ぎつけた妖怪が扉の外まで近付いていた。
だが、すぐに倒されたような声と倒れる音。
代わりに入ってきたのは・・・

「ここかぁー!ガキんちょ共!!」

レイコの姿に変化したニャンコ先生だった

「なんだ君、人に化けられたのか」

ニャンコ先生がガン見した人間はレイコと夏目だけなので、どうしても似てしまうからとニャンコ先生ソックリの面してるトコが笑えます



しかし、この館はいろいろおかしい。
窓は壊れない
さらに、窓から見える景色が隣り合わせの筈なのにこっちは1Fの景色。こっちは2階から見える景色
肝心のおみばしらの行方もわからない
なのに、悪い気がどんどん強くなっている

とにかく柊は2Fを調べてくると消える。


向こうを調べようと歩き出した田沼を引きとめ、何かあってはいけないからここにいてくれと頼む夏目だったが、自分で勝手に来たんだからと聞かない田沼。
見えないならともかく、妖の世に来て見える今なら夏目を手伝えると。

しかし、田沼は気付く。夏目の身体が震えている事に

「田沼の気持ちは嬉しいんだ。でも、そのせいで田沼が傷付いたりしたらって・・・」
「それだけ妖怪の世界は危険だって事さ」

すると突然妖怪の叫び声が!
慌てて駆けつけてみると血が廊下に点々と

「多分喰われたんだ」
「なるほど、そういう事か」

鬼猿達が低級妖怪にビラをバラ撒いていたのは、貢物ではなく、その妖怪達こそおみばしらへの供物だったのだ!
低級妖怪達を食べて力を付け始めているおみばしら

となると、出口を見つけるかおみばしらを封印するしか脱出する方法が無い

「大丈夫だ。絶対ここから田沼を返す」

改めてそう誓う夏目。
とにかく、一刻を争う事態となってしまった為、夏目は名取とおみばしら探しを。
田沼とニャンコ先生は出口探しにと二手に分かれる事になった

ニャンコ先生にくれぐれも田沼を頼むと頼み、名取は田沼に御守りの石を何かの為にと渡す。



名取と2人になって、さっき当たってしまった事を謝る夏目に、意地の悪い言い方をしたと詫びる名取。
祓い屋と繋がっている事を友人なのに話していなかった事を指摘する名取

「いや、友人だからか・・・」
「・・・はい」



「深入りしない事だ」

一方、ニャンコ先生と2人になった田沼は名取に付いて訊ねた際、先生からそう注意される。

ちょっと開いている扉
中を見ると飛び散った血

「これだけ喰ったとなるとおみばしらの奴、相当力を取り戻したと見える」

今まで関わった妖怪の事件とは全く異なる残虐な様子
塔子達に話せるような内容じゃない事理解した田沼。
だから、先ほどあんなに強く自分を返してくれると誓ってくれたのだと。

「夏目、どんな顔してた?俺が力を貸すって言った時」

田沼は、口でなんと言おうと喜んでくれるんじゃないか。楽になるんじゃないかと思って手伝うと言い出したのに。
実はとんでもない間違いをしてしまったのでは?

「夏目に聞け!」

それだけ言って答えないニャンコ先生



廊下に出た途端、おみばしらの足跡を見つけたニャンコ先生は足あとを追って走っていってしまう。
しかし、田沼は頭痛と共に感じた気配を追ってニャンコ先生とは違い方向へと向かってしまう。
すると、突然壁から現れた目

「うわぁぁぁーーー!」

田沼の悲鳴に慌てて駆けつける夏目と名取。
そこに田沼が倒れていて石が割れていた。

どうやら石のおかげで助かったようだ。
しかし、毒気にあてられ気を失っている


とにかく出口が見つかっても、このままオミバシラを放置したまま脱出というわけにはいかなくなってしまった。
封印の準備をする為に夏目の肩に手を置いた名取だったが

「ずっと恐かったんです。いつかこんな事が起きてしまったらって・・・」

本当の田沼はこんな場所に簡単に立ち入る性格じゃない。
思慮深くて慎重で。
お父さんと2人暮らしだから心配かけないよう気を付けてて

自分が捕らえられてしまったから。
無茶させて

「俺、どうしよう!
もしかしたら俺はもうここに・・・」


パニックになりかけた夏目の心を鎮めたのは名取

「夏目は強いんだよ。私はそういうのが煩わしくてとっくに捨ててしまったから上手く言ってやれないけど・・・
夏目は捨ててはいけないんだよ。キツイかもしれないけど夏目にはきっと必要なんだ」


そこに柊が上の階におみばしらがいると知らせに来る。
落ち着いた夏目を連れて封印するために走る名取



上の階ではおみばしらに追いかけられ逃げ回っている妖怪たち。

「おみばしら様、お腹がすいているんだろ?」

そこに駆けつけた夏目がおみばしらを誘導する。
夏目の後を追いかけてくるおみばしら。
壁をすり抜けて降りてくる。
しかし、その足元には名取が準備していた陣が!





字数の関係で完全版はコチラ




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201202/article_32.html



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします



 河野マリナ / たからもの

 夏目友人帳 ミニフォトアルバム 菊牡丹【予約 02/25 発売予定】






Last updated  2012.02.15 22:52:19
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.