050162 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Me来倶楽部

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
わたしのみらい@ Re[1]:耐え忍ぶ(09/22) ちょこさんへ いつもありがとうござい…
ちょこ@ Re:耐え忍ぶ(09/22) そのような手紙の存在は知りませんでした …
Me来倶楽部ファンより@ お疲れさまです! 安達さんのブログが日々の励みです。大変…
森本@ Re:「私たちは自分の扱い方を人に教えている」(05/04) 最近ご無沙汰しております。 またお会い…

Freepage List

Headline News

2007.04.22
XML
 失業率が下がったことは良いこと。

 雇用保険料が下がったことも良いこと。(平成19年4月から社員負担で2/1000下がりました)



 しかし、失業手当と呼ばれている基本手当の受給日数はそのままで良いのでしょうか?


 自己都合の時には、年齢に関係なく
 10年未満は90日、20年未満は120日、20年以上は150日。

 たとえば年齢が50歳以上だったら、現実的にそう簡単に再就職先が見つからないでしょう。求人は原則年齢不問とは言いながら、現実は年齢が大きな壁となっている。

 なのに、短い人は3ケ月、最高で5ケ月。昔のように年齢別に日数を設定すべきではないでしょうか。

 自己都合なんだから・・・といっても一概にその本人が必ずしも悪くない場合がある。

 

 それから、6ケ月雇用保険に加入すると基本手当を受給できるようになるわけですが、
その6ケ月がくせもの。

 会社に雇用されて6ケ月経過すると、それまで8割以上出勤していれば有給休暇が10日付与されるのですが、社員は6ケ月我慢してその後辞めるきっかけになりやすい。そして有給休暇の10日を消化したいという場合がある。


 6ケ月後の退職は会社にとっては、その社員がようやく会社に慣れ、仕事も出来るようになり、社員への期待が出てきた頃なのだ。


 
 私の案としては、3ケ月で基本手当が出るが50日しかもらえない。そして1年以上でやっと90日になるというのがいいと思う。

なぜなら、3ケ月だとだいたいは試用期間満了時。会社の本人への投資、期待がまだそう多くないし、有給休暇もまだない。3ケ月位で、自分がその仕事も続けたいのか続けたくないのか
考えられる頃であろうから。


 

 雇用保険料が下がるのは良いことであるが、また上がるときに会社も社員も負担増に不満が出るのだ。




 



 






Last updated  2007.04.22 19:56:53
コメント(0) | コメントを書く
[おかしい とこ 探し] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.