361752 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

珍島イヤギ・・・イヤギってなあに?

PR

カテゴリ

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

コメント新着

casper@ Re:わたりがにのビビンバ(10/16) 何を忙しいとはいえ頭がパボに2018年…
casper@ Re:わたりがにのビビンバ(10/16) 恵子さん ご無沙汰しております 2017…
ロベルトねんきうセブン@ Re:大事故!!!目尻を21針縫う!!!(08/28) うわー なんということが!! 21針も縫う…
恵子3126@ Re[1]:大事故!!!目頭を21針縫う!!!(08/28) 佐々木さんへ カムサハムニダ^^ 良く見…
佐々木@ Re:大事故!!!目頭を21針縫う!!!(08/28) 早く腫れが引くといいですね。お大事にm(_…

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

プロフィール


恵子3126

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

珍島の芸能

2016.08.22
XML
カテゴリ:珍島の芸能
!!






最終更新日  2016.08.22 16:27:51
コメント(0) | コメントを書く
2014.05.28
カテゴリ:珍島の芸能
5月31日に予定していたシッキムクッ(巫女の儀式)は
歳月号の事故から49日にあたる
6月3日にすることになったそうです。

場所は彭木港・・・

週末だったら見学に行けるのですが、
平日は役所勤務なんで行けません(残念です)

でも49日というのは、日本も韓国も一緒ですね!
この期間は死者があの世に行く準備期間といいますよね。

本人は自分が死んだのかどうか解らずに
さまよう期間であり
それまでは自分の家とか家族の近くにいるのだそうです。
そして
だんだん「あああ自分は死んだんだなあ」と自覚し
50日目くらいからあの世・・・
即ち霊界に移動するのだそうです。

彭木港での珍島シッキムクッで
皆の恨みが解けて成仏したらいいですね!






最終更新日  2014.05.28 16:05:23
コメント(1) | コメントを書く
2014.05.16
カテゴリ:珍島の芸能
シッキムは洗う
クッは超自然的な神の力で日常生活における
不幸を事前に防ぎ
平安を維持するために行う祭祀儀式で
仏教、儒教、道教などが入ってくる前から
主に庶民の精神に深く根を下ろし伝統的な
民間信仰として伝えられてきた。

珍島シッキムクッは
国家指定重要無形文化財に指定されている。

本来は死者の魂が極楽往生するために
一晩中行う儀式だが

今回珍島の沖合いで起きた
歳月号の沈没事故で
亡くなった人々のために

5月31日(土)に
シッキムクッの中の
ホンコンジギクッを行うことにした。
このクッは
水死した人の魂を水から救い出し
恨みを解いてあの世に送る儀式である。
事故現場で直接行えばいいが
それは無理なので
珍島の南端にある彭木港で行うことにした。

ステンレスの器のなかに
死者の名前を書いた紙を入れて
儀式を行うが、
今回は死者の数が多いので
男女別々に器を二つ準備するそうだ。

6c801555-c52a-41.jpg

珍島シッキムクッの
衣装は全て純白だ。
特にその芸術性と音楽性に優れている。
珍島シッキムクッ保存会の会長に
何度も「クッをしてほしいと」連絡があったそうだが
今回観光課長や周囲の人達と会議をした結果
今月末に決定した。

迷信と思う方もいるだろうが・・・
「魂を絶対水から救うよ!絶対上がるよ」
と真顔で会議している姿に
私も真顔で聞き入っていた。

歳月号の船とともに
成仏できないでいる魂が
シッキムクッで恨みを解き
極楽往生できるよう心から祈りたい。






最終更新日  2014.05.16 11:37:13
コメント(2) | コメントを書く
2013.06.12
カテゴリ:珍島の芸能
??-??.jpg

南辰美術館には
韓国書芸の最高峰・長田(本名:河南鎬)が所蔵する
作品600点余が展示されている。

1987年に開館したこの建物は、
珍島大橋を渡り珍島邑(珍島の中心部)を過ぎ
約8キロの距離にある。
南辰は亡き河南鎬先生の「南」と
夫人の廓順辰の「辰」から名付けられた。

最近この南辰美術館は
河南鎬先生の雅号である「長田美術館」に改名した。

展示館は三階建てで、
一階は現代作家、
二階は朝鮮時代以後の大家の作品
(茶山・鄭若ヨン、韓日併合に反対して自決した閔泳煥、
開化思想家・金玉均、大院君、以堂・金殷鎬)があり

日本人の作品としては明治時代の
日本書家の大家である玉堂・小室水雲の作品もある。

余りにも作品が多いので
時々絵を代えるのだが・・
先日ここを訪問して不思議な絵を見た。
以前無かった絵である。

????-?.jpg

(少々見難いが・・・)
どう見ても韓国人が書いた絵に見えないので
(中国人が描いたのかしら?・・・)不思議な思いで

長男息子さんに質問したら
「この作品は1919年に書かれた作品で
 作家は日本人!場所はソウルの踏十里・・」

?? ?? ??.jpg

日本人作家のサインを見たのだが
どうも解らない・・
ほかの人物画部分をアップしてみると

?? ??-1.jpg

????-2.jpg

とにかく
ここの美術館は個人所有だけど
国宝級の絵が展示されているので
上向き矢印の絵も
相当の品物であることは疑う余地もない・・

だれかご存知の方・・・
ご一報くだされば有難いで~すOK








最終更新日  2013.06.13 09:20:41
コメント(2) | コメントを書く
2011.11.03
カテゴリ:珍島の芸能
というタイトルは
何か特別な珍島アリラン祭りをしそうに
思いがち・・だが・・

実は珍島の住民が集まって開催する
市民祭なのだ・・

アリラン祭り1
新しく出来た運動場に集まり
開会宣言・・

アリラン祭り3
機関団体のメンバーや
姉妹都市からのメンバーは高座から・・

アリラン祭り2
町(里)別対抗の体育大会など
内容は豊富・・・

島中の住民が動員される!

私は風邪のため事務所で電話受け・・
咳でゴホゴホしながら
応対に追われてた・・

(写真提供は以前の係長・・車さん)






最終更新日  2011.11.03 13:12:18
コメント(6) | コメントを書く
2011.05.23
カテゴリ:珍島の芸能
我が家は村と村の中間にある一軒家である。

集落から離れているので、
牛舎が2箇所に出来た・・

我が家への向かい風に乗り
ウンチの臭いが漂うので閉口しているが・・

まあ・・忍・・忍

ここにはおうし座だけいて
飼い主は毎朝餌だけあげて帰ってしまい
ほとんど珍島犬に見張りを任せている。

我が家の一軒家の
こりゃまた山中に
数ヶ月前に珍島犬の飼育施設が出来た。

少々離れてはいるが30匹が一斉に吠えると
こりゃまた耳障りで・・大変である。

この人は珍島犬飼育のプロ(自称)であるが・・
ほとんど顔を合わせることがない!

昨日偶然にプロ(自称)さんにあった。

前置きが長くなったが・・
ここで本題の珍島挽歌の登場である。

sanyo

珍島挽歌とは平たく言ったら葬式歌のことである。

この自称プロさんは
珍島アリランなど・・南道雑歌の技能保有者である
カンソンデさんから
珍島挽歌の個人レッスンを受けている・・

これって相当高価なのだそう・・だが・・

もちろんカンソンデさんは
技能保有者・・以前の人間文化財・・
珍島市内に大きなレッスン場があり
毎日お弟子さんの指導にあたっている。

ところが市内で
珍島挽歌の指導をすると
抗議と苦情が入り
仕方なく珍島犬の飼育場まで出向いてもらい
個人レッスンを受けているのだそうだ!

そりゃそうだよ~
市内で葬式歌なんか歌われたら
「縁起でもない・・」と
苦情言われるの・・無理はない・・

珍島挽歌も無形文化財に指定されて
保護されてはいるけど・・
いろいろ大変ですね・・

山河の草木は若返り、わが人生は暮れてゆく
青春を謳歌する若者たちよ、この白髪を笑うことなかれ
風になり雲になり雨と雪になって、我は行かん
オーホイ、オーイ
オイガリノムチャ、ノワノ・・・・

あの世への険しい道をいかに越えよう
この世に友達は多かれど、誰が代わりに行ってくれようか
家族や親戚は多かれど、誰がお供をしてくれようか

<喪輿歌・・珍島挽歌の一部から>

 






最終更新日  2011.05.24 08:53:12
コメント(2) | コメントを書く
2010.06.17
カテゴリ:珍島の芸能
韓国の6月6日は顕忠日!
国のために命を捧げた、殉国先烈、及び戦没戦士を弔う日である。

これを記念して6月13日(日)に
珍島大橋付近に新しく建設した海上舞台で
「忠魂を称えるシッキムクッ」の
特別公演が行われた。

この海上舞台は全羅南道庁が
毎年10月に開催される「鳴梁海峡祭り」のために
予算3億ウオンを投資し
海岸沿いに建設した舞台である。

一年に一度使い・・
あと放置しておくには勿体無いと
観光振興係長の提案で、
全羅南道庁から予算をもらい
毎月第2と第4の日曜日、午後4時から
公演をすることになった。

今回は
「麗水市巫俗保存会」から40名が参加した。

韓国の土俗信仰のクッは祭祀儀式で
クッを行う巫子(ムダン)は
降神ムダンと世襲ムダンに区分される。

「麗水市巫俗保存会」は降神ムダンで
神将クッの公演を行った。
これは将軍の服を着て雑鬼を追い払う内容である。

水上
海上舞台に準備された祭祀の膳

お膳
豚は膳のメイン

将軍
将軍の霊が降り、踊る巫女

豚・刀
刀に刺された豚

豚の階段

豚・海
豚は生け贄として海の泡と消える

珍島シッキム
珍島のシッキムクッ

珍島は世襲ムダンである。
ムダンの家系で代々家業を引き継ぐ。
特に珍島シッキムクッは
1979年に世界巫俗音楽祭で金賞を受賞したほど
音楽性に優れている。

観覧していると周囲の観光客が感動して
「チンチャ(本物だ~)」とヒソヒソ会話している。

珍島シッキムックッは
白のハンボク(韓国服で)
ただ・・歌と踊りで霊を慰める内容である。

降神ムダンのように派手やかでも邪術的でもなく
単調に続く音調だが
人の魂を揺する何かがある。

ちなみに今日の公演は
人間文化財(亡)パク・ビョンチョンさんの
娘が舞台に立った。

声といい、舞台マナーといい、一級である。







最終更新日  2010.06.17 10:49:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.25
カテゴリ:珍島の芸能
珍島に来たら
「歌の自慢・文字の自慢・絵の自慢をするな」
ということわざがある。

それほど芸人が多いという意味・・

今日は珍島シルバー芸術団のご案内・・
案内板

シルバーだから老人たちの芸術団だが
皆さん若々しくて元気いっぱいである。

玄関
この建物は珍島邑(珍島の中心街)の外れにあり
以前は牛・豚の屠殺場であった。

実はこの建物・・個人的に懐かしい建物である!

主人と都市での生活を整理して
珍島に帰ってきたのはいいが、
障害を持つ主人の仕事場はなく
主人の妹夫婦の紹介でこの屠殺場で働いた。

主人は片手で屠殺した牛と豚の頭と足を
大きな釜の熱湯に数分浸して
毛を刈り取る作業・・
時間制限があり・・間に合わないと
私まで借り出されて・・血の滴る頭の毛刈りをした・・

大変だったけど、面白かったなあ~

今の建物からは昔の面影はなく
中に入ると足跡
太鼓

太鼓の練習

歌
タライに半分ほど水を入れ
ひょうたんを半分に割ったものを
水に浮かべて、スプーンで打ちながらリズムを取る。

昔は
打楽器がなければ周囲にあるもので代用した。

さすが珍島人・・である。






最終更新日  2010.01.26 08:34:15
コメント(3) | コメントを書く
2008.06.30
カテゴリ:珍島の芸能
「珍島は特別である」と人は言う。
珍島を研究して博士になった教授も多数。

なにがいったい特別なんだ?
たしかに
無形文化財がいっぱい保存されているし
不思議な島であることは間違いない・・

ここで数年生活してみて感じたことは・・
苦痛をいっぱい受けてきた島である!
ということである。

珍島の無形文化財には「死に関する内容」が多い。

今回行われたタシレギは(細かい内容はブログの左をクリック)

村で人が亡くなると、村人と棺を担ぐ人たちが
野辺送りの前夜、喪家に集まり
死者の家族をなぐさめるため、
喪家の庭で行う笑劇である。

エッ?葬式に笑劇をするの?
と不思議に思う人も多いだろうが・・

これはもともと昔から行われていたらしい・・

高句麗と新羅の葬礼風習に歌舞を行ったことが
史書に記録されているし、

朝鮮時代にも娯戸の風習として、世祖実録に記録されている。

たれまく

カン先生

仏さん

出産1

出産2

出産3

日本でも人が亡くなったとき
余りに嘆き悲しむと、
死者の心がこの世に残り、あの世に行けなくなる。

なんてこと聞いたことがあるから

心から喜んであの世に送り出す!!
という内容はわからないでもない。

特に最後のクライマックスは出産の場面!!
人が亡くなるのはけっして悲しいことではない。
また新しい命として生まれ変わる!

という仏教の輪廻思想が背景にある。

なかなか診れない演劇なので、
日曜の午後に出かけて貴重な体験をしてきたうっしっし






最終更新日  2008.07.01 17:55:26
コメント(4) | コメントを書く
2008.04.26
カテゴリ:珍島の芸能
昨日(金曜日)の夕方・・

海割れ祭りの準備で忙しい中・・課長と係長は出張で留守・・

少し早く帰ろうと6時30分に役場を出る。

帰宅途中・・交差点信号の横にゆれるプランカード

「韓国の音!韓国の舞い!」

アッ!そういえば今日は金曜日・・

午後7時から国立南道国楽院で公演がある!!

娘に言うと「行きたいダッシュ」と意見が合い・・

問題の主人に連絡すると、友人と国楽院に向かっている・・

これはなんと天の思し召し!

移動時間は珍島邑から車で30分・・車内でハンバーガーをパクつき

軽く夕食を済まして国楽院に飛ぶ!

南道-1

南道国楽院の高台から・・向こうに貴星村の海岸が見える

南道-2

公演会場は珍島の珍を取り「珍楽堂」と名ずけられ
600席の客席は半分がうまっていた。

珍島は文化芸術の宝庫・・・

得に三道ソル杖鼓、4人の杖鼓が舞台に座り・・

南道-3

写真がないので、国楽院でもらった楽器の説明の本をコピー

このリズムは堪らない・・まさに興奮のルツボ・・



ああ~~中学時代のブラバンのメンバーが聞いたら
卒倒するだろうなあ~~

疲れが吹っ飛んじゃった~~ブラボ~~






最終更新日  2008.04.26 12:46:13
コメント(5) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.