351914 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

X

プロフィール


元上海副総経理

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…
元上海副総経理@ Re[1]:久しぶりに授業でのプレゼン(05/08) カバちゃんさんへ ご無沙汰しております。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年09月28日
XML
テーマ:ニュース(96348)
カテゴリ:流通・小売業
関西スーパーが動きました。
H2Oリテイリングとオーケーからの提案について、両方を比較した見解を発表しました。

最初に関西スーパーが、H2Oと経営統合することを発表しました。
その直後、オーケーが関西スーパーへのTOB意向を示し、両社による関西スーパーの取りあいのようになっていました。

H2Oは関西スーパーの上場を維持したまま子会社化することを提案し、このまま進んでいくものと思っていました。
しかしながら、オーケーはこの発表前に関西スーパーに統合を持ちかけており、オーケーからすると自分たちの提案は無視されたと感じたのでしょう。

関西スーパーは6つの点から見解を示しています。
1.基本的な企業理念・経営方針等の相違
2.これまでの提携実績の有無
3.中長期におけるシナジーの拡がりの可能性
4.株式の継続保有によるシナジー効果の享受の可否
5.当社株主の皆様が得ることとなる経済的価値
6.取引の実現可能性

関西スーパーはこの6つの点全てにおいて、H2Oからの提案を支持し、オーケーの提案はいずれも退けています。
これは想定通りの対応です。

また、H2Oとの経営統合は、関西スーパーの労使協議会でも議論され、労働組合からも賛同を受けているということです。
従業員もH2Oとの統合を望んでいると、アピールしています。

オーケーは関西に地盤がなく、関西スーパーとのシナジーはないとされています。
一方で、H2Oブランド、すなわち阪急阪神ブランドは関西では非常に強いブランドです。

H2O傘下のイズミヤ、阪急オアシスと関西スーパーのシナジーは、相応にあるとは思います。
ただ、これらのスーパーがH2Oとのシナジーを生んでいるかどうかは、意見が分かれるところです。

オーケーは、関東で競合するロピアが関西でも好調に店舗を広げているのを、黙って見ているわけにはいかないのでしょう。
オーケーは、これを受けてどう対応するでしょうか。







最終更新日  2021年09月28日 18時24分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[流通・小売業] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.