楽天競馬
なまらふるやっち|地方競馬の魅力を楽天競馬スペシ…  楽天競馬ブログ 2244869 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

なまらふるやっち|地方競馬の魅力を楽天競馬スペシャルアドバイザーの古谷剛彦氏が熱く語ります。

プロフィール


furuyatti

カレンダー

日記/記事の投稿

2020年06月02日
XML
カテゴリ:東海・北陸
一冠目の「北日本新聞杯」は、ストロングフーヴスが積極的なレース運びで先頭に立った時は、そのまま押し切るかと思いきや、内にササってしまい吉原騎手も懸命に追ったものの、深い内を走らざるを得ない状況の中で一杯となり、フジヤマブシの大外強襲がハマりました。

 そして、金沢デビュー馬限定の重賞「ノトキリシマ賞」は、メンバーレベルが問われる1戦ではあるものの、躓き加減のスタート切りながら、向正面から手応えが1頭だけ違ったハクサンアマゾネスが、直線は独壇場。3戦3勝で大舞台に駒を進めてきました。

 また、昨年の「金沢プリンセスカップ」を楽々逃げ切ったハイタッチガールが、今季初戦で2着に敗れたものの、「ひと叩きした上積みが大きく、1番動きは良かった」と、現地トラックマンの中村勇好さんに教えて頂き、女王の意地を見せる可能性も…と期待を抱かせます。そのハイタッチガールを破ったコードジェニックは、JRAで新馬勝ちを収めた逸材で、このような新星の登場も、今年の「石川ダービー」を面白くさせています。

 距離が延びたこと、大一番に向かて型通りに良化を辿っていることなどを加味すると、やはり2歳女王のハイタッチガールに魅力を感じます。前走は逃げる形ではなかった状況で結果も出ました。今季初戦で、違ったスタイルを試すことができたのも良かったと思いますし、中村TMの話からも、状態面の後押しがあるとなれば、やはり中心に考えたいと思います。

 ストロングフーヴスは、前走で乗り難しさを出したものの、強力な先行勢が多い今回は、内に馬を置いて競馬を進める可能性が強くなりました。その形なら、渋太いレースを見せてくれるはずです。ハクサンアマゾネスは、本当に強い馬との対戦が初めてなので、やはり3番手という評価が妥当かと考えましたが、これまでの強さが本物かどうか…ある意味楽しみです。ということで、結論はこのようにしました。

◎ハイタッチガール
○ストロングフーヴス
▲ハクサンアマゾネス
△コードジェニック
△フジヤマブシ






最終更新日  2020年06月02日 11時33分06秒
[東海・北陸] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.