楽天競馬
グリーンチャンネルキャスター坂田博昭のウマのある…  楽天競馬ブログ 258669 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

グリーンチャンネルキャスター坂田博昭のウマのある日々

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月

ランキング市場

楽天カード

2017年09月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりの更新…つまり、久しぶりの海外競馬の馬券発売。
 今年もまた、凱旋門賞の季節がやってまいりました。
 
 この凱旋門賞で、日本での海外競馬の馬券発売も一巡。
 もう何か当たり前のように馬券が売られ、情報があちらこちらで流れていますね。
 
 いいことです。
 そのおかげで、こうして世界最高峰のレースを見ることが出来るのですから。
 
◎ サトノダイヤモンド
○ エネイブル
▲ ウィンター
△ クロスオブスターズ
△ ザラック
△ ユリシーズ
 
 エネイブルを見るレース、と思えば、もう馬券に手を出すことは難しくなるから…
 
 ここまでのレースを見ると、展開とか馬の脚質とか云々ではなく、馬の能力自体で勝ってきてしまっている印象があるエネイブル。この馬がきちんと能力を出してしまえば、誰もついて来られないだろうと思うから、今回も予想の上では誰もがこの馬と思うわけですよね。
 
 キチンと走ったら、ここも圧勝でしょう。
 その時は、立ち上がって手を叩いて彼女のゴールシーンを楽しむことにしましょう。
 
 
 でも…きちんと走るかどうかはわからないのが、競馬という勝負。
 そういうこともないわけじゃないから、賭事としても成り立つのが、競馬。
 
 エネイブルがいない出馬表をイメージしたら、サトノダイヤモンドでもおかしくないんじゃあありませんか?
 



 昨年の有馬記念の時のサトノダイヤモンド


 
 今回は、いわゆる「ライン戦」をする日本馬の馬券が売られる、日本での最初のケースになる。
 そこがポイントだと、私は思っています。
 
 そう、サトノノブレス。
 昨年の有馬記念を、よく思い出しましょう。
 彼の素晴らしい脇役振りを!!



 昨年の有馬記念のときのサトノノブレス
 当時乗っていたのはヴァンサン・シュミノー


 
 今回の凱旋門賞でも、サトノノブレスと川田ジョッキーのプレーにとても期待しています。
 恐らく、「チームとして勝つ」ためのサトノノブレスの役割とプレーについて、陣営ではものすごく考え、そして綿密な意識の統一を図っているはずです。
 それが、具体的にどんなプレーなのかはわかりませんが…本番レースを見ればきっとそれとわかるプレーをしてくれるのではないかと、私は信じています。
 前哨戦では、役割がハッキリしないレース振りでした。
 もしかしたら、サトノノブレスにとっても「前哨戦」だったのかも知れません。
 ならば今回は、その役割に一層期待しないわけにはいきません。
 
 日本の競馬では、ライン戦は建前上存在しません。
 しかし今回は、2頭で挑む凱旋門賞。
 ついに「そのシーン」が見られるのかどうか。
 楽しみです。



 レースのあと、このイメージのシーンが見られることを期待して


 

 普段の私、こういうケースで日本の馬に意味のない肩入れをすることはありません。こう見えても一応ブロードキャスターですから。

 しかし今回は、本気でチャンスがあるような気がしています。
 ほかの馬にも印をつけましたが…私が買うのは、サトノダイヤモンドの単勝です。
 思いの外配当がつかなくても関係ありません。勝つと思って馬券を買って、応援します。






最終更新日  2017年09月30日 01時31分57秒

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.