166334 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

浅井惠子のブログ

PR

カテゴリ

楽天プロフィール


浅井惠子さん

気法健美操

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
気功  読書 

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

naho@ ありがとうございます。 メッセージを書いたつもりが投稿していな…
浅井惠子@ Re[1]:世にも稀なる破天荒レディ6(02/12) 奈保さん、コメントありがとう、此の記事…
桑野奈保@ Re:世にも稀なる破天荒レディ6(02/12) 浅井さん、ブログ記事を載せてくださりあ…
夢酔藤山@ Re:あきる野市、素人劇団「き楽座」の紹介(09/16) みなさん、もっと応援してください。
浅井惠子@ Re[1]:旧暦の8月8日、天に神気が漲っている(08/31) コメントありがとうございます。 9月1日宇…

フリーページ

2017年11月21日
XML
カテゴリ:浅井恵子 日記
先日UPした「魂魄のルーツ」に於いて

「若し人が 貪、瞋、癡と云う悪習に執着するなら魂(こん)は魄(ぱく)(はく)

に従い地獄に堕ちる」と書きました。

それで、私達が染まりやすい此の三つの悪習を説明する必要があると思いました。

  前にもアップしましたが、以下の通りです。


㈠貪━むさぼり執着する事、名利と物質に対して深い執着を持ち

   これをはげしく獲得しようとする心、よろずのものをむさぼり

   有るが上にもほしき拙なき心なり。
 
   貪の力あるものは威をもって取り、無力は他に従って求む

㈡瞋━いかり、腹立ち、にくみ、怒ること、

   自分の心にかなわない相手を憎悪すること、自己の心情に違背する事物に対し、

   憎しみ、憤り、心身を平安ならしめない、欲求不満と危慎に対して

   はげしい怒りを発する心である

   我が心に背く事あれば、それが善事にても必ず怒る心なり。

㈢癡(痴)━無智、愚迷のこと、諸々の道理に迷う愚癡の心

     ものの道理のわからぬこと、われわれの根底にある根本的な無智

     全ての煩悩の生ずる根源とされる。

     境を照らす明(あかり)なしと云うところから無明と名付け

     事物の道理を解する智なしと云うところから無智と名付け
 
     事物の道理を彰了する顕なしというところから無顕とも名付ける。

                              以上です。




皆様の御健康と幸せをお祈り致します。







事業部からのお知らせ


  浅井恵子著 今ブームを呼んでいる、

  点圧をとり入れた台湾民間療法 「刮痧」の本が完成、発売中です。

定価:1280円(税・送料込)
講義・実技説明のDVD付 別冊英文版もあります。

内容:日暑病、疲労、激怒、過激スポーツなどによる頭痛、肩こり、背痛、腰痛などの自己対処法



  表紙に梅の花を足しました、台湾の国花が梅の花で、
                         私の本名が梅子だからです。

 内容抜粋 :「刮痧」について、中暑について、「点圧法」、「点圧刮痧法」、刮痧線、
        
刮痧法実技、自己刮痧法、他の人に対する刮痧法、其の他

 
  
売り上げの一部を福祉機関に寄付します。

御注文、お問い合わせは

     FAX: 03-6233-7928

     E-mail: info@kenbi-pro.jp まで






最終更新日  2017年11月21日 16時36分01秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.