356332 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

珍島イヤギ・・・イヤギってなあに?

PR

カテゴリ

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

コメント新着

casper@ Re:わたりがにのビビンバ(10/16) 何を忙しいとはいえ頭がパボに2018年…
casper@ Re:わたりがにのビビンバ(10/16) 恵子さん ご無沙汰しております 2017…
ロベルトねんきうセブン@ Re:大事故!!!目尻を21針縫う!!!(08/28) うわー なんということが!! 21針も縫う…
恵子3126@ Re[1]:大事故!!!目頭を21針縫う!!!(08/28) 佐々木さんへ カムサハムニダ^^ 良く見…
佐々木@ Re:大事故!!!目頭を21針縫う!!!(08/28) 早く腫れが引くといいですね。お大事にm(_…

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

プロフィール


恵子3126

2016.02.19
XML
カテゴリ:我が家の話し
先日KBSテレビ回顧録で
老人問題相談家、コカンエさんが出演した。

「美しい死のために」という本を出版したと言われるので、
早速図書館で探してみたがないという。

それで以前読んだことがあり感動した本を再び手にした
「お婆さんの医者聴診器をはずす」

韓国には日本には余りない養子制度がある。

韓国語で入養児というが、戦争孤児を主に海外に養子に出すことが多かった。

この本は6万入養児の主治医であり母であった
チョウビョングク院長の50年医療人生が記されている。

もちろん私は韓国に嫁にきた立場で、
入養児ではないが
他国での生活の大変さという意味では
多少の共通点がある。

韓国で良い本に出会えたと思う。

R72x100.jpg






最終更新日  2016.02.19 13:21:57
コメント(1) | コメントを書く
[我が家の話し] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.