1361321 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

海辺の生活。

February 6, 2017
XML
カテゴリ:パン
キッチンに友達差し入れのりんごがたくさんりんご!
早く食べてしまわないとぽっ
今日はパンに入れてみました。




     
             手書きハートsweet potato and apple bread手書きハート




りんごさつまいもりんごパンりんご(6個)
(1)強力粉180g、ドライイースト小1/2、砂糖大2、塩小1/2、ぬるま湯120~125g、バター10gで捏ねる。第一発酵。
(2)さつまいもとりんご合わせて200gを1cm角に切る。バター10gで炒め、砂糖20~30g、水ひたひた(約大5)を加え弱火で10~15分くらい柔らかくなるまで煮る。好みでシナモンをふる。
(3)生地を6等分し丸めベンチ。生地を楕円に伸ばし、さつまいもとりんごをのせ、上下を合わせ、もう1度同じように合わせて包む。第二発酵。
(4)真ん中に切込みを入れ、オーブン180℃15分。





    
          中には煮たさつまいもとりんごが入ってぺろりfilling音符




焼き立てを遠距離介護から帰ってきた
近所の友人に持っていきましたプレゼント

遠距離介護は行っている限られた時間で
様々な用事をすませなければならないので、
その間フル回転です。
心底疲れます。
やっている間は必死で何とかこなしますが、
家に帰るとぐったりします。
私もよく九州の実家での介護からの帰り道、
家まであと少しの信号機のところで
ぼんやり放心することがありました。

友人も少し休めるといいのですが。。。



介護の"介"は「助ける。」
"護"は「つきそって、あやまちのないように大切にする。まもる。」
年を重ねると幼いころのように再び
助け、守ってくれる人が必要なことが増えていきます。
お互い助け合って寄り添って生きていかなければならないのです。
介護を通して人は1人では生きていけないのだと
つくづく思いました。
私もいつかは通る道。
そして今は人のために働ける人間でありたいと思っています。

   


さて我が家は今日の午後、母がショートステイから帰宅しました家
手を引っ掻いたとかいうことで
包帯を巻いていましたが、
とりあえずとても元気でご機嫌です。
良くしていただいたんだと思います。
お世話になった職員の皆様、
ありがとうございます四つ葉




        
             何が飲みたい?と言うと「コーヒー!
             お気に入りのバラのカップで一気飲みどきどきハート
              そうしてまた紙を折り続けています。
                  いつものように。
             "いつものように"がありがたい日々です。






最終更新日  February 6, 2017 10:45:29 PM
コメント(4) | コメントを書く


PR

プロフィール


けいぼう@

コメント新着

お気に入りブログ

森林浴ウォーク New! toshinnyさん

テイクアウトお料理… New! 料理長48歳さん

御坂峠を越えて New! K爺さん

◆お昼の一人飯。。 New! haruyuutaka141さん

今日も初盆へ New! ごねあさん

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.