170739 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

徒然日記

PR

Profile


かぴぱらかぴん

Calendar

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Category

Comments

福岡県民@ Re:大宰府八幡宮(01/14) 太宰府天満宮の間違いではないでしょうか…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全8件 (8件中 1-8件目)

1

ちょっと真面目に

2006.07.24
XML
カテゴリ:ちょっと真面目に
もうすぐの映画公開を待てず、原作に走ってしまった。。。

ゲド戦記(1) ゲド戦記(1)

この1巻は映画版に登場する、大賢人ハイタカの若かりし日の物語。
山羊飼いの村に生まれたハイタカが魔法を習い、その才能で魔法学校に通うようになり、やがて自ら呼び出した「影」と戦う、というお話で映画版とは直接関係ないものの、彼の過去として大切な下敷きになっているのでしょう。

おじさんハイタカでなく、アレンのような少年が冒険するのを思い浮かべながら読みました☆

こういうファンタジーものは大好きなので喜んで読んでしまったけれど、翻訳ものを読んだのは久しぶり。小学生の頃は、ルパンやホームズ、クリスティやチェスタートンなんかを大喜びで読んでいたなあと懐かしく思ってしまった。

たまにはビジネス本でもなく、恋愛小説でもなく、ドキュメンタリでもなく、探偵小説でもない、王道のファンタジーもいいものだ。あー、なんかイロイロ読みたくなってきた!

とりあえずアルスラーン戦記でも読み直そうかな・・・・






Last updated  2006.07.25 00:56:23
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.12
カテゴリ:ちょっと真面目に
今日は先月末に入社してから初めての真っ当な残業でした。

そう、引継ぎ中で自分で出来ることが少ないワタシは、基本定時帰り可能なのでした。
が、さすがに自分のすべきこともちらほら出てきた今日この頃。
イロイロあって20時過ぎまで残業してしまった。

そして発見。
そのビルでは20時以降(おそらく)はオフィス階へのエスカレーターが止まるということ。
その時間にはビル内のタリーズコーヒーも閉まること。(ドトールは開いている)

残業魔になってしまう前に宮崎に移るつもりですが、どうなることやら・・・

ちなみに宮崎オフィスがあるビルにはビアホールがあるそうです(相方談)。
疲れたら手近で麦酒、が可能なのはシアワセなのか不幸なのか。
はて。






Last updated  2006.07.12 23:46:43
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.06
カテゴリ:ちょっと真面目に
新しい会社に入って、早くも2週間が経とうとしてます。
業務の引継ぎもだいぶ佳境に入ってきて、ひたすら詰め込まれた知識に飲み込まれそ★

実は周囲の人間と較べるとずっとラッキーで、それはかなり業務が落ち着いた時期に入社したから引継ぎだけに集中する時間が取れたということ。もっとも1ヶ月位の引継ぎで宮崎まで行ってしまうのだから、全ては今のうちにという気持ちになること請け合い。

オフィスの入っているビルがちょっと駅前から離れているせいか、ランチはもっぱらお弁当屋さんかam/pmという侘しい状況。もっとも以前は会社近辺にサンクスしかないという、この上なく厳しい環境にいたのでコレでも結構満足できるという。宮崎に行ったら本当に街の中心なので、ランチ事情が改善されることを切に願います☆







Last updated  2006.07.07 00:28:42
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.30
カテゴリ:ちょっと真面目に
今日の午後、部署の人たちと1 on 1のミーティングをしてました。

各自が担当している仕事と自分が関わる部分を聞けて、より具体的に仕事のイメージが湧いてきた感じ。その進め方や評価の基準から、会社の方向性というかポリシーがダイレクトに伝わってきて面白かった。まあ会社のポリシーはかなり明確な会社なんだけど。


ちなみに現リーダーはちゃきちゃきした女性で、1 on 1でずばり「このポジションでずっと居たい?それともイロイロやってみたい?」と聞いてきて、実は彼女自身がモロの後者の道を行っている人なのだけど。

「イロイロやりたいんだったら、そうじゃない人と同じだけの仕事をやってちゃダメだから」

ズンっときました。この言葉。
というか、今まで何年の働いてきて、こういう覚悟を真正面から言われたのは初めて。

か な り

やる気出ました。彼女に「ありがとう」とたくさん言いたい。


だからというわけじゃないけど、今日は帰ってからジムへ。
無心に身体を動かして、でもってダラダラと汗をかくって、気持ちイイっっ!!

宮崎でもジム通いは続けたいところ・・・






Last updated  2006.07.01 01:31:09
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.28
カテゴリ:ちょっと真面目に
新しい会社は川崎駅から徒歩8分のところにあります。

小杉もそうだけど現在川崎も駅前エリアを開発中で、この周辺にもタワーマンションが建つ予定。

実はこういう「オフィスビル」は初めてでちょっと嬉しい♪
出勤時間のエレベーター前に大行列が出来てるのには、かなり驚いたけど・・・・

繁華街の裏側という現状の立地条件では外ランチがしにくて残念。

もひとつ言うとビル内にスタバがなくて残念。たしか宮崎もTully'sだけなんだよね・・・・






Last updated  2006.06.28 23:57:36
コメント(2) | コメントを書く
2006.06.27
カテゴリ:ちょっと真面目に
新しい会社への出勤2日目。

今日は引継ぎをしてくれる人が忙しく、かなり放置プレイ☆
とりあえずドカドカ入ってくるメールの整理をするのだけど、どれもこれもわからん・・・(汗)

ある種のメールがいつも中国人名だなぁと思っていたら、なんと本当に中国にいるスタッフだとのこと。日本語・英語・中国語のトリリンガル中国人をたくさん雇っているらしい。

うーん、さすがグローバル企業。
感心しつつも、総務にたどり着けず社内で迷子になって哀しい気持ちになったりするのでした。。。






Last updated  2006.06.28 00:17:49
コメント(1) | コメントを書く
2006.05.28
カテゴリ:ちょっと真面目に
去年から企画書というかプレゼン資料をつくる機会があり、なかなか我流ではうまくいかないのでちょっと他の優秀な方のお知恵拝見とばかりに購入。

企画の教科書 企画の教科書

「おちまさと」氏をよくは知らないし、彼プロデュースの深夜番組も観たことがないのけど、この本はかなりイイ感じ。どういいかというと「プロデュース脳のつくり方」から入っているのがよい。

企画書本というとなにやら小難しいマニュアル本のようだけど、コレならすんなり読める。
現状の自分には「企画の見せ方」というテクニカル部分が必要なんだけど、まずそもそも企画とその考え方ありきなので、この本はきっとワタシの役に立ってくれるハズ。(たぶん・・・)

企画を担当する部署じゃない人も、一度読んでみると面白いのでは?






Last updated  2006.05.28 15:34:30
コメント(0) | コメントを書く
2006.03.26
カテゴリ:ちょっと真面目に
こういう本が出ていることは知っていたけど、自分が手に取るとは思ってなかった。
GMOの社長、熊谷氏の著書です。

一冊の手帳で夢は必ずかなう 一冊の手帳で夢は必ずかなう

先日、某イベントに行った時にゲスト出演されていて、そこで彼が話す内容に非常に心惹かれて、彼のブログを読んで、本も読んでみることにしたのでした。

熊谷氏によれば、夢を現実化するためは「細かい落し込み」「常に意識すること」が大切なのだそうな。そのために活用するのが手帳であって、その使用方法とともに夢の落し込み方法も指南してあって、「なるほどな~」と感心する内容でした。

ビジネス的な手帳活用術とは一味違っていて、興味ある方にはぜひ。

ひとつワタシもうんそうだと頷いたのは、「何かどうしてもやりたいことがあって意識していると、その情報やチャンスもやってくる」という部分。もちろん、ただ漠然と思っているだけではダメだけど、真剣に目標を持っているとそれに関連する人や事件、情報がより近くにやってくるのは本当にそうだと思う。

何事も自分の心の持ち方次第、ということかな?

熊谷氏が本で書いていることを100%実践しているのかどうかは知らないけれど、それに向かって努力をしてその成果が出ているのだから、少なくとも彼にとっては有効な方法なのだろうし、彼自身も素晴らしい人なのだろうなあ~、と。

全部の実践は無理だけど、せめて「夢計画」だけでも立ててみようかな☆






Last updated  2006.03.26 22:02:59
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.