5764293 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…
rumi0503@ デス・パレード 第6話のCパートと感想です。 Cパート なんだかわからんが、原田のワ…
rumi0503@ 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第17話の感想その他です Cパート 3日目スタート直前で現れた御…

Favorite Blog

桜を愛でよう♪ その2 New! 春乃もも太さん

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん
Mama's Diary ぽたママさん

Category

2013.03.09
XML
PSYCHO-PASS 第20話「正義の在処」



「さて、はじめようか」

槙島のバイオテロが今始まろうとしている



あらすじはコチラ




今回はとにかく終始朱ちゃんが男前で。
彼女が本当に男の子だったらもっと萌えて応援してたのにな~と思ってしまいましたわ(^^ゞ




ドミネーターの音声により、世界の中心ことシビュラシステムの真髄まで辿り着いた朱。
そして狡噛の予想どおり、その道の第一人者である管巻の所にやってきていた槙島。
彼が管巻に近付いた理由は・・・管巻を背にし剃刀をポケットから取り出す槙島。

makishima6

「かつての責任者であるあなたの手を借りて 簡単に突破出来ますよね?」

こんな屈託のない笑顔で(汗)


暫く後、狡噛が到着すると槙島により既に殺された管巻の姿が。
そして彼からは全ての指の第二関節から先と眼球が抉り出されていた。




その頃、シビュラシステムの真相を知らされた朱。

「縢くんはここで死んだの?あなた達が殺したの?」

シビュラの勝手な言い分に怒りで身体を震わせる。

「槙島を裁けなかった役立たずのクセにっ!」

完璧なシステムが聞いて呆れる!
こんなシステムに人間の生き死にを任せていたなんて!

憤る朱に実に冷静にシビュラを構築しているモノの正体を。
そして槙島もこれに組み込もうとしている事。

つまり、システムから逸脱している者を取り込みシステムを守らせる事こそ合理的。

そしてここに脳だけとなってシステムに取り込まれている者たちは、かつては全員が免罪体質者であった事などを明かす。

「じゃあ、シビュラって悪人の脳をかき集めた怪物がこの世界を仕切ってたって言うの?」

自分たちが考え作り上げていったこのシステムが全て正しいかのように、理路整然と朱に語って聞かせるシビュラ。

「我々、シビュラの意思そのものがシステムであり、倫理を超越した普遍的価値基準なのです」

でも、それはどう聞いても一方的なエゴ。

「ふざけないでよ!何様のつもりよ!!」
「あらゆる矛盾と不公平の解消された合理的社会の実現。それこそが人類の理性が求める究極の幸福です」


しかし、朱はドミネーターを振り上げただけ。
そこをまた突かれる朱。

「シビュラシステムの優位性と必要性は否定できていない」

嫌悪し憎悪しようとも、正統性よりも必要性を重視する朱を見抜いての今回の告白。
現に、秘密を守るため縢を殺した事を責めながらもそこ止まり。
そしてそれを見越し、他者に秘密を暴露する事もしないだろう・・・そこまで見越しての告白だった。

「ナメるんじゃないわよ!アンタなんかアンタなんか!!」

ここでシビュラは改めて朱に問う

「貴女はシビュラシステムの無い世界を求めますか?」

唇を噛みしめる朱。でも、NOとは言えない。
今の朱にはシビュラを否定するほど明瞭な理想を持っていない。

「知ったような口をきかないで!」

でも、相変わらず身体を震わせるだけ
そしてシビュラの今回の会見は朱と協力関係を築くためと言うシビュラは、一係の実情を話し始める。

狡噛の暴走。宜野座の消耗。

これにより機能不全に陥りかけていると。
だから、新たなリーダーを作らないと槙島の捕獲に支障が出ると。
そして朱もまた状況による理解不足がもともと持っている潜在能力を生かし切れていない状況を作っていると考える・・・と。
だから、ここで真実を教える事で朱自身のモチベーションを上げる最善の方法と考えたと話す。

あくまで自分達と朱の価値観は一緒を強調するシビュラ。
だが、あくまで朱は槙島は正当な方法で処分されるべきと考えているだけで、イコールではないと主張。
だから、過去に何らかの罪を犯したのなら、自分達も何かしらの罰を受けるべきと言う朱に対し、今までの働きで十分役目を果たしていると言うシュビラとどうやっても平行線な話し合い。

「都合がイイのね」


そんな朱の脳裏に浮かんできたのは、まだゆきが生きていた頃。判定によってどの職業に就くかみんなとワイワイと話していた頃の事。

「朱のスコアとサイコパスなら人生バラ色よね」
「でもさ、こんなに何から何まで勧められても・・・結局どれがイイのか
私、どうやって決めたらいいんだろう?」


「わっかんねーよ!」

ここで出てきたのは縢
それはかつて彼が朱に言った言葉。
(確か、このシーンだけ縢は厳しい口調でしたよね)

そんな彼の言葉に涙を浮かべながら頷く朱。

「誰もが自分の人生を手探りで選んでた。
それが当たり前の世界があったなんてね」


「本当の人生?生きる事の意味?
そんなもんで悩む奴がいるなんて考えもしなかったよ」

「そうだね。辛くて重い悩みだよ
でもね、それを悩むってそれはとても幸せな事じゃないかって


朱の言葉にニッと微笑む縢

すると、今度現れたのは槙島。

「人は自らの意思に基づいて行動した時のみ価値を持つものと思っている」

今ならその考えは少しはわかる。
さらに問う。

「そもそも、何を持って犯罪と定義するんだ?
シビュラシステムが決めるのか?」

「違うよね。それがそもそもの間違いだった・・・
きっと大切なのは善か悪かの結論じゃない。それを自分で抱えて、悩んで引き受ける事だったんだと思う」


それでも、まるで槙島が人の勝ちを決めるが如くな物言いには真っ向から否定する。

「全部誰かに任せっぱなしで、何が大切な事なのかなんて考えもしなかった。
それでも私は幸せだったと思う?


ゆきの問いに

「幸せになれたよ。それを探す事はいつだって出来た。
生きてさえいれば誰だって」


朱の答えに微笑みながら消えていくゆき



ノナタワーから出た朱は、宜野座からの電話で市川で殺人事件が起こった事を知る。
現場から狡噛の指紋が出た事も。
ノナタワーで知った事は誤魔化した。

電話を切った後、朱はシビュラに手伝う代わりにと交換条件を出す。
槙島を生きて連れ帰ったら、狡噛の処刑指令を取り消せと。
最初は突っぱねるが、朱はこちらの条件を飲まないなら槙島を見殺しにすると脅す。
しかたなく生きたまま槙島を連れ帰ったらという条件付きで約束をするシビュラシステム。

「いざとなればこの手で殺してやる!」

殺したいなら殺せばいい!縢くんみたいに・・・そして、別の手ゴマを探せばいいとドミネーターを自分の胸に押し当てる朱

正直、これは色相が濁りにくい朱の体質だからこそ出来た事かもしれないし、また今回シビュラの秘密を知ったからこそかもしれませんが、ギノにこのくらい言える度胸みたいなものがあったなら・・・とついつい思ってしまいました(^^ゞ
彼を助けたい気持ちは絶対ギノの方が強いと思うんですもん。
でも、ギノちゃんはせいぜい建物の外に出してしまえば!という程度しか思い付けない彼が可愛いです。

それにしても、肝の据わった朱ちゃんおっとこまえですわ!!



現場に到着した朱。
説明を受けると喉を斬られた傷から、犯人は槙島かもしれないと言い出す。
指紋は狡噛のしか出ていないが、この殺された管巻が次の槙島のターゲットである事を何らかで掴んだ狡噛が自分達より先にここに辿り着き、死体を見つけると再び槙島を追いかけるために消えたと考えられないかと。

「やはり、狡噛が先を行っているという事か・・・」

だとしても、何故管巻が槙島に殺されたのか?

そこで、朱は狡噛の立場になりどうなると具合が悪いか考えてみる。

ってか、完全に主導権は朱ちゃんになってますね(^^ゞ
ギノも文句言わないし

管巻をなぜこのままで放り出していったか。
どこかに死体を隠されていたら、自分達は間違った方向で行き詰っていただろう。
そんな事を話す朱が狡噛とダブッて見える宜野座。

さらに朱は、狡噛はもし自分が失敗した際に代わりに辿りついて貰えるよう何か手掛かりを残している筈と言い出した。

「問題はその手掛かりにいつ気付くか・・・試されてるんです、私達」

槙島に対する執念が同じかそれ以上かという事を。
そしてドローンに目から喉にかけて調べさせると、気道に何かを発見する。
検視科を待とうという言葉に「それが狡噛さんの時間稼ぎ」と言い調べ始める朱は、喉の奥からそれを引っ張り出す。
音声データだった。

そして声の主は狡噛で。

内容は、殺されたのが管巻という元農学博士で、ウカノミタマウィルスの開発責任者である事。
槙島は北陸の穀倉地帯の壊滅の何らかのアイデアを引き出した後殺したのだという説明が吹き込まれていた。

指と眼球は何らかのセキュリティを突破する為に必要で持ち去ったのだろうと。

「出雲大学のラボが怪しい」

そのラボは現在、ウカノミタマウィルスの管理センターとして使われている。
そして予想どおりその場所へと辿りつき、中へと入っていく槙島。


aka-gino

「単独でバイオテロだと?!」

「急ぎましょう!今ならきっとまだ間に合います!」


槙島は、早速抉り取っていた管巻の眼球を使い扉の奥に入っていく。
そこにはウカノミタマウィルスを管理している装置が。
パソコンを使いその装置を動かしていく。

そして外にはやっと到着した狡噛の姿が。


makishima8

「さて、はじめようか」




感想はコメント欄にて



※ ラジオ第11回目聞きました。ゲストは佐々山役の浅沼さんゲスト回
それにしても、ショートドラマは酷かったー(笑)
ブスに手厳しい佐々山(苦笑)彼の前ではウブなコウとギノ。
女遊びを教えたのは佐々山として、コウとギノのソッチ系スキルに差が出てきたのはいつからなんだろうか?(≧m≦)ぷっ!





ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201303/article_12.html



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします









Last updated  2013.03.09 18:21:39
コメント(2) | コメントを書く
[アニメ(原作:小説&ゲーム&その他)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.