000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

毛針酔人日記

PR

全50件 (50件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

遠野の街で

2017.06.24
XML
カテゴリ:遠野の街で

おふくろが退院するというので、遠野に行って来ることになった…


盛岡は、非常に天気がよかった…


遠野も天気がよかった…


実家では、仔猫が遊んでいた。
これは、一番小さい仔猫。
ダンが家に来た時、確かこのくらい小さかったと思う…


これは、一緒に生まれた仔猫…


突然、ミーコがやって来たので、ごはんを出してあげた…


そこに、親猫が登場。
このネコは、ミーコと仲が悪い…


この白い猫も一緒に生まれたとのこと。
やたらに大きくなっている。
喰いっぷりもハンパない…


親猫が来たら、仔猫が集まって来た…


親猫がベロベロなめるので、仔猫がガクガクなっている。
というか、ベッチャベチャになってるようだ…


これは、クロちゃん。
いつのまにか、顔以外は茶色になっている。
いったい、何があったんだろう…


家の裏に行ったら、チャッピが昼寝をしていた…


仔猫たちは、草むらでおっぱいを飲んでいた。
嫁は、一番小さいトラ猫が気に入ったようだったが、うちにはダンとメルがいるもんで…






Last updated  2017.07.17 10:39:16
コメント(0) | コメントを書く


2017.01.08
カテゴリ:遠野の街で

正月は、ずっと家でゴロゴロしてたもんだから、日帰りで実家に帰ることにした…


これは、宮守の道の駅の空だけだけど、やたら飛行機が飛んでいる。
写真には、2機しか写ってないが、4機くらい飛んだあとができていたった…


ここは、SL銀河の撮影スポット。
去年は、遠野駅で1回見ただけなので、相当に鉄分が欠乏していたった…


川のほとりには、こんなところあったりして…

ちなみに、この通称・めがね橋は、土木学会選奨土木遺産になってるとのこと。
看板には、
昭和18年に改修されたこの橋は、鉄筋コンクリート充復5径間アーチ橋の景観に調和した設計であり、当時の鉄道土木技術の高さを示すものとして、平成14年11月2日に遺産として認定されたことが書かれてあった…


この辺りは、もう綾織。
左に見える樹は、小岩井農場と同じ種類じゃないのかな…


これは、風の丘の風車…


そして、カッパ捕獲許可証販売の案内。
もちろん、うちの家族は誰もが持っているが、許可期間が切れてたような…


実家のクロちゃん。
いつも、舌を出しているようだ。大丈夫か…


嫁になつかないノラコは、けっこう大きくなっていた。
でも、クロちゃんの成長スピードに比べたら、まだまだという感じだな…


似た者同士なのに、仲が悪いようだ…


ミーコは、相変わらず美人のままだ。
でも、相変わらずみんなからイジメられているようだ。
なので、イジメにきたやつは、軽くキックしておいたのだった…


イジメといえば、トンビとカラス。
トンビがピーヒャラピーヒャラ嫌がっているのに、2羽のカラスが攻めたてていた。

昔話だったかで、トンビがカラスの体を注文とは違う黒色にしてしまったのを恨んでいるとか。
気が付かないうちに恨みをかっているかもしれないので、オイラも気を付けないと…


実家の裏から白鳥の声がしたので、川に行ってみたけどいなかった。
なので、クルマで出かけたら、田んぼにたくさんいた。
写真にすると、けっこう気持ちが悪い…


遠野らしい風景を一枚…


そして、飛行機が飛んで行った後の雲がなんかいい感じだったので、もう一枚…


ここは、登戸橋の下流。だんだん水鳥が集まってきた。
しばらくしたら、白鳥も集まってきてたようだ…


暗くなる前に帰ろうとしてたら、ネコたちが玄関に集まってきた。

これは、なんとも感動的な別れのシーンになるなぁと思ったら、おふくろが言うには、腹が減って集まってきているとのこと。
まったく…にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ






Last updated  2017.01.21 21:52:53
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.01
カテゴリ:遠野の街で

先月28日に遠野に帰ってきた。
調べたら、SL銀河が走っている日だったので、遠野駅に行って来た…


これは、跨線橋から見た風景。
赤い屋根の先にちょっぴり見える煙、それがSL銀河である。


これは、向かいのホームから見た駅舎。
JR釜石線の駅には、それぞれにエスペラントの愛称があって、遠野の駅は「フォロクローロ」、民話を意味している…


ひいて撮ると、こんな感じになる。
いつ見ても立派で、遠野出身のオイラにとって、自慢の一つである…


SL銀河を撮るために、入場券を買った。
帰りの改札では、「記念にどうぞ」ということで、持ち帰った来た…


空は青くて気持ちよく、というか、日差しが強くて見ているのも大変だった…


この黒光りしている感じがたまらない…


近寄ってみた…


これは、足回り…


これが、駅舎の全景。
2015年3月14日で、フォロクローロ遠野は、営業を終えてしまった…


客車もピカピカだった。
なんか、星めぐりの歌が聞こえてきそうな感じ…


佇んでいる人もいたった。
とても暑い日だったので、オイラも隣に座ってしまいそうだった…


13時50分の出発。
スルスルっと走り出したった…


すごく感動して帰って来た。
十分に、鉄分を補給することができた。

正面のポスターは、遠野まつり。
オイラは、その日に遠野にいたけど、行かないでしまったった…
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ






Last updated  2016.10.01 12:27:15
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.04
カテゴリ:遠野の街で
遠野の朝は雨だった。
でも、予報どおりに雨は午前中に上がった…

Z6-z_64W7419 (1).jpg

実家の家の裏の田んぼには、こんなに水が溜まっていた。

Z6-z_64W7476 (1).jpg

空には、こんな感じで雲が残っていた…

Z6-z_64W7475 (1).jpg

消火栓は、乾いていた。
だんだん、遠野市のマークが分かりにくくなってきている…

Z6-z DSCN5609 (1).jpg

裏のハウスに行くと、猫たちが集まってきた。
オフクロのあとをついてきたようで、いつも、この辺りで楽しいことがあるらしい…

Z6-z_64W7503 (1).jpg

そんな猫たちにかまったりしたために、実家を出発したのは、15時過ぎ。
途中、千葉家の駐車場に寄ってみた。
これは、家の上り口にある桜とか…

前の日も寄ってみたけど、夕方だったので、パリッとした写真が撮れなかった。
この日はいい感じだったが、雨と風で、けっこう花が散っていた。
この辺りでは、レンギョウも一緒に咲くようだ…

Z6-z_64W7507 (1).jpg

平成19年12月に、国の重要文化財に指定された千葉家は、日本重大民家の一つに数えられてるというが、保存修理工事のために、4月1日から公開されていない。
でも、下からのこんな写真はたくさん撮れる…

遠野市の資料によれば、
 千葉家は江戸時代に肝煎りを務め、武士の身分を持つ家柄だった。
 口伝では、先祖は源頼朝の御家人千葉氏の従士で、戦国期には葛西氏に仕え、主家が滅んだ後、遠野に逃れてきた。
 遠野南部家の家臣となった際に千葉の姓を名乗り、屋号を「山喜」とした。代々山林業等で財を成し、ニワから臨めるほとんどが千葉家の土地で、駅から自宅まで所有地だけを通り行き来できたという。
 主屋は、四代喜右衛門(1792-1870)が、飢饉で困窮した人々の救済のため、約10 年の歳月をかけて普請したと伝わる。

主家の奥に、1849年に建てられた稲荷社があるとのことだが、一度も見たことがない。
やはり、下調べは大事だ…

Z6-z_64W7513 (1).jpg

これは、下の石垣に咲いている芝桜。

Z6-z_64W7525 (1).jpg

そして、これは、駐車場の入り口に咲いている芝桜。

Z6-z_64W7533 (1).jpg

千葉家の近くには、こんな桜が咲いていた。
なんだか、映画みたいだが、もう少し早く来てれば…

Z6-z_64W7548 (1).jpg

千葉家の向かいの桜が気になったので、行って見ることにした。
これは、トンネルの手前を左に入ってすぐの桜。
けっこう散っている…

Z6-z_64W7565 (1).jpg

これは、もう少し遠野に戻った下り坂の桜。
こっちは、相当に散っている…

Z6-z_64W7571 (1).jpg

道路には、こんなに花びらが積もっている。
写真を撮っていたら、宅配のトラックが走って行って、とってもすごい桜吹雪になったった…

Z6-z_64W7578 (1).jpg

たまに風もないのにハラハラと散ったので、よく見たら、原因は鳥っこだった。
ちょっとでも、風が吹くとこんな感じになる…

Z6-z_64W7594 (1).jpg

これは、花巻・大迫の愛宕山公園の樹。
逆光がきれいだったので、ちょっと探検してから帰ることした…

Z6-z_64W7602 (1).jpg

公園向かいの車を停めたところから撮ると、こんな感じ。
あと一週間早かったら、桜がよかったかも…

この公園では、28年9月3日~4日まで、全国神楽大会ハヤチネ2016が開催されるらしい。
なんでも、全国大会は、同市大迫町で伝承されている岳神楽と大償神楽が「早池峰神楽」として昭和51年(1976年)に国の重要無形民俗文化財第1号に指定されてから今年で40周年を迎える記念に開催される。
とのこと…

Z6-z_64W7615 (1).jpg

これは、乙部の辺りで撮った天使の梯子。
じっと待っていると、なかなか変化がないが、移動すると、あーっと思うような感じに変化する。
天気がいいと、こんな感じでなかなか家にたどり着けないオイラなのである…







Last updated  2016.05.15 18:08:38
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.26
カテゴリ:遠野の街で
娘の結婚式のアルバムができてたので、いつか実家に持って行かなければ思っていた。
今日は、SL銀河が釜石から帰って来る日なので、遠野で待つことにして出かけてきた。

40-_1 DSCN8343 (2).jpg

大迫のコンビニで、今年初のアイスコーヒーを買った。
なんか、吸い込みが弱くて、吸ったあとに指が汚れる。
よく見ると、ストローに切れ目が入っていた。刺す時に無理に曲げたかな?

40-_1_TH60378 (2).jpg

これは、遠野の千葉家。サクラと青空がいい感じだった。
駐車場では、ブルーシートを敷いてご飯を食べている家族がいた。
うーん、羨ましい…

40-_1_TH60396 (2).jpg

どこでSL銀河を待つか考えながら、風の丘の下の道路を走ってみた。
間近で見られる場所がいくつかあったが、出発まで時間があるので、とりあえず遠野駅まで行きながら考えることにした。

40-_1_TH60407 (2).jpg

ホームでは、けっこうな見学者がいたために、見学者ごと撮って来た。
SL銀河は、上りも下りの同じホームに入るようだ。
うーん、間近で見られると思ったのに…

40-_1_TH60409 (2).jpg

遠野では、ラーメンまでSLになっているらしい。
のぼりの手づくり感が素晴らしい…

40-_1_TH60410 (2).jpg

解体されるという話があったので、駅舎も撮っておいた。
やっぱり、もったいない…

出発まで10分というところで、移動することにした。
場所は、風の丘の手前の自販機があるパーキングの辺りにして、嫁を車に残して田んぼの畦畔でスタンバイした…

40-_1_TH60428 (2).jpg

もう、遠野駅を出発したんじゃないかと思っていたら、遮断機が下りる音がした。
どんな感じで来るか分からなかったので、けっこう緊張した。
いい感じにサクラと撮れたが、骨だけになったハウスもしっかり撮れていた…

40-_1_TH60435 (2).jpg

黒光りしてかっちょいー…
実は、オイラが写真を撮ってる様子は、ひめ猫さんに撮られていたった…

40-_1_TH60447 (2).jpg

それにしても、一般人が多いんじゃね?
しかも、間近で撮っているし…

SL銀河を撮り終わったので、実家に行くことにした。

40-_1_TH60463 (2).jpg

せっかくなので、裏の川の土手を歩いてみた。
この桜は、平成8年10月26日に植えられたものだ。
樹齢は、20年くらいというところか…

40-_1_TH60480 (2).jpg

橋の上から川をのぞいたら、カモがびっくりして飛んで行った…

40-_1_TH60487 (2).jpg

空には、トンビが飛んでいた…

40-_1_TH60483 (2).jpg

なんだか土手の木がことごとく切られている。
この辺りは、カワセミがいったった辺りじゃなかったな…

40-_1_TH60499 (2).jpg

また、トンビが飛んできたので、月を入れて撮ってみた。
とっても近くまで寄ってくるトンビだった…

最年長ネコのミーコと遊んだり、なんだりかんだり世間話を聞いたり、裏に建てたお稲荷さんを拝んだりしてたら、盛岡に戻ることにしたのが16時過ぎになってしまった。

40-_1_TH60526 (2).jpg

途中、小学校のサクラが見事だったので、寄って写真を撮ってみた…

40-_1_TH60544 (2).jpg

せっかくなので、卯子酉様に寄ってみた。
境内に設置されているレリーフには、
 遠野一帯が大きな湖であったその昔、鮭の背にのって宮家と倉堀両家の先祖が猿ヶ石川をさかのぼってここにたどりついたという話があります。
 境内の小さな池は淵のあとでここの片葉の葦に恋の願いを書いた紙を結びつけておくと願いがかなうと伝えられています。
 「遠野物語拾遺」第35話にも不思議に男女の縁が結ばれたと書かれています。
とあった…

40-_1_TH60556 (2).jpg

オイラが写真を撮り終えて帰ろうとした時に、観光客らしい老夫婦を乗せた1台のタクシーが来た。
おー、観光スポットだ。遠野バスも停まる。でも、嫁は興味がなかったらしい。
広い駐車場には、きれいなトイレがあるが、民家が近すぎる…

40-_1 DSCN8361 (2).jpg

愛宕神社の下の橋を渡って、SL銀河を撮った辺りの踏切を通って風の丘に寄った。
これは、駐車場に植えられたシダレザクラ。

40-_1 DSCN8350 (2).jpg

これは風車だが、回っていなかった…

40-_1 DSCN8346 (2).jpg

これは、クルクルと回っていた。
こいのぼりの一番上に付いている回転球をこじゃれたデザインにしたって感じだ…

40-_1_TH60561 (2).jpg

風の丘からの下りはサクラが満開で、実に気持ちがよかった。
嫁に運転してもらって正解だった…

40-_1_TH60588 (2).jpg

でも、途中で土手を焼いてるもんだから、けっこう煙かった。
最近、山火事が多いので、とにかく気を付けてほしいものだ…

40-_1_TH60589 (2).jpg

空には、飛行機が飛んでいた。
おそらく、千歳から花巻に飛んでくのじゃないかな…

40-_1_TH60632 (2).jpg

これは、宮守のめがね橋。
燻製豆腐とか、燻製卵を買おうと思ったら、5分前に産直が閉店していたった…

橋の近くまで行ったら、ライトアップされていたので、少し暗くなるまで待ってみた。
いい感じのライトアップだ。
さすがに、恋人の聖地の一つだけある。それらしい椅子が光っていた…

40-_1_TH60624 (2).jpg

さぁ、帰ろうかなと思ったら、遮断機が下りる音がした。
ちょっと待っていたら、汽車が走って来た。
おー、なんだか銀河鉄道って感じになってる。今日は、ついてるって気分だ…

なんだかんだ寄り道をしたので、青山の家に着いたのは20時過ぎになってしまった。
日曜日なのに、とっても疲れることをしてしまいましたった…







Last updated  2015.05.02 16:56:35
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.15
カテゴリ:遠野の街で
15時過ぎに弟にメールを入れたら、遠野はザンザン降りだけど花火はやるみたいだと返事が来た。
順延の場合は、17日という告知だったので、今夜やることを期待して帰ることにした…

40-x DSCN5149 (2).jpg

実家に着いたら、こんな感じになっていた。
でも、やるらしい…

40-x DSCN5211 (2).jpg

遠野納涼花火まつりは、今年で24回目を迎えた。
今年は、5千発準備されているとのこと…

40-x DSCN5261 (2).jpg

打ち上げは、19時過ぎから始まった…

40-x DSCN5285 (2).jpg

オイラは、ジンギスカンと小本川産のアユを食べていた…

40-x DSCN5291 (2).jpg

実家の台所からスカッと見えたが、写真を撮りたくて外に出た…

40-x DSCN5305 (2).jpg

三脚に一眼を載せて、頑張る予定だったが…

40-x DSCN5314 (2).jpg

防水コンデジの花火モードでチャレンジ…

40-x DSCN5339 (2).jpg

シャッタースピードが4秒設定になっていたので、消火栓の標識のポールに押し付けて撮影…

40-x DSCN5345 (2).jpg

時々、看板に溜まった水が手を伝って流れていく…

40-x DSCN5376 (2).jpg

やっぱり、コンデジは防水に限る…

40-x DSCN5405 (2).jpg

回りが山なので、ドンガドンガと反響がハンパない…

40-x DSCN5432 (2).jpg

予定時間よりも5分くらい早く終了したが、けっこう濡れた。
やっぱり花火は動画だという方には、2号店の方に準備してます…







Last updated  2014.08.17 11:08:38
コメント(2) | コメントを書く
2014.07.20
カテゴリ:遠野の街で
何事も下調べというのは、とっても大事なことだ。
月曜日が休みの時、日曜日にはSL銀河は遠野駅に来ないのだった。
遠野駅の辺りをプラプラしてたら、同じようガーンとなっている人がけっこういた…

64-1_TH66251 (2).jpg

遠野は朝から、雨が降っていた。
昨夜帰って来た頃は、雨が降ってなかったようだけど。
こうして見ると、ググッと、山が迫っている感じだ…

64-1_TH66258 (2).jpg

駅前に小さな池がある。
これは、源流って感じのところ。
水は、一周してんだろうか…

64-1_TH66288 (2).jpg

毛鉤釣りの極意「木化け石化け」で佇んでいると、スズメが水浴びに来た。
雨が降ってても、水浴びはするんだなぁと思った。
それにしても、溺れてるのかと思うくらいに激しい水浴びだった。目をつぶってるし…

64-1_TH66264 (2).jpg

カッパの眼は金色だった。
毛は何でできてんだろう。
けっこう目に焼き付いてしまったので、今夜、うなされそうだ…

64-1_TH66260 (2).jpg

三人でなんか話をしている。
杯を持ったカッパ、魚をもったカッパ、もう一人は筒のような物を持っていた。
真ん中のカッパは、ちょっとインテリって感じが出てる…

64-1_TH66295 (2).jpg

ここは、駅を出た右側の通路。
よく見ると、屋根は透明の瓦で葺かれている。
駅から出てすぐのところは、ちょっぴり雨漏りをしていた…

64-1_TH66293 (2).jpg

遠野のポストには、カッパが座っている。
そう言えば、宮古駅にあったポストの上には、浄土ヶ浜があったなぁ。
今日は、雨が降ってるから、カッパもこれまでの乾きが癒されてるんじゃないかな…

64-1_TH66301 (2).jpg

遠野のバスには、一年中桜が咲いている。
それから、オレンジのバスも走っていた。
そのバスでは、しし踊りとか山口さんさんとか一年中遠野まつりをやっていた…

64-1_TH66315 (2).jpg

これは、喫煙コーナーに生えているドウダンツツジ。
しっとりした感じが出てていい。
なので、灰皿の上にゴミを置いて行くのは、やめてほしい…

64-1_TH66328 (2).jpg

もう帰ろうかなと思ってたら、馬車が歩いて来た。
みんな、後ろにつながれている仔馬に寄って来て、めんこめんこしていた。
カメラを提げていたら、スタッフと間違われたようで、料金はいくらかと聞かれた…

64-1_TH66333 (2).jpg

会話を聞いていたら、大人700円で子どもは300円らしい。
30~40分市内を案内してくれるようだ。
出発はいつも13時頃だが、雨なので様子を見てたとのこと…

64-1_TH66339 (2).jpg

ちょっくら昨夜の反省をしておこうと、親不孝通りを探検することにした。
ここは、カツ丼を食べて帰ったお店。
カツ丼が6個、ラーメンが1個並んでいたった…

64-1_TH66341 (2).jpg

雨に濡れたスカシユリは美しかった。なんかしっとりして、とてもいい感じだった。
雨の日は、雨の日なりにいいってことだ。
でも、ユリが民家の庭に咲いていたというか、民家が多かったのには、ビックリした…

64-1_TH66343 (2).jpg

ここには、どんな看板がはまっていたんだろう。
高校を卒業した時には、なんかはまっていたような気がする。
それに、「パチン」てなんだろう…

64-1_TH66346 (2).jpg

奥に進んでいくと、この通りはY字路になっていた。
左の路地に入って行ったら、いきなり犬にほえられた。
走って逃げたりすると、かえって怪しまれるかと思って、競歩状態で立ち去った…

64-1_TH66347 (2).jpg

5月に来た橋から、構内を撮ってみた。
右奥に伸びる線路は、いったいどこに行くんだろう…
雨は、降ったり止んだりを繰り返していた。

64-1_TH66359 (2).jpg

駐車場に戻って、タバコを吸っていたら、下からパコパコ音がした。
遠野駅を出発した馬車が、その辺りを一回りして帰って来たのだった。
馬車の後ろは、やっぱり大渋滞になっていた…







Last updated  2014.07.21 10:01:54
コメント(2) | コメントを書く
2014.05.05
カテゴリ:遠野の街で
なんとか、SL銀河の写真が撮れた。
このまま帰るのももったいないので、市内を散策することにした。

w48-x_TH65645 (2).jpg

これが遠野駅。いつ見ても立派だ。けっこう自慢。
2階が宿泊施設になっている。シングルだと1万円でお釣りがくる感じのようだ。
ホームページを見ると、お勧めの過ごし方が紹介されていて、参考になる。

w48-x_TH65652 (2).jpg

これを見ると、歩いて行けるところは限られている。
雨も降りそうだし、0.5kmしかないだろう…

w48-x_TH65658 (2).jpg

その前に、駅に脇に入ってみた。
そう、今夜、遠野ぶれんどの皆さんが大暴れして帰るだろう辺りを散策してみた。
オイラは、残念ながら次回に参加予定とした…

w48-x_TH65673 (2).jpg

駅の正面にこの鳥居が建っている。
ここでウロウロしてたら、地元のおじいさんが目の前にある裁判所が移転したことを長々と説明してくれた。
「どこからおでんした」の質問に、白岩でなく「盛岡からです」と答えたしまったのが失敗だったとすぐに分かったけど…

w48-x_TH65676 (2).jpg

これは、鳥居の奥の石段。
サクラの花びらが上段からあふれ流れているような感じだった…

w48-x_TH65683 (2).jpg

これは、神社から上の小道。
サクラの花びらが綺麗だったので、同じような写真を続けてみた…

w48-x_TH65686 (2).jpg

そして、ヤマブキ。バラ科で地下茎で増えていくらしい。
これは一重咲き。八重咲きは、南畑の展望台に行く小道の脇で見たことがある。

w48-x_TH65688 (2).jpg

これは、途中にあるちょっとした広場。弓道場となっている。
そう、高校生の時、この時分にここで奉納大会をやった記憶がある。

w48-x_TH65692 (2).jpg

これは、ユキヤナギじゃね?
最近は、ピンクの種類もあるそうだけど、奥に写ってるはサクラだ…

w48-x_TH65697 (2).jpg

これは、モクレンなのかな?
三の丸の辺りを歩いていたら、下の方に見えたので、土手を歩きながら写真を撮っていたら滑って転んでしまった。
転んでも、高いカメラは離さなかったが、ヒジと尻が草の汁で染まってしまった…

w48-x_TH65704 (2).jpg

これは、展望台。
もう少し早くくれば、きれいな桜も入ったのに残念だった。
ライトアップの装置もあるので、夜も楽しいんだろうなぁと思って…

w48-x_TH65715 (2).jpg

正面登城口にある看板には、本丸、二の丸、三の丸に登場する道は、北に面した急な谷地の湿潤な地帯を囲む様に構築された道を登った。と書いてあった。
そんな湿潤な感じが出た一枚かなと思って…

w48-x DSCN8666 (2).jpg

これが、駅前にある商業施設の屋上駐車場から撮った様子。
展望台の辺りが、鍋倉城の三の丸になる。
南部神社は、残念ながら写ってません…







Last updated  2014.05.11 18:39:58
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.29
カテゴリ:遠野の街で
480-s DSCN2755 (2).jpg

遠野ぶれんど忘年会の翌朝、帰りにコンビニで旨辛麻婆丼を買って来たのを思い出した。
よく見たら、30日の午前3時までに食べないといけない。
実家のレンジは550Wなので、3分くらい温めた。

よく見たら、麻婆豆腐は上の皿でクツクツいっている。
下では、ご飯がホッカホカになっている。
豆腐とご飯が分かれていて、いつでも美味しく食べられるっていいなぁ。さすがSEJ…

480-s DSCN2770 (2).jpg

そして、お昼には鮭を食べた。
なんだか、道路の雪が融けて来て、出発のタイミングって感じになった。
サッカー場の交差点辺りは、すっかり融けている。いいぞぉ…

480-s DSCN2771 (2).jpg

でも、風の丘辺りでは雪になってきた。
しかも、新しくなったトイレは、大きい方で不具合が出たようで、5人くらいの大人があれこれ話をしながら、パイロンを立てて使用中止にしたようだった…

うーん、トイレの不具合も気になったが、風車が回っていないのも気になった。
しまった、よもぎまんじゅうを買ってくるのを忘れた。
おふかしを大量にもらって来たのが原因かもしれない…

480-s DSCN2785 (2).jpg

そして、これは千葉家の様子。ドハドハと雪が降っている。
風も強くて、とっても凍えそうになった。
今日は、見学ができない日になっているようだが、駐車場で昼寝をしてる人はいた。

480-s DSCN2791 (2).jpg

そして、小峠の登り。
けっこうキツイって感じだが、あんまり頑張ると燃費が悪くなので、ゆっくり走ることにした。
中途半端に先に行かせる、下りで追い付くので、停まって写真を撮ったりした…

その後、宮守とか大迫、紫波では、雪が降ったりやんだり。
一口で言うと、前の日に強く降ってたところは、やっぱり強く降るってことになっててるようで、強いて言うなら、大迫の大川目の辺りが一番雪が深かった。

まぁ、コーナーに入る前にブレーキペダルから足を離して、グギッとハンドルをこじることをしなければ、スリップすることはほとんどなーい。
今回は、凍った路面に雪が積もってる訳じゃなかったので、余裕だった…

480-s DSCN2807 (2).jpg

13時過ぎに実家を出発して、家に着いたのは15時過ぎ。
道の駅で2回休んだし、盛岡に近づいたら、大きなトラックとか、軽貨物車がいたもんだから、実にゆっくりな走りになってしまった。

バンパーにチョロッと雪が着いているけど、盛岡は青空だった。
全然雪がなかった。
それにしても、新品のスノーワイパーってスゴく切れがいいなぁ…







Last updated  2013.12.31 01:58:12
コメント(2) | コメントを書く
2013.12.28
カテゴリ:遠野の街で
480-c2 DSCN2630 (2).jpg

ここが、遠野ぶれんど忘年会の会場。
上から読んでも「いち○」、下から読んでも「○ちい」
今回は、18時に間に合った。

480-c2 DSCN2631 (2).jpg

人が来るたびに、乾杯となっていて、オイラは2回乾杯した。
オイラの次に来た人で全員揃ったということだ。
奥のテーブルには、持ち込まれたお酒がドドーンと並んでいた…

480-c2 DSCN2632 (2).jpg

これは、宮崎県の麦焼酎。
すごく高いらしい。アルコール分40%というのもすごい。
オイラが持ち込んだ五月長根葡萄園の約4倍って…

480-c2 DSCN2636 (2).jpg

これは、姫猫さんが島根から買って来たもの。
アルコール分25%だと、気持ち的にも安心。
これって、最後まで持って歩いてたんじゃなかったかなと思うけど…

480-c2 DSCN2637 (2).jpg

こらは、はやとさんからの差し入れとのこと。
オイラは、まだ御本人とお会いしてなくて、先にお酒をいただくことになりました。
どうも、ごちそうさまでした…

480-c2 DSCN2639 (2).jpg

こちらは、ホルモン鍋。
てっきり、タラかカキを予想して白ワインにしたオイラだったが…

480-c2 DSCN2641 (2).jpg

そして、キムチ鍋。
なんか、紅白の鍋って感じだった。

姫猫さんが持ってきた漬物。赤かぶとだいこん。
こちらも紅白だった。
今度は、ビール漬けというのをご馳走になりたい…

480-c2 DSCN2642 (2).jpg

これは、宮城県石巻市のお酒。
この辺りにくると、相当きてますって感じだった…

ピザを頼む時、一つだけほかの2倍もするのがあったので、ついでに頼んでみたら、予約しておかないとダメというものだった。
道理で、頼んだお店の人も見たことがないと言ってた。
この次は、こっそり電話して頼んでおくかなと思って…

480-c2 DSCN2646 (2).jpg

これは、2次会場で普通に撮れた一枚。
写真で確認したら、21時過ぎから2次会になっていたようだ。
このグラスを見ると、これ以上は飲んでますけど、と言われてるような気がした…

480-c2 DSCN2648 (2).jpg

2次会は、青春の歌のオンパレードだった。
ほんと、身も心もこの写真のような感じになっていた。
そう、手も体もブレていたって感じ…







Last updated  2013.12.30 16:42:03
コメント(2) | コメントを書く

全50件 (50件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.