291063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

X

プロフィール


元上海副総経理

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…
元上海副総経理@ Re[1]:久しぶりに授業でのプレゼン(05/08) カバちゃんさんへ ご無沙汰しております。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年02月13日
XML
テーマ:ニュース(93396)
カテゴリ:個人活動
今日は大学院の授業の中で、プレゼンがあります。
グループディスカッションをして、代表がプレゼンをするのですが、流れで何となく私が発表することが自然に決まってしまいました。

数日前から準備していたのですが、やり始めるとなかなかまとまりません。
結構苦労して、まずは自分の案を固めました。

今回のケースは、とある外国企業の事業再生です。
かつてはトップブランドとして安定した収益を誇っていたのですが、その後経営環境は悪化しています。

この企業を再生するために、新CEOに就任したあなたはどうしますか、というプレゼンです。
私の提案に対し、グループメンバーの皆さんから様々な意見を出していただきます。

このような場合は、企業がどのような姿になりたいのか、理念の再確認と、場合によっては理念の再構築が必要と考えました。
議論の途中で、まだここの議論が浅いという指摘をメンバーのお一人からいただきましたので、もう少し深めていきます。

理念の合意に時間をかけたことで、その先の方法論の議論は、スムーズに進みました。
多くの意見やコメントをいただき、有意義なディスカッションが出来ました。

10分で急いで資料を修正して、プレゼンに臨みました。
プレゼンでは、方法論ではなく、理念の構築がいかに必要か、こんな姿の会社だったら素晴らしいよね、と誰もが思えるようなプレゼンをしました。

事業の具体的な再生法ももちろん大切ですが、理念の共感と浸透は欠かせません。
具体的に、この企業の提供する製品が、家族のふれあいにつながっているシーンを話して、CEOとしてこういう会社にしたい、とプレゼンしました。

情緒的な面に訴えたのは、良かったと思います。
他のグループのメンバーから、良いプレゼンだったとダイレクトメッセージをいただきました。

授業でのケースではありますが、実際にも使えるのでは、と思えるケースでした。
皆さんと素晴らしい議論が出来たおかげで、良いプレゼンが出来たと思っています。

皆さんに感謝して、一人で軽く打ち上げです。
気持ち良く飲めそうです。ありがとうございました。






最終更新日  2021年02月13日 17時45分17秒
コメント(0) | コメントを書く
[個人活動] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.