1358575 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

海辺の生活。

June 27, 2020
XML
カテゴリ:和菓子
蒸し暑い日が続くと洋菓子よりも和菓子が食べたくなります。
冷蔵庫に白あんとこしあんが余っているのを発見!
最初は水ようかんを作ろうかと思ったのですが、
それにはちょっと半端なので
浮島を作ることにしました。
波の間に間に浮いている島々。
そんな風景をイメージした蒸し菓子です。
涼しげですが蒸すので作る工程はちょっと熱いかな失敗ダッシュ
材料はとてもシンプルです。


   


さくら浮島さくら
<材料>(角型11✕14✕4cm 1個 クッキングペーパーを敷く)
こしあん100g、白あん100g、卵2個、塩少々、砂糖大さじ1.5、薄力粉大さじ1.5✕2、甘納豆30~40g

*蒸し器を火にかけておく。

<作り方>
(1)こしあんと白あんをそれぞれボールに入れ、卵黄を1つずつ加え、薄力粉もそれぞれに加え混ぜる。
(2)卵白に塩を加え泡立てさらに砂糖を加えメレンゲを作り、(1)のあんのボールに半分ずつ加え混ぜる。
(3)角型にこしあん生地を入れ軽くならす。その上に白あん生地を入れ表面を平らにする。
(4)甘納豆を散らし、蒸気の上がった蒸し器で20~25分蒸す。

角型は水3カップが入るくらいの大きさ(600ml)なので、
そのくらいの容量のものがあればちょうどおさまります。


   


   


蒸し立てをいただくとあんこのざらつき感が少し気になりますが、
冷めるとしっとり馴染んできます。
冷蔵庫で冷やして食べても美味しいですよハート


   



母とよく行っていたイタリア食堂​Bel Tempo​に
夫と2人でランチに行きました食事
母はいつも優しく声をかけてくれるシェフのことが
とっても大好きで抱きついて告白したことがあります。
母が亡くなってからは初めて伺ったので、
ご報告とお礼を申し上げました。

お料理は相変わらずの美味しさで、
前菜をひと口いただいた時
思い出がたくさん蘇ってきて懐かしくて涙が出てきました。

今日のメインのパスタは、
トマトと彩り野菜のケッカソース フェデリーニ。
ケッカソースとは冷たいトマトソースのこと。
フェデリーニという細いパスタを使った冷製トマトソースです。
梅雨の晴れ間の暑い日だったので、
冷たさが染み渡りました晴れ


    


   


    


   



4月のはじめに毎日本を読むことを目標にしましたが、
バタバタしてすっかりなおざりになっていました。
最近また少し時間ができてきたので読書に取りかかり、
今週は玉村豊男さんの「毎日が最後の晩餐」を読みましたノート


  ​
 毎日が最後の晩餐 玉村豊男 ​  


エッセイストで美食家で知られ、
ワイナリーも経営される玉村豊男さんの
「50年間作り続けてきた料理の中から
淘汰されて最後に残ったレシピ」が記されています。
ご本人は後期高齢者となった今、
「私がつくるのは毎日のささやかな夕食」とおっしゃいますが、
そこはやはり世界の様々な料理を食べ研究してきた筆者、
私達のささやかな食卓とはちょっと違います。
やっぱり素敵きらきら
長年身についている美味しさへの追求は緩まない。
でもシンプル。
近々玉村さんのレシピでいくつか作ろうと思います。
まずはポルトガル風タコの直火焼きかな?


最近は甘えん坊のジッパが読書のお供足跡下向き矢印


   



今朝海岸をウォーキングしていると、
程良い波がある週末でサーファーがたくさん。
あんなに人がいたら波乗りも難しそう。。。
遠慮していたら乗れないし、
行くとぶつかりそうだし。
でも浮かんでいるだけでもリフレッシュできて
幸せな気分になるのはわかるな〜荒波
海はエネルギーに満ちていて元気をもらえます。


皆様も、良い週末をお過ごし下さいスマイル星
  

    


   






最終更新日  June 27, 2020 10:46:33 PM
コメント(4) | コメントを書く
[和菓子] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


けいぼう@

コメント新着

お気に入りブログ

夏季休暇 コロナ生活 New! haruyuuyuさん

お盆休み前の営業日 New! toshinnyさん

珈琲倶ら部経由北麓… New! K爺さん

80歳 傘寿 88歳 … New! 料理長48歳さん

◆夏らしい お昼ご飯 New! haruyuutaka141さん

カテゴリ

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.