1361046 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

海辺の生活。

January 28, 2017
XML
カテゴリ:暮らし
オープンしてこの春で2年になる小さな町のComi Cafeコーヒーには
1ヶ月1000人以上のお客様が訪れるようになりました。

「ここにしょっちゅう来ているから栄養失調にならないですむ。」と
先日、常連のお客様がおっしゃって下さいました。
お友達の輪も広がったようで、
お食事しながら楽しそうにおしゃべりしていらっしゃいます。

高齢の方々の低栄養と孤独が問題になり、
地域の方々に1日1食でもバランスのとれた食事をしていただくことと
人との出会いの場を作ることが
Comi Cafeをオープンする時の1つの目標でした。

スタッフにできることは限られているとは思いますが、
もっと多くの方々のお役に立ちたいと
みんなで一生懸命活動していますスマイル四つ葉




   





     
             ワンコインの日替わりランチは火・木・土食事
               カレーランチは毎日ありますぺろり



右矢印家まつなみコミュニティカフェダブルハート





こちらも地域のイベント、小和田シネマランドに行ってきました。
公民館での上映会を25年も続けられています。
今回の上映は「武士の家計簿」
上映後には故森田芳光監督婦人でプロデューサーの
三沢和子さんのトークショーもありました。

新潮新書のノンフィクション、
『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』​から
映画は作られています。



  
 武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新 新潮新書/磯田道史(著者)  

  

「代々加賀藩の財政に携わり“そろばんバカ”と呼ばれた下級武士が、
妻の支えを得ながら一家、そして藩の財政を切り盛りしていく」
          (小和田シネマランドパンフレットより)


時代劇と言えばチャンバラが王道ですが、
森田監督がその前作「椿三四郎」を撮りながら
「もっと普通の人々の暮らしも描けるはず」と、
考えていた時に「武士の家計簿」に出会い、
この異色の時代劇を映画化されたそうです。


私は映画で食事や料理の場面を見るのが好きなので、
この映画もたくさん食事の場面が出てきて
とても興味深く楽しめましたごはん
「何をどう食べるかに家族のことが端的に表れる」と
考えていたそうで食べるところにはこだわっていたと
三沢さんが教えて下さいました。


また、今日の映画会はバリアフリー映画会で、
会場に手話と筆記要約、映画内で日本語字幕と語りのついた映画でした。

映画プロデューサーの三沢さんへの質問や要望で
「もっと日本語字幕をつけて欲しい」と
少し耳の不自由だという方がおっしゃっていたのが
印象に残りました。


また、三沢さんが、森田監督が逝ってしまって5年経つけれど、
今も毎朝なんでいないんだろうと思うとお話されていました。
それでもまだまだできることがあるし、
高齢だなんて言っていないで(高齢の方も多かったので)
皆さん一緒に頑張りましょうと励まされて、
会場の雰囲気がふんわり和みました四つ葉





        
           もうすぐ春ですね花と友人から。二宮の吾妻山にて。
            canola flower at Azumayama Kanagawa Japan
                         photo by Hitomi




そう、来週は節分、立春。
良い週末を!




    
                   Chigasaki Coast 荒波






最終更新日  January 28, 2017 10:27:32 PM
コメント(2) | コメントを書く


PR

プロフィール


けいぼう@

コメント新着

お気に入りブログ

◆お昼の一人飯。。 New! haruyuutaka141さん

お造里付きの「ごち… New! 料理長48歳さん

今日も初盆へ New! ごねあさん

新型コロナウイルス… New! ぼけじー&ノリピーさん

お盆の会食 New! toshinnyさん

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.