289054 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

X

プロフィール


元上海副総経理

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…
元上海副総経理@ Re[1]:久しぶりに授業でのプレゼン(05/08) カバちゃんさんへ ご無沙汰しております。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年04月26日
XML
テーマ:小売業(767)
カテゴリ:流通・小売業
吉野家ホールディングスの決算発表がされました。
売上が大幅減、最終損益が75億円の赤字という、厳しい決算となりました。

最終赤字となるのは、2019年2月期に60億円の赤字となって以来、2期振りです。
中核の吉野家事業は利益を確保したものの、うどんの「はなまる」やすしの「京樽」が多額の赤字を出したことが響きました。

売上高が1,703億円(前期比21.2%減)と大幅に減少しました。
吉野家事業の売上は5%程度の減少で済みましたが、はなまる事業や京樽事業がそれぞれ35%程度の売上減と、大幅に売上を落としました。

これが影響し、吉野家事業は41億円の黒字を確保したものの、はなまる事業は31億円、京樽事業は22億円の赤字となり、この2業態の苦戦が全体に大きく影響しました。
コア事業は何とか持ちこたえたものの、周辺事業が足を引っ張った格好です。

はなまるうどんや京樽は、比較的都心の駅前やショッピングモール内の店舗が多いようです。
本来であれば、うどんのファーストフードや持ち帰り寿司などは、コロナ禍ではプラスの要素があると思われます。

立地の点が、こんかいはマイナスに作用しました。
郊外型が主の丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスの業績は、第3四半期までで赤字となっているものの、丸亀製麺事業は黒字を確保しています。

吉野家HDは2020年2月に、ステーキチェーン「フォルクス」などを展開するアークミールを、焼肉大手チェーンの安楽亭に売却しています。
また京樽も2021年4月に、FOOD&LIFE COMPANIES(旧スシローグローバルホールディングス)に売却しました。
いずれもかつて吉野家HDがM&Aで傘下に収め、再生してきた企業です。

外食産業のシナジー効果を狙った事業でしたが、ことごとく失敗してしまいました。
吉野家とはなまるにほぼ集中した体制となり、今後巻き返しを図ります。

立て直しを図る吉野家ですが、ここしばらく吉野家に牛丼を食べに行っていません。
私の行動パターンも、過去より変容しているようです。







最終更新日  2021年04月26日 18時17分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[流通・小売業] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.