442488 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

プロフィール


元上海副総経理

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

経理のHIRO@ Re[1]:自宅を後に(07/04) カバちゃんさんへ ありがとうございます。…
カバちゃん@ Re:自宅を後に(07/04) お疲れ様でした。 相変わらず、忙しいね。…
元上海副総経理@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) カバさん、ありがとうございます。 久しぶ…
椛澤勝典@ Re:1ヶ月振りの自宅(07/02) お疲れ様でしま😀 今晩は、ゆっくり出来ま…
元上海副総経理@ Re[1]:久しぶりに授業でのプレゼン(05/08) カバちゃんさんへ ご無沙汰しております。…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022年01月26日
XML
カテゴリ:スポーツ関連

今日は相撲界を取り巻く色々なニュースが飛び込んできました。

その中から3つ取り上げます。

まず1つ目は、新大関の誕生です。

この初場所、関脇で3度目の優勝を果たした御嶽海が、大関に昇進しました。

 

実力はもとより充分であり、過去に優勝2回の実力者でありましたが、波がありなかなか大関に上がれませんでした。

しかしながら、初場所では落ち着いた取り口で、3度目の優勝を遂げました。

長野県からは何と227年振りの大関昇進ということで、伝説の最強力士、雷伝為右衛門以来ということです。

まさかここで雷電為右衛門の名を聞くとは思いませんでしたが、御嶽海には横綱を目指して欲しいと思います。

 

2つ目は大島部屋の再興のニュースです。

相撲博士と呼ばれた元大関旭國が興した大島部屋が、10年振りに再興されるということです。

 

元旭國の大島親方は、横綱旭富士や後に政治家になった旭道山、モンゴル出身の旭鷲山、旭天鵬などを育てました。

相撲界で初めてモンゴル人力士を育て、定年退職しました。

弟子である旭天鵬に部屋を継承させたかったようですが、当時まだ旭天鵬は現役でしたので、大島部屋は閉鎖され、一門の友綱部屋に力士は移籍しました。

現在は旭天鵬が友綱部屋を継承していますが、現大島親方と年寄名跡を交換して、本来の系統である大島部屋を復活させることとなりました。

これは嬉しいニュースです。

旭國の元大島親方も喜んでおられるでしょう。

 

そして3つ目は、現役最年長力士、51歳の華吹(立浪部屋)の引退です。

何と初土俵は昭和61年で、足掛け36年間の現役生活でした。

 

昭和、平成、令和と3世代にわたって現役を続け、51歳まで土俵に上がるとは、考えられないことです。

本当に長い間お疲れ様でした。







最終更新日  2022年01月26日 18時29分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ関連] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.