285276 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

K氏のひとりごと

PR

2020/07/01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

富田 望生
すっかり「でぶキャラ」が定着してしまった。
元はこんなに細くてかわいい子だ。
そのうちライザップするかな。

キムタクの「教場」で警察官の候補生の一人を
演じるが、印象深い演技で他の演者を圧倒していた。



映画の「天気の子」。深海さん公開時に野田洋次郎と
一緒にしょっちゅうテレビに出て宣伝していた。
多くのCMともタイアップして期待を煽り・・
あまりにわざとらしすぎで・・
僕はきっと前作の「君の名は」ほどではないだろう
と勝手にネガティブに考えていた。

んがしかし それはまったくの誤解だった。
正直言えば前作よりもはるかにエモーショナルだった。




母をなくしたことで、親不在となり
生活の為アルバイトをがんばる
ひなちゃん。アルバイトがクビになると
しかたなく「風俗嬢」になろうとする。
そこまでするのは、全て小学生の弟「凪(なぎ)」
のためだった。ひなちゃんは姉であるのと
同時に母親としても役割を果たそうとしたのだ。
ま風俗嬢になるのは家出少年の帆高に救われる?
のだけど。


子供たちはたくましい。ひなちゃんがなぜか雨を
止ませる能力を身に着けたことで、降りやまぬ雨を
止ませる「晴れ」屋を創設し起業するのだった。
晴れ屋は運動会、結婚式、イベント 晴れでなければ
ならない日の願いを確実に叶え、盛況だった。
まるで超能力だが、まそこは漫画なのでね。
前作でも過去の事件を解決したりもしてるわけで。



しかし、ひなちゃんは超能力の代償としてとんでもない
ピンチを招くことになる。

穂高はひなちゃんに対する気持ちに気づく。
そして何があっても 何よりもひなちゃんを愛することを決める。
愛する人のためなら何でもできる!
銃を撃とうが、国家権力を敵に回そうが
たいせつなことの順序を知った。
穂高に彼女はすべてのすべてだった。

・・こういう真っ直ぐな気持ちって やっぱ泣けちゃう。

果たして穂高は彼女を救えるのか??



面白いよ。ああDVD買って良かった!



・・僕は熊本出身で、もう郷里を離れてから何十年にもなるが
近くに同郷の者がいるのでなかなか方言は抜けない。

熊本には動物園が市内の真ん中にある。休みともなると多くの
子供たちが集まる、湖の側の景観の良いところで
熊本でも有数の名所だ。僕も子供の頃よくかよった。


父は生きている頃はずっと看板屋をやっていた。
映画館や店舗に数多くの看板を設置した。
父も無学だったが、勉強して会社を作った。自らがトップの
技術者であったので、それなりに盛況だった。
しかし父は酒のみで、深酒が好きでそうなるともう手がつけ
られなかった。姉の結婚式でも国会議員の仲人さんに
しつこくからむしまつ。こまった親父だ。
でも彼はいつも笑顔だった。子供が好きだった。

もう何十年も前に、動物園内にライオンや象など多くの動物の
絵を描く仕事があった。その絵があると子供たちがすごく
喜ぶのだと父が言っていた。姉の子も父の絵の大ファンだった。

姉から連絡があった・・それが今もあるんだって。
父は亡くなっても父の笑顔はそこらに残されたままなんだなあ。
そんなふうに思えた。

・・明日もきっと雨は降り続くのだろう
東京にも故郷にも そして自らの心にも






Last updated  2020/07/02 05:29:48 PM


Profile


Coo(K氏)

Archives

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.