5749660 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

冷やし中華の季節が… New! 春乃もも太さん

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

【二次元妻帯者の夜… 楽天VIDEOさん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん

Category

2012.03.24
XML
妖狐×僕SS 第11話「陽炎」


「誰よりもお傍にーーー」

双熾の過去。そして凜々蝶との出会いーーー



公式HPより


先祖返りの家、御狐神家。そこに生まれた双熾は幼い頃から軟禁され、祀るように育てられていた。親との関わりもなく、1人孤独に育った双熾。彼は自由になるために女性達を利用した。嘘をつき、心につけいり、弄んだ。そんな彼の心に触れた1人の少女がいた。少女の名は『白鬼院凜々蝶』といった。



アバンから妖艶な笑みを浮かべる少年双たん。
それにしても、いよいよ最終回が近いからか?OP無しでいきなり本編とは!!
なんかもう駆け足ですなぁ~・・・


双熾の家、御狐神家もまた、他の先祖返りの家同様反映した家だった。

始祖の再来として敬い、大事に育てる表解釈とは別に、裏解釈も存在していた。
まさに御狐神家はソレ。
強大な力を持つ九尾を管理する。
祀るように軟禁・・・

双熾を学校には通わせていたものの、土蔵に閉じ込めメイドが服などを運びに来るだけ。
土蔵の中が双熾の世界の全て

持っているモノは学校で学べる程度の知識と、生まれ持った小賢しさと自分だけ。



最初はメイドだったーーー



孤独で可哀想な人肌恋しい少年を演じ、女性の心の隙に入り込み。
そしてより力を持つ女性へと乗り換えていく少年双熾

やっと辿り着いたのは一族の中で一番権力を持つ女性。
子供も無く、夫からも相手にされなくなっていたその女性に取り居るのは簡単だった。
女性として扱うだけ。
まずは彼女のペットとして自由を得た。
でも、まだそれでは満足出来ない。

でも、すぐ次のターゲットと出会う事となる。

1年後に出会った蜻蛉の母、青鬼院菖蒲

「やっと・・やっと解放されるんですね?」

彼女には色仕掛けは通用しなかったが、彼女が十分憐れんでくれた事で交渉し、双熾を引き取ってくれた。
息子、蜻蛉の相手として

「男性ですか。初めてですが頑張ります!」

おいおい!相手は男でも女でも構わんという事かい?(萌えっ)
ますます残夏とくっ付けたくなるじゃないか!(≧m≦)ぷっ!


kagerou5

「今日からおまえは私の玩具だ!
手始めに靴を舐めて貰おうか」


おいいーーっ!この頃からこうだったんかいっ ヾ(ーー ) オイッ>蜻蛉

仮面と眼鏡。あと、髪の長さを抜かせば全く変わっておらんな(笑)


なんでもないとばかりに膝をつき靴を舐めようとする双熾に「プライドは無いのか?」と問う蜻蛉。

「自尊心とは自分あってのものです。蜻蛉様
あなた無くして尊べるものなどありません」


うーん・・・すっかりもう今の双たんが出来上がってる感じですな~(^^ゞ


自分で自分の責任が取れる年になるまで蜻蛉の家に居るように言われた双熾は、蜻蛉の話相手兼世話係となった。
いつか、1人になった時のお金が欲しかったから。
残夏と共に、卍里を弄んでいる様子を見ていても、「20歳までの辛抱」と常に微笑みを絶やさずに。
やっていける筈。今までもこの身1つでやってきたのだから。



「この手紙にイイ感じに返事を書いておいてくれ」

突然、蜻蛉から頼まれた手紙の代筆。
蜻蛉の婚約者・白鬼院凜々蝶からのものだった

面倒くさいの一言で頼まれた代筆。
内容や綺麗な言葉使いから丁寧で繊細な印象を持った。

蜻蛉として嘘の無い程度に美化しなくてはならない。

「今まで通り、相手に好まれるように合わせればいいだけ」

簡単だーーーそう思っていた

しかし、今まで目の前に居て反応を見ながら相手をしてきた自分にとって本来人が持つ「感動」というモノが無かった。
その為に、数回やり取りをしていくうちに行き詰る事となってしまった
人柄は装えるが、感じてもいない事を書くのは難航した。

あくまで蜻蛉として好かれる
頭の中で計算して感銘を受けたと書けばいい・・・

「なんてつまらない男だ」

突然、蜻蛉との初対面の時に彼に言われた言葉を思い出しハッとしてしまった

「こういう事か・・・」

いや、ちょっと違う気もするが(笑)

拘りも無く、小さな事に気を割く余裕もなかった少年時代
やっとその事に気付いて自分。

それからも続いた文通。
返事を書く為に今まで見向きもしなかったモノに目を向けるようになった

繊細
敏感
潔癖


とにかく感傷的な人・・・凜々蝶に対するイメージが長く文通していくうちにそんな風に変わっていった。
とにかくいろんな事について話し合った

蜻蛉になりきり返事を書くのにも慣れてきたある日、
手紙を読みながらふと漏らしてしまった微笑み。
それと同時に、想像する事がこんなに錯覚をおこしてしまう事を知った
今まで、役に引っ張られた事などなかったのに・・・
いつの間にか凜々蝶に感化されていた

彼女の真似事に過ぎなかった
しかし、神経が広がっていくようだった


ある夏休み
凜々蝶が蜻蛉宅に滞在する事となった

「どんな人だろうかと興味があった」


ririchiyo7

「お出迎えわざわざどうも。暫くお世話になります・・とでも言っておくべきかな?」

あああっ!ちよたんの言葉遣いも既にこの頃は完成形(爆)

「あれが我が婚約者殿だ。驚いたか?」
「いいえ」

しかし、手紙との彼女とは同一人物に思えなかった
こちらと同様、代理を立てていたのでは?と思えるほど。
なにより、内容よりも幼い。
そして愛想笑いなどしなくても愛される存在は自分とはあまりにかけ離れている

冷たく笑う双熾
でも、一番驚いたのは落胆している自分に気付いた事だった



「手紙の主があれでは幻滅したろうが、まぁ嫌ってやるな」

前からなんとなーく感じてきたけど、言葉遣いの割に蜻蛉って優しいよね。
意外に気遣いの人って気がするわ

そして代筆だとばかり思っていた手紙が、凜々蝶本人からのモノと知り驚く双熾

「飼われているという意味では貴様と同じか・・・」

学校でも嫌われ、家でも上手くいっていないのだと凜々蝶について話してやる蜻蛉。
それを聞いて、ますます器用に立ち居振る舞わなくては

しかし、1人ベンチに座って手をギュッと握っている彼女の姿

「同じじゃない!
彼女は自分のような無情な人間ではない」


幼いながらに、日々、いろんなモノを感じている事に誰がそれを知っているのか?
誰が気付けているのか?
項垂れたその身体はあまれに自分と違い過ぎ、そしてそれを痛々しく感じた。


「この感情だけは自分のものだ」

蜻蛉を演じている自分ではなく、素の自分が感じた感情




蜻蛉は既に家を出ているのに、律儀に手紙のやり取りをしていた双熾

「よいぞ、よいぞ、略奪愛」

蜻蛉って双熾の思いにすぐ気付いちゃったんですねー!
この人も意外に敏感な人だ(笑)

でも、双熾はただ彼女を見守りたかっただけ


あの夏休みから以前以上に内面を書いてきてくれるようになった凜々蝶
彼女のどんな部分も尊いと感じる
彼女が自分に心を開いてくれている事が嬉しかった
でも、次の瞬間、我にかえる・・・その返事は自分にではなく、自分が作り上げた偶像に対してだと。


彼女の手紙に、子供の頃の話が聞きたいと書いてあった。
それで、思い切って本当に自分の事について書いてみた
いろんな部分をボヤかして
どうでもイイ衝動。
でも、その時理解した。小説の中の主人公の気持ち

世界には自分と彼女しか無かったーーー


しかし、彼女からの返事は

『少し近付けた気がします』

本当のあなたが見えたような気がします
と。

初めて書いた自分の事に対して、初めてと書いてくれた彼女
こんなにも乏しいものが自分なのだと

「気付いてくれたんですね?ありがとう」

自分もまた、凜々蝶と出会った事でいろいろ気付けた・・・と感謝する。



いよいよ20歳になった
出ていく際に、春まで独り暮らしをすると菖蒲に言う。
はるからはメゾン・ド・章樫でシークレットサービスとして働こうと思うと。
蜻蛉の世話をしたいと言う。
でも、本心は


「誰よりもお傍にーーー」




そして現在
騙していた事になると項垂れる双熾

自分の事を知って貰いたくて書いたあの手紙。
でも今は、追求されるのが辛い



字数の関係で。
完全版はコチラ






ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201203/article_40.html



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 妖狐×僕SS ミニフォトアルバム[ブロッコリー]《05月予約》

 妖狐×僕SS お守り 青鬼院蜻蛉 -傍若無人《03月予約※暫定》






Last updated  2012.03.24 05:49:26
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.