楽天競馬
ミツオーのセカンド・ボイス  楽天競馬ブログ 2164130 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

ミツオーのセカンド・ボイス

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

プロフィール


secondvoice

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021年06月11日
XML
カテゴリ:実況の仕事
ミツオーです。ものすごく細かい部品をくっつけなきゃならないプラモデルを作ってしまいました。とても疲れました。


さて、今日の大井競馬第6レースに、オットという馬が出走しました。


オット


です。
どう読みますか?



便利な世の中でして、ネットを使えばカンタンに馬名意味を調べることができてしまうため、この「オット」が何なのか、すぐわかってしまうのですが。



このオットは、「夫」ではないそうです。
ビックリしたときの「おっと!」なのだそうで。



したがって、「オ」を高く、「ト」を下げて発音するのが正しい(と思われる)。



無関係ですが、わたしは上方落語の一節を思い出してしまいました。



「何やお前その言い方は?夫に対して!」

「何が夫や、偉そうに。アンタなんか後にどっこいでもつけときなはれ!」

「オットどっこい。…何を言うねん」



いや、コレはホントにどうでもよろしい。




競馬の実況をしていると、時に思いがけないことが起きて、大抵それは事故なのですが、実況アナウンサが


「おっと!」


とか言ってしまうことがあります。



「おっと!何番のナントカはジョッキー落馬!」



みたいに。
あれ別に、「おっと!」って言わなくてもいいんですけど、なんだか形式的に「おっと」をつけとくと座りがいい感じがするんですよね。ホントのところビックリしてなくても。


オット号には、ぜひとも今後ず〜っっっと無事に、とにかく無事に、アクシデントに遭遇せずに走りきってもらいたいと思います。


「おっと!オットがなんとかかんとか」


てなことは言いたくありませんので。






最終更新日  2021年06月11日 17時27分58秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.