168036 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ひとりごと

PR

全584件 (584件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >

2017/03/20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
かつて大人気だった「妖怪ウォッチ」も随分と落ち着いてしまった。

コマさん。

狛犬の妖怪で、「癒しの白犬」として一番人気。

・・でも誤解がある。
狛犬は犬ではないのさ。

JR八高線の駅で「高麗川」という駅があって
「こまがわ」と読む 高麗=こま なんだな。
高麗は中国のことで 狛犬=高麗犬で こまいぬは
 中国の獅子って意味。
 そう 犬じゃなくてライオン!

分かっていて犬としたのか、無知でそうしたのか
分からんけど、結果 白犬として良かったのかもね。

田舎者で 優しくて 弟思いで ソフトクリィム大好きで
いつも一生懸命な コマさん。 ほっこりさせてくれる。



・・妖怪ウォッチを見る大人はずいぶんと減ったと思うが
ここにきて 面白いシリーズが始まった。

それは・・

左から ジバニャン(くず) けいた(毛虫男 くず) コマさん(くず)

「黒い妖怪ウォッチ」シリーズに出てくる人も妖怪もすべて
クズ野郎という設定。 小さい子供にこのビジュアルはショックかも。

僕には大うけだが、ちょと許せないこともある。

ご存知 妖怪ウォッチのヒロイン ふみちゃん

超絶美少女でクラス中の男子を虜にするふみちゃん。

がそれが・・

やっちまったなぁ ふみちゃん クズ野郎バージョン

ヒロインを貶めるとは、子供アニメのタブーを破った恐ろしい行為!
これだけはやっちゃいけなかったなぁ^^

妖怪ウォッチもいよいよ追い詰められているってことなんだろう。
ファンは減ったが僕みたいにひそかに応援しているおじさんもいる。
がんばってほしい。 アンドロイド山田にも。






Last updated  2017/03/20 05:25:10 PM
2017/01/06
カテゴリ:カテゴリ未分類
唐田えりか
back numbedr 「ハッピーエンド」MVに登場。ソニー損保のCMでは
分からなかった彼女の魅力満載です。

遅くなりましたが 新年のお喜びを申し上げます。

まあ例年 今年こそはと色々神頼みをするわけですが
それが無駄なこととは知りつつ、幸せを願わずにはいられません。



・・そういえば年末年始 いつもより暖かでしたね。
今日(6日)あたりからは本格的に寒くなってきました。


・・埼玉県の女子高生。
彼女が自転車で通りかかった道には、なぜか一面に古紙がちらばって
いました。
その場をいったんは通り過ぎるのですが、彼女は気になって
引き返し 古紙を一枚々々拾い上げました。

それはすぐに両手いっぱいになって、自転車かごに
いれても足りません。

しかたなく彼女は近所のコンビニへ行き
ゴミ袋を購入しました。


・・そしていつのまにか古紙はコミ袋3枚に
いっぱいになっていました。

道いっぱいに広がっていた古紙。
通りすがりの人はみんな見て見ぬふりであったのに。
彼女はたった一人で、信号が青に変わるのを待ちつつ
根気よく道路に出てきれいにしました。



・・この記事を見て、涙がぽろぽろこぼれました。
いい話とかそんなことより、きっとこの子は一人で
心細かったろうなと思って。



・・年初にあたり 誰もが幸せを願う。

でも しあわせの種はまかなければ しあわせの芽は育たない
ものなんだろうと思う。



・・困っている人みかけたら ちょっとだけ勇気をだして
声をかけてあげてくださいね^^






Last updated  2017/01/06 02:46:49 PM
2016/10/22
カテゴリ:カテゴリ未分類
電通の女性社員が亡くなった。まだ若く美しい女の子が 痛ましいかぎりだ。
この事件に関して、ある大学教授が「たった100時間程度の残業で
過労死とは情けない」「僕らのころはもっと過酷だった」などとツイートした。

この愚かな人ならずとも、同じ思いの輩も少なからずいただろう。
「今の若い子たちは脆い」「俺たちはもっと長時間働いた」と。
多くは中高年のオヤジさんだろう。オヤジさんたちは我武者羅に働いた
企業戦士だという思いが強い。そのタフぶりを自慢したいことだろう。

電通は今後、残業時間短縮をめざして努力するそうだが
オヤジさんも電通も本当に分かっちゃいない。

若い人を酷使して、メンタルを壊して死に追いやる。
その本質は何だ?

彼女は休日返上で作成した資料をボロクソ言われ
「君の残業はムダ」と誹謗された。

彼女は長い残業に負けたのではない。
彼女はほんの少しも「理解」されないことに苦しんでいたのだ。


・・ある国での話。そこでは刑務所に収容された受刑者に
毎日運動場に「杭」を打たせる。受刑者は横にずらっと並び
50cmくらいの杭を足元にハンマーで打ち込み始める。
一本打ち終わると、次は前に少し進み また杭を打つ。

これを繰り返し、運動場の端まで行ったらこんどは
今まで打ってきた杭を順番に抜き始める。
また元の場所に戻ったら ふたたび杭を打ち始める。

これを一日に何度も何度も繰り返す。

看守はこの作業の意味も何も一切受刑者には伝えない。


・・ひと月も経った頃、受刑者の中には精神的におかしくなる
者が続出した。作業自体は単純で重労働というほどのものでも
ないのに。

受刑者は考えていた、自分の作業の意味を。
いったい自分のやるこの行いは何に役に立つのだろうか?と。

人間は意味不明な作業を強要させられると、おかしくなるという
ことなんだろう。なんと恐ろしい刑罰であることか。


実はこのことは我々のよく身近にあることなのだ。

一所懸命にやっていることを誰も評価しない。
褒めてくれない。存在を軽んじられる。侮辱される。誹謗される。

たった一言でも良かった。「よくやってくれた また頼むよ」
その言葉が多くの労苦を救っただろう。

無理解な無能な上司がどれだけ多くの若者の心を傷つけ
メンタルを壊していったことだろうか。

会社の責任は長時間労働などではない。無能な(あるいは人の痛みを理解しない)
者を上司に据えたことだ。

会社は友達集団では無い。厳しさは必要だ。
でもそこに温かい人の心が通ってこそ
よりよく人も企業も成長していけるのではないのだろうか。






Last updated  2016/10/23 02:48:26 AM
2016/10/01
カテゴリ:カテゴリ未分類
円周率=3.14159・・・ 小学生でも知ってる数学の定数。
この数字に終わりは無く、現在では10兆桁以上が計算されている。

円周率にはこの世の全ての数字が隠されているとも言われている。
僕の誕生日も、君のマイナンバーも、免許証番号も・・
まさに「円」は神秘なのだ。



今一番はまっている米ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」。

ソフトウェアの天才、しかも謎の億万長者 ハロルドフィンチは
自らが作り上げた監視システムから事件に巻き込まれそうな人を割り出し
これを救出する。人助けには肉弾戦も必要として、元CIAの腕利き
ジョンリースをスカウトしてタッグチームを作る。
二人の終わりなき戦いの始まりである。

・・ある高校生は悩んでいた。自らの悪戯が原因で兄を
事後死させてしまったのだ。ついには自殺を考えるようになる。

監視システムからその事実を知ったハロルドフィンチは
高校の代理教師になりすまし、その高校生と話をすることに。

高校生は言う。「僕は周りの人を傷つける。大好きだった兄も
死に追いやった。僕はいらない人間なんだ」そういって
列車に飛び込みを画策していたのだった。

フィンチは「・・この世にいらないものなんてない。例えば円周率には
この世の全て(の数字が)が含まれているが、この中からたったひとつの
数字を除いても、もうそれは「円」ではなくなるんだ。」

フィンチの必死の説得に、高校生はようやくおうじ自殺を思いとどまるのだった。



・・今回は決戦兵器のジョンリースを欠き、人助けも難航した。
しかしフィンチの人間らしい暖かい心が伝わる回でとても好きだった。



それにしても
フィンチの言う「この世には無駄なものは無い、必要でないものなんて無い」
は正しいのだろうか?

もちろん高校生を救うための詭弁であったのかもしれないが。

でも自分なりに分かっていることがひとつだけある。

どんな悲しみも 苦しみも 前に進むためのきっかけであることを。


この世に むだなものなんてないんだ






Last updated  2016/10/08 10:14:59 AM
2016/09/25
カテゴリ:カテゴリ未分類
・・今年はとても台風が多いですよね。

気分も沈んでしまいますが、以前に掲載した
ドラえもんの話を読んでください。



・・しずかちゃんが可愛がっている
手乗りの小鳥を見せてもらったのび太は
自分も何かを育ててみたいと言い出す。

ドラえもんは卵を出してみるが、何の卵
だったかさっぱり思い出せない。

それでも卵を温めるのび太にママは
生き物を飼うことを反対するが、パパが
とりなしてくれる。

・・だが生まれてきたのは、なんと台風の子供!
だった。
それは未来の気象台の学者が実験用に作った
ものだったのだ。

捨てようとするドラえもんだが、のび太は嫌がり
「フー子」と名づけて育てることにする。

のび太はフー子にえさ(台風を育てる熱量・・ろうそくの火とか(^^;)をあげたり
散歩をしたりして二人は徐々に仲良くなっていった。

しかしフー子は大きくなるに連れて
いたずらが激しくなり、ママに捨ててくるように
言われてしまう。

だがどうしてものび太にはフー子を捨ててくる
ことが出来ず、なんとか家で飼って欲しいと
涙を流して懇願するのだった。

・・そんなある日、大型の台風が関東を直撃しようと
していた。

屋根の傷んでいた所を直していなかったため
このままでは家の屋根がはがれ、のび太の家は
崩壊してしまう。

それを聞いたフー子は外へ飛び出していく。

フー子が台風と戦っていると知ったのび太とドラえもんは
必死に応援する。
その結果、大型台風もろともフー子も消えてしまった。


・・夜空を見つめ、悲しむのび太。
後日、小さな風が舞っているとフー子のことを思い出すと
いうのび太を、ドラえもんは優しい笑顔で見つめるのだった。  

(完)






Last updated  2016/09/25 09:16:41 PM
2015/12/31
カテゴリ:カテゴリ未分類
hinako
「岡山の奇跡」桜井日奈子

大晦日ですね。いかがお過ごしでしょうか?



最近、深夜にスターウォーズをテレビで放送していたので
懐かしくて見ました。最初の劇場作品
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
40年も前の作品でハリソン・フォードが若いのにびっくり。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ってのも
見ました。これは当時わざわざ劇場に行ったのですが
何が面白いのかさっぱり分りませんでした。

今見返すと、レイア姫が意外に可愛かったんだと
思いました(^^
女性を見る目が備わったということですかね。

reia

この人、一時はサイモン & ガーファンクルの方割れと
結婚してました。お姫様も還暦です。


ストーリーとしてはラスボス(ダース・ベイダー)が実はヒーロー
(ルーク)の父親であったという展開。
これを見たときに思わず石ノ森 章太郎の「変身忍者 嵐」を
思い出しました。僕が子供の頃にテレビで実写版が放映
されていたのですが、原作のコミックでは似た結末となっています。



今年一年は 一年前に思った一年ではなかったけれど
こうして、また次の一年を思えることに感謝したいです。

未来を予知できれば良いけれど
未来は絶え間なく揺れ動いている
その未来を決めるのは、今の自分の行動だけ

マスターヨーダの言葉です。

しっかりと胸にきざみたいです。

May the Force be with you

来年は素晴らしい年でありますように!







Last updated  2015/12/31 09:46:52 PM
2015/12/15
カテゴリ:カテゴリ未分類
kojiruri
小島 瑠璃子
クイズ「ソモサン⇔セッパ 」でマスコットキャラを
やっている頃、可愛い子がいるなぁと思っていました。
いつもハイテンション。それをウザいと言う人もいますが(^^;
心が沈んだ時、彼女の笑顔には救われる気がするんです。




マイノリティ。少数派のことです。
最近、「同性婚」が話題となり
どこぞの議員が「同性婚は異常」などと非難していましたね。

恋愛は自由。非難するのも自由。
だけど「差別」はだめだろう。

肌の色が違う、言葉が違う、容姿が違う

人は僅かな違いをとらえては、少数派 弱者を見つけて
差別したがるものです。
まことに醜いかぎりです。


ネットニュースで見た話。ある客がレストランでたまたま
隣に居合わせた子供がダウン症でした。
その客は店員を呼び「何でこんな気持ちの悪い子供を
傍に座らせるのだ。不愉快でしょうがない」
と言いました。店員はその客に
「あなたにお出しする食事は当店にはございません」
「おひきとりください」
そう告げました。

店員がまともな人間で良かったと思うばかりですが
この客みたくならないよう正しい価値観が必要です。

弱者を虐げる人間を赦さない人間でありたいです。



私たちはみんな女性だった??

胎児は成長の過程で必ず最初は「女性」になります。
男性にも乳首があるのはその名残です。

その後性分化を果たし男女に分れていくのです。
ホルモンの分泌量は個人差があるため
男性なのに女性的な人、女性なのに男性的な人が
いるのは必然なのです。

それが性同一性障害が起こりうる所以です。

同性婚が少しも「異常」でないことが
分ります。

差別は無知から始まるのです。


私たちはみんな魚だった??

胎児はお母さんのお腹の中で
魚類→両生類→哺乳類と進化します。

魚類であった時はなんと水中呼吸が
できるように鰓さえあるのです。

われわれはお腹の中で10ヵ月で5億年の進化を遂げます。
なんという神秘!


だから、世の中の生物すべてが
僕らの仲間だということです。

どんな生き物にも尊厳を感じてください。
命をたいせつに思ってください。






・・八王子にはお魚の美味しい居酒屋があります。
「小川の魚」

鰻のいろんな部位の串焼が珍しく、岩魚の刺身は絶品です。

美味しい魚をいただく時にも、奇妙なそして
感謝のいりまじった不思議な思いを抱く今日この頃です。











Last updated  2015/12/15 10:37:19 PM
2015/11/15
カテゴリ:カテゴリ未分類
gakki2
ガッキー

掟上今日子の備忘録・・面白い。

記憶が一日しか続かない、忘却探偵(掟上今日子)が
難事件に挑む。

岡田将生が演じる、厄介(やくすけ)はとことん
不運な人生を歩いてきた。事件に巻き込まれることも
多く、その度に掟上今日子に助けを求めるのだった。

・・なんといっても、ガッキーの可愛らしさに目がいくのだけど
厄介の底抜けな優しさが印象的なドラマだ。

人生は恥をかくもの。かっこわるくても恥をかいても
前向きに生きていこうと彼は言う。
100点満点にスマートに生きられれば良いが、どちらかと
いえば嫌なことも多いのが人生。彼の言葉に少し勇気をもらった。



・・先日、友人が財布を拾ったと相談してきた。
中身は少々の現金にカード類。普通には交番に届ければそれで
済むのだろうけど。彼はとても多忙な人間なので僕に代わりに
対処してほしいのだそうだ。

落し物を交番に届けると・・ネットで検索すると
交番でさんざん質問(尋問?)されて1時間も拘束されて
挙句には親指で母印を押すことを強要されたともある。

おぉ これではまるで犯人扱い。堪らんなぁ と思った。
親切が仇になるのか。
近所に交番も無いし。財布は扱いを決めるまでとりあえず
保管しておくことにしようと考えた。



・・だがネットにはこういう話も載っていた。

ある人がやはり財布を拾って交番に届ける話。
一緒にいた友達が「そりゃ面倒くさい」と告げるのだが
その人は、強い意志で「落し物は届けると決めている」と
きっぱり言った。

その人は子供の頃、あまり裕福ではなかった。
そんな中、母親が買ってくれたケロケロケロッピのポチ袋を
宝物にしていたのだが、ある日それを失くしてしまう。

どこで落としたのか?子供は必死で探し回った。
けれど見つかることはなかった。

自分のために、母が買ってくれたポチ袋。
子供の小さな心にはどれだけ大きな悲しみであったろうか。

失望し、泣きながら、とぼとぼと家路についた。


・・「どうしたの?」

そう尋ねたのは、通りかかった交番の前にいた 
おまわりさんだった。
小さな子供が泣きながら、肩を落として歩いていたので
思わず声をかけてくれたのだろう。


おまわりさんは、その子を交番の中に招き入れると
暖かいお茶をすすめ、事情を聞いた。

子供はグスングスンと相変わらず泣きながら
嗚咽をもらしながら、「たいせつなものを失くしたの」
「わたしのポチ袋・・」
そう言うのがやっとだった。

「あぁ」

おまわりさんは何かに気づいたように、その子に尋ねた
「きみが落とした、そのポチ袋の絵は何かな?」

消え入るような声で「ケロケロケロッピ」と
その子が答えると


おまわりさんは笑顔になって
「ジャジャーン」とそのポチ袋を目の前に
出してくれた。


その子は驚いた。もう絶対に出てこないと
思っていた ポチ袋が戻ってきたのだ。
子供はまた号泣した。

子供が何度もおまわりさんに礼をいうと
ポチ袋は近所のおばあさんが届けてくれたのだと
教えてくれた。
「これは、落とした子にとってはきっと
たいせつな宝物だから」
そうおばあさんは言っていたそうだ。

・・後日 母親と一緒に おばあさんの家に
お礼を言いにいった。
おばあさんは、お礼にきてくれたことを褒めてくれた。


あれから多くの月日がすぎたが
今もそのポチ袋を持っているとのこと。そして
それ以来落し物は届けることに決めているそうだ。




この話を読んで、柄にも無く 仕方ねえなぁと
思いつつ、バイクに乗って、僕も財布を届けに行くことにした。



・・どんなことも連鎖する
きっと幸せも







Last updated  2016/10/02 04:05:23 AM
2015/08/31
カテゴリ:カテゴリ未分類
jaiko
前田あつこ=ジャイ子

日曜日にテレビで放映された
映画「STAND BY ME ドラえもん」を録画していたのですが
今観終わりました。


・・ドラえもん作品の中でも珠玉の名作と言われる
「のび太の結婚前夜」「さようならドラえもん」を収録。


のび太としずかちゃんの結婚式前夜。
しずかちゃんがマリッジブルー?でお父さんに
「私結婚やめる!」「私が結婚したら、お父さん寂しいでしょう?」
と言い出す。

お父さんは静かに、号泣する娘に向かって
生まれてきてくれたことへの感謝、それと結婚する相手
(のび太)が如何に素晴らしい男性であるかを語る。

そうして、しずかちゃんは落ち着きをとりもどすのだった。

・・お父さんの言葉は、原作では映画で語られるよりも実は
ずっと長尺で、感動的。娘を思う親心に泣けます。


「しずかは僕らに素晴らしい贈り物を残していってくれるんだよ。
 数えきれないほどのね。」

「 最初の贈り物は君が生まれてきてくれたことだ。
 午前3時ごろだったよ。
 君の産声が天使のラッパみたいにきこえた。
 あんな楽しい音楽はきいたことがない」

「病院をでたとき、かすかに東の空が白んではいたが、頭の上は
まだ一面の星空だった。」

「こんな広い宇宙の片すみに、僕の血を受け継いだ生命が今、産まれたんだ。
そう思うと、むやみに感動しちゃって。涙がとまらなかったよ」

「それからの毎日、楽しかった日、満ち足りた日々の思い出こそ、
 君からの最高の贈り物だったんだよ。」

 
「・・のび太くんを信じなさい。」

「のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。
 あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。」

「それが一番人間にとって大事なことなんだからね。
 彼なら、まちがいなく君をしあわせにしてくれるとぼくは信じているよ」




「さようならドラえもん」では
とうとう未来へ帰ることになったドラえもん。

悲しくてしかたない、のび太は
それでも、これからはどんなことにも
一人で立ち向かわなくてはならない。その決意で
ジャイアンに喧嘩を挑む。

殴られても殴られても、立ち上がるのび太。

「僕ががんばらなければ、ドラえもんが安心して
未来に帰れないじゃないか・・」

ついにジャイアンを降参させるのだった。


いまさらだけど、僕らものび太と一緒に
ドラえもんに成長させられてきたのだと思います。



でも、今まで見てきたドラえもんと大きく異なった
印象も持ちました。

それはジャイ子のこと。彼女はジャイアンの妹で
とても美人とは言えない設定。

・・将来、のび太はジャイ子と結婚したくない、
美人のしずかちゃんと結婚したい。そう願ってきた。
ドラえもんもそれを応援してきた。

ジャイ子との結婚=不幸な未来
しずかちゃんとの結婚=幸せな未来
そんな構図を映画でもメインテーマにしている。

きっと自分もジャイ子なんかと
結婚するなんて考えられないとずっと思っていた。


でも、そもそも女性は美醜じゃない。
そんなことに価値は無い。

成長し、おとなになったジャイ子は
漫画家となり、結婚するのび太に
「結婚おめでとう、よかったねのび太さん・・」

そう言えるジャイ子も「人の幸せを願える」人では
なかっただろうか。


もしかすればジャイ子は子供の面倒をちゃんとみる
肝っ玉な母さんになるかもしれない。
料理上手で、旦那を励まし上手ないい奥さんになるかもしれない。

ジャイ子との結婚もそんなに
悪くはないのだろうと思った。


大きな誤りに気付けてよかった。^^








Last updated  2015/09/01 02:48:23 PM
2015/08/04
カテゴリ:カテゴリ未分類
hinako
佐野ひなこ

ドラマ「デスノート」で弥海砂(あまねみさ)役を演じています。
あまねみさ 通称ミサミサは主人公と同じく
デスノートの所有者です。また人気アイドルという設定です。

デスノートは文字通り、その人の名前をノートに書くだけで
殺害できます。究極の兵器です。

主人公の夜神月(ヤガミライト)はデスノートを使い
凶悪犯を次々に殺していきます。
「悪い奴は死んで当然」の論議はありますが、一部の者たちからは
熱狂的に支持されることとなります。

・・ドラマは主人公のライトと、それを殺人者として追いつめる
名探偵「L(エル)」の頭脳戦を中心に描かれ9年前に
大ブームとなりました。




しかし残念なことに、今回のドラマではミサミサの評判は
あまりよくありません。
busabusa

ミサミサならぬ「ブサブサ」なんて呼ばれています。
佐野ひなこ は細くてかわいいイメージだったのですが
なぜだか、かなり太って見えます。

ちなみに原作の漫画と映画版ミサミサ(戸田恵梨香)を
掲載しますと
misamisa

・・戸田恵梨香は原作イメージに近い
かわいさを持っているという印象です。
この人との比較においても佐野ひなこは惨敗です^^;



・・他にも原作では天才として描かれていたライトを
平凡な大学生と設定変更するなど残念な点はいくつか見られます。
(でもそれじゃ、L(エル)と互角にわたりあうことに
矛盾があるのですが)

それでも原作は優れたストーリーであり
ドラマもそれを踏襲しているわけで
展開はやはり面白いです。

・・個人的には佐野ひなこは太っていても好きです^^



「デスノート」のテーマは先にも書きましたが
「悪い奴は無条件に殺害してもよいのか?法の裁きも受けさせず
一切の事情を排して。」
つまり「私刑」の是非です。

基本的には悪い奴が適正に裁かれているともいえない
現状に鑑みれば、その罪が明らかなら、凶悪なら
遺族の気持ちになれば、「私刑」もありなのかもしれません。


・・北海道で19歳の男が、同じアパートの住人を
意味もなく殺したそうです。

・・愛知県で17歳の男が、見知らぬおじいちゃんを襲い
強殺しました。

・・大阪府で二人の19歳の男が、高校時代の同級生を暴行死させました。
「格闘技の練習台」として。


デスノートがあれば、真っ先に名前を書かれなければ
ならない連中です。しかしこいつらは少年法に守られ
裁判では死刑までにはならないのです。



強い憤りを感じます。



・・でもたったひとつ、それとは違う思いもあります。
もし、犯人が自分の子供だったら?

正義は絶対では無く、立場で変わるものだということ。







・・最近猛烈な暑さです。

事故や事件も多発しています。

かのノストラダムスは太陽の黒点活動(星の天体活動)と
人類の行動指向の相関を基に「大予言」を作成したと
言われています。
つまり暑い夏に戦争は起こりやすい とか。

ま いろいろ不安を抱くことは多いのですが
心配ばかりをしていても、何もできません。
強いメンタルを持って、前向きにがんばりましょう。


お出かけには「スポーツドリンク」と「塩飴」を
ぜひお持ちください。












Last updated  2015/08/05 05:07:38 AM

全584件 (584件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >

Rakuten Profile


bukunikuniさん

愛はいつもここにある

フォローする

Archives

・2017/06
・2017/05
・2017/04
2017/03
・2017/02
2017/01
・2016/12
・2016/11
2016/10
2016/09

Calendar

fortune

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.